ネットワークが接続されていません
実践知

デザインと経営

デザインを経営資源にする

概要

このコースについて

「デザインと経営」と聞いて皆さんはどんなことをイメージしますか?
皆さんの企業はどのくらいデザイン経営をしていますか?
なかなか即答するのが難しい問いかもしれませんが、昨今、デザインを経営資源にする取り組みが注目されています。

このコースでは、株式会社JMCの取締役兼CDO(チーフ・デザイン・オフィサー)でもある山﨑晴太郎氏に、製造業でデザイン経営を取り組んだ事例を中心に、デザイン経営の実際や難所についてお話し頂きます。
また、コースの最後には、ご自身の組織のデザイン経営をセルフチェックするポイントも紹介しています。
ぜひデザイン経営の具体事例を知り、ご自身の組織の経営や個人ができることを考えるきっかけにしてみてください。

コース内容

  • コース紹介
  • 経営におけるデザインプロジェクト
  • プロジェクトの”難所”
  • 深掘り対談
  • 【デザインと経営】13のセルフチェック

講師プロフィール

山﨑 晴太郎
株式会社セイタロウデザイン 代表取締役、アートディレクター。
株式会社JMC 取締役兼CDO。

立教大学卒。京都造形芸術大学大学院芸術修士。PRエージェンシーを経て2008年独立、株式会社セイタロウデザインを設立。企業・サービスのデザインブランディングを中心に、グラフィック、WEB、空間、プロダクトと多様なチャネルのアートディレクション・デザインワークを手がける。アジアデザイン賞、IFデザイン賞、グッドデザイン賞金賞など国内外の受賞多数。各種団体主催のデザイン賞審査委員や省庁の有識者会議検討委員を歴任。FMヨコハマ「文化百貨店(毎週日曜2430−2500)」メインパーソナリティー。琉球びんがた普及伝承コンソーシアム理事。NPO ATRS WORKS理事。東京2020組織委員会スポーツプレゼンテーション・クリエイティブアドバイザー。
(肩書きは2020年2月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/05/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ある場面では会社の経営理念を末端にまで浸透させるため、ある場面では就職志望者を増やすため、また別の場面ではEmployee Experienceを高めるためといったように、「デザイン」という言葉が非常に多くの意味で使われているように感じました。意味がとりにくい部分があるので、デザイン経営という分野は今後、もう少し細分化され、体系的にまとめられていくように思いました。

keaton_954
2020/05/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

デザインは体幹をつくること、という言葉が印象に残った。
表面や見てくれを飾ることではなく
自分たちのビジョンやコンセプトを体現するためのものだということが
新しい発見だった。

mn_0000
2020/05/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部門や、会社全体の文化、風土を作ったり、変えたりする取り組みを提案して広める際にも、あてはめられる考え方、方法論、留意点であるように感じました。
「最大の難所は、理解をいかに得るか」であり、「人をイメージして、経営陣から末端までの一貫した方向性を、言語化、可視化を通して作る」ところがポイントと理解しました。

もっと見る