ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

カッツ理論

職位の変化と共に変化するマネジャーの能力を理解する

概要

このコースについて

カッツ理論はマネジャーの能力を3つに分類し、職位の変化との関係についてモデル化したもので、その比率は職位の変化と共に変化すると考えられています。
自身や組織のメンバーの持つべき能力の指針として能力開発に役立てることができます。

コース内容

  • カッツ理論
  • カッツ理論とは?
  • 3つのスキルの特徴
  • 新任マネジャーの遠藤さんにはどんなスキルが必要?
  • 上位層にはどんなスキルが必要?
  • コツ・留意点①
  • コツ・留意点②

こんな人におすすめ

・リーダーシップを磨きたい方
・自身や組織メンバーの能力開発に取り組みたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

bibizu1217
2019/02/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

優秀なプレーヤーが、優秀なマネージャーになれるとは限らないことがよくわかりました。その場合、優秀なプレーヤーはそのままプレーヤーであり続けることが、本人にとって良い事なのか、自覚させてマネージャーを目指してもらう方が良いかの判断が難しい。

fusa
2019/02/10
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

日頃上長からも同様の指導を受けていましたが改めて学ぶことが出来ました。
自身の成長および部下の育成に当たって活用いたします。

owh_jinji
2019/02/02
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

テクニカルスキルおよびコミュニケーションスキルを磨きつつ、若いころからコンセプチュアルスキルの理解をしないと、求められる時期になってもなかなか身につかない。理解できない。

もっと見る