ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

シリコンバレー最前線!今何が起こっているのか~小林清剛×アレン・マイナー×宮田拓弥×朝倉祐介

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

あすか会議2019
第6部分科会(41会議室)「シリコンバレー最前線~今世界では何が起ころうとしているのか~」
(2019年7月7日開催/アクトシティ浜松)

2018年の米国におけるベンチャーキャピタル(VC)投資額は約1300億ドル(約14兆円)と過去最高を更新した。ネットバブルと言われた2000年でさえ1050億ドルだったことを考えても米国におけるスタートアップへの期待がいかに大きいかがわかる。今やシリコンバレー企業の活動領域は、インターネットやITといった従来の領域から、金融業、製造業、サービス業など既存産業の変革へと急速に広がっているのだ。一方で、世界全体のVC投資額に占める米国の割合は急速に低下しているといった指摘もある。2018年第2四半期での米国のシェアは35%にすぎず、それ以外の地域が65%となっているという。世界全域でイノベーションが勃興する時代となった今、本家シリコンバレーでは何が起こっているのか。(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)

小林 清剛 Chanoma Inc. Co-founder and CEO
Allen Miner 株式会社サンブリッジ 代表取締役会長兼CEO
宮田 拓弥 スクラムベンチャーズ ジェネラルパートナー
朝倉 祐介 シニフィアン株式会社 共同代表

コース内容

  • シリコンバレー最前線!今何が起こっているのか~小林清剛×アレン・マイナー×宮田拓弥×朝倉祐介
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

miyamanishiki
2020/05/09
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

社会インフラでは日本が世界の先頭を走っているというお話は日本人として誇らしい気持ちになった。鉄道・地下鉄網が発達しないまま経済が発展し交通渋滞が慢性化するという現象はアジアではよく見られる。シリコンバレーでは行政が社会インフラの構築に熱心ではないというお話も意外であったし、州の税制の関係で起業家がワシントンやマイアミに分散しているというお話も一筋縄ではいかない米国の事情を表していると思った。
働き方の問題では、まさに今新型コロナウイルス感染防止対策で在宅勤務が急速に普及しておりやれば出来るというコンセンサスが会社側と従業員側にできつつあるように思う。これで日本の悪しき慣行というべき付き合い残業やダラダラした会議が無くなればよいと思う。

shu-he-
2020/05/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

本パネルディスカッションを聞いて、逆説的ではあるが、適度に不満がある社会のほうがイノベーションが生まれやすいと感じた。「必要は発明の母」というように発明の多くは必要性から生まれる。社会的インフラ等、比較的恵まれた社会で必要性を感じるためにもっと便利さを追求する姿勢、自分の欲求をしっかりと認識することがイノベーションを生み出していくうえで重要なことの一つだと思います。

glovis
2020/05/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

最先端の技術や優秀な人材が集まる都市だと思いますが、そこに行かなくても多く人とネットでつながれる時代になっているので場所より人とのコネクトをどう作って増やしていってビジネスを産み出していくのかということを意識していくことが重要だと思いました。

もっと見る