ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

SDGsと経営の最新事情~出雲充×太田昇×大原あかね×槇野博史×秋山咲恵

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第2部分科会M「SDGsと経営~いま経営者に最も必要とされる視点~」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

今日ほど企業経営にとってSDGsへの取り組みが重要視される時代はないだろう。世界中の投資家はESG投資を加速し、グローバル化するサプライチェーンの中で顧客からはESGへの対応を求められ、ESGに関心の高いミレニアル世代の消費者の行動は売上に直結する。かつてCSR(企業の社会的責任)とされていた価値観は、マイケル・ポーター教授らが提唱するようにCSV(Creating Shared Value)、すなわち、社会利益と企業利益の共同実現といった、新たな持続可能性時代の企業の競争戦略といった価値観に昇華している。SDGsと経営の最新の議論に迫る。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

出雲 充 株式会社ユーグレナ 代表取締役社長
太田 昇 真庭市長
大原 あかね 公益財団法人大原美術館 理事長
槇野 博史 国立大学法人岡山大学 学長
秋山 咲恵 株式会社サキコーポレーション ファウンダー

コース内容

  • SDGsと経営の最新事情~出雲充×太田昇×大原あかね×槇野博史×秋山咲恵
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

iiji1216
2021/04/21
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

日本のゆがみ、社会のゆがみを知り、SDGs実現に向けて行動していく事が求められると強く感じた。

yuki19981204
2021/04/21
金融・不動産・建設 営業 一般社員

100年後1000年後に向けて取り組む意識や利他的な活動というのが重要であると感じた。

nobu112438
2021/04/20
金融・不動産・建設 営業 一般社員

SDGsというのは実行して満足するだけでなく、地方や世界に発信して伝わってこそのものであるため、一人ひとりが具体的な問題意識も持ち、それを多くの人々に共有していく必要がある。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています