ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

真の「ダイバーシティ」とは?企業の現状と今後の課題を議論する~大山尚貢×鈴木英敬×宋美玄×武藤和博×柳沢正和

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

あすか会議2019
第6部分科会(22・23会議室)「異文化・ダイバーシティマネジメント」
(2019年7月7日開催/アクトシティ浜松)

英国の欧州離脱や米国のトランプ政権の保護主義、フランスの黄色いベスト運動やイタリアのポピュリスト政権の誕生など、今各国で噴出している問題の背景には社会の断絶がある。グローバルな活動が求められるビジネスパーソンには、文化や人種、性別を包含するダイバーシティマネジメントが求められる。多様性を包含し、全ての人々を理解し、仲間として接することで、良質なコミュニティを構築し、組織を活性化するには何が求められるのか。(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)

大山 尚貢 ノバルティスファーマ株式会社 執行役員 メディカル本部 本部長
鈴木 英敬 三重県知事
宋 美玄 丸の内の森レディースクリニック 産婦人科医・医学博士
武藤 和博 日本アイ・ビー・エム株式会社 専務執行役員
柳沢 正和 ゴールドマン・サックス証券 プライムサービス部長

コース内容

  • 真の「ダイバーシティ」とは?企業の現状と今後の課題を議論する~大山尚貢×鈴木英敬×宋美玄×武藤和博×柳沢正和
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

naru0901
2020/04/26
インフラ・公共・その他 営業 部長・ディレクター

自身の会社の中で、制度化するだけでは、実際は上手くPDCA化されない気がする。質問にもあったエース級の人間が同制度を使用する様な土壌と、トップからの強いメッセージ性なくして浸透は厳しい。自身も含めて、何とか社内浸透までできる方法を検討したい。

hiro_shindo
2020/08/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

目的を達成するための手段としてダイバーシティがあると感じた。
つまりは、目的を達成しやすくなるから、手段としてダイバーシティをやっていく、ということ。
これまでの日本文化的な組織でなかなか受け入れられないと感じるのは、おそらくここまで日本の組織が来る中での「前提」が創られていないから=「組織文化」として出来ていないからと思う。
目的=成果。それに対してダイバーシティという取り組みが重要かどうか、というのを考えていないケースが多いように思う。
むしろ、目的を達成するためにダイバーシティが重要だと感じていない人もかなりいるのではないか。これが日本人の「前提」であり、古来の日本的組織の「組織文化」としてあるような感じがしている。
こういったところを変えていくのに、やはり組織トップ、組織の中間管理職(つまり私)が意識していくことが大事であり、そこから具体的なアクションに繋げられるかがカギだと感じている。

nb001
2020/07/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

多様性が大事なのは言葉では分かるが、当社では全く感じられない。IBMさんの状況と比べると、業種は異なるが確実に時代遅れである。男性が普通に育児休暇を取れるような組織風土にしたいなと思いました。

もっと見る