ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

新たな時代を生き抜くための「教育」とは~大野佳祐×永留聡×平川理恵×仲川げん

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第4部分科会S「新しい教育~新たな時代を生き抜く大人を育てるには~」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

テクノロジーの進化は社会や産業の構造を加速度的に変化させ、もはや「昔はこうだった」といった常識や前例はほとんど通用しない時代となった。予測不能な時代となった新たな時代を生き抜く大人を育てるために必要な教育の在り方とはいかなるものか。翌年に迫った2020年教育改革において大学入試への英語民間試験導入が急遽延期に転じるなど、国の政策が迷走を見せる中、教育界のリーダーたちが教育の今と未来を語る。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

大野 佳祐 島根県立隠岐島前高校魅力化プロジェクト 学校経営補佐官
永留 聡 学校法人 広島加計学園英数学館中・高等学校 校長/日本国際バカロレア教育学会 理事・顧問
平川 理恵 広島県教育委員会 教育長
仲川 げん 奈良市長

コース内容

  • 新たな時代を生き抜くための「教育」とは~大野佳祐×永留聡×平川理恵×仲川げん
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

atsu3434
2020/12/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

地域創生は教育から
日本文化の教育はSDGsと繋がるところがあると感じている。海外に追いつけ追い越せではなく日本独自の教育文化を作っていきたい

norinorichan
2020/12/12
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

広島県庁の知事部局に勤務していること、児童相談所勤務時に一時保護されて学校に行けない小学生から高校生までの児童の学習指導をしていたこと、留学生として他国の教育制度の中で研究していたこと、技能実習生などの外国人(主に広島市、福山市周辺)の日本語教育をボランティアで行っていることなどのバックグラウンドもあり、興味深く拝見させていただきました。

ロボットを活用して難病で入院中の生徒が院内で受けた授業を出席扱いにして卒業できた事例や叡智学園の設置など、確かに広島県内の教育委員会や学校現場の意識は変わりつつある一方、親が社会的弱者となったり、育児放棄されたため勉強すらままならない児童が少なからずいることが解消しきれていない実態もあり、SDGsの概念である「誰一人取り残さない」という理想の道半ばという状況にあります。(ちなみに記憶が正しければ、広島県はSDGsの未来都市に選定されているはずです)

また、今回は取り上げられませんでしたが、外国人の日本語教育の面でも、交通・通信手段が限定された場所で働いている(とりわけ)技能実習生が多く、なかなか生活に必要な日本語を勉強する機会が少ないのが実態です。

今回は教育委員会や高校現場のパネリストで行われたセッションだったのですが、多様性の情勢、人とのつながりを育む力、そして、そのような教育を行っていくための組織風土や個々の職員・教員のマインドセットに必要性を痛感させられました。

kamoshika55
2020/12/11
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

詰め込みはダメとか言われ続けていますが、従来依然のままですね。敎育委員会なども頑張っていただいていますし、頑張っている学校があります。偏差値至上主義を返上しないとこの国の将来は明るくならないと思います。光明もある一方で、なかなか遠そうというのも感じました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています