ネットワークが接続されていません
初級

ティール組織

新しい組織の在り方、ティール組織の特徴や課題を知る

00:12:270/10

概要

このコースについて

ティール組織とは、今までの組織の概念とは異なるまったく新しい組織の在り方です。
固定のミーティングがない、上下関係がほとんどない、と聞くと驚かれる人もいるのではないでしょうか。

実はこれまでに、組織の形態は変化をたどってきています。ティール組織にたどり着くまでに、どのような特徴を持った組織があるのか、ティール組織はどのような特徴と課題を持つのか、本コースで学んでいきましょう。

コース内容

  • 事例①:野村さんの様子の変化
  • ティール組織とは
  • レッド(衝動型)組織
  • アンバー(順応型)組織
  • オレンジ(達成型)組織
  • グリーン(多元型)組織
  • ティール(進化型)組織
  • 事例②:パタゴニア
  • 実現ポイントと留意点

こんな人におすすめ

・組織の形態に興味がある方
・多様な人材が活躍する組織を作りたい方
・メンバーの能力を引き出して組織のパフォーマンスをあげたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/03/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

会社として、ティール組織をうまく機能させるにはある程度同じ方向を向いた人を集める必要があるように感じた。そうでないと、会社としての規律が保てなくなってしまうと思う。
短期的にはうまくいくようには思うが、中長期的には組織としての多様性がないので、うまくいかなくなっていくような気がします。

k-torigata
2020/02/26
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 部長・ディレクター

ティール型組織の理想系から学べることは多いと感じます。常に理想の組織の在り方は変化するという事実を見定めて、組織変革を実践していきたいと思います。

gs51
2020/02/29
金融・不動産・建設 その他 一般社員

組織の在り方について改めて考える良い機会となった。ティール組織といえども万能ではなく、組織の存在意義、目的、おかれた環境などにより、それぞれの組織の特徴を柔軟に取り入れる必要があると考える。例えば今の新型コロナ対策のための組織などは緊急性・瞬発力・機動力・即効性が求められ、アンバー型・オレンジ型(時にはレッド型も?)メインが適しているのではないか。

もっと見る