ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

日本のアグリテックの新たな成長戦略を議論する~生駒祐一×木内博一×佐々木伸一×岩佐大輝

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

あすか会議2019
第5部分科会(22・23会議室)「アグリテックの新たな成長戦略」
(2019年7月6日開催/アクトシティ浜松)

世界ではアグリテックスタートアップにもユニコーンが登場してきている。IoTやAIといったテクノロジーの進化は本来データ産業ともいえる農業分野においてこそ、イノベーションを引き起こすといえるのかもしれない。地球温暖化や新興国の人口増などによって地球規模で食糧問題が深刻化するなか、日本のアグリテックスタートアップの成長戦略を議論する。(肩書きは2019年7月6日登壇当時のもの)

生駒 祐一 テラスマイル株式会社 代表取締役
木内 博一 農事組合法人和郷園 代表理事/株式会社和郷 代表取締役
佐々木 伸一 株式会社ルートレック・ネットワークス 代表取締役社長
岩佐 大輝 株式会社GRA 代表取締役CEO

コース内容

  • 日本のアグリテックの新たな成長戦略を議論する~生駒祐一×木内博一×佐々木伸一×岩佐大輝
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

taki2
2020/07/12
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

農業は,わたしたちの口に入るものを作る産業という意味で,他の産業とは重要性の意味が違ってくるのだと思います。工業化して生産量を増やすことや儲かることは大切ですが,安全安心で,おいしくて,地球環境にもサスティナブルな産業であってほしいと思いました。

makokichi
2020/07/13
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

農業に限らず、そのテクノロジーが人を超えているか否かで普及は決まる。特に農業においてはその土地や気候に対応したフィールドエンジニアがメーカーサイドに存在するか否か。ベテランと言われる農業従事者以上の者でなければならないが、学術やもの書きの内容に長けていても、その現場で起きているその事象に対して提供するテクノロジー側から対処の方策を提示できるか否かでは。それは工業製品での工場サイドのエンジニアが本社サイドの技術系プロセスエンジニアに抱いている感覚と同じかと思う。(その現場を知らず理論理屈だけでは解決できない)日本の気候風土はオランダと違い特殊性がある。(台風、降雪、大雨、冷害、日照)従って、その施設への投資額も異なる。その様な点からも日本のアグリテックの普及拡大を狙うのならばよりミクロな現場サイドとの連携が不可欠だろう=そうなると地域JAとのタッグがチャネル構築も含めて手っ取り早いのかな。(なーんてことは百も承知でしょうが)

since20191227
2020/07/11
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

良い意味でモデレーター・パネラーの区分の無い、大変充実したセッションだった。
農業界のいちご王子:㈱GRAの岩佐大輝氏が何度もPL(数値)で理解しようとしているのが印象的だった。
バリューチェーン統合型・プラットフォーム型と形は違えど、農業のテック化を同じ使命感をもって、専門分野を活かして協力しつつ各領域で深化させていっている様子がわかった。
テックドリブンではなくイシュードリブンであるべきなのは業界共通のテーマ。人間は同じ間違いを犯しているというアグリテック業界の住職の言葉は覚えておきたい。
令和元年はアグリテック元年ということで、政府のリーダーシップを待たず、民間から日本の農業を変えていって欲しい。そうすることでさらに多くの若い人たちが農業に夢を持ち、日本の農業も発展していくと感じた。

もっと見る