ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

MaaSがもたらす「モビリティ革命」!日本企業が取るべき戦略とは?~鯉渕健×平将明×守安功×柴沼俊一

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1ベンチャー2019
第4部分科会A「モビリティ革命と自動車産業の近未来・産業創出と社会変革の戦略的サステイナビリティ」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

注目のビジネスキーワードとして注目を集めている「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」。あらゆる交通手段を統合し、シームレスな移動体験をもたらす概念で、2030年には世界で100兆円以上に達すると予測される巨大市場。自動車メーカーや公共交通など既存プレーヤーのみならず、全産業を巻き込む、まさに「モビリティ革命」ともいえる時代。本セッションでは、それぞれの立場から、日本・世界でどのような未来を描いていくのか、業界をこえて生まれる新サービス・産業の創出や社会変革について議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

鯉渕 健 トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 先進安全領域 領域長
平 将明 内閣府副大臣(IT政策・サイバーセキュリティー戦略本部・科学技術イノベーション政策担当) 衆議院議員
守安 功 株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO
柴沼 俊一 株式会社シグマクシス 常務執行役員

コース内容

  • MaaSがもたらす「モビリティ革命」!日本企業が取るべき戦略とは?~鯉渕健×平将明×守安功×柴沼俊一
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

mokashichi
2020/08/09
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 部長・ディレクター

なぜに国の副大臣レベルが進めるべき構想が進んでいない事実、理由を認識しているのに日本ではイノベーションが進まないのか?構想を持ってきてくれればと言っているが、当然、そのようなものんは持ち込まれているはず。日本のスピード感の遅さを物語るトークだと感じました。

mj1207
2020/08/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

トヨタは世界に誇る企業だ。コロナ下でも唯一黒字だった。素晴らしい。しかし、キャッチアップしてくる企業を侮っている。この会議では本当に驚異に感じるように伝わってこなかった。「追いついてきたと思った次の瞬間には一気に抜かれていた」それが各産業で起きている。

現状の枠内で必至に考えているのが伝わってくる。例えば、NTTと協力して超大な構想をぶちあげている。トヨタの規模でしかできない事業かもしれなが、イノベーションは超大なところからは始まらないと思う。イノベーションのジレンマ... まさにこの場。

ruimasiko
2020/08/06
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

新規事業でも、法規制がありできないものがある。一般人でも、ローメーカーに直接、話しを持っていく場があれば違うと思う。スーパーシティ構想にしても規制が障害になるのであれば、どんどん見直せるよう提案できる場がほしい。

もっと見る