ネットワークが接続されていません
eiric_ride
2019/02/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

これまで、性善説、性悪説の二つの考え方があるという認識で、この二つは対立関係にあるという認識でいた。
しかし、マズローの欲求五段階説にあてはめることでこの二つが対立するものではなく、状況に応じて使い分ける事が重要なのだとよくわかった。

owh_jinji_ex
2019/02/01
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

能力が高く、やる気が高い人にはY理論に基づく指導を行い、能力が低く、やる気が低いひとにはX理論に基づく指導をしたい。多くの人は、自身が能力が高く、やる気が高いと自意識が過剰にあるため指導は難しい。

moemmy
2019/02/10
メーカー 営業 一般社員

後輩を指導する立場になって最近感じること。
「ワークライフバランス」を第一に考える時代で、定時に退社するためにやるべき仕事はあとまわし…。そして締切前にあたふた、資料も揃っていない…そんな人が多い気がする。
そういう人には、Y軸理論風に個人の仕事の采配に任せているだけではなく、時にはX軸理論での指導も必要ではないかなと思いました。
今のこの世の中、X軸理論での指導はパワハラだのブラック企業だの言われるので難しい気はしますが…。

hidero
2019/02/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

人間の行動・心は常に一定ではないので、部下の立場としてはX理論で意見をいただいた場合が良い時とY理論で意見をいただいた場合は良い時と一定ではないと思っています。上司の立場としては、アドバイスを行う部下が現在どのような状況にあるのか観察したうえでXYどちらで行うかがベターと思いました。

tn_n
2019/01/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

X理論、Y理論、相手によって変えているように思う。
タスクを放置する部下には、管理を強め、定例的な報告の場をもち、指示的に厳しく接する場合がある。
何事も積極的な部下には、任し、報告をまつ、goalに向けた相談にのるスタイルで接している。
部門で公平にマネジメントするには、一定のルールを明確にして、それを守っている前提であれば、個人の裁量に任し、相談にのるなど気にかけていくのがいいのかな。

chk_chn
2019/02/10
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 一般社員

わが社の人事制度は基本的にY理論で進められていると思う。
そのこと自体は有りがたいが、中間管理職にはY理論の方法論が徹底されておらず、やや放任主義的な傾向がある。問題は、Y理論でどのように生産性を向上させることができるか、そのノウハウのうように思う。

hiro_0214
2019/01/30
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

今までの経験上、X理論を押し付けられる事があったときは、モチベーションが下がっていたため、私はどちらかと言うとY理論である。部下に対して、ここの判断を間違えると、モチベーションに大きく左右される事を理解した。

yameeee11
2019/02/09
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私がプレイヤーの場合、完全にY理論である。
X理論の部下を持った場合に自分とは違うタイプを管理しなければいけないので
難しくなりそうだなと

tkrsbt
2019/02/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論の考え方は、自信がマネジメントを行う上だけではなく、自分の上司について考える時にも役立つと思う。それにより、自分の対応の選択肢も考えやすくなるのではないかと思う。

mitsuhashi_3284
2019/05/13
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

・個人的には自分はY理論の考え方に立っていると思いますが、全ての場面においてY理論的な考え方ではうまくチームを回すことができない場面が多いと日々感じます=時には統制と命令は必要。その中でメンバーの意識づけをおこない、自主性を高めていくような工夫、努力が必要。
・両極端のスタンスをとるのではなく、部下、メンバー、後輩のタイプによってX理論/Y理論を使い分けて適切にモチベーションをコントロールすることが重要と思いました。

tohru
2019/03/01
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

自分自身、Y理論の方が動機づけされやすいのに、メンバーによってはX理論の考え方で接していることに気が付きました。
ただし、Y理論が最近の日本の傾向に近いだけで、メンバーの考え方によって使い分けれるようになるとよいのかなと思いました。

ryu-papa
2019/02/19
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論を人それぞれに合わせて使うべき。

kei_kobayashi
2019/02/28
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 部長・ディレクター

X理論もY理論のメンバーも見たことがあるが、
Y理論を尊重したい気持ちもあるが、
各メンバーの成果に対する企業の姿勢としては時にX理論のような考えが必要だと思う。

yu-ji
2019/02/20
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

X軸:Y軸は今までの生活環境によるものも多いのではないか?
当人自らが 向上心を持たないと周りからの助言だけでは変わらないのでは?

kobanatsu
2019/01/24
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論という両極端を想定することで、自分がどのような前提を置いて他者と接しているのか、また、それぞれの人に対し、どのように接するのが良いかが分かりますので、活用したいと思います。

eriko1989
2020/12/22
メーカー マーケティング 一般社員

X理論、Y理論を初めて知りました。ちょうど同僚に対してどのように能力開発のアドバイスをすれば良いのか、悩んでました。
部下ではないのでX理論のやり方を強要することはありませんが、X理論とY理論どちらの要素も必要だと感じました。

yuki_0719
2020/09/27
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

人間はX理論、Y理論が混在しているため、場所やタイミングを考慮して、上司は部下に接していく必要があるだろう。また、Y理論の導入には会社がある程度余裕を持って経営にあたれる状況でありことも必要。まずは環境、相手の人格を理解した上で有効な方法を組み合わせて行うことが重要と思った。

sho__
2020/08/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

マズローの5段階欲求に当てはめた時の説明がしっくりきた。
たしかに日本人にはY理論が向いていそうだし、Y理論を前提として部下を指導する会社に所属したいと個人的には感じる。

still1222
2020/05/22
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

部下の性善説、性悪説のどちらの考え方をとるかによってマネジメントスタイルが大きく左右されることを学んだ。
また、当社でも基本的にY理論を推奨されているが、それは、低次の欲求がすでに満たされている状態のため、Y理論が有効であると理解し腹落ちした

yoshi555
2019/08/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

上司がX理論寄りの考え方なのか、Y理論寄りの考え方なのかによって中間管理職としての立ち振る舞いも変えていくのに役立ちそうだと感じた。
上司も中間管理職もX理論マネジメント派だと、やる気のある部下から退職していったなぁと過去を振り返って納得しました。
マネジメントの"幅"を知るうえでとても有意義な講義でした!

kachin
2019/07/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論とマズローの欲求5段階説の関連性が理解できた。
X.Y理論で完全に切り分けるにではなく、個人に対して使い分けの重要性がわかった。

taka123
2019/02/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X.Yどちら寄りを選択するか決めるには、メンバーの気質や能力を理解しておく必要があり、自分の見る目や感受性も豊かでないといけないように感じました。また根気のいることであり、粘り強さや柔軟性も問われてくると思います

keishin
2021/10/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

X理論は現実主義、Y理論は理想論だと思っていたが、今回の講義でその考え方を改めることができた。
あくまでどちらの理論が当てはまるかは人それぞれであり、どちら側の人間も存在する。
だから、その人がどの欲求を持っているのか、どのようなマネジメントの方がモチベーションが上がるのかを理解し、マネジメント手法を使い分けていく必要がある。

hiro_yoshioka
2021/08/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X,Yで2次元的に マッピングさせるものかと勘違いしてました^^;

自分はYのほうがいいと思うけど、Xよりの考え方が多いと思います。

性善説、性悪説、哲学的なはなしなので、イチゼロのこたえではないです。
状況にあわせ使い分け必要だなと感じました。

欲なく、淡々とこなせるマシーンはある意味最強ですね。

momoko-3182
2021/08/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

人を動かすことにおいて、二つの相反する軸があることに気付けたことが大きな学びになりました。

bobyou
2021/06/11
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

日本の現代の管理方法として、高い自己実現と賞賛を目指し、Y理論を推進すべきと考える。

kei0415
2021/05/20
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

部下に限らず、モチベーションを維持してもらうのに知識として知っておきたいこと。

X理論、Y理論を人によって使い分けるというのは実際とても難しいと感じる。

なぜ難しいと感じるか。それはコミュニケーション不足だから。まず、人を知ったうえで実践していきたい。

ucchidada
2021/02/27
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

現代の日本社会ではY理論でマネジメントすることが望ましいが、
一方で昭和スタイルのままの上司はX理論でマネジメントするの人が散見される。

特にこれから社会人になる若年層に対しては、
Y理論で接することがチームとして仕事をしていく上では重要だと思う、

昭和スタイルと板挟みになっている我々世代は、
X理論で管理されがちだが、そこをうまくバランスを取っていくのが大変であると感じる

wkiymbk
2020/12/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

リーダーとしては、部下組織の自己尊厳欲求に対応して、意識的にY理論型行動を実践することが、X理論・Y理論の現実的な活用法となる。ということを学びました。
部下のマネジメント・育成に活用します。

asa0509
2020/09/09
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

組織として会社を運営する上で、X理論とY理論を完全に区別することは難しい。昔はX理論で会社経営したケースが多かったと思いますが、今の時代、Y理論が強くないと、会社の永続的発展へのスピードが落ちると思います。
リーダーとして、人間関係及びコミュニケーションの時間をしっかり取ることが前提だと思います。

yoshito315
2020/09/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下に対する思い込みや先入観が先走って接している部分があったのでこの理論を基に改めて対応したいと思います。

kk_0904
2020/09/08
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

現代の社会においてはY理論を活用した方が好ましいという前提に立った上で、部下の性格や考え方に応じて、あるいは状況に応じてX理論Y理論を使い分けしていきたい。

usmkng
2020/09/04
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 一般社員

さぼる人・熱心に取り組む人 同じ職場で同じ仕事でも全く違う行動をとるのを目にしてきました。自分は(少なくとも自分では)熱心に仕事に取り組もうとする気持ちを持っているので、転職したての時さぼる前提で上司から話をされ、叱責されるとモチベーションがものすごく下がったことを思い出しました。
まずそれぞれのメンバーがどういう状況なのかを把握して、個々に仕事に関して考えていくのが良いのだと学びました。

tachi5469
2020/09/03
メーカー その他 一般社員

X・Y両論のどちらがいいかはその状況によると思うが、
部下に対して厳しくすとかしないとこではなく、
メンバーとしっかり目標をすり合わせ、自主性を大切にして
接することが大切だと感じました。

isaokawahara
2020/09/03
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

また、適切でない、にひっかかってしまった。反省。

user-73853900ce
2020/08/31
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

尊重されている感はモチベーションに繋がると思う。
意思決定が適切に出来ない若手にもその場には参加させ、意見を求める、対等に接するべきと感じる。

khym1188
2020/08/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

基本はY理論に立ち、人によってはXでやらねばいけないと思った。

masa_0615
2020/08/27
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

性善説、性悪説という考え方をモダンにした印象。
マネジメントスタイルを論じるうえでは有効、という発想は新鮮。
自主性を尊重するが手綱をはなさない、というのが難しいが、参考にしていきたい

tm03
2020/08/16
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダとして部下への接し方、目標達成に至るまでのプロセスを考えるうえで重要な理論であると感じた。

noyo1
2020/08/15
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

あきらめている人はどこに当てはまるのかは悩む。「所属と愛」に該当するのかなと思うが、それを満たすのは至難の業。

kameco
2020/08/11
広告・マスコミ・エンターテインメント 販売・サービス・事務 一般社員

自分がY理論に基づいた行動や考え方をしているからといって、
全員がそうではないと分かった。

ken-jet
2020/05/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 経営者・役員

マズローの低次欲求と高次欲求が、XとY理論のベースなのだと説明があり腑に落ちた。性善説と性悪説にも似ているこの理論、新興国ではまだまだX理論を中心にマネージメントしていったほうが良さそうだと感じた。

shin_gssky
2019/03/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 経営者・役員

Y理論で良い会社と、そうでない会社もある。

mika20156
2019/02/28
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

2つは対立するものでなく、状況によるものだという考え方は今まで自分の中になく、新鮮だった

yuya123456
2019/02/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

昔はx理論での管理が多かったが、最近はY理論での管理が多い。しかし、一部ペナルティ的な管理も残っている。両立が必要ですね。

01001895
2019/02/18
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分がどちらに立って接するのか、考えさせられました。

shinichi-689
2019/02/09
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論のマネジメントスタイルが理想だが、同じ組織内でも、皆が同じ考えではないので、間をとるのが難しい。というのが、本音です。

higashi0119
2021/10/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

部下がつまづいた時の具体的なアドバイスが、人の性質によりこんなに違うのかと勉強になりました

kats_0123
2021/10/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーそれぞれの個性に合わせて指導方法を考える必要がある。
基本的には自主性を重んじながら、業務の進捗管理を怠らぬよう組織運営に努めたい。

alucky_1123
2021/10/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

チームメンバー個々の能力を活かすY理論を積極的に取り入れて行きたいと思いました。

tk-jp777
2021/10/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自社ではY理論を中心としたマネジメントにシフトしつつあります。ビジョンを見据えた前向きなコミュニケーションを取る。意識➡︎無意識領域に達するまでチャレンジする

yoshimj9
2021/10/16
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

組織の生産性向上に向けて、部下の自主性を尊重して管理するY理論に基づいたマネジメントに取り組む。

hinakoashi
2021/10/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

組織のメンバーレベル、自身との関係、自身のスキルやコミュニケーションスタイルにもよるが、基本はY理論でマネジメントしたい。自主性、自発的な活動にはどんな強制力をもった仕事も劣る。まずはチームメンバーを信じて接したい。

user-1a58b31485
2021/10/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

人のパーソナリティに合わせて指導方法を変えることができるとよいのかとも思うが、チームミーティングでは個別対応難しいので悩ましい。

194338yuko
2021/10/15
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論を踏まえたうえで、部下の力を活かしていくことが重要だと感じた。

horiken55
2021/10/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

どういう人に対してどういう接し方をするかという際の参考になった

nakamura_take
2021/10/13
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

高いモチベーションを維持するには、Y理論を意識した目標が必要。

ako-nagakura
2021/10/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論、と書かれると聞きなれないんですが、要は性悪説と性善説があるけれど、人間はそのどちらかに極端に設定できることではない、という意味かと認識しました。また、物理的欲求の充足でY理論に傾くのもなるほどと思います。

kenji0331
2021/10/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

相手をよく理解してアプローチを変える

toriy
2021/10/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 経営者・役員

なるほど~、マズローの要求五段階説と合わせて考えると、すごく整合していて面白いですね~♪

nick41
2021/10/12
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論どちらかに偏りがちだが、相手のモチベーションに応じて使い分けられるとよいと感じた。

skkbr
2021/10/12
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

X理論Y理論はそれぞれ極端なため、実際は仕事は嫌いでも与えられれば責任をもって取り組むし、好きでやっているだけで責任を感じない人もいるように中間にいる人の方が多数派のような気がする。
どちらかに振ることなくミックスしながら接するべきかと感じた。

kagi_0730
2021/10/12
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ふと、Z理論があっても良いのかなと思った。

reo0511
2021/10/12
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

X理論Y理論を学び、マズローの欲求段階層も背景に置きながら、人と接して1人1人にあった接し方、伝え方が必要だと思った

iwtd
2021/10/11
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論の濃淡については個人差、置かれている状況などににもよると思うので、日ごろからのコミュニケーションが大事だと感じた。

097008010
2021/10/11
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

人によって、場面によって、バランスを考えながら、
使い分けできるように、対応したい。

matsu_20131819
2021/10/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論を理解したうえで業務を指示する事は難しい。

aoku-5079
2021/10/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

X理論、Y理論というものを初めて知りました。ちょうどリーダーになったばかりで部下への接し方に悩んでいました。
私の進め方は結構X理論で進めていた部分があったので、今回Y理論も知ることができたので、X理論だけでなくY理論を交えながら今後生かしていきたいと思いました。

kuramochi
2021/10/09
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

Y理論に基づき、部下と接する

eddie-42
2021/10/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論側にいる社員をY理論側の社員にすることが重要だと思った。

y_m26
2021/10/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

確かに周囲の人を考えてもX理論とY理論どちらに当てはめるのがよいかは判断が難しい。困ったらY理論というわけでもなさそう。
今までもなんとなくわかっていたことではあるが、理論という形で知識として身につけることでより意識して使えるようになりそうだと感じた。

suguru_aiba
2021/10/08
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

個人の考えが極端なX理論、Y理論の間に位置するというのは分かると思った。
自分もどちらか寄りにいるはずなので、反対側の方の考え方をしっかり受け取れるようにしたいなと思った。それができると、いろいろな世代間などギャップのあるチームで業務に役立てられそう。

hiro1993
2021/10/07
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

現代の日本社会では低次の欲求が満たされているという説明があったが、本当にそうであるか気になる。所得格差があり、子育て世代や若年社員では定時欲求が満たされていない人も一定数の割合いるのではないだろうか。

fu_ma
2021/10/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

「X理論」、「Y理論」は、相手によって変えるものだと思う。

hiroki-0925
2021/10/07
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

大変勉強になりました。

masaki3
2021/10/07
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分と部下の目線が合っているときはY理論寄りに、合っていないときはややX理論寄りに考えて導こうかな、と考えました。

taka-1225
2021/10/06
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今の子はX理論が多い気がする

daishi311
2021/10/06
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

マネジメントする対象や業務によってスタイルを使い分けるとこが重要

atsuko_824
2021/10/06
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

性善説性悪説のような考え方で接していたが、XYがマズローの欲求5段階説に当てはまることがよくわかった。状況によって使い分けることが必要だが、例えばチーム員に一律で求めることがある場合、チームメンバーも考え方それぞれなのでXYどちらに寄っても難しいと感じた。

sho_0518
2021/10/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

意識的にチームメンバーがどの位置に属しているかを客観的に俯瞰してみて、現在のマネージャーがどのように接しているかを確認してみて、自分ならこう接すると考える良いきっかけになりました。

kkjt-e
2021/10/06
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論しかやってないです。長期的に見ればこちらの方が有効だと思うので。

morita_r32
2021/10/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

頭ではわかっているつもり。本人の自主性を尊重し、会社の期待値に対してメンバをその方向に話し合って誘導していくのも常套手段であるが、うまくいくときと行かない時がある。その人の興味というか琴線に触れるようなアドバイスなどできる場合は、比較的うまく事が運ぶ。そう、素直な人には有効で、偏屈にはなかなか難しく、日々悪戦苦闘しています。

y-orimo
2021/10/05
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

自分や周囲を見ると、確かにX理論、Y理論を両極端として、その間のいずれかに当てはまると思います。その人の考え方を理解するのに、役立ちそうです。
早速実践してみます。

kiminori3945
2021/10/05
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

わかりやすい

shota411
2021/10/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

個人だけでなく、チームスタイルや会社の社風、ランクによるところもありそう。低次欲求を満たせていないところはX軸寄りになり、満たされているとY軸寄りになる。いずれにせよ、上司がY軸の管理をしていると思い込んでいても、実際には部下の精神的ストレスになっているケースもありそう(無言の圧力)なので、注意が必要と感じた。

tera_global2021
2021/10/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

現代の日本社会においては、Y理論を念頭に動機付けを行うと有効なことに納得です。多様性尊重の時代に命令や強制はかえって危うく失敗する原因ともなりかねない。

rocoroco_moro
2021/10/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

上司からの指導を受ける場面ではどのような考え方の指導かが確認出来るし、部下や後輩への指導にも活用できる。部下や後輩への指導にあたっては、どっちよりの考え方かもコミュニケーション取ってやっていきたい。モチベーション上げて、Y理論にもっていく方が良いように感じた。

niwa_tori
2021/10/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

二つの考え方があることは他の人とのコミュニケーションで知ってはいたが、全員がどちらかに当てはまると考えていた。相手に合わせた対応を意識したい。

ume0701
2021/10/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

リモートワークの話が出たが、納得させられるものだった

nujabes
2021/10/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 クリエイティブ 部長・ディレクター

そもそも具体的なコンセプトが分かったが、会社の日常にどう生かすか、どう伝えるか少し考えてなかったので、このコースを役に立ったと感じます。

takaaki_2021
2021/10/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

x理論のy理論に基づくマネジメント施策はマネジメント対象のメンバによって変えて効果的に対応していきたい。

matsumoto_1982
2021/10/02
金融・不動産・建設 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

部下をどう見るか、X理論、Y理論のどちらになるか、は自分の仕事へのスタンスで変わる。自分がどうか、と、他人はどうか、はマネジメントになれば変える必要があるなと思う。ただ、管理のしすぎは自主性を損なう。サボりはいる。よって、バランスが大事。

suguru_0624
2021/10/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分のマネジメントスタイルは、y理論ですね。基本的に部下を信じています。

snobu007
2021/10/02
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のマネジメントスタイルを振り返ると、比較的X理論を念頭に入れてマイクロマネジメントをしてしきたため、部下によってはY理論の観点も取り入れ、自主性を尊重するようなマネジメントを意識する必要があると理解できた。

tommypotter30
2021/10/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

XY間のどこかに上司も部下も位置付けられるため、お互いがX寄りのY、Y寄りのXといったような位置感を理解して進められるとお互いの立ち位置を理解でき、信頼感の醸成に繋がりそうです。

kosuke1974
2021/09/30
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

この言葉を知らなかった時点では、「性善説」と「性悪説」という概念で捉えていました。私は比較的古い世代の人間なので、「性悪説」で管理されてきた印象が強いです。
本来は、集団で考えるのではなく、個々にその本質を見抜かなければならないのだと思いますが、逆に最近の世の中は「性善説」(Y理論?)を前提に世の中が動いているように思います。(ex:褒めて伸ばす インセンティブ主義)

iizuka_0902
2021/09/29
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

よく理解ができた、実践できると思う

nyaomiwashino
2021/09/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

私はどちらかというとX理論に賛成ですが、これでマネジメントすると失敗するのは知っています。
そのためY理論中心でいきますが、この場合も適度に管理はしていかないと手を抜くと言うことですね。
確かに人間は皆そうですね、自戒したいと思います。

masayosan
2021/09/29
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

部下が、X,Yのどちらのタイプなのか見極めることが重要。対応を誤ると、相手のやる気を削ぐ可能性が大いにあると、痛感した。
日々、一緒に仕事をする中で『この人はどっちだろう』と考えながら指導をしていきたい。

baum1963
2021/09/28
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの5段階欲求をX,Yに分けて明確に動機づけを行うことにインスパイアされた

okbaby1202
2021/09/28
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X.Yのどちらを充てがうかは、相手の考え、タイミングを考慮して実行する。

sssss2
2021/09/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

放任主義と管理主義がいて、背景にはこの理論があると感じた。たまに片方の理論だけを極端に使う人がいるが、あの人は大丈夫、この人は管理すべきと無意識に使い分けてる人が多い。もう少し細分化して接し方を考えてもいいと感じた

haru9000
2021/09/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論で管理されることに慣れて仕事を行なってきたが、これからはY理論を念頭に、特に若い人に対しては自主性を尊重していきたい。子育てにも通じる理論だと思う。

mazumens
2021/09/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

今までX理論の管理をしてきたと思う。組織もその風潮だった。しかし、人によっては、Y理論のタイプがいて、その人にX理論の管理をするのはモチベーションを下げることになることを学んだ。
Y理論のモチベーション向上について具体的な方法をもっと知りたい

h-koishi
2021/09/25
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

X理論は「人間性悪説」、Y理論は「人間性善説」と置き換えられる。働き方が著しく変化していく中で、Y理論に立脚した考え方こそがハラスメントを防止し、多様性を受け入れられると感じた。

sakura_887
2021/09/25
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 一般社員

Y理論を念頭に動機付けをしていくことは今の日本では必要であると思った。しかし、時にはX理論の管理も必要になってくることもあると感じる。

tom73o
2021/09/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

業務への意欲(モチベーション)に寄ってX理論かY理論で進めるか考えると良いと考えました。

susumu114
2021/09/24
メーカー その他 部長・ディレクター

終礼にて活用してみたい。

johnny_1974
2021/09/24
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

個々の部下によって、X理論、Y理論、またどのステージに該当するかを見極め、個別に対応していく必要性があることを理解しました。
チームミーティングでひとくくりにしてはいけないなと。

tsptk280
2021/09/23
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論 の双方が理解できた。自社ではY理論に基づいた人材育成プロセスが奨励されていることが分かった。

suenami-
2021/09/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論どちらか…でなく、どちらの考えもあるという事を頭に置きつつ、取り組んでいくしかない。

sawait
2021/09/22
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

会社の方向性としては、Y理論の考え方である。ただ個人の考え方はそれぞれですので、使い分けは必要だと感じた。ただ、自分としては、低次欲求が高い人に対しては、X理論を考慮しながらY理論に導くような対応を取っていきたい。

ida-ma
2021/09/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

大きく2種類に別れる部下の性質をどのように判断するかが鍵になる。

aquabear
2021/09/21
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人が働く目的は様々です。x y理論による働く目的の分類分けによって、マネジメントの効率性を高めることが出来ることを学びました。

hideho_1127
2021/09/21
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

コース初履修しました。
上司の発言、発信がX・Y理論のどちらに基づくものかを意識してみたいと思います。
自身がマネジメントされる側としてどう受け取るのかを振り返ってみます。
また自身が今後リーダーとして発言する際も
どちらの理論に基づいて発言すべきか
時々の状況とメンバーのモチベーションによって変えていきたいと思います。

kuriharachihiro
2021/09/21
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

私は部下を管理し過ぎる傾向があるため、部下との定時の進捗確認会議ではy理論を取り入れることをより意識した方が良さそうだ。

aya_bunbun
2021/09/20
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X軸とY軸は相手によって使い分ける考え方であることを学んだ。学ぶ前は、X軸の考え方よりY軸の考え方が良いと言う認識であったので学ぶことができて良かった。

tomokatsu
2021/09/20
コンサルティング・専門サービス 建設・土木 関連職 一般社員

自分の考え方が、X理論に基づいていることを認識できた。
現在では、Y理論の方が向いているということであったので、今後はY理論的な考え方も踏まえた指導を心掛けたい。
ただ、部下の特性がX理論、Y理論のどちら側が強いのかということについては、個人的な判断を行わず(自分の基本的な考え方に左右されてしまいそうに思う)、指導的立場にある複数人で話し合って見極めることが重要ではないかと思う。

miyuki_0827
2021/09/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

人は両極端の間のいずれかに位置する、というのが新鮮だった。Y理論だけ重視するのも問題と感じた。

suzu7
2021/09/20
メーカー その他 一般社員

自分はどちらかといえばY理論かとは思うのである程度任せてもらえていることは嬉しい。やはりX理論で管理されることはあまり好ましくないと感じる。ただしチームでの仕事の場合はメンバーの進捗の影響もあるため、上長にはX理論も交えながら全体を管理していただけたらよいと感じた。

hyamo1130
2021/09/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 部長・ディレクター

部下に指示をする際にX理論とY理論の2つの対比の見方による指示内容の使い分け、言い方などに活用できると思う

tomohiro_883
2021/09/20
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

個々の考え方をX理論・Y理論にあてはめて考えるとみえてくることもあると感じた。一概にこの理論で解決できるわけでもないとも感じた。

tetusya_9200255
2021/09/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーが自主的に行動してくれる者ばかりであればY理論で行っていけばよいが、自主的に行動しない人、指示を与えないと動かない人に対してはX理論で接しなければならないケースもあり、メンバーによって使い分けも必要になってくると感じた

ohge
2021/09/18
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

体系的に整理することでマネジメントに安定感が出る

isogai680
2021/09/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

現在の会社・職場でX・Y理論という言葉はあまり聞いたことがない。
管理者はもしかすると活用しているかもしれないが、
モチベーションのアンケートだけを取るのではなく、この手法を使いながら業務に取り組む方が有益と感じた。

st1970
2021/09/18
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 その他

性善・性悪説に似ていると感じました。業務内容によって、積極性が失われることがあり、片方の理論でのみ見ては判断を誤ることもあると思います。

t_zumi
2021/09/16
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

人や組織が、X理論とY理論とで明確に区別できるわけでなく、両方の特性を持っていると考えることが大切。
人や組織の状況によって、X理論とY理論のバランスを調整しながら活用することが大切。

0829koba
2021/09/16
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

X理論は、やり方を間違えるとハラスメントになってしまう可能性がある。ただし、リーダーシップの部分では、X理論に近いことをやることが大事という観点もある。バランスをもって業務を遂行しないといけない。

sachipan
2021/09/15
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

x理論派とY理論派は分かれるため指導ををわけなければいけない。やる気あって無理をしがちな人にはY理論、やる気がない、実力もない場合はX理論。

hikaru883
2021/09/15
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

X理論とY理論を踏まえて、部下と接する
ことの重要性を理解し、部下の成長を
促していきたい。自主性だけではなく、
明確な目標の擦り合わせが必要と感じた。

ryo-0123
2021/09/14
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私がY理論寄りの人間だからといって、他のメンバーが全員Y理論寄りの人間とは限らない。思い返してみると日頃の発言からX理論寄りの性質だとわかる場合もあるため、日頃のコミュニケーションから、それぞれのメンバーがどちらの理論かという視点も持つようにする。

kokkoco_0919
2021/09/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

ある程度仕事の経験が少ない人材にはX理論、経験値があがってきた人にはY理論が有効ではないかと思います。ただ、個人の環境の変化で指導方法も変化していく必要があるかと思います。

kanbekun
2021/09/14
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

リモートワークを考えるうえで、X理論に基づき色々と管理する方が多いが、もう少しY理論になるように具体的な特徴をおさえて説明できそう、ためになった。

176011
2021/09/13
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 経営者・役員

今はほとんどY理論によるところが多い。

kenichi13
2021/09/13
メーカー 経営・経営企画 一般社員

自分の上司がX理論、Y理論のどちらの考えでマネジメントしているか把握することで、上手く仕事が進められると思いました。

rskn02_mcsy
2021/09/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

仕事に対する考え方の根本的な部分をよく把握する必要があると感じる。
意識の低いメンバーにはX理論もやむなしとは感じていたが、本当にそれが正しいのか?ということを改めて考え直し、Y理論的なアプローチも考えていきたい。

pelikan
2021/09/12
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

もし上司がX理論を前提にマネジメントしてきたら嫌だとおもう。
しかし現実的にはそういったケースが多いのではないか。

この理論で、部下の仕事に対するモチベーションを上げられるスキルを持った上司は本当に有能なのだと感じた。

mogu3
2021/09/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

目標を達成するためにX理論Y理論のどちらが自分のチームに有効であるかを考えながら対応していきたいと思います。

00051287
2021/09/11
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

私はY理論の考え方をしていましたが、時にはX理論の考え方も持ちつつ柔軟に進めて行くことが大事だと感じました。

sswd_45
2021/09/10
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

指導をする相手の考え方がX理論とY理論の間のどの位置にあるかを把握した上で、指導の仕方をコントロールする必要があるという点がよくわかった。

moritti
2021/09/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

実務において、この両極端な考え方は納得がいく現場が有る。
例えば、X理論的なメンバーに、いかに動機付けを行うことでY理論的な思考になるのかを模索することも面白いと感じた。

kataokahiroyuki
2021/09/09
メーカー マーケティング 一般社員

社内にもX理論のところとY理論のところがあります。
入力方法を例えばOCR利用RPA利用に改善せずに入力数をカウントしている人々もいます。自分を含めそれらに気づいていないこと紐解けないことが残念

takaaki_25
2021/09/09
金融・不動産・建設 専門職 その他

自分としてはY理論を用いて、人の自主性を導いてあげるようなコーチング力を磨いていきたいと思います。

spnm-99
2021/09/09
商社・流通・小売・サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論は対義語ではなく、横に並んでいて、人はそれのどこかに当てはまるという事が理解できた。
部下が多いとマネージャーのスタンスも難しい。

baichuan
2021/09/09
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

y理論は性善説で考えると納得できるものですが、常に維持できるかについては疑問がある。人によってはx理論、y理論を使い分ける必要性があるのではないかと思います。

atijuf
2021/09/09
金融・不動産・建設 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

マネジメントスタイルには根底にある価値観の違いが現れる。
その価値観を推し量ることで、上司とのコミニュケーションを円滑にすることが出来そう。

taruihisaji
2021/09/09
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

それぞれの自主性を大切にしたい思いますので、常にコミュニケーションを取りたいと思います。

toshi_12242003
2021/09/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 部長・ディレクター

メンバーのモチベーションや欲求によって使い分ける必要がある。メンバーの欲求を見抜く洞察力を養うことも重要。
自主性や多様性が重視される現在では、Y理論でのマネジメントが好ましいと思う。
また、単純化、標準化しにくい業務内容においても、Y理論マネジメントが適しているように思う。

jyoshi
2021/09/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

テレワークで相手が見えない環境下だと、どうしても細かく管理したくなるが、自主性を尊重し、成果で評価するようにする

morita_0331
2021/09/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論は人に合わせて使うことが重要であると考えます。

884
2021/09/08
インフラ・公共・その他 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

現代はY理論の方が合っているというのはその通りだと思う。X理論で管理する上司もいるが、グループとして同じ方向を向けていない。

hdt
2021/09/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

部下の目線で,上司の指導スタイルについて学べた.

daisuke_0617
2021/09/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

多数の部下や上司が所在する職場であるため、それぞれの人間性(性格)を
見極めた上でX理論、Y理論を考えていかなければならないため難しい。

yohei1987
2021/09/07
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身、Y理論の方がストレスなくマネジメントできると考えていましたが、結局ストレスが増しました。
自分がやる前提で考えていたことを部下がやらない。
これに伴って、最近、X理論を併せた考え方・マネジメントスタイルへ移行してきました。
一定のルールを設けて信賞必罰を与える。
これをすることで、最初はルールに対して抵抗感を持つ部下もいましたが、Y理論はめてプロセスと意図を伝え続けた結果、その部下がルールの下、リーダーシップをとって新人に教育するようになりました。

smiyauchi
2021/09/06
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

多くの人間はY理論に基づきマネジメントを行うが、人によりX理論に基づくマネジメント、管理が必要。各人のパーソナリティを正しく認識することも重要。

kimidorida
2021/09/06
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

y理論の考え方を深く考えたい

noza_rin
2021/09/06
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

性悪説、性善説で考えてきたことが、X理論、Y理論という言葉に現されていることが、今更ながら新鮮であった。業務柄、基本的には根幹で性悪説、X理論で思い、Y理論で行動していくことは変わらない。

dsuke0916
2021/09/05
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

とても大雑把に言うと性悪説と性善説のことと理解しました。現代日本ではY理論重視はその通りですが、あくまで各個人が業務にやりがいを感じていて、希望の業務を行っていることが前提と思います。特に大企業ではやりがい、希望も明確でなく漫然と与えられた業務をこなしているケースも多々あるのが実態です。ですのでX理論も活用せざるを得ないと思いました。もちろん動画の通り両極端はNGですが。

kingyo_1024
2021/09/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

理論として整理することが出来ると言うことは分かった。ただ、マネジメントとしてはやっていた事である。

aishin
2021/09/05
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーマネジメントにおいて、Y理論で接していくことを心がけたい。育児はX理論も必要なのかもしれない。

yoshida_1041
2021/09/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論での指導はパワハラを考慮すると難しいと感じた。
時には罰も与える事も必要だが、具体的な方法は慎重に考えようと思う。

mizumiku
2021/09/02
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

x理論の人とは話が合わなくて困惑する。良い悪いではなく、x理論の人だったらどう考えるかを想像する事が大切だと学んだ

pluma_1231
2021/09/02
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

人間は簡単にこのように二分できないので、相手の仕事へのスタンスを測る軸の一つくらいに留めて持っておくのがよいのでは。もしくは、自分がどのように相手を見ているのかを確認する際に思い出す程度か。

renapu
2021/09/02
金融・不動産・建設 営業 一般社員

個性に合わせたマネジメントは難しそうだができたら強い。

tatsuya1235
2021/09/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

マネージャーを目指して受講しているので現時点でこのような事が学べる良い機会。
XY理論を頭に入れて自分だったらを常に考えたいと思う

yoneyama_0511
2021/09/01
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論それぞれの立場の考えについても理解出来るが、強い企業ほどY理論を大切にする人が多いと感じる。自身がマネジメント層になり部下を持つ時には、(X理論の考え方も理解しつつ)Y理論を大切にしていきたいと思った。

fayeweb
2021/09/01
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 一般社員

指導法を相手によって使い分けることが重要である。
若手育成には基本的にY理論を用いる。
モチベーションが低く、最低限もこなすことができない部下にはX理論を用いて本人の成長を待ち、Y理論に移行する。

komanii_0701
2021/09/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

上司がどちらの立場でマネジメントしているのかを部下の立場から感じ、上司や会社が何を求めているかを理解する。また上司の前提がわかっていたほうが私自身の業務もやりやすくなるため。

junglefire190
2021/09/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

社内はX理論の考えを持っている人が多いが、会社はY理論で部下と接することを推奨する。できない人にはX理論でと思うが、パワハラだと主張する。やはりここも双方向でのコミュニケーションが大事で、人間関係を築くところが肝となる。

yuhon_05
2021/09/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

最近リモートワークの頻度が多くなり、部下のマネジメントをどこまでするのか悩んでいた。部下の表面上の態度や性格などから、Y理論に基づいたマネジメントを行ってきたが、必ずしもそれがメンバー全員にとって適切な管理方法ではないのではないかと本講義を受けて感じた。アウトプットの質・量などから、X理論・Y理論などの折衷案を自分の中で見つけ出したい。

nishida-h
2021/09/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論どちら一方に決めつけるのではなく、欲求が満たされているかどうかなど、状況により柔軟に考えるということが参考になりました。

yuri_go
2021/08/31
商社・流通・小売・サービス その他 その他

テレワークでX理論、Y理論が再び脚光を浴びるようになった。

yasukun0809
2021/08/31
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下を物理的に拘束するような管理は、むしろ逆効果で部下の自主性・モチベーション低下につながる。部下の長所を伸ばすY理論を尊重した管理が、現代社会の企業経営には必要である。

hiro_1013
2021/08/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分で進捗管理が難しい人にはX理論での管理が有効かと。一方で、管理が行き過ぎると反発を招くので適宜、Y理論で自主性に任せたい。

01080
2021/08/31
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

メンバーとのコミュニケーションを通して、各人の特性を理解し、各人に合ったアドバイス、管理、アプローチが必要であると理解しました。
一方で、状況、場面によって、人の特性は変化するものとも思います。したがって決めつけて接することが無いように注意は必要であると感じた。

ym_15
2021/08/30
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

何となく感じていた上司によるマネジメントの違いも、こうして理論が存在していると知った。概念として理解できると色々な物事や事象が腑に落ちるものだと思った。

yamato-0809
2021/08/30
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

X理論、Y理論、面白い考え方ですね。対象者となる人の言動を理解し、どちらが適当か、判断しなければならないですね。
小職は現在の傾向とは異なり、X理論派の考え方ですね。

hiro2m2
2021/08/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

今までX理論で管理されてきた組織を新たに管理することとなり、ちょうどこの管理手法に違和感を感じていたので、Y理論を活用してモチベーションが上がるように変えていきたい。

dottari
2021/08/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

ブラック企業になるほど衣食住など低次元の欲求が満たされないのでX理論のみが使われていたのだと過去の経験を思い返して納得した。一方でまともな企業でX理論を使うのは相手に信用していないことを教えることになるので、直接的に使うのはリスクが高いと思いました。

shinji-taka
2021/08/29
メーカー 営業 部長・ディレクター

x理論、y理論、人を見て判断。

kio2021
2021/08/29
金融・不動産・建設 その他 一般社員

管理か自主性に委ねるかという視点について、考えるきっかけになった。どちらかに絞ることは難しく、実態としては管理すべきところと任せるところが並立しており、どうバランスを取っていくか意識する必要があると感じた。

kazu-tsuji2288
2021/08/27
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

今回学習したXY理論をベースに、傘下には色々な考えや思いをもたれている方々がおらるので、その方々の特徴にあったアプローチ、指導をしていこうと思います。

atakagi
2021/08/26
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

理屈は理解するものの、全ての人間をこれに当てはめるのは不安。当てはめ過ぎることにより、人間味を失うことに不安を感じる。

takumi-0214
2021/08/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論、Y理論 人によって使い分けた方がよいと感じた

hmiura
2021/08/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

人によってマネジメントスタイルを変える必要があるが、その変え方について、本質的なx理論Y理論を用いて、一人一人どういったマネジメントスタイルがいいか考えるべきだと感じた。

eisukeman
2021/08/25
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論完全に対立するものではなく、且つ各人がそれぞれの要素を持っているものであるように思う。
一方、リモートワークが普通になってきた現代において、X理論を中心としたマネジメントには無理が生じてきているように感じる。

ya_456
2021/08/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自身の動機づけで有効な方法、チームメンバーそれぞれに有効な方法、他部署で有効な方法と、次々広げて考えていくことにより、今後の仕事に役立つと感じた。

mat09
2021/08/25
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論を人それぞれに合わせて使うべき。

kohdy1031
2021/08/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

相手の能力ややる気によってX理論寄り/Y理論寄りのマネジメントを実施することが必要と感じる

akira_358
2021/08/24
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

部下とコミュニケーションをとり指導方法を今一度考えてみようと感じた。

k_m
2021/08/23
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

チームメンバーのマネジメントにおいて、X理論とY理論のどちらに近い考え方をとるかは、リーダー自身の考え方だけでなく、メンバーの経験値や個性によっても使い分けたい。

caribou95
2021/08/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 一般社員

これが両極にあるというのは、性善説と性悪説に置き換えたら理解もできるが、
X理論を低次元とし、Y理論を高次元ってなると、
0,1の判断はX理論で、アバウトでよいからベターを選ぼうよがY理論ってなるのかなって、思うと、ちょっとわからない。

ただ、人によってもそうだが、目的や評価する内容によって違う視点で考えましょうってことなので、両面を理解しながら、判断していこうと思う。

ataru_ataru
2021/08/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

経験上、Y理論に基づくマネジメントをやってきたが、時にはX理論に基づくマネジメントが必要な場合もあると感じている。両方のマネジメントスタイルがあることが体系的に理解できてよかった。

kuniyoshi_9244
2021/08/23
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

組織の中には、XよりのメンバーもYよりのメンバーもそれぞれ存在することになると思うので、統一的な方法はなく、最終的にはマンツーマンでメンバー特性にあった接し方になると思われる。

cyobii
2021/08/23
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーの考え方ではなく
部下の仕事に対する考え方に合わせてXYを使い分けしていく。
その方が成果はでる。

morimana
2021/08/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

性善説、性悪説に似ているのかなと思った。
マズローの提示の欲求は満たされているのでY理論を重視したほうがいいとのことでなるほどと思い、今まで学んだことがつながったと感じた。

etoile187677
2021/08/22
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 一般社員

性悪説・性善説に近い
性善説での動機付けが大切
0\100の議論ではなく、実際は、両者のバランスを見て組み合わせて対策をとることもありそう

lifeisbeautiful
2021/08/21
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

テレワーク中心の昨今では、相手の状況もよく知ろうとし、基本はY理論中心で進め、時にはX理論も必要ではないかと思う。相手次第といったところか。Y理論で進むことが理想ではある。

matsudatt
2021/08/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

初めて、目にした用語なので、視聴をしました。内容的には、性善説と性悪説に似ており、近年は、Y理論と呼ばれている方に、力点を置くところは、理解していた通りでした。

akiaki0815
2021/08/20
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

目的がから考えて目標を決める。

matsuxcy
2021/08/19
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論やY理論も、人をよく見て適切に使う必要があると感じた。

a99
2021/08/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論のどちらかのみによる管理の在り方や接し方には無理がありそうだと考えさせられた。チームやそれを構成するメンバーを俯瞰してその特質がどちら寄りに近いかをあらかじめ理解した上で、運営のルールを決める方が良さそうだと感じた。またチームに属している場合と個人の場合でもX,Yの位置付けが変わってきそう。個人の場合、X理論に寄りやすいのでは。

hisashi_a_77
2021/08/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

今まで、自分のチームのメンバーには「生まれつき仕事が嫌い」という人はいなかったので、自然とY理論に相当する前提・考え方しか持っていなかった。
これから先、もしも怠けることを考えるメンバーに出会ったら、X理論も考えるようにします。

takafumi-f
2021/08/18
インフラ・公共・その他 その他 その他

X理論とY理論の観点から、後輩にかけるべき言葉を考えると相手に合わせて柔軟に対応することに近づく気がしました。

masa_a
2021/08/18
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

基本的にはY理論である
大切なことはメンバーとコミュニケーションを取ること
そこで個人の考え方や会社の方針などを確認し、対策する必要がある

kz-uehara
2021/08/18
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

部下の性格に合わせた最適な管理方法を立てることに役立つ

0000104437
2021/08/17
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論は理解した。人は誰もその中間にいるということも理解できた。実務にするとどちらかに極端にいきがちなので難しさを感じた。

asumu
2021/08/17
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

現在の日本においてはY理論の高次の欲求を選んだ方がより有効的であるが、リモーとワークで働く姿勢をみれない現状では、目標を部下と一緒にすり合わせ、意思決定に参加させることで、自己進捗管理をさせて、業務に取り組むことがより有効です。

t_matsumoto0525
2021/08/17
コンサルティング・専門サービス 営業 部長・ディレクター

定期的な部下とのコミュニケーションによる、目標への進捗を畏まらない形で話すことが重要だと感じています。

mie16
2021/08/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

極端な考え方であるとは思うが、部下としてはどちらのほうが作業が進めやすいあるいは腑に落ちるのかを見極めて指示することが重要だと思った。

ryoichi_fujii
2021/08/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの欲求5段階とX理論・Y理論の関係性がわかりやすいと感じました。まずは相手がどんな欲求段階にいるのかをしっかりと見極めて対応の仕方を考えていきたいと思います。

yaskamito
2021/08/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

XY理論それぞれのタイプがあるとして、それぞれに管理していくというのはその場しのぎの対応に過ぎず、組織としてより強くなるためにはX理論の人や組織をどうやってY理論にしていくかを考えていく必要があって、その変容のプロセスが難しいと感じました。

kazuki042417
2021/08/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

この理論を読んで、自分がY理論寄りで、上司がX理論寄りであることがわかりました。
上司と接する時にそこまで厳しくしなくても、もっと褒めてあげたらいいのにと考えていました。
しかし上司はもっとサボる人もいっぱい見てきているわけでX理論寄りになってると考え、管理するところはしっかり管理する必要があることが分かりました。
ただ、同時にもっと成果を上げている人を持ち上げ、モチベーションをアップさせることは可能だと思うため、会社上層部のX理論寄りの考えは見直せるだろうと思いました。

mariko-n
2021/08/16
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

新人育成について効果があると考えます

udon1330
2021/08/15
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論だけでなくX理論もおさえておくべき

tomon_2021
2021/08/15
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論の考えを強く持って行動してきましたが、X理論という考え方も昨今の多様化を知れば知るほど確かに人によって見え隠れしているように感じます。
その人のこれまでの環境や経験などから形成される人格にはそういった状態は少なからずあるのだろうと思います。ただ、同じ会社の社員、仲間としてなぜX理論のような状態になっているかに興味・関心が出てきました。
また、罰については過去にやったほうがいいかと考えた時期がありましたが、実際にはできませんでした。

myumyu36
2021/08/15
メーカー マーケティング 一般社員

様々な考えを持った組織の中で、X理論・Y理論のバランスを配慮することが大事であると感じました。メンバーが変わればバランスも変えて、フレキシブルに構える必要がある。

takkuma
2021/08/15
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

部下のステージ、特徴によって、X理論とY理論を使い分ける。
Y理論で対応できるmemberが増加すると組織が強くなる

shinya_tani
2021/08/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論は、相反する理論で、日本ではY理論が念頭であることを理解しました。

tktk0526
2021/08/13
コンサルティング・専門サービス マーケティング 経営者・役員

現在のバイト先の上司のマネジメントスタイルがX理論寄りで、バイトの複数人と対立している。バイト側はY理論寄りの人が多い。何回かは上司に伝えているものの、本人は自分のスタイルとバイトのメンバーの不整合に気づかない。この対立をどのように解決したらいいか。

hira7010
2021/08/13
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

部下の管理方法を考えさせられます。

mitsu_0810
2021/08/13
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

分かりやすい

ken_taka
2021/08/13
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論のどちらか一方に偏るのではなく、職場環境や部下の資質等、様々なケースでバランスを考えてマネジメントを行うべきと理解した。
また、バランスを考える上で、自分自身がX、Yのどちらを重視する傾向にあるかを自覚することも大切だと感じた。

take4_1023
2021/08/13
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

昔ながらの製造業でX理論が浸透しており、叱咤罵倒しながら管理が当たり前でした。最近は研修でもY理論的な要素を取り扱うようになってきた気がします。

ddee110
2021/08/13
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

XYで明確にマネジメントスタイルが理論付けられていて、モヤモヤっと感覚的に部下に接していたことが整理できた。

a_naoki1118
2021/08/13
商社・流通・小売・サービス その他 部長・ディレクター

何故、現代社会で✕理論ではなく、y理論が重要かが明確に理解できた。

match-v
2021/08/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下の自主性に任せるというのは聞こえはいいが単に管理を怠っているマネジメントの例も多いと思う。

junichi_suzuki
2021/08/12
メーカー 営業 部長・ディレクター

部下により使い分けるか、自分で明確な方向性を出したマネジメントにすべきか決めるべきと感じた。一方自分が本質的にXかYの要素を持っているか見極める必要があるとわかった。

moto_1973
2021/08/12
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

よく納期意識を言われ、進捗管理のみはされるが具体的なアドバイスをもらうことはあまりなかった。X理論、Y理論にもとづいて考えて、指導できたらと思いますが、人の見極めが難しいのかなと思いました。

jijijijigerin
2021/08/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

経験が少ない人間には、「温かい」X理論を、経験を積んだ人間には、Y理論が良いように思う。

yasu-342
2021/08/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

今度部下のマネジメントに活用してみる

0014sho
2021/08/11
金融・不動産・建設 営業 一般社員

今まで相性が合わないと感じていた上司とは、この点に差があったのだと知ることができ、心が軽くなりました。

chiro_0606
2021/08/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

マネジメントスタッフとして、今回の講義は部下の個々自主性を伸ばす上で大変有意義で勉強になりました。

rakado
2021/08/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論の「ペナルティ(罰)を与える」に違和感を覚えました。大切なのは、次のアクションをどうするかだと思います。

m_4141
2021/08/11
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

基本、Y理論だが、意識の低い人へのY理論は通用しないので、別のアプローチが必要。

sakai_1016
2021/08/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論、Ý理論の2つの関係性は理解できた。
業務を行う上で個人によって両者を使い分けることも大事であるが、自主性を尊重してモチベーションに繋げる方向に持っていきたいと思います。

arika_emak
2021/08/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論をどのように伝え実践できるかも重要な仕事であると思います。

yanai_8847
2021/08/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X・Y理論について、人間を二つの理論から見てみる考えは新鮮でした。
日常においてはXもしくはY論といきなり片側だけで人間を判断していた
傾向があることに気づかされました。
ビジネスにおいては、二方向のX・Y理論をベースに見て行く事がとても重要と
思いました。

ikoma_moto
2021/08/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

部下やメンバーと接するときは、
X理論とY理論のどちらがマッチするか考えることが大事。
明確に当てはめることはできないけど、
状況に応じて使い分ける必要がありそう。
PM型のリーダーを目指すために重要な考え方だと学びました。

satoru_075059
2021/08/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身の現在のマネジメントスタイルはY理論に基づいていることを理解した。
一方でこれまでマネジメントスタイルが合わないなと感じていたマネージャーに出会ってきたが、
その方はおそらくX理論に基づいてマネジメントしていたのであろう。
双方それぞれの理論があることを理解できたので、
今後組織の中で意見が対立しても落ち着いて対処できると感じました。

1819andre
2021/08/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

部下のタイプによって使い分けていきたいと思います

saikom
2021/08/08
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 一般社員

部下の立場として、承認欲求にたって仕事をしているのかな、一方で同僚は他者より認められたい、と言うよりも現状の安定に重きを置いているのかな、と理解しました。同僚と自分のモチベーションの違いがどこにあるのかが理解できたような気がする。

chinam
2021/08/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

X理論の方に対する方法が書いてあったので勉強になった。

kk_2021
2021/08/07
メーカー マーケティング 一般社員

今まで上についた数々の上司のマネージメントスタイルと照らし合わせながら聞いたことで、非常に理解が深まりました。X理論、Y理論の視点は今後に非常に生かせそうです。

airi0329
2021/08/07
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

私が属している会社はY理論の方針割合が大きいと気づいた。
また、状況に合わせてバランスを考慮することが大切だと思った。

arayan19
2021/08/07
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

自分は圧倒的Y理論型のマネジメントを志向しており、今後もそのスタイルを変えるつもりはないが、法令に触れる話であったり緊急事態に際しては、一時的にX理論型マネジメントを行わなければいけないシーンもあるのではと感じている。

jp7
2021/08/07
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

チームの一人一人の性格や特徴を踏まえながらX理論、Y理論を使い分けることも有効ではないかと思った。

kumazawa1969
2021/08/07
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 一般社員

メンバーの性格上、Y理論寄りな接し方が良いかと思いました。

negan1980
2021/08/06
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

部下が現段階で持っている資質を見極め適切に使い分けることが重要と思いました。
個人的にはY理論で進めるべきと思うのですが、人それぞれ経験など踏まえて十人十色なのでそのバランスを取る必要がありますね

hiro-bsky
2021/08/05
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

X理論で叩き上げられた自分が現代社会に向き合う時、Y理論で部下をコーチングする方が良いと考えていましたが、その中間も取り得る選択肢であることに気付かされました。

takorukun1413
2021/08/05
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

評価者のスタンスがどちらかということも大事だが、非評価者が、特性上Xが良いのかYがよいのかも考慮しないといけない。

asxz
2021/08/04
メーカー IT・WEB・エンジニア その他

はじめは単なる性善説、性悪説の解説かと思いましたが個人の欲求の次元から適切なマネジメントスタイルを分類できるということに気づきました。X理論、Y理論の使い分けだけではなく、個人の欲求の次元を高次に引き上げることも大事になると感じました。

eiboowy
2021/08/03
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

現代社会ではy理論が効果的であることが分かった。

部下へはy理論の考え方で、部下の自主性に対する管理を行っていきたい。

zoe-japan
2021/08/03
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

上司と部下の関係性だけでなく、部署間の関係性においても、X理論・Y理論の使い分けが必要になると考える。
例) 売上のみを目標とする営業部門→SGA/在庫への意識が疎か
 →管理部門が営業部門をX理論で厳しく管理する

mariko555
2021/08/03
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

人によって当てはまるのがX理論かY理論かを想像しながら仕事の割り振りをしたほうが良いと思った。

teru_takahashi
2021/08/03
コンサルティング・専門サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

簡潔で分かりやすかった

m-tokumitsu
2021/08/03
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

うちの職場を見る限り、部下.後輩への接し方はY理論の方が適切と
感じました。

hisashi_o
2021/08/03
メーカー 営業 一般社員

Y理論だけ、となるとメンバーの自主性に依存するため、適時業務の進捗を確認できるようにしないと個人差が出る。結局は業務内容や状況に応じてX理論を用いた進め方も必要だと思う。

zr75
2021/08/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下ひとりひとりごとにX理論とY理論のどちらを適用すべきか、その力のかけ具合を意識するとよいと思った。

ssk_96
2021/08/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を基に考えるのは当たり前だろうと思っていたが、自身を振り返るとX理論で考えている自分に気が付けた点が良かった。

yu-pokishi
2021/08/02
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論に、人種や国籍による偏りや差があるのかが気になりました。

kuwachan6340
2021/08/02
メーカー 人事・労務・法務 その他

X理論でもY理論でも、業績、育成など、結局はマネジメントの責任であり、それであれば、Y理論をベースに部下がモチベーションを持って業務にあたることを念頭においておくのがよい。と感じた。
ただし、完全放任では難しく最低限の見えるかや進捗管理などの業務は必要と思う。

kazurena
2021/08/01
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

面白い理論。Y理論をベースに後輩・部下の指導、チームのマネジメントを行ないたい。X理論では自分も他者も気疲れして持たないし、険悪な雰囲気になってしまいそう。

moichan
2021/08/01
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 部長・ディレクター

理論の呼び方は置いておいて対比しやすい例でわかりやすい

nao121212
2021/08/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論のメンバーのキャリアパスが難しい

nobiyoamakko
2021/08/01
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

性格的な資質やこれまでの経験を踏まえて、これまでY理論に基づいたマネジメントスタイルを取ってきたように思う。X理論に基づいたマネジメントは苦手だが、それはそれでメンバーのタイプによって必要なこともあるということを改めて認識した。

sho-tokyo
2021/07/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自分はこの理論を知っていたが、今まで意識して使ったことはなかった。そして私の管理スタイルはx理論であることも分かった。
今後は必ず今の自分はxとyどちらかという考えを頭のなかに持ちながら、仕事に取り組み、新たな気付きを得たい

bonjours
2021/07/30
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分のマネジメントスタイルがX理論に傾きすぎていることに気づきました。来週からはY理論の側面を強めて部下の育成をしたいと思います。

higutaku
2021/07/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 部長・ディレクター

コツ・留意点であったように、マネジメントする部下によってX理論・Y理論の効果は異なると感じました。
ある人に効果的だったマネジメントをそのまま同じように別の人に適用してもうまくいかない場合に、XとYの比率を変えてみることが有用であると感じます。
明日からの実践に活かしたいと思います。

katsu528
2021/07/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

とても良い学びでした。今期よりチームリーダーとして活動するため、この学習で学んでx理論y理論を基に若手社員の教育に励みたい。
教育する側に立つことによって感じたことは、教育とは自分が成長できる仕事だということ。自分の学んだ事を若手社員に伝えて若手社員を成長させるのではなく、若手社員にどうしたらうまく伝える事ができるのか、どうしたらモチベーションを上げる事ができるのか、日々自問自答しながらこの学習を踏まえ自己成長できるのが教育だと感じた。

nativedancer
2021/07/30
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

人はサボる前提のX理論、人は自主的に業務に取り組むY理論という考え方のフレームをベースに個々人において、どちらのウエイトがどれくらいか、見ていき、マネジメントしていきたい

takahashit
2021/07/29
メーカー その他 部長・ディレクター

X理論・Y理論の考え方は理解できたが、誰もが何れかに該当するものではないとの考えを念頭に、部下指導をおこなう。

19944009
2021/07/28
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

多くの業務をこなすためには、Y理論を念頭に置いたメンバーの自主性の尊重が大切だと思った。

sawa_sawa
2021/07/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

個々の部下の性格や、自己認識のレベル、組織の目標の共有など複数の状況を見て、適切なマネジメントを行う必要がある。そのときの軸として意識することが必須だと感じました。

s1807
2021/07/28
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 一般社員

行動に移す前にひと呼吸置いて、いったんX理論・Y理論両面で考えてみることを習慣にしたい。

koji0426
2021/07/28
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

活用できていると考えている。

user-078aebab27
2021/07/27
  

自分の中でも漠然とした2つのイメージにX理論、Y理論という名前が付きスッキリと定義が明確になった。

tatsunet
2021/07/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

両方の見方、考え方が理解できる。
ただ、対人的にはY理論が重要である。

mryu
2021/07/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーの位置づけを理解し、適切な対応が必要。
Y理論に近いメンバーには、当人のキャリアパスに応じて、目標設定を行い。
X理論に近いメンバーには、低次の欲求を得えるための目標設定を行う。

nm_nm_nm
2021/07/25
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論によるアドバイス、相手の心理的状況を見誤って逆理論によるアドバイスをしてしまうことが無いように、気をつける必要があると感じた。相手の話から仕事に対する考え方をピラミッドに当てて分析し、アドバイスする方向を間違えないようにいたしたい。

haihai2002
2021/07/25
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

部下のマネジメントを考える上で、どんなマネジメントスタイルが効果的か、考えるいいきっかけとなった。

shusaku1974
2021/07/25
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

先月より東南アジアの子会社に出向している。先月までは日本の本社では
X理論とY理論の狭間で悩んでいたが、もう少しY理論に傾斜すればよかった。
一方こちら子会社では低次欲求が充分に満たされていない社員も多いので、XY理論のバランスを社員の欲求満足度に合わせてより効果的に使い分ける必要を強く感じた。大変参考になった。

kenei53
2021/07/25
金融・不動産・建設 マーケティング 部長・ディレクター

どちらが良いということより、人にあった対応が必要。Y理論を実践するには、丁寧なマネジメントが必要。

yosiwo40
2021/07/25
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

いままさに今後の人材マネジメントについて会社方針を検討し始めていたところでしたので、社員にアンケートをとってどのように働きたいかなど調査したいと思いました。

nishiyama38955
2021/07/23
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論Y理論については相手の属性を見てどちらが近いかを見極めていくことが重要であると感じる。自分が上司の立場になった際には正確に見極めつつ部下とのコミュニケーションを図っていきたい。

toru1203
2021/07/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自身の感が方はY理論を基本に、メンバーの特徴を捉える事でマネジメントを行う事が大切と考えます。但し、良くメンバーと自信のY理論の目線を合わせないと成立できないと考えます。

prince_nise
2021/07/22
金融・不動産・建設 その他 その他

「日本では低次の欲求が満たされている場合が多いのでY理論が多くなる」とありましたが、気のせいか、私の職場は大半がX理論な気がします。

kagari
2021/07/22
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

x,y理論は上司が考える部下への見方の理論だと分かった

これを見ると、実際の業務に応用しやすいのは、各階層ごとの内容が分かりやすいマズローの5段階欲求だと改めて感じた。

まずは、部下が5段階のどこに位置しているか?、どうすればより高次の欲求へ到達し、仕事へのモチベーションが高められそうかを考えていく

riechan
2021/07/21
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人材採用リーダーとなり、既存取引先からの情報収集のやり方に悩んでいました。何故採用が必要か考え、それを自分自身の言葉や考えを織り交ぜながらわかりやすく伝える事だと思いました。

karino0406
2021/07/21
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身のマネジメントにおいても、X理論・Y理論両極端に行っていた。
今後、両理論を念頭に置きマネジメントを行います。

heychan_1008
2021/07/21
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

X理論とY理論が対極にあるという考え方をするとなかなか難しい。
一人の人間でも状況に応じて、X理論、Y理論を使い分けていかないといけない。
そうすることでメンバーとのかかわりが厚みを帯びてくると感じた。

rsaito_linx
2021/07/20
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

目標設定のタイミングで本動画を見たことでメンバー個々に対する接し方の個別最適を行っていく上で参考になった。

apollo_2010
2021/07/20
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

部下の特性によってⅩ理論とY理論を使い分けたい。

ishimoto_333
2021/07/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

X理論で物事を考えていました。これからはY理論を考慮してコミュニケーションをとっていく

k_tak
2021/07/20
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 経営者・役員

「現代日本では低次欲求が満たされているからY理論に基づいた方が成功する場合が多い」のであれば片方の機能性が低く現代日本ではあまり有効な理論とは言えないと思うが…
組織として画一的にマネジメントしがちなので各メンバーの特性を見極めてアドバイスすることは必要と感じた

yusuke-kato
2021/07/19
メーカー 営業 一般社員

自分はy理論論者であることを理解した。すなわちx理論の人間を否定する思考があると自己理解し、フラットに見ないとメッセージを誤る事に気がついた。

okina51
2021/07/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

命令や強制による管理を行うX理論と、自主性を尊重する管理を行うY理論。この両極端の理論の範囲のどこかに個人の見方が位置すると考え、それぞれの個人にあったマネジメントが必要であると理解した。
自主性を重じながら、チームの力を最大化するにはどうしたら良いか、考えたい。

t-nobuti
2021/07/18
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーでも色々な考え方で仕事をしており、X理論・Y理論でマネジメントを分けてする必要性を学べました。
ただ、上司の前では良いことしか言わないメンバーも居るので、日頃からコミュニケーションを図り、見極めないといけないと思いました

endou0830
2021/07/18
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 部長・ディレクター

y理論を基本的な考えとし、計画を考えていきたいと考えております。

ta2ya___
2021/07/17
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現在はY理論の考えをもつ人が多く、組織として賞賛する、意思決定への参加など十分に実行できていないことに気づけました。次期幹部候補の育成、店舗チーム力向上に向けたマネジメント力向上に活用できそうです。

miracle
2021/07/17
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

これまで、X理論タイプの上司もいれば、Y理論タイプの上司もいたことが、今回学んだことではっきり意識できました。部下の立場としては、Y理論タイプの上司の下のほうが、働きやすく、モチベーションも上がりやすいと感じました。一方で、解説にもあったように、人によって、XとYの間に差があることも事実なので、マネージャーは、Y理論で部下をマネジメントするとしても、ある程度個々人に合わせたマネジメントを意識して指示を与えたり、管理することは必要だと思います。

hidetaka_88
2021/07/17
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

X理論、Y理論であまり人のことを見たことがなかった。まだ人を評価するような立場ではないがこの2つに見方を知ることができて良かった。今、私自身が思うのは、心の中ではY理論の人、つまり仕事にやりがいをもって仕事を通じて自己を表現したいと思っているが、表面的にはX理論、さぼれるなばさぼりたいというように装う人が多い気がする。

yam_08
2021/07/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

もともとY理論のスタイルでしたが打ちひしがれています。

toshi0629
2021/07/17
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

私はどちらで考えているかと思うと中間でした。チームアウトプットをあげるため自発的アイデア、アクション頂くのは良いことですが、定点で進捗、ポイントをおさえ、コメントすることは最終的なメンバーのアウトプットに欠かせないのではないかと思いました

tarachan-7
2021/07/17
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論は、人によって、ケースによって使い分ける執拗があると思うが、営業として数字目標を達成させる際には、ペナルティで脅すのではなく、数字達成の自己実現をどうしていくのかというのはアプローチをしていくようにする。

minamino50
2021/07/16
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

マズローのの法則に当てはめているのが面白かった。対比ではなく矢印なんだと思った。部下に対してはどちらかに限定するのではなく両方を使って行かないといけないんだと思う。

makita1234
2021/07/16
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を意識してスタッフのモチベーションを考えていくのが重要と感じました。

machi0915
2021/07/16
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

低次元の欲求が満たされて満足している人を、高次元の欲求を持つように仕向けることはかなり難しい。

uno-1965
2021/07/16
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

良いと思います。。。。

tk012197
2021/07/16
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

私もY理論と言う物を知らなかったが、事実として部下に対しY理論を実践していました。良い部分は評価し、伸ばさなくてはいけない箇所は教えるスタンスを取っています。

sayan_
2021/07/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

私は人間には成長したいという本能があると思っているのでY理論派だが、X理論のマネジメントの存在意義を理解して、多様性として認知していきたい。

stoneriver1118
2021/07/15
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

時給、日給が決められている仕事ではX理論を前提で管理し、ビジョンがあり、個々のモチベーションが高い仕事の場合はY理論を前提にアドバイスを与えるのが最大限の成果を生み出すのではと思います

mizkich
2021/07/14
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自社のリモート勤務環境は、日々の行動をほぼ管理しておらず、成果のみを見ている。これはY理論を基にしていると思われる。
その反面、PCの操作状況は逐次リアルタイムに監視され記録されている。これはX理論に基づいている。
多様な人材の集まる会社では、X理論とY理論を上手く組み合わせて仕組みを作る必要があるのだと感じた。

take0430-
2021/07/14
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 部長・ディレクター

部下のタイプを見直してみます!

keisuke490402
2021/07/14
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

流行りのY理論について、これまで受けて来た説明では納得できなかったが、何となく解るよになった。

rrabbit
2021/07/14
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

X理論のメンバーにも動機づけしていた・・・厳しくいきます

sigebon_5203
2021/07/14
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

普段から部かとのコミュニケーションをしっかりとることが大事。
それにより、部下の人柄と人間性、性格等を知り、ある意味それでX理論Y理論を使い分ける。また、その時々にも使い分けが必要。
原則、Y理論ではあるが。

yo-matsui
2021/07/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

Y理論で接したのち、違うと感じれば X理論で考える。
チームメンバーがどちらに位置しているかを一度考える必要もある。

han_1234
2021/07/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

X理論、Y理論、よくわかりました。
マズローの欲求5段階説との説明もわかりやすかったです。
どちらが適しているかは、個々の資質に当てはめることが必要だと思いますが、Y理論にシフトしていけるような育成が必要だと感じます。

mizuki-y
2021/07/13
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

目標やTodoが決まっていると、自主的・積極的に動く人でも、X理論にて管理・監督されたい人もいる。X、Yどちらのマネジメントスタイルにするかの前に、お互いの考え・気持ちをしっかりと話し合える関係を築くことも大事ではないかと考えた。

kaoru0826
2021/07/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

職員マネージメントにX理論・Y理論を活用していきたい。

waka1417
2021/07/13
広告・マスコミ・エンターテインメント 経理・財務 一般社員

同僚で仕事の考え方が違う人がいるが、X理論かY理論かの違いだと分かった。
今後の打合せの進め方に活用出来そうである。

tanoue86
2021/07/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

経験の浅い部下はX理論のマネジメントが必要な場合もあるが、現代のハイパフォーマンス危機の多くはY理論のマネジメントを行っている話を聞くことが多い。Y理論で伸びる組織にしていきたい。

yanagisawa-1967
2021/07/12
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

部下への接し方の難しさを改めて言われたようである。

redme
2021/07/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

リモートワークでは逐一監視するのは現実的に無理があるため、Y理論にもとづいていると考える方が良さそう。
昔の軍隊式では、X理論のように管理を徹底しないとサボるということが大前提となることが分かった。

yoshi3696
2021/07/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

上司の考え方次第で評価が変わってしまう内容を今までにも見てきた。考え方はY理論なのに、やっていることはX理論というちぐはぐが起こることもよくある。特にコロナ禍で評価をする側の曖昧さや、互換性の無さが垣間見える。

miyusam71
2021/07/11
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

今まで、2つのマネジメント手法を管理とリーダーシップと分けて考えていました。この整理のほうがわかりやすいと思いました。
同じマネージャー同志で会話する時も、相手がどっちの理論で話しているのかを
意識し目線を合わせることができると思いました。

hitomi_bts
2021/07/11
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

チームマネジメントはもちろん人との接し方においても大事な考えだと感じた。

tanigu
2021/07/11
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

どちらの理論を採用するかは、組織の雰囲気によるから使い分けるべきたど感じた。

piri6
2021/07/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

XおよびY理論の2種類の考え方が日々存在する。マズローの下位3が満たされているはずでも、組織としての業務を行おうとしないこともあり、X理論の視点は必要である。ルールの明確化が求められる。一方でこのタイプは、下位3が満たされているようで、満たされていないことも考慮し、情報収集が求められるのか、という視点にもなった。いずれにしても、個別の対応が求められる。

yama3493
2021/07/10
メーカー その他 その他

部下の育成でワイ理論をベースに考えていく

fujita_4866
2021/07/10
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

個人の資質にもよるため、x理論が適用される場合もある。上司としては、Y理論が望ましいのは明らか。

h_tkd
2021/07/10
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 その他

・実際の業務に役立てていく。

tamtam0305
2021/07/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

両極端ではなくその間のどこかに位置するといったことには納得できた。またXとYを場合によって使い分けることが重要であることが整理できた。

k-krt
2021/07/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を念頭にマネジメントする。

penguin23
2021/07/10
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論とマズローの欲求5段階説の関連性が理解できた。
自身がY理論に寄っていて、X理論重視の上司が苦手なことや、
どちらかに偏らず、チーム内の個々人や状況に両者を使い分けていける姿勢が必要なのだと気づくことができた。

hidekichi86
2021/07/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論重視でマネジメントしてきた。しかし、そもそも会社にぶら下がっている人、過去の上司につぶされてしまい低次欲求が満たされていない人、などが25%ぐらいいる組織を預かったとき、XとYの振る舞いのバランスが非常に困難に陥ります。

nanat
2021/07/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 経営者・役員

XY両方の理論をバランスよく、部下の特徴で使い分けすることが大切だと思います。

k1977
2021/07/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はどちらかというとY理論寄りでチームメンバーと接しているとは思いますが、偏りすぎず、人によって管理方法も柔軟性を持たせる必要があると感じました。

junya_0626
2021/07/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

個々の特性をきちんと把握した上で、XとYのどちらの理論で管理することが
部下の能力を最大限発揮できるかを考えることが重要であると気づいた。

umeyasu
2021/07/09
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

リモートワークが増えてきて、部下に対してY理論の指導をしたいが、実際は、自主性に任せていると、業務の締切・品質は低下しがちだと感じるところ。
人によって指導方法を分けるのではなく、時にはX理論の指導を入れつつ、Y理論を入れるといったバランスが必要だと思った。

makoto_0826
2021/07/08
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

使えない人はいないのだと思いました。怠ける人もそうでない人も、その人の上長次第、なのかなと思いました。

colnagov3
2021/07/07
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自分の考え方がX理論であったことを初めて知ることができた。上司はY理論で噛み合わなかったため、話してみたい。

hiroyuki_1315
2021/07/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論どちらかに偏るのではなく、X-Yの間で、その時々の状況に応じて使い分けることも必要と感じた。

yohei_fujimoto
2021/07/07
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

学んだようにY理論でのマネジメントを行っていくのが現代社会に合っているかと感じました。
その中でメンバーがどこに目標を置いて、将来的にどうなりたいのかと現状のGAPを照らし合わせながらマネジメントしていくのがいいかと思いました。

kondo8888
2021/07/07
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

モチベーション向上を考えた場合、現在の職場ではY理論を念頭に進めるべきと感じた。伝える言葉の選択も大事になると思うので、そのあたりを意識して実践していきたい。

ryo-shishi
2021/07/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 その他

まだできたばかりの会社で取締役以外の活動は遅れている場合が多い。その時、本人らの実務レベルではなく、なぜ業務は遅れているのか、何か弊害(モチベーションが上がらない理由はあるのか?)など今一度当社での業務やしごちのあり方したいことについて伺い思いを擦り寄せていこうと思った

aysc_tanaka
2021/07/06
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 一般社員

自分はどちらかというと、仕事においてY理論寄りの人間であると思う。周囲の人間もそうであると思い込んでいたが、特に後輩たちはX理論よりの行動が多いように感じた。
また、自分は子育てにおいてはX理論寄りの人間であると気づいた。子供が泣き叫ばなければ食事作りが億劫で毎日一食はさぼりたい。

tiki_2002
2021/07/06
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

X理論とY理論がマズローの欲求五段階とか変わり
かつ部下がどの欲求を持っているかの前提で対応が変わるということが理解できた

一方でどちらかに明確に分類するのは難しい点、
どういう欲求状態にいるかは常に一定とは限らないため
その時々にあわせた指導が必要だと感じた

tomo-nogio
2021/07/06
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

確かに、自分も日によってxyの度合いが変わってるかも

asa20210201
2021/07/06
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

今より悪くなる事が怖い人 X
今よりよくしたい人    Y

fukamidori
2021/07/05
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

業種や業務内容によっても、理論の使い方があると思う。イノベーティブな仕事内容であれば、確実にY理論。そうでない場合も、イノベーティブな要素を考えさせY理論で上司としては仕事がしたい。

kacky0508
2021/07/05
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

弊社ではY理論を基本に対応している。X理論とY理論があることを知れたことで、今後のY理論での部下マネジメントがより活きてくると思われる。

yukari0914
2021/07/05
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

わが社も業績管理型のX理論から、プロセス重視型のY理論へ考え方を変えてきている。
後輩の育成にも取り入れていきたい

kaichiro_mohri
2021/07/05
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 課長・主任・係長・マネージャ

異なる両極の考え方で対比させつつ、その人の本質がどこの位置に属しているのか、発言や姿勢、態度などを注視して、まずはよく相手を理解しないといけないと思いました。その上で、自分がどのように適切なアドバイスをするべきかに関しては、もう少し深く考えることが、実際に行動に移す際には、必要であると感じました。

mina-ii
2021/07/05
コンサルティング・専門サービス 経理・財務 その他

上司がx論支持だった場合、辛いなあと感じてしまう。

guccigucci
2021/07/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

二つの局面からみることを学んだ。

peko39
2021/07/04
金融・不動産・建設 その他 一般社員

なるほど。と思いました。
分かりやすく解説され、自分自身の気付きにも役立ちそうです。

ak777
2021/07/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

X理論の人材にY理論を指導しておりました。この使い分けは理解しましたが、管理職と違う人材への使い分けについてどのような対応そすべきかを確認したい。

yasuhiro68
2021/07/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を念頭に業務遂行していきたい。

funesan_1974
2021/07/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

メンバー個々の能力、業務へのモチベーション、置かれた立場などを十分に考慮してその時々にあわせたアプローチが重要であることを再認識しました。

susan12345
2021/07/03
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

部下の自主性を尊重しながら、成長させることが大事だと思う。

mitsu-mitsu
2021/07/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

X理論Y理論の考え方は今後の部下マネジメントにおいて参考になりました。極端にではなく、X寄りでアドバイスしてみよう!とかこの人はY寄りかな?と考えるのが楽しくなりそうです。

mimimiho
2021/07/02
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

y理論で釣って、x理論を推し進めるスタイル。

bondmura
2021/07/02
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

部下にはX理論的考えのメンバーはいないが、そちらのマネジメントを好む傾向が強い。どちらが良い悪いではないが、体系を知っておくとの大切さは理解した。

buh_3427
2021/07/02
メーカー その他 一般社員

現実問題として、部下により上司の対応も変わる。この部下はしっかり自立しているから、Y理論で任せる。一方、こちらの部下はまだまだX理論的対応が必要だ、など。

kousuke_2021
2021/07/01
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

会社の体質でXとYを使い分けた方がいいのかなと感じた。年功序列で安定している昔ながらの大企業では人は楽な方に流れるのでX、成果主義の色が強い比較的新しい企業ならチャレンジしないと待遇が変わらない(人の競争意欲が高い)のでYとか。

weekend
2021/07/01
メーカー その他 部長・ディレクター

スタッフのタイプによってどの様なアドバイスを与えるかという視点で大変参考になった。

kaoakio
2021/07/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人が人を育成する上での本質的なことだと感じました。導きたい結果に対し、X、Yを考慮しながら、進めることが重要だと感じました。これが自然に出来るようになるにはある程度、経験が必要とも感じました。

shirokuma36
2021/06/30
商社・流通・小売・サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

