ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

外国人労働者と共に歩む組織のあり方とは~小林史明×田口義隆×伊達美和子×山脇康嗣×藤沢久美

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2018
第3部分科会C「外国人材によるゲームチェンジ~日本企業をグローバル化する組織改革論~」
(2018年11月25日開催/グロービス経営大学院 東京校)

日本の外国人労働者政策が、変革期を迎えている。2018年6月に公表された「経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太の方針)」では、必要な分野において、非高度外国人材の就労を目的とした在留資格の創設が明記され、政府は、日本社会では人口減少や労働力不足への対策として外国人の受入れを行うというスタンスに転換した。企業は、外国人材を単なる労働力としてとらえるのではなく、ともに未来を作っていく人材として迎え入れ、いかにして戦力となるべく組織作りをしていくのか、その課題と展望を議論する。(肩書きは2018年11月25日登壇当時のもの)

小林 史明 衆議院議員
田口 義隆 セイノーホールディングス株式会社 代表取締役社長
伊達 美和子 森トラスト株式会社 代表取締役社長
山脇 康嗣 さくら共同法律事務所パートナー弁護士
藤沢 久美 シンクタンク・ソフィアバンク 代表

コース内容

  • 外国人労働者と共に歩む組織のあり方とは~小林史明×田口義隆×伊達美和子×山脇康嗣×藤沢久美
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

knhk
2019/11/22
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

とても充実した内容でのコンテンツでした。今日本で起きている「人手不足」という問題を海外からの労働者ですべて解決しない、さらなるイノベーションに取り組むなどのお声もとても印象的でした。

misy
2019/10/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

外国人労働者をどのように採用していくのか理解できた。ピクトグラムは必要と感じた。

nori-nori
2019/10/13
インフラ・公共・その他 メディカル 関連職 一般社員

示唆に富んでいて、面白く拝見いたしました。

オーストラリア留学中に移民政策を勉強してきたこともあり、今の日本の外国人労働者受け入れ策のスキームに危うさを感じることが少なくありません。

移民政策は「どのような外国人をその程度を入れるか」という「出入国管理施策」と「いったん受け入れた外国人をどのように日本社会に受け入れていくか」という「社会統合施策」の2種類からなるものだと思っていますが、日本の対応は終始一貫して前者だけを強化し、後者は自治体、企業等に丸投げしている状況が続いているように感じます。

多くの企業は自らのビジネスの成長のため尽力されていると思いますが、これからは、外国人労働者をいかに上手く取り込んでいかないと、とりわけサービス業のオペレーションが成り立たない時代に入ってくるでしょう。そんな中、技能実習生等への長時間労働、賃金未払いなどの労働法規違反が平然と罷り通っている実態も含めて、行政側においては「外国人材」ではなく「外国人」として必要な施策を講じていかないと、働く場所として日本が選ばれなくなる時がくると思います。

個人的な見解で失礼しました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています