ネットワークが接続されていません
中級

経営戦略

ビジネスの成功確率を高める経営戦略の重要性と立案プロセスを理解し、競争に勝つ定石を身につける

01:32:580/18

概要

このコースについて

企業が持続的な競争優位を確立するためには、経営戦略が重要になります。経営戦略とは何か、経営戦略の全体像と競争優位性を築くのに何が重要となるかを学びます。
その後、経営戦略の立案プロセスにおいて、事業環境や自社の状況を分析し、解決策を策定するために必要となる基礎理論やフレームワークを学びます。
また、事例を通して、経営の定石とフレームワークの理解を深め、実践的なスキル習得を目指します。

経営戦略を初めて学ぶ方は、以下の関連コースを事前に視聴することをお薦めします。
※グロービス経営大学院およびグロービス・マネジメント・スクールにおける受講科目の教材として本動画を視聴される場合、関連動画はご視聴いただけない場合がございます。
・クリティカル・シンキング
・マーケティング(基本編)
・マーケティング(マーケティングミックス編)

 
☆関連情報
ビジネススキルでニュースを読み解く、日経電子版の記事もぜひご覧ください。
「苦境のファミマ、処方箋は2つ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61561980V10C20A7X12000/?n_cid=DSPRM5277

コース内容

  • コース紹介
  • 経営戦略とは何か
  • 経営戦略の全体像を知る
  • 事業の経済性を理解する
  • 事業環境を分析する(1)
  • 事業環境を分析する(2)
  • 自社を分析する(1)
  • 自社を分析する(2)
  • 戦略の定石を知る
  • 全社戦略を理解する(1)
  • 全社戦略を理解する(2)

こんな人におすすめ

・経営戦略とは何かを知りたい方
・経営計画の策定を担っている方
・戦略の実行を担っている方

講師プロフィール

青井 博幸 グロービス経営大学院 教員

東洋エンジニアリング株式会社在職時には国内外のプロジェクトを手がける。フロリダ工科大学在学中には米航空宇宙局(NASA)のプログラムにも関与。帰国後、地ビールメーカーを創業。4年間の操業の後に事業を売却し、経営コンサルティング会社「アオイ&カンパニー株式会社」に転換、現在、同社代表取締役として企業の経営コンサルティングを展開する。また、2006年から3年間は化粧品メーカー(IONA)の最高執行責任者を務めた。
共著「[新版]MBAマーケティング」(ダイヤモンド社)、著書「ビールの教科書」(講談社)、「重要会議ではヅラをかぶろう」(講談社)など。

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

katsu330
2019/01/25
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 部長・ディレクター

経営戦略を策定する上でこのような考え方の手順、フレームワークが整理されており、まずはこの順番で考えて内部外部環境や自社のポジション、事業の問題点(収益構造を含む)が整理でき、何らかの打ち手が考察できる。
一番の問題点は全体最適、部分最適の問題で、どのように組織間で連携し、全社最適にもっていけるか、そこの個々の組織の意識がなく組織の力学がメインに働いてしまうケースも多いと認識しており、このフレームワークを理解し、分析、打ち手が出てきた後の重要な視点であると思われた。

kkk007
2020/05/13
金融・不動産・建設 その他 一般社員

私は新入社員であるので、会社の戦略をともすると忘れてしまう。競合他社との比較、会社会社のコアコンピタンスは何かを意識しておきたいと思う。そうすることで、組織のパーツじゃなくてエンジンのような社員になっていけると思う。

mune-1206
2019/05/04
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

正しいプロセスを理解し、各種フレームワークに基づいて分析することによって、自社の進むべき戦略を見出だすことができる。また、これに固執することなく、環境や顧客、市場の変化にも敏感に反応し、戦略を見直すことも必要である。

もっと見る