自分の部署では、X理論は満たされている傾向になるので
Y理論から目標、責任を与える。但し、部下がどんな欲求をもっているかは
個人差があるためコミュニケーションをとりながらしっかりと見ていく必要があると考えます。

masakazoo
2021/06/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

性善説と性悪説のような考え方だと思います。確かに両極端ですし、業務の性格やその時の状況によっても臨機応変に調整が必要だと思いました。

y1854
2021/06/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自組織のメンバーそれぞれが、X~Yのどの位置にあるのかを見極めながら指導をすることが必要。

can1023jp
2021/06/28
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

どうしても、X理論での部下管理が必要ではないかと考えてしまっていたが、改めてY理論での自主性やプロセスを重視し、前向きに取り組める部下管理を行う必要性を再確認できました。

kasaneejpa
2021/06/28
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

プログラマーは好きでやってる人がおおいのでy理論ですね

oyama
2021/06/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人によっての教育の持っていきかたの違いをより深く考えていきたい。

saito0128
2021/06/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

人と仕事をするときに、その人はx理論とy理論のどちらを適用して対応すべきかを考える。
また、自分が物事に取り組む際に、x理論y理論のどちらで取り組んでいるかを考えてみる。その状況にあったセルフマネジメントを行う。

takayuki_kaji
2021/06/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

普段の業務ではY理論で考え、どうしても必要な場合はX理論の思考をとることにしたいと思います。

hasshy
2021/06/26
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

人材育成の観点も踏まえ、部下のレベルに合わせx理論、Y理論を意識する必要があると感じた

hide_marathon
2021/06/26
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

志高く日々精進してゆく

ryo_murakami
2021/06/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

マズローがベースであったことは知りませんでした。見え方という意味では上司によって人はどちらにもなり得るという気がします。個人の人格ももちろんありますが、信頼関係やビジョンなどにも大きく左右されると思います。

jinji-yamaguchi
2021/06/25
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 部長・ディレクター

確認テストの最後の設問「リモートワーク時の上司のスタンス」はまさにX理論・Y理論を考える上で格好の題材だと思う。なんでもリモート中に部下がサボらないようにパソコン前にWebカメラを付けて、モニター越しに上司が監視している・・・などという企業もあるらしいが、これなどX理論の典型だろう。個人的にはスタッフ部門の人間については、高度専門性の研鑽がキャリア・アンカーとなっている人も多いので、原則として何時間手を動かしたか?というよりも、むしろある程度本人の自主性にまかせ、アウトカムの量や質で評価するようなY理論ベースのマネジメントが適していると考える。

koichi6140
2021/06/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 部長・ディレクター

今のメンバーを見る限り基本的にはY理論かな。

k246
2021/06/23
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

Y理論に基づくマネジメントを部下にその真意が伝わるように真摯に取り組み続けたら、部下は嬉々としてサボるようになるのだろうか。むしろ、上司の期待に応えようと主体的な態度に変わっていくか、あるいは上司の期待に反してサボってしまう自身の弱さに苦しむようなことになっていたりしないだろうか。そう思ってしまうのは、私がY理論に基づいて考えているからなのかもしれないが。

itakot136_
2021/06/23
メーカー その他 一般社員

メンバーの思考、能力に応じてX Y理論を使い分けすることが大事。自主性がない人、経験浅い人にはX理論で。自主性がある人や慣れてたとY理論を主としながら、心の中ではX理論で良く見ることだと思う。

nguyentam
2021/06/23
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

相手のタイプによって使い分けすれば管理しやすくなり、効率が上がります。正しい相手と向き合え、どのようなタイプなのか判断する力が必要です。

seira_abe
2021/06/23
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

自分がどちらかというとY理論の方が受け入れやすくマネジメントするにしてもそちらの方が理想だと思った。しかし、大企業など多くの人を統率するためにはX理論の方が有用なのだと思う。
自分の目の前に部下が来たとしてその個人に対してどちらの理論で接するのかは、自分の洞察力等のスキルによるのかもしれない。

moss_green_5
2021/06/22
メーカー その他 一般社員

会議でリーダーを務める場合、メンバーに課題を与える事がある。その進捗管理を行うにあたって、一律に管理を行うのではなく、各人の性格や業務の進め方などを考慮して助言や啓発を行っていこうと思う。

tk0406
2021/06/22
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

部下の働き方を理解した上で、この理論に基づいた指導をしていくことが大切であると感じた

shunta-ro
2021/06/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

これまで特に気にせずにY理論の考え方をして来たが、X理論の考え方が前提の方も居ると理解してマネジメントを実施する。

hanakoo
2021/06/21
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

相手や状況に合わせて、見方や接し方を切り替えることを心がけたい。

mmats
2021/06/21
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

X理論・Y理論のどちらに偏っていたかが明確になり、もう一方の考え方もあることに気づかされた。

sayheyyu1985
2021/06/21
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

相手の欲求をよく見極めたうえで対応を考える必要性を感じた。複数人いる場合の対応は悩ましいと感じた。

gosimakeizou
2021/06/21
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人のやる気がどのように出るのか何を考えるのか難しい課題に感じました。

005
2021/06/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

部下の特性がわかった上で実践していきたい。

taka-p007
2021/06/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

同じ物事であっても視点を変える事で180度違って見える。
部下に対してもどう接するかで、部下自身のモチベーションも変わり、自己成長度合いも異なってくるため、お互いを信用、尊重し合う方向のY理論を意識付けた行動を取りたいと感じた。

yoshida_1986
2021/06/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

確かに現代の日本ではY理論で進めるのが正であるとは思う。
ただマズローの承認欲求から見て低次の欲求が満たされてるから理由には少し疑念が残る。

私の会社には低次の欲求が満たされているのでこれ以上は望まない→予算未達でも気にしないというケースもある。

動画の中でもX理論、Y理論のどちらか一方に当てはめることはないと解説があった。
この観点から見た時には本当に難しいなと思いました。

nobumi
2021/06/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

部下の個性と会社の状況を合わせて、個別に指示/指導方針を変えていく必要があると感じた。

lincyan
2021/06/19
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人はX理論・Y理論のどこかに位置する。その人にあったマネジメント方法を考える必要性を感じた。

yysan1600
2021/06/17
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現在もX理論から組織をマネージマントする意識がまだ強いところがあるため、改善出来るように心掛けます。

yoshio_0721
2021/06/17
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

部下の育成の観点でもXY理論を意識して、一人ひとり対応をしていきたい

yama_tontwo
2021/06/16
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 部長・ディレクター

同じ相手でも、課題の大きさ・種類や 経験の量などに応じて、X理論とY理論を使い分けることも大事だと思う。AさんはX理論で、BさんはY理論で、という決めつけ、前提もまた時に相手の尊厳を傷付け、自分自身の部下からの信頼を失うことにもつながりかねない。人間は成長する生きものであり、また感情がときに支配する動物でもあり、常に一定のモチベーションで仕事をし続けることは不可能なので、仕事ぶりをみて、その状況や事実観察によって、両方の理論を使い分けることができるよう、今後の部下の育成や面談での対話を意識していきたい。

coeur_1
2021/06/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

今の日本ではX理論での管理は成り立たない気がする。

clover_0507
2021/06/16
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

その人がどちらに近いかをよく見極めて接することが大切。

zezehihi
2021/06/16
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

現在に至るまで、
周囲の方に恵まれたのでしょうね。
自身は、Y理論95パーセントの思考で
業務にあたって参りました。

結果、自身にとっても、健全な職場運営にしても、
非常に満足しております。
故にY理論派言い換えれば性善説派です。
甘いのでしょうかね。

toshiya202020
2021/06/16
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人によってX理論、Y理論のどちらが効果的かをしっかり判断して使い分けする必要があると感じた。
同じ人間でも入社して数年はX理論が効果的かもしれないが、中堅クラスはY理論で長所を伸ばすことがよいかもしれない。ただし、その中堅社員が意欲が薄れてしまった場合には再びX理論で対応など逆も然り。

そのためには仕事を知り、個人を知る必要がある。
観察とコミュニケーションが必要。

nakaj
2021/06/14
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論を人それぞれに合わせて使いたいと思います

yaoshi
2021/06/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

要求の5段階と関連付けて考えることができる、という部分が印象に残った。

haramikarubi
2021/06/14
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

極端ではあるが一理ある

akira1103
2021/06/14
メーカー その他 一般社員

人間、視野が狭くなると中々物事を広くとらえられないものである。
今回学習したX理論、Y理論という全く正反対のものの見方でどちらがその理論に有効となるか、その時々のケースを当てはめて的確な判断をするには常に中立な立場で物事を冷静に判断する器量と部下及びチームにとって何がベストであるか全体を見れる視野と調整力が求められると感じた。

yone1041
2021/06/14
広告・マスコミ・エンターテインメント 専門職 一般社員

自分のやり方がY理論に近いものと自覚できた。ただ、どちらかに明確に分けられないものではないとのことで、X理論的な手法もときに使うべきと感じた。

mamarita
2021/06/13
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

どちらがよいというのではなく、あらゆる場面において一旦両方の理論で指導方針を考えてみるようにしたい。

mark_2021
2021/06/13
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

オペレーショナルな業務はX理論による管理が適切な場合が多く、企画に近い業務はY理論に基づくマネージメントが適切な場合が多いと感じた。

tanabe_manabu
2021/06/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

それぞれ人にあわせた形でのマネジメントが必要。

lin-a22
2021/06/13
メーカー マーケティング 一般社員

その人が今、XなのかYなのかで使い分けしないといけないと思った。

yatsukasienne
2021/06/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

各メンバーが自律的に行動し、成果を出せるよう、指導方法に活用したい。

matsu-0621
2021/06/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

私の職場ではx理論、y理論を上手に使い分けることが必要だと思います。個人の適正やレベルに応じて、最適な考え方を選択します。

caakatori
2021/06/11
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

部下のみならず、本人も自覚すべき。

miyashi_41523
2021/06/09
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

部下との接し方を考えさせられました。

ugui-m-world
2021/06/09
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

人材評価制度などが何を目的になされているか、考える手がかりが得られたように感じる。上司などが自分に接する接し方なども判断する材料になりえる。

masahiko_ss
2021/06/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

画一的な管理方法ではなく、個々のメンバーを見て、その時々で最良と思しき管理方法を実践するのが大事。
また、その方法をメンバーと一緒に共創していくと効果的。

seikivy_514
2021/06/08
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人をどちらのタイプか決めつけて対応するのではなく、状況に応じて上手く使い分けることが大事だと思いました。

super
2021/06/08
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

X理論Y理論という考え方を知り、他者へ仕事をふる際のヒントとなった。自身の職場ではX理論の方がかなり多い。このあたりは個人の自由だと思うが、その人にあった業務を任せれるよう、コントロールが必要だと思えた。

gin_etp
2021/06/08
商社・流通・小売・サービス マーケティング その他

自分自身のモチベーション管理に適用できると思った。

yama-ap
2021/06/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現在のチーム員、私の周りのチームはY理論で動いていると思うし、合っている。
結果も出ている。会社全体がそのように動いているように思う。

ohnish23756
2021/06/08
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

「性善説と性悪説」ではなく置かれた状況やメンバーの個性を踏まえてハンドリングする重要性を再認識した。

miurock
2021/06/07
コンサルティング・専門サービス 営業 部長・ディレクター

今はY理論寄りに行った方が良いというのに納得感があります。

y_ue
2021/06/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

1つの事象に対してこの人はどちらの側にいるのかを想定しながら、ルール決めやアドバイスをしていきたいと思います

miumiu-7777
2021/06/07
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

たくさんの個性的なメンバーがいるなかで、その人にあったx論、Y論があるとおもうので、個性と能力を見極めて提案できる人になりたいとおもう。ストレスもたまると思うけれど・・・

syokoyama
2021/06/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論のそれぞれ使い分けることで、メンバーのモチベーションを向上させたい。

taka-achiko
2021/06/07
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論でメンバーを鼓舞しながらも、
X理論での数値達成も確実にしたいものである。

ysano0314
2021/06/07
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

部下によってXY理論どちらをとるか考えないといけないと思いました。年齢、経験、仕事の出来によって変動させるものかと思います。

macky0530
2021/06/07
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

インドネシアで働く中で、基本的にX理論をベースにしたマネジメントを行なってきたが、一度スタッフの承認欲求はどんなものなのか、それによってX理論を元にしたマネジメントも行ってはどうかと興味が出てきた。

mizumo83
2021/06/06
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

人によって仕事に何を求めるかのレベル感が異なるので、X・Y理論としては一人一人別個に考える必要がある。部下への接し方についてもXタイプかYタイプかによって変わってくるが、同じチーム内であると接し方の違いが不満につながってくるであろう。バランスのとり方が難しい。

powys
2021/06/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

こういう考え方があることを初めて知った。正直X理論で部下のモチベーションを持たせるのは難しいと思う。理想はY理論で動かせる組織なんだろうけど、現実はX理論の考えも取り入れないと難しい。

