ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

関西ベンチャー企業が勝ち残るための戦略とは?~岩田進×金谷元気×藪ノ賢次×中野智哉

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1関西2018
第4部分科会B「関西発ベンチャーの強みとは」
(2018年9月8日開催/奈良ホテル)

関西にベンチャー企業が育つエコシステムを根付かせようという機運が高まっている。背景は、多くのベンチャー企業、VCが東京に一極集中している現状への危機感だ。ヒトもモノもカネも東京に集中する中、関西の勝機とは。2019年大阪G20サミットの開催決定や2025年国際博覧会(万博)の誘致の可能性など、世界に向けて発信するための追い風を受ける関西が取るべき戦略を、トップランナーたちに聞く。(肩書きは2018年9月8日登壇当時のもの)

岩田 進 株式会社ロックオン 代表取締役社長
金谷 元気 akippa株式会社 代表取締役社長CEO
藪ノ 賢次 クックビズ株式会社 代表取締役社長CEO
中野 智哉 株式会社i-plug 代表取締役CEO

コース内容

  • 関西ベンチャー企業が勝ち残るための戦略とは?~岩田進×金谷元気×藪ノ賢次×中野智哉
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2019/08/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ディスカッションの中で関西をもっと盛り上げていきたいというパネリストの方の想いが伝わってきた。関西だけに留まらず、日本全体でベンチャーがもっと出てきて、新しいことが次々と生まれていく、それをしっかりと支えていくような社会になっていけば良いと思いました。

schnittke
2020/09/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ベンチャーの資本は人であり、人をどう確保できるかという観点で、関西に一定の有利さがある模様。ただし、とがった人材は、インターンで東京行って、そのままという例もすくなく、やはり、関西に一定のベンチャー企業群がないと、人材の厚みを確保しにくいという話。

since20191227
2020/07/18
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

2003年頃VCに所属し、多くの起業家に会った。上場した企業は少ないが、多くの企業が無くなっていく中で、東京を本社にしていなくても、当時熱く語っていた起業の目的(社会課題の解決)を1つずつ達成し、SDGsを含め、さらに高い課題に挑戦している企業が数社存在している。今のような状況になると、本社が東京にしかないということは、かえってリスクなのではとも思う。関西ももっと元気になるとよい。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています