ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

DCF法

企業・資産の価値を計算する方法を知る

00:09:370/10

概要

このコースについて

DCF(Discounted Cash Flow)法とは、企業・資産の価値を計算する方法として、投資、M&Aといった場面で幅広く使われています。
ファイナンスの基礎となるこの概念を理解しておきましょう。

※このコースを学習する前に、以下のコースを視聴することを推奨します。
・金銭の時間的価値
・割引率

☆関連情報
フレームワークでニュースを読み解くこちらの記事もぜひご覧ください。
「社名変更は会社にとって「得」になるの?DCF法で考える」
https://globis.jp/article/7020

コース内容

  • DCF法
  • 将来の収入をどう評価する?
  • DCF法とは
  • DCF法の活用場面
  • NPVとIRR
  • 山田さんの例:NPV
  • 山田さんの例:IRR
  • 山田さんの例
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・ファイナンスの基本的な知識を学びたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

oishi_takashi
2019/05/04
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 部長・ディレクター

銀行金利が現状ほぼ0のなか、IRR6.9%を投資不適格というべきかは悩ましい。
それだけ不動産投資はリスクが高いということかもしれません。

ishii201
2019/02/23
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

IRR,NPVは参考指数。
将来価値がそのようになるかどうかは、買った後の文化融合の変数を乗じる必要あり

lai_quants
2019/07/14
金融・不動産・建設 専門職 一般社員

割引率の講義では現在価値が決まっていて,そこから割引率を求めていた。しかし,今回のDCFの講義では割引率が決まっていて,そこから現在価値を求めていた。割引率と現在価値のどちらかが決まればもう一方は決まるが, 結局どうやって決めればよいのかわからないので,実務に使う際にもどうすればよいの疑問が残っている。

もっと見る