ネットワークが接続されていません
中級

ビジネス定量分析(前編)

ビジネスの意思決定に必要な分析の基礎を身につける

概要

このコースについて

「なんとなく数字に苦手意識がある」という方もいるかもしれませんが、ビジネスで使われる定量分析の基本は、とてもシンプルです。

前編・後編を通して、事例を用いながら、ビジネスの意思決定に求められる分析の基礎、分析の際の考え方、グラフでの見せ方などを学んでいきます。
まず前編では、分析とは何か、そのための仮説思考の考え方をおさえ、分析の視点を養います。
物事を経験や感覚ではなく、定量的な根拠を持って考察し、判断する能力を身につけましょう。

※「ビジネス定量分析」は「前編」「後編」の2コースからなります。
「前編」を修了した方は、「後編」も視聴されることをお薦めします。
・ビジネス定量分析(後編)
https://hodai.globis.co.jp/courses/ddf49175

※2020年9月23日、動画内のビジュアルを一部リニューアルしました。内容に変更はありません。
 旧版でコースを修了している場合、本コースは未視聴・未修了の状態となります。
 旧版の修了証はマイページの「学習の履歴」より引き続き発行いただけます。

コース内容

  • コース紹介
  • 分析とは何か
  • よい分析のための「仮説思考」
  • データ収集
  • 分析の「5つの視点」

こんな人におすすめ

・意思決定能力を高めたい方
・数字を使って人を説得したい方
・数字による分析能力を高めたい方

講師プロフィール

鈴木 健一 グロービス経営大学院 教員

東京大学大学院工学系研究科修了、米国シカゴ大学経営大学院修士課程修了。
野村総合研究所を経た後、A.T.カーニー社にてマネージャーとして経営コンサルティング業務に従事。メーカー、通信事業者の新規事業戦略、マーケティング戦略、オペレーション戦略などの分野で幅広いコンサルティング経験を有する。グロービスでは2006年の大学院設置認可、さらに2008年の学校法人設立など、開学から2016年3月まで10年にわたり事務局長として大学院運営にたずさわってきた。現在は教員としてテクノベートシンキング、ビジネスアナリティクス、ビジネスデータサイエンスをはじめとする思考系、テクノベート系科目の科目開発、授業を担当するほか、グロービスAI経営教育研究所(GAiMERi)の所長としてAIを使った次世代の経営教育を創るべく研究開発に時間とエネルギーを使っている。

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

k-hot
2021/07/10
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 一般社員

講義内容は工夫されていて面白かったです。
一方で、わかりづらいとコメントが多かった設問3〜4を(勝手に)解説します。

設問3の選択肢2は「自分自身が・・・」とあり、サンプルサイズが1人だけで、データの数が不十分なため、適切でないになったと推測されます。ただし、この選択肢ちょっと分かりづらいですね。冗長な表現を避けて、「旅行時に、自分の支払いの全記録をつける」など、簡潔な表現に変更した方がわかりやすいと思いました。

設問4は、「商品Aの売上」と「天気」との関係性を見ており、2つのデータの関係性は「相関」と呼びます。この相関については、後編のSection8あたりから説明されていきます。一方の「ばらつき」とは、データの大きさがそろっていない状態、変動の大きさを示しますが、やはり後編で視覚的に見たほうがわかりやすいと思います。ということで、設問4は後編に続く布石として、つい先走って挙げてしまったのだろうと思われます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------
爆撃機のクイズ問題、「3」を選んで間違えたので、調べてみたら、奥深くて面白いですね。オリジナルは、コロンビア大学の数学者・統計学者のエイブラハム・ウォールドが戦時中に行った分析法による「生存バイアス」として有名みたいです。生還した航空機の損傷分布だけでなく、帰還していない航空機も含めた全体像を想定する手法が客観的・科学的で良いですね。

さらに、機体部をAとBに分けて、被弾を☓、被弾なしを○にして、生還機をA☓B○とします。すると、帰還できていない爆撃機の考えられる組み合わせは全部で4パターンになります。
生還機:    A☓ B○  (比較対象) 
パターン1:  A☓ B☓  (全体損傷)      → Bを補強すべき
パターン2:  A○ B☓   (生還機と反対)   → Aを削減し、Bを補強すべき
パターン3:  A☓ B○   (生還機と同じ)   → 機体以外に資源を投入
パターン4:  A○ B○   (完全無傷・爆撃なし) → 作戦中止、方針変更
そして、生還機と『比較』すると、1と2の場合はBを補強すべき(今回の正答)になります。一方、3の場合は生還・非生還とも差がないので、機体の補強はやめて(逆に軽量化して、操縦性能を増し)、爆撃された時の生還スキルを磨くなどに資源を投入すべきでしょう。最後の4では、逃げた・捕まった、敵に取り込まれたなど想定外の事態が生じていると考えて、直ちに作戦を中止し、現状把握や、撤退・交渉など大きな方針変更を考慮すべきかと考えました。

kikunojou
2020/11/10
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

最後のテスト,もう少し補足がほしい。ばらつきのところ。何度ビデオをみても理解できない。。。

take_917
2020/12/12
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

飛行機の例は、ある個所に被弾がないため生存できたというのは良いと思うのですが、yes/noの質問になっているため、例えば「重要な部分に被弾しているものの、撃墜されるまでには至らなかった」という現象を見逃している気がします。絵を見るとプロペラ部に被弾があるとありますが、プロペラにあまりに被弾しすぎると撃墜されるのは目に見えているため、この設問と答えには若干の違和感があります。もちろん帰還した飛行機が被弾していない部分は、ちょっとでも被弾すると即死な部分である可能性が高いでしょうが、閾値を超えると撃墜になる部分も考慮する必要があるように思います。これは、何が主要因となって撃墜しているのか、もう少しよく見ないといけないと思います(例えばプロペラ被弾が多いことによる撃墜が多いのであれば、先にプロペラ部の強化もしくは被弾の低下を検討したほうが良い)。
また、被弾していない部位についても、重要な部分でなくとも構造的に被弾しにくいだけという可能性があります。となると、一概にそこは重要な部分とはならず、とりあえず強化すればよいという話ではないと感じます。

もっと見る