ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

英語が苦手・内向的な性格…でも「シリコンバレーで起業する方法」~山田俊輔氏(Remotehour創業者)

※本動画は、企業経営でご活躍される方へのインタビューからポイントをまとめたものです。トレンドに沿った事例としてご視聴ください。

概要

このコースについて

新卒で入社したソフトバンクをわずか1年で退社。その後フリーランスなどを経て、2020年にシリコンバレーで「Remotehour」を創業した山田俊輔氏。実は海外留学の経験はなく英語が苦手、かつ内向的な性格だと言いますが、なぜシリコンバレーという起業家の誰もが憧れる場所で起業し、2つのアクセラレーターに採択されることが出来たのか?またClubhouseを初めて使った日本人としても知られている山田氏が思う、その有益性とは?将来起業を考えている方はもちろん、今の生き方に悩む方必見のインタビューです。(肩書は2021年3月23日撮影当時のもの)

山田 俊輔 Remotehour 創業者

コース内容

  • イントロダクション
  • 常時接続サービス「Remotehour」について
  • 「Remotehour」創業までのキャリア
  • 英語が苦手!?それでもシリコンバレーで起業した理由
  • 卒業した2つのアクセラレーター
  • 世界的なエンジェル投資家ジェイソン・カラカニスから学んだこと
  • 最初にClubhouseを使った日本人が見るその有用性
  • シリコンバレーで事業を軌道に乗せられた理由
  • 今後の展望・起業を志す方へ
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

irene-chiang
2021/05/22
メーカー 営業 一般社員

最初からアメリカで起業する意思がとても印象的です。
軸があれば、何があっても乗り越えられますね。

reiko_h
2021/06/26
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

リアル以上の人間関係がデジタルで実現可能となるといいです。
できないならリソースを活用してできるにすればいい。
チャンスに敏感になる。
勉強になりました。

silver0809
2021/06/21
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

ファーストコンタクトがオンラインであるということが確実に増加していく。現状、関係性のない初見の相手とのオンラインのやりとりに非常にやりづらさを感じているが、それを打開していくヒントにもなった。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています