ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

「食×農業×地域」のパイオニアたちが語る未来~大岡弘武×高橋竜太×田中哲也×松嶋匡史×岩佐大輝

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第3部分科会R「食×農×地域の未来」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

農業分野で意欲的な取り組みを進めるパイオニアの多い中国地方。ワインの名産地フランス・ローヌ地方コルナスで約20年腕を磨き、岡山市で自然派ワイン造りを進める大岡弘武氏、耕作放棄地再生を目的にtetta株式会社を設立し、tettaワインのブランドを築いた高橋竜太氏、独自の耐寒性遺伝子情報覚醒技術を開発し、該当植物がより低気温な場所でも栽培に適するように変異させた耐寒性植物を展開する田中哲也氏、瀬戸内の島で四季折々の果実を使い、この島でしかできない高品質なジャム造りに取組む松嶋匡史氏、第一線を進むパイオニアたちに見えている食・農・地域の未来とは。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

大岡 弘武 ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン 代表
高橋 竜太 tetta株式会社 代表取締役
田中 哲也 農業法人 株式会社 D&Tファーム 代表取締役
松嶋 匡史 株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役
岩佐 大輝 株式会社GRA 代表取締役CEO/グロービス経営大学院経営研究科経営専攻(MBA)修了

コース内容

  • 「食×農業×地域」のパイオニアたちが語る未来~大岡弘武×高橋竜太×田中哲也×松嶋匡史×岩佐大輝
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

randy_mizukami
2021/01/08
メーカー 営業 部長・ディレクター

バブル入社世代のサラリーマンの多くは、定年延長や副業解禁などで70歳になっても何かしら働かないといけないという漠然とした強迫観念に包まれている中で、都会から地方に移住し、食×農×ビジネスに取り組むという人生観はとても心に刺さる興味深い内容だった。自然の中で働く1次産業のイメージから、時代の先端を行く技術も取り込んだ新しい産業の中で、付加価値を自分たちの工夫と手で創り出すという体験にこそ、第二の就業人生をかけてみる価値があると思う。やりがいが生まれ、コミュニティが育ち、体に良いものを食べ、健康寿命が延びる。いいことずくめだと思います。是非、同じ価値観をもつ人が増えて実際に行動につなげる人を支援するような活動が今後拡がることを願います。

iine
2020/12/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

皆様、広い視野で取り組まれており、大変参考になった。
外国の安価な大量生産品ばかりになると、長期的には国土だけでなく日本人の精神も貧しくなると思う。
したがって、国産農産物の良さをもっと取り上げることが重要で、個人レベルだけでなく、行政も動かす必要があると感じた。

今後、耕作放棄地が急増する。リスクとチャンスが埋まっている。

kozue_nagata
2020/12/17
メーカー 営業 一般社員

フランスでは、10年前から農薬を使用する、保管するにあたり免許が必要となっている。日本でも法整備が必要か。
この点が、衝撃的事実だった。
食の安全というと、とかく感情的な視点に陥りやすいが、今回のカンファレンスは、科学を学ばれているという下地があったり、登壇者の皆さんがきちんとした知識と経験からお話をされているため、大変納得感があり勉強になりました。そして、その地で奮闘されているご様子に感銘を受けました。

その他大変参考になりました。
興味深いお話をありがとうございました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています