ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

「シェアリングエコノミー」世界に続くサービスは日本から出るか~天沼聰×金谷元気×重松大輔×三輪謙二朗×上田祐司

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1ベンチャー2019
第4部分科会A「日本のシェアリングエコノミー~世界で勝てる規模に到達する戦略とは~」
(2019年6月16日開催/グロービス経営大学院 東京校)

本質的にローカルなビジネスモデルであるシェアリングエコノミーだが、Uber、Lyft、Airbnb、WeWorkのみならず、アジアでもGrab、Go-Jek、DiDi-滴滴出行、Ola Cabsと、グローバルにビジネスを展開するシェアリングエコノミーの巨人たちが続々と現れている。所有から共有への不可逆的な変化が世界で進む中、シェアリングエコノミービジネスの最新動向を踏まえ、日本企業が世界で勝つための戦略を議論する。(肩書きは2019年6月16日登壇当時のもの)

天沼 聰 株式会社エアークローゼット 代表取締役社長 兼 CEO
金谷 元気 akippa株式会社 代表取締役社長 CEO
重松 大輔 株式会社スペースマーケット 代表取締役 CEO
三輪 謙二朗 レンティオ株式会社 代表取締役社長
上田 祐司 株式会社ガイアックス 代表執行役社長

コース内容

  • 「シェアリングエコノミー」世界に続くサービスは日本から出るか~天沼聰×金谷元気×重松大輔×三輪謙二朗×上田祐司
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

yusuke_0524
2020/08/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

確かに、実際に日常生活で使ってみないと良さが分からないモノはたくさんあると思った。炊飯器や、ベッドなどは良い例。そういう意味では、中間素材メーカーは、顧客に実際に使って貰ってから採用が決まるので、昔から体験型のビジネスをしていたと考えられるか。

maruimoto
2020/08/05
メーカー マーケティング 一般社員

体験を売る、顧客の使い方を発信してもらう事が顧客の文脈に沿った新しい使い方の価値を持つ視点は、コミュニケーション戦略を考える上で、納得感が高かった。また、日本は大手企業がベンチャーと組む事で、社会が動き、新しい世界を推し進めやすい、は同感。新しいアイデアを持つ仲間づくりを意識しながら、スケーラビリティに囚われ過ぎず、視座を高く持ち、社会ニーズへの新しいアプローチを模索していきたい。

milano_mirai
2020/07/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

シェアリングエコノミー。 仕組み作りが一番キーですかね。 

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています