ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

iPS細胞を使った「再生医療」の未来~澤芳樹×山田邦雄×山中伸弥×平手晴彦

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2018
第7部分科会B「iPS次なるステージ~無限の可能性と事業化への方策~」
(2018年2月11日開催/沖縄万国津梁館)

2022年に期待するテクノロジーについて800人のビジネスパーソンに聞いた日経BP総研の調査では、「再生医療」を筆頭に1位から10位までのうち、4つが人の命に関するテクノロジーとなった。中でもiPS細胞は、生命科学分野において無限の可能性を持つ。iPS細胞を用いた再生医療や創薬の世界で日本が生き抜くための方策とは。(肩書きは2018年2月11日登壇当時のもの)

澤 芳樹 大阪大学 心臓血管外科 教授
山田 邦雄 ロート製薬株式会社 会長 兼 CEO
山中 伸弥 京都大学 教授 iPS細胞研究所 所長
平手 晴彦 武田薬品工業株式会社 コーポレート・オフィサー コーポレートコミュニケーションズ&パブリックアフェアーズオフィサー

コース内容

  • iPS細胞を使った「再生医療」の未来~澤芳樹×山田邦雄×山中伸弥×平手晴彦
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ydmsq_968
2019/11/12
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

進歩のスピードや内容ばかりが気になる一方で、事故や公害などの弊害が無いように十分な検証や確認も必要と思った。

ryo_0520
2019/11/07
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

iPS細胞の今後の展開について注目したい。

masakeita9
2019/10/17
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

ips細胞は車で言えばボディを作る材料に過ぎないし、それを発見した山中先生も万能の神ではなく、優れた材料を発見した一科学者。
やはり、可能な限りの見える化のもとでの、オープンなダイアローグが深化していかなければ、ips細胞の持つ可能性が最大化されないのだという事に気づかされた。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています