ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

水害から命を守り、地域を守るリーダーシップとは~勝野哲×柴橋正直×鈴木健一郎×速水亨×藤沢久美

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中部2020
第2部分科会 政治「自然災害頻発列島日本~水害による大災害に私たちはどう対処すべきか~」
(2020年9月12日開催/鳥羽国際ホテル)

260人以上が犠牲となった2018年の西日本豪雨災害は平成最大の水害となった。令和に入っても、2019年秋の台風15号、台風19号が深刻な水害を広範囲にわたってもたらすなど、私たちの住む日本列島は、気候変動の影響もあり、過去に例をみないほどの大規模な水害を毎年覚悟しなければならない地域へと変貌している。自然災害が頻発する新たな時代において、命を守り、地域を守るためにリーダーが持つべき指針と取るべき行動とは。(肩書きは2020年9月12日登壇当時のもの)

勝野 哲 中部電力株式会社 代表取締役会長
柴橋 正直 岐阜市長
鈴木 健一郎 鈴与株式会社 代表取締役社長
速水 亨 速水林業 代表
藤沢 久美 シンクタンク・ソフィアバンク 代表

コース内容

  • 水害から命を守り、地域を守るリーダーシップとは~勝野哲×柴橋正直×鈴木健一郎×速水亨×藤沢久美
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

test_
2021/02/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自然を相手にし、温暖化にともない被害が拡大している非常に難しい課題である一方で、ちょっとした技術で大きく効果が改善される分野であると感じた。
ちょっとしたことができない理由は、議論のなかでもあったが、防災対策への投資が難しいこと。毎年大きな被害が出ているからこそ、効率化への投資をしっかりと行い、必要なところに人を配置できるような体制を整えていくべきと感じた。

makiko1729
2021/02/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

農水利権と淡水漁業利権の話が気になった。山と川と土と海と、全てが繋がっていて、互いに協力し合う事が大事なのだと改めて感じた。

h-takahagi
2021/02/24
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

河川と森林の関係性や、森林の現況等がよくわかりました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています