ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

超高速大容量・低遅延・同時多接続「5G」が変える地方創生~栗山浩樹×藤田明久×藤田恭嗣×小林史明

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第3部分科会M「5Gが変える地方創生」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

2020年から商用サービスがスタートした5Gは、単に通信インフラの進化にとどまらず、劇的な構造変化を地方の社会や産業にもたらす可能性が高い。超高速大容量・低遅延・同時多接続を特徴とする5Gは、これまでの100倍の速度、1000倍の容量でIoTを実現する。地域のトップランナーたちは、地方創生の文脈においてこの破壊的変化をもたらすインフラにいかなる可能性を見出しているのか。その戦略に迫る。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

栗山 浩樹 NTTコミュニケーションズ株式会社 代表取締役副社長
藤田 明久 株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション 代表取締役社長
藤田 恭嗣 株式会社メディアドゥホールディングス 代表取締役社長 CEO
小林 史明 衆議院議員

コース内容

  • 超高速大容量・低遅延・同時多接続「5G」が変える地方創生~栗山浩樹×藤田明久×藤田恭嗣×小林史明
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

tadayuki631129
2020/12/30
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

5Gは体で例えると、神経*55G()の反射が良くなる。
8Kカメラにて目が良くなる。
AIが脳の判断能力があがり、手足がセンサー変わりになるとの事。例えがわかりやすかったで
但し、44でできることは、44に任せる。
地方創生には、打って付けだと思います。GGす。

sphsph
2020/12/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

技術の進歩は本当に早い。それを作った人も追いつかない。
そして、どこから攻めるかが重要と感じました。
ゴールは何か。もちろん中間点ですが、それを描きつつ更なるこれも中間点ですが次のゴール。
できるところからと、やらなければならないところから、やった結果が次のステップにつながるところから。
夢は広がります。必ず実を結ぶ。

otobe711
2020/12/26
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

◆地方創生に関して、以下の点を学んだ。
・企業のパートナーシップ(事業運営および資金支援:ふるさと納税含む)を使うことで、過疎地域でサステナブルな農業水産業を再生することができる。
・また、5Gを使うと、地域でコンサートなどイベントを行い、全国同時配信することでイベント収益も確保したうえで、地域の知名度も上げることができ、訪問者、移住者を増やすことにもつながる。
・観光面では、地元の人の満足度を高められるかが大事
・また地元の人とのコミュニケーションも大事。地元の人が理解できる文脈で、パートナー企業ができることを伝達する。(木1本 5000円、下草刈りなどメンテナンス1ヶ月/12ヶ月、そうすると2000本、植えればペイして、11ヶ月別のことできると理解できる他)
・人口減少の時代に、メンテナンス業務やオペレーション業務を少人数で回せるようなサービスを 5G(神経)・8K(目)・AI(頭脳)・センサー(手足)を使って作ること、それが使えるよう規制改革を進めれば実現できることが見えてきた。あとは進めるだけだと理解しました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています