ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

コロナ時代における観光業の経営戦略とは~上月良祐×長野恭紘×山野智久×東良和

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

第12回G1サミット
第6部分科会E「コロナ時代の観光・インバウンド~ポストコロナの展望とは~」
(2021年3月20日開催/仙台秋保温泉)

新型コロナによってインバウンドが「消滅」した今、観光産業はどうやって生存のための経営戦略を立てているのか。一方、ワクチン接種が世界で進み、ポストコロナに向けた明るい兆しも見えつつある。観光産業は現在の苦境をいかにして乗り越え、ポストコロナの世界にどういった光を見出しているのか。(肩書きは登壇当時のもの)

上月 良祐 参議院議員 農林水産委員長
長野 恭紘 別府市長
山野 智久 アソビュー株式会社 代表取締役CEO
東 良和 沖縄ツーリスト株式会社 代表取締役

コース内容

  • コロナ時代における観光業の経営戦略とは~上月良祐×長野恭紘×山野智久×東良和
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

taka_0215
2021/11/08
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

観光と飲食、コロナは抑えつつ、景気を復活する。バランスの難しさですね。

ara5505
2021/11/08
メーカー 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

(業界が違うのですが、)どの業界もコロナは変化のスピードを上げただけで、本質的な課題はコロナに関係なく起こり、進んでいるのだと改めて思いました。

btree
2021/09/04
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

全く業界は違うが、コンテンツ磨きを今やる、お金を取れるレベルで考える、数多く用意する、と真剣に考えて行動を起こされていることが心に響いた。インバウンド、年中行事、イベント需要に今まで乗っていただけだったことに気づき、平準化すること、そもそもの観光の目的は何かを考える、というプロセスは自分が置かれている業界にも全く当てはまる事象であると考えさせられました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています