ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

「オープンイノベーション」のすすめ方~西城洋志×平将明×中尾光宏×春田真×仮屋薗聡一

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2018
第6部分科会B「オープンイノベーションでゲームチェンジ~異業種・スタートアップとの連携で優位に立つ方法論~」
(2018年11月25日開催/グロービス経営大学院 東京校)

ここ数年、大企業の中から「オープンイノベーション」の声が聞かれるようになっている。背景には、AIやIoTなどあらゆる産業に影響する破壊的技術の進展を受け、大企業の中には自前主義に固執してきた反省、外部(特にベンチャー企業)と提携することで自社にない技術、ノウハウ、企業文化などを取り込もうとする動きがある。一方で、「オープンイノベーションをすすめたいのだが、何から始めたら良いのかわからない」という企業も多い。大企業のオープンイノベーションとはどうあるべきかを、大企業、VC、ベンチャー企業のそれぞれの視点をふまえて議論する。(肩書きは2018年11月25日登壇当時のもの)

西城 洋志 Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc. 社長
平 将明 衆議院議員
中尾 光宏 凸版印刷株式会社 取締役常務執行役員
春田 真 株式会社BeeEdge 代表取締役社長
仮屋薗 聡一 グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー/一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長

コース内容

  • 「オープンイノベーション」のすすめ方~西城洋志×平将明×中尾光宏×春田真×仮屋薗聡一
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

hiraki1098
2021/04/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

失敗を認め、失敗から学び、それは称賛する!と、仰っていました。その考え方に共感します。

kfujimu_0630
2021/02/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

失敗を許容するという言葉の意味が改めて認識できた。その前提には、成功を目指してやり切ったかどうか、結果失敗したかもしれないが、やり切った本人は、次につながるものを得たかが非常に重要である。また、大企業はもっと人材を流動的にするべきという意見には私も賛成である。副業の解禁等も進んでいるが、はじめの一歩は企業側からもっと強制的に働きかけてもいいと思った。自身としては、チャンスがあれば是非乗りたいし、自分から動きたい。

sphsph
2020/11/17
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

お互いに自身の組織の魅了をしっかりと見せあって、協業できるところは競合し、日本、世界、地球、宇宙の発展に寄与できればと思いました。
素地というか大前提はあるものの受け入れられない企業文化では、協業の以前にその企業自体が世間から抹殺されると思います。
そういった経済の自浄作用のようなものは必要。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています