ネットワークが接続されていません
中級

論理思考で仕事の壁を乗り越える5つのポイント

仕事をスムーズに進めるための「論理思考」のコツを身につける

00:46:060/10

概要

このコースについて

伝えたいことがうまく相手に伝わらない。仕事がなかなかスムーズに進まない。
仕事をしていると、そんな場面に直面することもあるのではないでしょうか。

そんな方に役に立つのが「論理思考」です。

物事を論理的に考えられるようになると、仕事の効率が格段にアップします。
このコースでは、論理思考のコツを5つに絞って説明していきます。

ビジネスパーソンにとって必須のスキルである「論理思考」をいち早く身につけましょう。
「クリティカル・シンキング」をまだ見ていない方にもお勧めのコースです。

コース内容

  • コース紹介
  • 意見を明確にしよう
  • 意見と事実を分けるって?
  • 伝える相手を意識しよう
  • 100%の正しさにこだわらない
  • 成長と論理思考

こんな人におすすめ

・「何を言っているのかよくわからない」と周囲に言われることが多い方
・仕事の生産性、効率を高めたい方
・論理思考を活用する場面が思い浮かばない方

講師プロフィール

高原 康次 グロービス経営大学院 教員

東京大学法学部卒業後、丸紅にて、海外営業、貿易実務、合弁会社運営などに携わる。
グロービス入社後は、経営人材紹介、人事総務、法人営業を経験する。
専門領域は、社会起業。社会活動を行うプロフェッショナル向けコーチングや東日本大震災後に設立された各種団体で経営支援を行う。宮城県山元町の農業生産法人GRAマネジメント・アドバイザー、地域で活動する高校生を支援する一般社団法人全国FROM PROJECT共同創業者・常務理事。
資格等:米国CTI認定コーアクティブ・コーチ(CPCC)
その他プログラム:グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了、コーアクティブ・リーダーシップ・プログラム修了
一般財団法人KIBOW社会投資インベストメント・プロフェッショナル、グロービス・ベンチャー・チャレンジ リーダー兼投資委員会委員を務める。

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

kojihan
2019/02/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 部長・ディレクター

意見と事実を混同している職員は多いように感じます。話すうちに事実ではなく意見が先行し間違った判断をしかねません。必ずフィルターを用意しないと致命的になります。何度かこのケースで失敗した事がありますから、痛いほど事実確認は必須と心得ています。また伝える相手を意識することが不十分で、一方的に話すことがあるため、注意していきたいものです。反省。

si-kun
2019/01/25
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

意見と事実を分けて考える。情報が溢れている昨今ではこれが重要だと思いました。

iwst-rtr
2020/02/24
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

■納得した事:①正しくて良い意見を述べること>②根拠に基づいたはっきりとした意見(今回の講義内容)>あいまいな意見を述べる>いろんな可能性があるから意見が言えない、という順に自分の考えを発信していく姿勢・視点が必要なのではないかと理解した。■今までは「意見を求められる」ということの定義は、「①(この課題を解決し得る効果的で独創的な誰がどう考えてもスバラしいと思う正解と思える君の)意見を述べてくれ」ということだと思っていた。■しかし、「②(いろんな可能性があるからこれと決めるのは難しいけど、とりあえず今の段階での君の)意見を教えてくれ」という視点もあることが分かった。■世間一般の「意見を述べろ」とは①であり、①のような意見を言わないと社内や他人から評価されないと思っていた。■①のような意見を述べる使命感にとらわれ、結論が決まらず何も意見を述べられないより、少なくとも今わかる範囲で根拠と論理性を持ってしっかりと意見を述べなければいけないと、自分の中の考え方が変わった。少なくとも物事が前に進む可能性もある。一方で意見を求めている相手が①を求めているかもしれないので、注意も必要である。

もっと見る