ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

テクノベート時代を勝ち抜くために必要な「戦略的サステイナビリティ」~小柴満信×櫻田謙悟×水野弘道

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第2部全体会「テクノベート時代を勝ち抜く戦略的サステイナビリティ」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

「SDGs(持続可能な開発目標)」が2015年9月の国連サミットで採択され、企業活動においても「サステイナビリティ(持続可能性)」が注目されている。テクノロジーの進化によって、ビジネスの戦い方が大きく変化するテクノベート時代において、改めて企業のサステイナビリティは、それの土台となるコーポレートガバナンス、社会や環境のサステイナビリティと切り離して考えることができない。本セッションでは、2019年4月に、経済同友会の新代表幹事に就任された櫻田氏、副代表幹事小柴氏をお迎えし、ESG投資を世界的に提唱しリーダーシップを発揮しているGPIFの水野弘道CIOの視点を交え、戦略的にサステイナビリティを拡大していくために、経営者はいかに考え行動し、組織を導いていくかを議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

小柴 満信 JSR株式会社 代表取締役会長
櫻田 謙悟 SOMPOホールディングス株式会社 グループCEO 取締役 代表執行役社長
水野 弘道 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 理事 兼 CIO(最高投資責任者)

コース内容

  • テクノベート時代を勝ち抜くために必要な「戦略的サステイナビリティ」~小柴満信×櫻田謙悟×水野弘道
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

since20191227
2020/07/01
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

モデレーター・パネリスト・参加者も大変視座の高い密度の濃いセッションだった。
CXOのサクセッションは、さすが仕組みとして意識的に取り組んでいる様子が良くわかった。
日本の将来を悲観するばかりでなく、少子高齢化も強みとしていけば、日本がアジアのリーダーに返り咲ける余地はまだ十分にあると感じた。
勝負するところを絞り、サスティナビリティをコストとしてとらえるのではなく、チャンスとして長い時間軸で勝負していきたいと思う。

shu-he-
2020/06/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

GAFAの価値のほとんどが目に見えないもの、ということが非常に印象に残りました。目に見えるものから目に見えないものの価値がシフトしていっているように感じました。サステナビリティもしっかりとその価値は何か、如何に価値を見せていくか、ということを考えていくことで違った見方ができるように感じました。

1ryu1-0520-29
2020/08/04
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

目に見えるものから目に見えないものの価値がシフトしていっていると感じました。サステナビリティもしっかりとその価値は何か、どう価値を見せていくかで違った見方ができると感じました。

もっと見る