ネットワークが接続されていません
実践 | ビジネス実践知

グローバルで活躍するために必要なスキル~インドネシア味の素での経験を事例に~

海外でのビジネス経験者が語る、グローバルで活躍するために必要なスキルとは

00:32:460/10

概要

このコースについて

「グローバルな仕事をしたい」「海外で仕事をしてみたい」または「人事異動で海外へ行くことになった」といった状況にある方もいるのではないでしょうか。
グローバルで活躍するために必要なスキルとは何か、また海外で仕事をする際にはどのような困難があり、どのように乗り越えたら良いのか。インドネシアに駐在経験のある山崎一郎氏に、グローバルで仕事をする際の心構えと経験を通しての気づきについてお話いただきます。
すでにグローバルビジネスに携わる方も、これから携わりたいと考えている方も、今から何ができるのかを考えるヒントにしてみてください。

コース内容

  • コース紹介
  • 自己紹介
  • 当時の事業概要
  • コーポレート業務の難所
  • 海外と日本の違い
  • グローバルで求められるスキル
  • 駐在前に準備したこと
  • 駐在中のやりがい
  • メッセージ

こんな人におすすめ

・海外で仕事をする可能性がある、または希望をしている方
・グローバルビジネスに携わる方、または関心がある方

講師プロフィール

山崎 一郎 味の素株式会社

大学卒業後、1988年4月味の素株式会社に入社。一貫して同社に勤務しているが、国内営業、マーケティング部門、労働組合専従役員、海外人事、国内外の関係会社役員(インドネシア味の素株式会社、クノール食品株式会社)などの業務を経て、2013年7月より営業部門(東京支社)にて人事・総務関連の統括業務を担当し、現在に至る。今までの実務や組織運営の中で、人事制度の改定、コーポレート業務の業務標準化の推進、社内プロジェクトマネジメント等に携わったことから、ライフワークとして人事・総務を業務発のコーポレートマネジメントのあるべき姿を理論と実践も両面から追求し、自らにネットワークの中で講演活動などを通じてで普及している。
(肩書きは2017年6月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

jet
2019/01/30
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

海外勤務を希望しない社会人が増えていると聞く。是非井の中の蛙から抜け出して色々な人と交わり自身を成長させて欲しいものだ。

yuki_0709
2019/07/12
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

赴任先の国の成長のために働いているという言葉が印象的でした。
会社員の場合、赴任先を本人の希望で選べないこともあるので、赴任先の国を好きになれる能力(柔軟性?)も必要なのかな、と思いました。

shu-he-
2019/05/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

グローバルといいながら、一つの国に深くかかわるといった表現が強く印象に残った。結局、あるときに自分がいる場所は一か所なので、そこのことをしっかりと理解することが重要なのだと感じた。また自分のオリジンとは異なる地域についてしっかりと理解するためにはある程度、理解するための方法があるということも理解した。そういったことをしっかりとやることがグローバルで活躍できるということなのだと感じた。

もっと見る