ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

アドバンテージ・マトリクス

業界によって異なる事業特性を把握する

00:12:140/11

概要

このコースについて

アドバンテージ・マトリクスは、業界によって異なる事業特性を把握するためのフレームワークです。業界のタイプによって事業の経済性が異なり、それは事業の成功の可能性も異なることを意味します。自社事業の方向性を検討する際などに役立てましょう。

コース内容

  • アドバンテージ・マトリクス
  • 斉藤先輩が伝えたかったこと
  • アドバンテージ・マトリクスとは
  • 分散型事業
  • 特化型事業
  • 手詰まり型事業
  • 規模型事業
  • アドバンテージ・マトリクスの活用例
  • 北池さんの例
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・経営戦略の基本的な知識を学びたい方
・事業計画などを作成する業務に携わっている方
・事業計画などを判断する業務に携わっている方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ke_20190513
2019/07/15
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

新サービスの展開時に検討すべき観点として利用できそうだと感じた。

kami5
2019/05/15
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分の携わっている事業や新規事業を考える際にアドバンテージマトリックスはとても役立つフレームワークだと感じた。

beckham
2019/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

同じ業界でも、個社の規模によって戦い方は違う。
自社が属する業界でアドバンテージマトリクスを書いてみるのも大事ですが、
全然違う業界のアドバンテージマトリクスを書き、異なる業界の特徴を
抑えておくと、自社の業界と同じような構造のとき、参考にできる戦略がある時がある。

もっと見る