ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

withコロナ時代に強みとなる「経営資源」とは?~春日井康仁×島田太郎×田口義隆×村田大介×麻生巖

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中部2020
第2部分科会 経済「withコロナ時代に強みとなる経営資源とは~改めて注目される中小メーカーの技術とエッセンシャルワーカーの価値~」
(2020年9月12日開催/鳥羽国際ホテル)

新型コロナの感染拡大によって企業における働き方は大きく変化した。オフィスワークや会議の多くはリモートで出来るようになり、リアルの重要性は逆説的に高まっている。急速にリモート化する企業の経営環境の中で、最後までリアルに残るエッセンシャルワーカーの価値が改めて注目されると同時に、withコロナの社会情勢の中で、中小メーカーの持つ技術を如何に継承していくかが大きな問題となっている。これからの時代に真に強みとなる経営資源を見極め、守り、育てる方法論とは。(肩書きは2020年9月12日登壇当時のもの)

春日井 康仁 春日井製菓株式会社 代表取締役会長
島田 太郎 株式会社東芝 執行役上席常務
田口 義隆 セイノーホールディングス株式会社 代表取締役社長
村田 大介 村田機械株式会社 代表取締役社長
麻生 巖 株式会社麻生 代表取締役社長

コース内容

  • withコロナ時代に強みとなる「経営資源」とは?~春日井康仁×島田太郎×田口義隆×村田大介×麻生巖
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

pitopito
2021/05/04
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

会うことにより価値を産み出すことが求められる

hiroki1202
2021/03/29
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

変化がチャンスである事は間違いなく、マネジメントの重要さはこれまで以上となり、学びの重要性もこれまで以上に高まっていると思う。
議論にあった成果主義の考え方も大切だが、
変化を楽しめるタフな精神を如何に作るか?現場で
身を持って感じている部分です。
マネジメントのポイントは組織のモチベーションを上げ、変化を楽しみその為の学びを楽しめる環境作りでは無いかとお話を聞いて感じました。

user-0839c0ca47
2021/03/20
  

ピンチはチャンス、まさにその通りだと思う。日本人は部分最適に陥りがちなところはあるが、明治維新や第二次世界大戦後など、大きく変わるときには大きく変われると思う。コロナは災難ではあるが、ここであるべき姿をもう一度考え直し、変化していき、この状況をチャンスに変えていくことが重要だと思いました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています