ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

日本の「宇宙ビジネス」の展望、未来を議論する~岡島礼奈×鈴木隼人×中村友哉×山崎直子×渡辺その子

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019
第9部分科会T「動き出した宇宙~本格化する宇宙ビジネスのこれからを語る~」
(2019年2月11日開催/星野リゾート青森屋)

近年、宇宙関連スタートアップへ急激に資金が集まり始めている。宇宙関連スタートアップへの投資は世界で2500億円まで膨らみ、日本でも大型投資が相次いでいる。衛星データ活用や小型衛星の開発など、ビジネス上の成果が顕在化するのも間近だろう。政府も、宇宙開発スタートアップに1000億円を投じる支援枠を設け、2030年代に国内宇宙産業の市場規模を2兆4000億円と現在から倍増させることを目標としている。本格化する宇宙ビジネスにおいて日本が取るべき戦略とは。(肩書きは2019年2月11日登壇当時のもの)

岡島 礼奈 株式会社ALE 代表取締役社長/CEO
鈴木 隼人 衆議院議員
中村 友哉 株式会社アクセルスペース 代表取締役 CEO
山崎 直子 宇宙飛行士
渡辺 その子 文部科学省 大臣官房審議官(科学技術・学術政策局担当)

コース内容

  • 日本の「宇宙ビジネス」の展望、未来を議論する~岡島礼奈×鈴木隼人×中村友哉×山崎直子×渡辺その子
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

hiroyuki1981
2020/06/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

宇宙分野に限らず今後はあらゆる場面でソフトパワーが大事になってくると思う。

miyamanishiki
2020/06/11
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

コストを自動車並みにする試みがなされていることなどから宇宙は「聖域」ではなくこれから日常に取り入れられるものになることが分かった。国際法の整備が遅れているという話もあったが国連でどのような取り組みがなされているか調べてみたい。

kkk007
2020/05/08
金融・不動産・建設 その他 一般社員

宇宙は科学的な分野ではなく、ビジネスチャンスなんだと感じた。衛星を有効活用することで、次世代のインフラや日本の新しいODAのやり方なんだと感じた。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています