ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

スポーツは地域を変えるか~稲吉正樹×髙田旭人×松下浩二×為末大

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1中国・四国2019
第3部分科会S「地域を変えるスポーツの力」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

ラグビー、バレー、バスケットボールなど、2019年夏、ワールドカップで世界を相手に大いなる活躍を見せて国中を沸かせた日本のスポーツ界。現代におけるスポーツの持つ広範な価値を最大限に活かし、経済的・社会的なベネフィットを最大化するにはいかなる視点が必要なのか。スポーツビジネスの今後の展開を探る。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

稲吉 正樹 NOVAホールディングス株式会社 代表取締役社長
髙田 旭人 株式会社ジャパネットホールディングス 代表取締役社長 兼 CEO
松下 浩二 一般社団法人Tリーグ チェアマン
為末 大 一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事

コース内容

  • スポーツは地域を変えるか~稲吉正樹×髙田旭人×松下浩二×為末大
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

vegitaberu
2020/11/16
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

スポーツビジネスのマーケットの広げ方、海外の例などから、学んだ部分がありました。たとえば、ベッティングとか、未開拓エリアへの進出、育成、選手を売るなど。
ただ、一つ気になったのは、ビジネスするという視点もあってか、スポーツを競技レベル、トップレベルでしか考えていないことでした。
確かに、お金、ビジネスの源泉を生み出すのは、そうしたトップレベルですが、そこに、お金を出すのは、一般レベルで、一般レベルの人々の、スポーツへのかかわり、スポーツをビジネスとしてではなく、楽しみ(それは、スポーツ自体も、仲間との交流もあると思います)としてとらえる層への言及がなかったことでした。
特に、地域活性化に、スポーツが貢献している場合には、ほぼ、例外なく、そのスポーツに関係なかった人も含めた、「素人」の存在が大きいと思います。
それを、飛ばして、トップの競技力向上だけを図っても、強くなれば、儲かる的な図式にしかならず、果たして解決策になるのかと。
「素人」がどうスポーツにかかわっていけるか、その議論も欲しかったです。
パネリストの属性、経歴から考えると、仕方のないことかもしれないとも感じましたが、「地域」(おそらく、地域に限らずですが)とビジネス(マーケット)を考えたときに、重要になってくるのは、トップもありますが、それ以上に、裾野ではないかなと感じています。

yorugata
2020/11/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

まず為末さんのファシリテーションが最高でした。

高田社長の発言にはスポーツの未来と地域の未来の共存が見えました。

tk1982
2021/03/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

これまでのスポーツビジネスはプロ野球に代表される様な企業宣伝の為にあるという
観点が強く、赤字でもチームに企業名が付けば宣伝になり節税対策にも使えていた。
例を挙げれば巨人に代表される様なメディアがチームを持ち宣伝をうち全国的な人気
を博しその他の球団がその恩恵に預かるという形が限界に来ているため本動画の様な
考えを持ったスポーツ経営者が増えてきたと思われる。
スポーツも日本型の企業宣伝という形から、地域社会との一体化、IR等を活用した
収益の多角化をすればもっと伸びる産業と思われるし、日本の経済規模から見た時
にその規模があまり比例していないのも旧来のやり方から変化出来ていないからで
あり変わるべき時に来ていると強く感じる。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています