ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

この人に聞く/サイバーエージェント流人材育成法 若手が育つ4つのサイクル〜曽山哲人氏(株式会社サイバーエージェント 常務執行役員CHO)

概要

このコースについて

3000人以上の採用に関わり、300人以上の管理職育成に携わった人事部門役員による「サイバーエージェント流 人材育成法」。若手が勝手に急成長する4つのサイクル「抜擢」「決断」「失敗」「学習」のメソッドを解説します。(肩書きは2022年3月11日撮影当時のもの)

曽山 哲人 株式会社サイバーエージェント 常務執行役員CHO

コース内容

  • イントロダクション
  • 若手育成において一番大切なこととは?
  • 若手が育つ4つのサイクル「抜擢」とは?
  • 若手が育つ4つのサイクル「決断」とは?
  • 若手が育つ4つのサイクル「失敗」とは?
  • 若手が育つ4つのサイクル「学習」とは?
  • ビジネスパーソンに向けてメッセージ
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

a_7636
2022/04/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

◆セルフ抜擢の可視化◆
毎年の目標設定や評価で「数値化」「可視化」ということが難しくて悩んでいらっしゃる方も多いのでは。

セルフ抜擢の可視化をしてみませんか?
(特に管理部門のみなさまへ)

【やり方】
・表計算ソフトで簡単な表を作る
・開始日、更新日、完了日、項目、概要、(重要度、緊急度、再発度)、実際に試したこと、結果、効果(部署/他部署または全社でみた削減工数、費用)、コメント
・朝会などで共有する(週1くらいで)

【コツ】
・大々的な業務改善にこだわらない。小さなことからコツコツと。
・提案したが時期尚早など、失敗や延期も可とする(チャレンジすること自体が価値あるもの)
・効果は年換算がおススメ。時間も費用(特に人件費)も、インパクトが意外と大きいことに気づくはず。
・セルフ抜擢の経緯、結果はメールなど客観的に見られる証跡として残す。

【メリット】
・カイゼンを実践していることを客観的に示せる。
・課題認識を共有することで、お互いの仕事の見える化ができる。
・他の人からアドバイスを貰えて、解決が速くなる。
・目標設定や評価のときに、課題や結果を数値化できる(特に管理系は「数値化」が本当に難しいので、おススメ!)
・日々の業務の達成感(←職種柄なかなか褒めて貰えないので、せめて自分たちで褒める)

sugasyo
2022/04/27
メーカー 営業 一般社員

成長のために失敗はつきものだという事を学んだ。

y1854
2022/05/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

セルフ抜擢と若手の抜擢を同時並行で実践している。後は上司の理解…。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています