ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

雇用のダイバーシティ推進へ!外国人労働者をどう受け入れていけば良いのか?~鈴木康友×田口義隆×本田桂子×柳沢正和×土井香苗

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019
第5部分科会E「外国人労働者・ダイバーシティ~これからの日本の形とは~」
(2019年2月10日開催/星野リゾート青森屋)

少子高齢化が著しく進展し、生産年齢人口が減少する日本において、深刻な人手不足を解消するため、外国人労働者をはじめとした様々な労働力を幅広く確保することが喫緊の課題となっている。外国人労働者の受け入れを含めた雇用のダイバーシティの議論の大前提は構造改革であり、民間における生産性向上が何よりも優先されるべきであり、重要なのはダイバーシティの拡大によりバリューチェーンの構造改革が促進され、生産性を高め、賃金の底上げ、経済社会の活性へとつながることだろう。差別の助長や移民反対等の安易な反対論を超えた、日本社会のあり方を考える。(肩書きは2019年2月10日登壇当時のもの)

鈴木 康友 浜松市長
田口 義隆 セイノーホールディングス株式会社 代表取締役社長
本田 桂子 世界銀行グループ 多数国間投資保証機関(MIGA) 長官CEO
柳沢 正和 ゴールドマン・サックス証券 プライムサービス部長
土井 香苗 国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表

コース内容

  • 雇用のダイバーシティ推進へ!外国人労働者をどう受け入れていけば良いのか?~鈴木康友×田口義隆×本田桂子×柳沢正和×土井香苗
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

nori-nori
2019/12/17
インフラ・公共・その他 メディカル 関連職 一般社員

 地方自治体職員で,移民国家と称されるオーストラリアに留学生として2年半滞在し,公式とは言えないものの法務省告示で日本語教師の資格を有するという3つのバックグランドもあり,このセッションを興味深く拝聴いたしました。

 1990年代初頭から,出入国管理政策上「単純労働者は入れない」という原則を貫く一方,産業界の要請を受けて,主に3K職場の労働力不足解消のための「定住者ビザ」の新設以降,技能実習生や留学生の資格外活動など,低賃金で雇える外国人の期限付きで受け入れることを裁量的に認めてきた所謂「サイドドア政策」を講じる一方,鈴木市長が極論したように,この間日本政府は,「いったん入国を認めた外国人をいかに日本社会にインクルーシブさせる」ための社会統合施策は全く行わず,これらの施策の実施については、外国人が集中し始めた(浜松市を含む)を中心とした一部の市町村が手探りで行ってきた状況といえるでしょう。

 今回の特定技能制度創設により実質的に単純労働者を「フロントドア」から受け入れることになると思っていますが,鈴木市長が再三強調されたように,「社会統合政策」とりわけ日本語教育の普及は極めて重要なものだと思いますし,労働法に違反するような労働条件を技能実習生に強いることを抑制するということの重要性と重ねる形で,ドイツ証券 柳沢氏の「(『性別』以外の)雇用機会均等を担保する制度が現在ないまま、民間に任せると基準の後退につながる」旨の発言が,技能実習生を受け入れている一部企業等による労働法違反事例が後を絶たないことを側聞していたせいもあって,印象に残りました。

 具体的施策は「地方自治体に丸投げ」という構図は変わらないようですし,財政状況や交通の便等の自治体間格差がある中で,「生活者としての外国人」(とりわけ技能実習生を中心に公共交通インフラすら十分に行き届いていない地方在住の外国人)について,いかに日本社会でスムースに受け入れる仕組みを整えることが今後の課題と認識していますので,社会統合政策の推進するため,「テクノベート」や「新たなビジネスモデル」の構築に貢献できればと思います。

pixy
2020/09/23
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

最終的には国単位の考えがなくなるのが理想なのかなと思いました。
いろいろな民族、人種が差別なく働ける環境が望ましいです。

hiro_shindo
2020/08/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

D&Iを進める理由は、「同質からは革新は生まれない」という考え。
D&Iが進んでしまえば、コンフリクトは生まれない。
ただし、進めるまでに壁がある。
アクション無くして前には進まない。
しかしアクションを取るためには、その意思(D&Iが重要であり、それを前に進めようという全体の意思)が大事だと感じた。
日本は人口減少社会に突入し、労働力人口が足らなくなる。こういった点を「機会」としてとらえるというのは、確かにそうだと感じた。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています