ネットワークが接続されていません

ご利用者様インタビュー

新卒1年目、一から考案したコラボ企画を実現。
発生する課題を解決するための特効薬。

ゲーム開発・運営会社 ライセンス事業担当
山﨑翔太 さん

Profile

スマホアプリやモバイルネットワークのゲームを開発、運営する会社に新卒で入社し、新しく立ち上がったライセンス事業の担当となる。他社とのコラボレーションやイベントの企画、交渉などを幅広く行っている。入社直前からグロービス学び放題を使い始め、ビジネスの基礎を学んだ。

新卒入社を前に経営の勉強を開始。本での学習に頭を抱えていた時、
グロービス学び放題と出会った。

山﨑さんは現在どのようなお仕事をされているのでしょうか?

現在は、スマートフォンのゲームアプリ、モバイルネットワークゲームを制作、運営する会社で、ライセンス事業を担当しています。やっていることは主に、他社の人気アニメなどとのコラボレーションを行うライセンスイン事業と、スマートフォン以外のリアルイベントなどで自社のコンテンツを楽しんでもらうライセンスアウト事業があります。

僕は現在後者をメインに、企画の立案や先方との交渉などを行っています。
もとは一切取り組んでいなかった事業なので、部署の人数もまだ4名で。新規事業に近く、チーム内で全ての業務を担っているため裁量も大きいです。

グロービス学び放題を始められたきっかけは何だったのでしょうか?

総合職としての入社が決定していた大学院2年生のとき、幹部候補採用だったこともあり、CFOに経営学を学ぶようにと言われたんです。それで、まずMBA(Master of Business Administration)を取得するための勉強を始めようと思い、手に取ったのがグロービス経営大学院から出版されている本でした。

まずはその本を使って入社1、2ヶ月程前から勉強を始めましたが、読んでも全く頭に入ってこなかったんです。僕はもともと理系出身で、経営のことなど全く分からない状態。2、3ページ読んだら眠くなってしまうぐらいでした。

本を購入した後に、広告でグロービス学び放題というサービスがあることを知りました。専門書は難しかったですが、動画なら面白いかもしれない、と思ったのが使い始めたきっかけです。

学んだ知識のおかげで、初めて自分の仕事が形に。

最初にグロービス学び放題を利用してみて、どのように感じましたか?

可愛いイラストで分かりやすく説明されていたので、これだったら続けられるなと思いました。文字よりも絵で説明された方が、視覚で理解しやすいんです。そのうちに、動画を見た後にMBAの本を読むと、少し内容が理解できるようになっていることに気がつきました。

本から学び始めても全然分からなかったんですが、動画から入ったら分かるようになったんです。動画と本とを行き来していたら、学ぶことがだんだん面白く感じるようになってきました。

どのように実務に活用されていたのでしょうか?

入社前や入社後の研修中は、動画をとにかく上から順番に全部見ていましたが、実際に業務が始まってからは、課題が生まれるとヒントになるものが無いかグロービス学び放題の中で探し、動画を見て学ぶようになりました。

というのも、入社1年目でいきなり現場に配属されて、右も左もわからず課題しかない状態で。とにかく人がいなかったので、複数回、上司に同行しただけで独り立ちし、外部へ企画のプレゼンをしなければならないような環境だったんです。

そのため、基本知識をグロービス学び放題で身につけながら、仕事で応用していました。例えばファシリテーション。僕の部署は新しい事業がぽんぽん出てくるので、他の部署との提携が必要でした。そのため、自分で会議を開き、人を集め、司会をしなければいけなくて。やったことのないことでしたが、事前にファシリテーションの仕方について動画で学んでいたおかげで、どういうステップを踏めばいいのかわかってなんとか持ちこたえることができました。

他にも、実践して実際に成果が出た事例などはありますか?

