ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

ロボット・AIの「最新活用事例」と「競争優位性」を議論する~印藤正裕×上野山勝也×北野宏明×島田太郎×秋山咲恵

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2018
第5部分科会A「テクノベートでゲームチェンジ~ロボットとAI活用による競争優位の構築~」
(2018年11月25日開催/グロービス経営大学院 東京校)

「ロボットやAIが人間の仕事を奪う」という悲観論はいまだ多く聞こえる。然しながら、人間は常に技術イノベーションを自ら起こし、新たなテクノロジーに順応しながら人間の仕事、ビジネスを変化させてきた。重要なことは、最先端の技術とはなにかを知るとともに、自社事業への活用イメージを持つことではないだろうか。最先端の技術の知見があり、なおかつその実用化へのステップやターゲットについての見解を持っている第一線の技術の専門家、ロボットやAIを導入している企業経営者たちと、最新の技術動向や実際の活用事例をふまえながら、経営者は、自社の競争優位性の構築をいかに描くべきかを議論する。(肩書きは2018年11月25日登壇当時のもの)

印藤 正裕 清水建設株式会社 常務執行役員 生産技術本部長
上野山 勝也 株式会社PKSHA Technology 代表取締役 工学博士
北野 宏明 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長、工学博士
島田 太郎 株式会社東芝 執行役常務 最高デジタル責任者
秋山 咲恵 株式会社サキコーポレーション ファウンダー

コース内容

  • ロボット・AIの「最新活用事例」と「競争優位性」を議論する~印藤正裕×上野山勝也×北野宏明×島田太郎×秋山咲恵
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/12/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

データのオーナーになることが重要ということが非常に印象に残った。データをとるために不可欠な高性能なセンサー技術をもっていても、結局のところAIに学習させるためのデータが最も重要となる。如何にデータを自社に集める仕組みを構築していくか、ということの重要性を再認識した。

wantannabe
2021/01/08
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

データのオーナーになり、AIを駆使してサービス展開することが大きな差別化に繋がる。一方でそれをやっていくためにはやったことがある人を揃えて最大限活用していく必要があり、そのための制度設計を経営者はやっていかなければならない。AIネイティブでないビジネスパーソンがやるべきことは、AIに何が出来るかをしっかり勉強して理解し、ビジネスモデルを考えていくことか。

raphaela
2020/12/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

最先端のテクノロジーを使うのに、人が変わっていく必要があるということが印象に残った

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています