ネットワークが接続されていません
初級

スマート工場/インダストリー4.0

スマート工場化が広まる背景や最新事例を知る

概要

このコースについて

スマート工場とは、IoTを活用し、高度な自動化がなされた生産性の高い工場を指します。ドイツ、米国、中国やインドなど、産業における製造業の割合が高い国々において、将来的な国際競争力の観点から、力が注がれています。

本コースでは、なぜ今スマート工場化が行われているのか、実現のために押さえておくべきポイントや留意点、最新事例の一部について紹介します。

コース内容

  • スマート工場/インダストリー4.0
  • スマート工場とは
  • スマート工場のメリット
  • スマート工場化の成功のポイント
  • 事例:日立製作所
  • インダストリー4.0
  • 岡本さんのその後
  • 課題・留意点

こんな人におすすめ

・ビジネスにおけるAI・IoTの活用事例のトレンドを学びたい方
・製造業の競争力を高める方法を探している方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

user-0839c0ca47
2020/01/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

強みがヒトのノウハウからシステム、ソフトウェア、データといったものに変化していくという大きな流れだと感じた。
そのように考えると、個々の会社がそれぞれの利益を追求する資本主義よりも大規模に強制的に実施することができる社会主義に適した流れのようにも思った。

sw034
2020/01/14
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

スマート工場/インダストリー4.0の概要を理解できました。少子高齢化に伴う労働人口の減少という社会的課題への対策としても重要だと思います。

ken_ken_ken_ken
2020/10/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

組み立てなどの単純産業や半導体のように機械化が進んだ分野なら導入も容易であるが、そうでない分野はまだ遠い未来のように思える。製造業といっても多種多様であり、素材産業に属する私の視点からは、まだハードルが多い。
アマゾンが選択したように人の優位な点は ”最高のセンサー”であるので、安価なセンシング技術の確立がもう一歩必要かと思う。

もっと見る