自社アプリのコラボを初めて企画し、実際にリリースすることができたことです。

一般的に、ゲームタイトルはリリース直後にユーザーさまが一気に増えても、時間がたつとどんどん減ってしまうんです。したがって、人気アニメとのコラボを盛んに行うなどして、業界全体で新規ユーザー獲得のために力を入れていました。 しかし僕は、グロービス学び放題の戦略・マーケティングコースでPLC(Product Life Cycle management)について学んでいたことで、新規獲得よりは今残ってくれているユーザーさまのロイヤルティを高めるべきではないかと思ったんです。

そこで、「このゲームは長年愛されてるタイトルなので、新規のユーザーさまだけではなく今いるユーザーさまに特に受けるようなコラボも重要ではないか」とコラボの責任者の方にプレゼンしました。上手く伝えられるように、プレゼンスキルについても動画で学んだことを踏まえながら。

すると僕の企画が採用され、一から企画してコラボリリースまでやりきることができたんです。最初の成功体験でしたね。初めて自分が形にできた仕事がまさしくグロービス学び放題の知識の賜物だったので、大変感謝しています。

新卒が仕事をするためのベースを作ってくれた。

日常的にはどのような方法で勉強されていますか?

毎日の習慣として、帰宅してYouTubeを見た後に1時間グロービス学び放題を見るようにしています。スポーツ動画をみてテンションをあげてから、学ぶようにしています。

僕の場合は、スマートフォンで動画を流しながら、PCで議事録を取ります。そうすると読み返した時に分かりやすいし、忘れないように簡単にまとめておくことができるからです。

業務の中で上手くいかないことがあった時には議事録を読み返します。議事録で分からなければ、今度は直面している課題にフォーカスして、もう一度動画を見てみるようにしています。

完全にトラブルシューティングのような扱いです。課題や困ったことがあったら解決してくれる、特効薬のようなものだと感じています。知識ゼロの状態から仕事をするためのベースは全て、グロービス学び放題で培うことができたと思います。

グロービス学び放題の良さはどんなところだと感じますか?

「分かりやすさ」の一点じゃないでしょうか。本にしたらあれだけ難しい内容を短い時間に要約して、新卒1年目の僕にも分かる内容にしてくれているというのは本当にすごいなと思います。絵で見た方がわかりやすいですし、見るだけで受動的に学べるのがいいなと思います。

どんな場所に行っても活躍できるという信頼感。

最後に、山崎さんの今後の目標や展望を教えてください。

まずは、新卒3年目までを対象に会社が開催しているアワードで新人賞を取りたいです。歴代の受賞者を見ているとやはり、後々会社全体で評価されている方が多いので。

また、ゆくゆくは経営者になりたいと思っています。そのためにも、グロービス学び放題で知識を身につけて、成長する速度を上げていきたいです。

グロービス学び放題は、自分にとってお守りみたいなものです。将来もし他の業種へいった時も、これで学べばしっかり仕事ができるようになるという信頼感があります。どこにいっても活躍できるように、グロービス学び放題と一緒にずっと頑張っていきたいです。

最終的には、経験を積んで自分がグロービス学び放題の中で教える側に立てたら面白いなと思っています。まだまだ先の話ですけどね。

山崎さんのおすすめ動画

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは、社内の事業を市場成長率と相対シェアの2軸でマトリクスにプロットし、自社の事業ポートフォリオの特徴を分析するものです。PPMを用いることで、事業のバランスを確認したり、将来的な投資計画や資金ニーズの予測を立てるのに役立てることができると考えられます。

ほかのインタビューも見る

ご利用者様

苦手なコミュニケーションがスムーズに。
フレームワークを持つことで、課題解決への道が拓ける。

Crico株式会社 コンテンツ制作部マネージャー
村川 剛史さん

インタビュー詳細

ご利用者様

グロービス学び放題で得た知識を活かし、
起業体験型ビジネスコンテストで優勝。
「学びやすさ」に感じる大きな価値。

司法書士事務所
池田 彩香さん

インタビュー詳細

講師

スキマ時間を活用し、日常に「学び」の習慣を。
積極的にアウトプットして改善する姿勢が成長の鍵。

グロービス経営大学院 教員
許勢 仁美

インタビュー詳細

開発者

変化の激しい時代に通用する実践的なビジネススキルを届ける。
社会を変える実行力のある人を増やしたい。

グロービス・デジタル・プラットフォーム
「グロービス学び放題」プロダクト・リーダー
鳥潟 幸志

インタビュー詳細