ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

収益性分析

企業の利益を生み出す力を構造的に分析する方法を学ぶ

概要

このコースについて

収益性分析は、企業の利益を生み出す力を構造的に見る分析です。ROA, ROE, 売上高総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率、売上高当期純利益率などの指標から分析します。

収益構造を他社と比較したり、期間で比較することで、企業の収益構造の特徴を把握したり、収益性の改善に役立てることができます。

分析の元となる数字については、以下の関連コースの視聴をお薦めします。
・損益計算書
・貸借対照表

※2019年8月、一部内容をリニューアルいたしました。
旧版でコースを修了している場合、本コースは未視聴・未修了の状態となります。
旧版の修了証はマイページの「学習の履歴」より引き続き発行いただけます。

コース内容

  • 収益性分析
  • どういう場面で使うのでしょう?
  • B/SとP/Lをおさらい
  • 総合的な収益性
  • 売上高に対する収益性
  • 同分野の製品を扱う2社を比較分析!
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・会社の財務諸表を読めるようになりたい方
・財務分析の基礎知識を身につけたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

umo
2020/01/18
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ROA、ROEと知識がなかった指標を学ぶ事ができた。分析業務に活用したいと思います。

takii
2020/01/18
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

ROEはよく出てくる指標なので,整理できてよかった。

butako2015
2020/01/18
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

様々な収益性についての指標の算出方法や使う場面について理解できたのでよかった.また,ROEは借り入れを増やして財務レバレッジを高めることで,大きくすることができるとわかったので,ROAも考慮しながら参考にしていきたい.

もっと見る