ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

ユニコーンを輩出する生態系をつくるには~各務茂夫×鈴木規文×髙原康次×堤達生×今野穣

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

あすか会議2019
第7部分科会(43会議室)「ユニコーンを輩出する生態系をつくるには」
(2019年7月7日開催/アクトシティ浜松)

2018年メルカリの上場は、日本でもユニコーンを輩出する生態系が整いつつあることを示した。起業家は、未上場のまま数十億円から100億円以上の資金を調達できる環境になり、スピーディーにレバレッジを効かせて事業を拡大できる時代となった。起業家にとってチャンスが拡がる今、ユニコーンを輩出する生態系を構築するには何が必要なのか、起業家・投資家双方に求められるものはそれぞれ何なのかを議論する。(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)

各務 茂夫 東京大学 教授 産学協創推進本部 イノベーション推進部長
鈴木 規文 株式会社ゼロワンブースター 代表取締役
髙原 康次 グロービス経営大学院 教員/G-STARTUP事務局長
堤 達生 STRIVE 代表パートナー
今野 穣 グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー 最高執行責任者(COO)

コース内容

  • ユニコーンを輩出する生態系をつくるには~各務茂夫×鈴木規文×髙原康次×堤達生×今野穣
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

miyamanishiki
2020/06/22
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

決まった答えがあるわけではなく自分の頭で考え自分なりの世界観を持つことが重要だとのお話が頭に残った。また、大企業ではどのフェーズの事業も同じ評価基準(例えば成長率や利益率など)を当てはめられて新規事業が育ちにくい、というのは頷ける。大企業の一員だからできることもあるが他方で大企業であることの制約もあることは意識すべきだと思った。

vegitaberu
2020/11/30
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

・自分が得意なところで、エコシステムに貢献し、苦手な部分は、他に頼る。その場合、「信頼」が重要となる。
・数多くの起業家に会うと、ベンチャーに自信が持てる。大企業をやめる前の方が、やめた後よりも、ビビっていたという話が多い。
・自分が何を持っているか、何を持っていないかを考え、自分が持っているものに目を向ける。
・イノベーションは、中心では起きない。周辺、片隅で起こる。
・今の延長線上に、次の10年はない。変化する。チャレンジすることが、生き残っていくために必要なこと。
・ユニコーンにならなくても、ニッチでも、自分がしたいこと、提供したい価値が出せるのであれば、ユニコーン、規模にこだわる必要はない。

sphsph
2020/11/27
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

色々な側面がある。
起業家自身は、何をしたいのか、自分たちの強みや、社会貢献できるテーマをしっかり持つ。
投資家は、現在の延長線上にはない不連続な改革を目指している人たちをしっかり支える。
そして、それらのマインドを育てる社会も必要。
失敗からしっかり学ぶことで進められるのではと思いました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています