ネットワークが接続されていません
中級

ビジネス定量分析(前編)

ビジネスの意思決定に必要な分析の基礎を身につける

概要

このコースについて

「なんとなく数字に苦手意識がある」という方もいるかもしれませんが、ビジネスで使われる定量分析の基本は、とてもシンプルです。

前編・後編を通して、事例を用いながら、ビジネスの意思決定に求められる分析の基礎、分析の際の考え方、グラフでの見せ方などを学んでいきます。
まず前編では、分析とは何か、そのための仮説思考の考え方をおさえ、分析の視点を養います。
物事を経験や感覚ではなく、定量的な根拠を持って考察し、判断する能力を身につけましょう。

※「ビジネス定量分析」は「前編」「後編」の2コースからなります。
「前編」を修了した方は、「後編」も視聴されることをお薦めします。
・ビジネス定量分析(後編)
https://hodai.globis.co.jp/courses/ddf49175

※2020年9月23日、動画内のビジュアルを一部リニューアルしました。内容に変更はありません。
 旧版でコースを修了している場合、本コースは未視聴・未修了の状態となります。
 旧版の修了証はマイページの「学習の履歴」より引き続き発行いただけます。

コース内容

  • コース紹介
  • 分析とは何か
  • よい分析のための「仮説思考」
  • データ収集
  • 分析の「5つの視点」

こんな人におすすめ

・意思決定能力を高めたい方
・数字を使って人を説得したい方
・数字による分析能力を高めたい方

講師プロフィール

鈴木 健一 グロービス経営大学院 教員

東京大学大学院工学系研究科修了、米国シカゴ大学経営大学院修士課程修了。
野村総合研究所を経た後、A.T.カーニー社にてマネージャーとして経営コンサルティング業務に従事。メーカー、通信事業者の新規事業戦略、マーケティング戦略、オペレーション戦略などの分野で幅広いコンサルティング経験を有する。グロービスでは2006年の大学院設置認可、さらに2008年の学校法人設立など、開学から2016年3月まで10年にわたり事務局長として大学院運営にたずさわってきた。現在は教員としてテクノベートシンキング、ビジネスアナリティクス、ビジネスデータサイエンスをはじめとする思考系、テクノベート系科目の科目開発、授業を担当するほか、グロービスAI経営教育研究所(GAiMERi)の所長としてAIを使った次世代の経営教育を創るべく研究開発に時間とエネルギーを使っている。

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

yuki_0719
2020/09/26
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

データ分析を有効活用するためにはまず目的を明確にすることが重要。その上で、仮説を立て、データを収集し、仮説を検証する必要がある。データはアウトプットを予測して自分の思い込みを正当化することもできるので、まず目的が正当か、データの母集団が恣意的でないかを確認してアウトプットをみることも重要。

makiko1729
2020/10/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

データ分析をしなくてはいけないと言われて久しく、何をすることがデータ分析なのだろうと訝しく思っていたが、実はエンジニアとしてやってきたことそのものご割と既にデータ解析であり、普通のことをやれと言われてるに過ぎないことが分かった。

kenjiroyoshida
2020/10/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 経営者・役員

最後のテストの意図がわksらなかった

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています