ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

SDGsと経営の最新事情~出雲充×太田昇×大原あかね×槇野博史×秋山咲恵

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第2部分科会M「SDGsと経営~いま経営者に最も必要とされる視点~」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

今日ほど企業経営にとってSDGsへの取り組みが重要視される時代はないだろう。世界中の投資家はESG投資を加速し、グローバル化するサプライチェーンの中で顧客からはESGへの対応を求められ、ESGに関心の高いミレニアル世代の消費者の行動は売上に直結する。かつてCSR(企業の社会的責任)とされていた価値観は、マイケル・ポーター教授らが提唱するようにCSV(Creating Shared Value)、すなわち、社会利益と企業利益の共同実現といった、新たな持続可能性時代の企業の競争戦略といった価値観に昇華している。SDGsと経営の最新の議論に迫る。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

出雲 充 株式会社ユーグレナ 代表取締役社長
太田 昇 真庭市長
大原 あかね 公益財団法人大原美術館 理事長
槇野 博史 国立大学法人岡山大学 学長
秋山 咲恵 株式会社サキコーポレーション ファウンダー

コース内容

  • SDGsと経営の最新事情~出雲充×太田昇×大原あかね×槇野博史×秋山咲恵
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

y_hosokawa
2021/07/16
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

岡山の取り組みを知らなかったので参考になった。出雲社長の語りと取り組みの面白さに引き込まれました。

since20191227
2021/07/11
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

モデレーターの秋山さん始め、ユーグレナの出雲社長、真庭市の太田市長、大原美術館の大原理事長、それぞれの立場からの発信が上手く掛け算され、納得感の高い、大変学びの多いセッションでした。
決して堅苦しくなく、随所にユーモアもあり、笑って楽しみながら拝聴しました。
私自身も、デジタル・ソーシャルネイティブな娘たちと、社会全体に有益な発信・働きかけをしていきたいと思いました。

fujikami
2021/06/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

今日の話で共感を得たこと。なるほどと思ったこと。感じたこと。
・東京のここは変だというところ。浅草などすばらしい文化も多い。それはそうだと思う。一方便利なものが多すぎるため、つい無駄をしてしまうことは多いのでは。例えばコンビニ弁当の大量廃棄。人口が多ければ、入荷量も多くなり当たりはずれも大きい。
・地方分散への壁の一つに閉鎖性。閉鎖性は=保守性だと思うが、守りに入ったままで将来はあるのか。自分を壊さないように守りも考えた上で一歩踏み出す方向を模索すべきか。
・自給率など日本のゆがみを本気で考える時期。日本には昔ほどすでに余力はない。コントロール不能になる前に現状をよく知り大目標を設定し、ブレイクされた小目標を、状況を変えられるだけの人数が行動を起こして着実に変えていく必要があると思う。政府、有識者がその妥当性を国民に発信も大事だが、我々のような普通の人も考えることを始めるべきでそれぞれがやるべきことをやれるかが大事。
・これからの生産の担い手若者の大多数は、デジタル&ソーシャルネイティブ。企業は彼らが働きやすい環境を早急に整備すべき。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています