ネットワークが接続されていません
中級 | ビジネススキル

管理会計

管理会計を理解し、データに裏付けられた意思決定と組織運営能力を身につける

01:05:200/18

概要

このコースについて

「会計」と聞くと経理や財務など企業の中の一部の人に関わることのように感じるかもしれませんが、管理会計は、戦略の有効性を定量的に検証する、戦略が正しく実行されているかをモニターする、戦略と実態の乖離を把握して今後の戦略に反映させるなど、会計データに基づいた状況把握と意思決定のために重要です。
管理会計を理解し、データに裏付けられた意思決定と組織運営能力を身につけましょう。

溝口 聖規 グロービス経営大学院 教員

京都大学経済学部経済学科卒業後、公認会計士試験2次試験に合格し、青山監査法人(当時)入所。主として監査部門において公開企業の法定監査をはじめ、株式公開(IPO)支援業務、業務基幹システム導入コンサルティング業務、内部統制構築支援業務(国内/外)等のコンサルティング業務に従事。みすず監査法人(中央青山監査法人(当時))、有限責任監査法人トーマツを経て、溝口公認会計士事務所を開設。現在は、管理会計(月次決算体制、原価計算制度等)、株式公開、内部統制、企業評価等に関するコンサルティング業務に従事している。東証一部上場会社の社外取締役も務める。

コース内容

  • コース紹介
  • 管理会計の意義
  • KPIとは
  • KPIの使い方
  • コストの性質を知る
  • 損益分岐点分析
  • ABC・まとめ
もっと見る