jun1-u
2021/06/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

部下それぞれの働き方に対する考え方がことなっており、X理論・Y理論の双方を理解した上で、それぞれの部下に適した管理を実践すべきだ。

harasansan
2021/06/05
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リモートワークが常態化する中で、項目ごとにX理論、Y理論をあてはめ考える。

morikatsu
2021/06/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

基本的にはY理論に基づいて仕事をされている方たちばかりに囲まれているように思います。ただ会社全体をみた際には、もしかするとX理論よりの社員もいることを前提に制度設計しなくてはいけないこともあるのかと思いました。

omosuke2000
2021/06/04
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの欲求五段階説との関係性がよく分かった。

f20185jj
2021/06/03
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分が現在の若者、新卒を見ると欲を感じ取ることが出来ない事とX理論で接すると完全にやる気をそぐと感じていますので、現代にはY理論が受け入れられやすい部分は納得の出来た内容でした、非常に為になりました。

nobu_tk2
2021/06/03
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

メンバー育成と組織の業績目標達成の両方にコミットしやすい考え方がしやすいと感じました。

gonk
2021/06/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論のどちらが正しいということではなく、相手によって自らのスタンスを変化させることが有効であると感じた。
(X理論は、意識的に相手が具体的に行動できるレベルまでマイクロマネジメントを行うイメージ)

satosi-i
2021/06/02
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

X理論Y理論について理解が深まった。

user-de8b26cf17
2021/06/02
  

Y理論に重きをおきながら日々を過ごし、定期的に「各個人の業務内容を可視化する」という方法でX理論を使っていたことに気づきました。

fat60
2021/06/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

当社は現在明らかにY理論に則りマネージメントされている。その背景や時勢とマッチしていることを理解できて腑に落ちた。

tar
2021/06/02
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

XとY二つの考え方で相手を分析し、お互いの力を最大化したい

mkurihara117
2021/06/01
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

x理論y理論、部下の性質を考慮したマネージメントが必要と感じます。

kei_gen
2021/06/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

協力会社メンバーの管理に、Y理論考え方を取り入れるよう心がけたいと思いました。

nagaoy
2021/06/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 一般社員

メンバーが5段階欲求のどこにあてはまるかによって、メンバーへの指導をX理論とY理論で使い分けるということは活用してみたい。

yukiya1245
2021/06/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

完全にリモートワークで仕事をすることになり、部下がさぼっている可能性はゼロではない。基本的には信頼して仕事を任せており、その成果にも問題はないが、残業は多くなっている。適切な労働時間に収まらない要因を、リモートでもこまめに聴取し、さぼりが原因で見た目の労働時間が長くなっていないのか、さぼる意識はないがリモート特有の非効率さが産まれていないのか、聴取する必要性を感じた。

yoba
2021/06/01
メーカー マーケティング 一般社員

人間が対極にある2つのカテゴリーのどこかにポジショニングする、タイプによって接し方は使い分けしたい。

takamai0329
2021/06/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自分の上司はどちらもうまく使い分けているような感じがした。
自分も活用できるように適切に使っていきたい。

kkhhnn21y
2021/05/31
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自身はY理論タイプであるため、X理論タイプを指導育成していくのは参考になった。近年の働き方改革やワークライフバランスを主張型の若年層と団塊の世代では考え方に乖離がある中でチームをまとめていくのは違う意味で考えさせられる。

su-su-miwa
2021/05/30
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論のどちらかに分類するのは難しいとあったが、どちらの面も持ち合わせた人が多いと感じるため、両方の要素をうまく組み合わせていくことも必要だと感じる。また、人によって、どちら寄りであるかも変わってくるであろうから、そのスタッフの特性を見ながら指示を柔軟に変えていくことも大切である。成果を上げてくれたスタッフに対しては率先して感謝の言葉がけをするなど、自分が承認されていると感じてもらえることは次の仕事へのモチベーションにもつながると思うので積極的に活用していきたい。

sota0501
2021/05/29
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今までの上司で想像するとX理論とY理論がいる。どちらが正しいとかはないと思うが、どちらかに振り切っている上司にはなりたくないと感じた

eye-310
2021/05/29
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

X理論の方は古い考えかなーと思ってたけど低次元の欲求が満たされていない場合は有効なのだというのは気付きだった。

taka999
2021/05/28
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

部下の個性に応じてマネージメントする事が大切だということを理解しました。

chino714
2021/05/28
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

人に合わせてマネジメントスタイルを変える必要があり、そのベースにx理論y理論を用いようと思った。

keisuke0614
2021/05/27
金融・不動産・建設 営業 一般社員

自己評価と上司評価の乖離がないようにしていきたい。

makoto35
2021/05/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

先ずは、部下のマインドを高めてからのY理論を用いた人材育成を心がける。

langley
2021/05/26
商社・流通・小売・サービス その他 その他

人によりX理論とY理論を使い分ける。
見極めが重要であるが、状況により臨機応変な変更を心掛けたい。

mas_watanabe
2021/05/26
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

人は皆、信頼されれば、信頼に応えようとするものです。X理論に立ってしまえば、信頼を失ってしまうのではないでしょうか? 

shota_4771
2021/05/23
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下によってXとYを使い分けるのが重要と感じた。

yuunana
2021/05/23
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 その他

なるほどと思いました。
2極化して理論は形成していますが、はっきり分かれるものではなく、中間のどの位置に属するかを考えながら対応したいと思います。

harunatsuaki
2021/05/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

会社としてはY理論を理想・前提しているが、現場におりてくるとX理論に変わっている。

jjkkrr
2021/05/21
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

業務上の性質によりマネジメントの方法が変わると考えていたが、現業であっても、Y理論基づくマネジメントマントも可能であると気がつかされた。

h-mura
2021/05/21
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 部長・ディレクター

先ずは上司自身が自分はX.Yどちらであるかを客観的に把握していないといけないですね。

y_satoshi
2021/05/20
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

性善説性悪説~疑って組織を組むと信頼できず、信頼しきって任せると裏切られる~過去からの経験値で言うならば そうならないために仮説をもって取り組む
結果全員の信頼関係が出来上がり任せて正しく評価する
時にはペナルティーと表彰でモチベーションを上げる~この時のペナルティーは
マイナスではなく表彰されたいなら、仕事の仕方を変え努力が報われるように
すべきと痛感しました

mikito_1211
2021/05/18
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

悲観的な考えのX理論と楽観的な考えのY理論の二つが意見としてぶつかった際には、どのように妥協点を見つければ良いのかが気になります。

ahomanuke
2021/05/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

極端な考えですね。

ynishida0107
2021/05/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

私としてはY理論の人間であるが、X理論のメンバもいる。
その人の今までの仕事の仕方や育ち方、立場などの違いによりどちらになるかが分かれる印象がある。
今までは周りをみて雰囲気で感じ取っていたことが、実はちゃんとこのような考え方があった、ということで勉強になった。

rily
2021/05/16
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

相手の職位や性格を見極めて使い分けできればベスト。今の職場を考えても両理論を上手く使い分けるだけでも成果が変わる気がする。

takkoman1410
2021/05/16
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論に基づく管理手法が良いという人は少ない気がするが、短期集中で取り組むキャンペーンなどには合うたのではないかと感じた。
XY両方の理論を組み合わせた管理を実践できればと思う。

kazu195
2021/05/14
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

部下へ作業指示を出す時などに応用できるかもしれない。

hayashida-ta
2021/05/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

X理論、Y理論の言葉は今回初めて学んだ。性善説と性悪説に基づいた見方に近い。
短期的な業績を伸ばすにはX理論、中長期的に企業を成長させるためにはY理論を活用することが良いと感じた。

kaz-
2021/05/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ある程度組織の方針は決まっているが、多少は個人ごとにマネジメントスタイルを変えたほうが良い。そのためにメンバーの特性や性格といった人に着目することが大切だと感じた。

soyokaze1
2021/05/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下の資質に鑑み指導することの重要性を改めて認識できた。

jinkun
2021/05/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

好き

yamaguchi-1005
2021/05/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

xとy両方がある。
組織の成熟度にもよる気がした

moto_nori
2021/05/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

Y理論の方が部下のモチベーションアップという観点では効果がありそうと思いました。しかし、すべてY理論で進めることは困難とも同時に思います。それぞれの自主性にすべてを委ねていたら、企業の進むべき方向を見失ってしまう可能性があるからです。X理論とY理論のバランスをとることで、それぞれの良さを最大限発揮できるのではと考えます。

bari0023
2021/05/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

性善説、性悪説という古典的な考え方について名前をつけただけかと思ったが、マズローの欲求の5段階と結びつける考え方は参考になった。現代においてY理論が主流になる理由が腹落ちした。

notoikeda
2021/05/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下の様々な要望や不平不満について、X理論とY理論に区分して整理した上で対応を検討することで、部下にとって納得感があり、会社の業績にも貢献可能な打ち手が見えやすくなるように感じました。

hiro_413
2021/05/07
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論。よく理解しました。
考えるに、私は基本Y理論で進めることを良しとしていました。しかしながら、以前 X理論を要求する部下もいた・・
本質が何であるのか?マクレガーだけでなくマズローの理論他方法論を頭に浮かべ、人により手法を変えるべきなのだなと思いました。

hanabuhi
2021/05/07
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

導き方が理論だっている

morita_03
2021/05/06
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

自分自身はY理論寄りの考えを持っているが、自部署での管理はどちらかというとX理論でよいと感じた。
ただ、X理論にもとづく管理方法が、衛生要因になることもあるのではないか?と思う。

01010216
2021/05/05
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

組織の単位の大小で程度は異なるが、振る舞いを決めてから対応を実施した方がいい。
Y理論を優先するのであれば、部下の心理的な安全性を確保するためにも上司がケツを最後まで拭くくらいの覚悟が必要になる。
できたら部下の成果、出来なかったら上司の責任を意識していないと行動の不一致が出てしまいそう

gmd
2021/05/05
メーカー 営業 一般社員

X理論、Y理論ともに適不適が有ると思うので、組み合わせて考えた方が良いとは思うが、キャラクターとして自分は本来どちらの立場かは他者にも見せておいた方が良いと考える。行動の一貫性につながると思う。

eiji-araki
2021/05/04
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身がどちらかと言えばX理論よりのような気がします。

koga-hiroaki
2021/05/04
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

各自の目標達成に向け動機づけを明確に解り易く説明する事が大切。

kuro0324
2021/05/04
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

XとYについて、マズローの5段階の欲求について説明しておりわかりやすかった。マネジメントする際にその人がどの欲求にいるのか考えるとどう接するべきか考えながらコミュニケーションをとっていきたい

syunsuke-0814
2021/05/04
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

これも内容的には簡単であるが、自分自身の考え方で忘れていたこともあるため役にたてたい

onozawa-0112464
2021/05/04
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

4rau_gh
2021/05/03
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

X理論を用いるのは極力避けるべきだと感じた。なぜなら、ピグマリオン効果により人間は期待された成果を出そうとするためである。前提として上司から仕事をしない部下だと思われていることが伝わったら、部下のやる気が比例して下がっていくのは当然のことである。そのような悪循環をわざわざ生む必要はない。

fudhinn
2021/05/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

各個人の能力や性格でX理論とY理論を使い分けるのが良いと思う。

mami-rin
2021/05/03
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

年次が浅い部下に対してはX理論で指導していき、ある程度仕事を覚えた段階で、Y理論へ転換した指導を行っていくのが理想だと考えます。
Y理論の考え方で生産性が上がることが理想です。

goodchild
2021/05/03
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

自身は、Y理論に基づくマネジメントを行っているが、上司がX理論の持ち主であるため、やり方に時折差異がありやりにくいと感じていたが、このように理論の違いでの差異であることを理解できた。今後はきちんと話をしてマネジメントすべきだというヒントを学んだ。

ktube
2021/05/02
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論の部下は、ノルマのため目標未達でもすぐ諦める。
Y理論の部下は、自己実現のため目標達成まで諦めない。

aka1234567
2021/05/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

業務でもよく使われる考え方なので、改めて整理できてよかった。

kanaya5526
2021/05/01
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論の考え方が学べた。どちらかの考えが正しいのではなく、どちらの考え方も存在することを知っていることが大事だと感じた。またどちらかの理論に完全に当てはまる場合は、ほとんどないと思うので、だいたいこの辺のポジションにいるなくらいの気持ちで指導していきたい。

okamoto_25
2021/05/01
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

「X理論」だけではだめで「Y理論」だけでもダメな気がします。
AさんはX、BさんはYというのではなく、状況によって使い分けるかもともとハイブリッドで行う必要があると感じます。

mimi-voice
2021/04/30
金融・不動産・建設 経理・財務 一般社員

部下のタイプによって
2つの理論の使い分けをする

aki-sato
2021/04/30
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

できるのであれば、すべてY理論で進めたい。
相手の普段の態度からも使い分けて考えていく必要があるとおもう。

tadayuki631129
2021/04/30
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

昔はx理論での管理が多かったが、最近はY理論での管理が多い。しかし、一部ペナルティ的な管理も残っている。両立が必要ですね。部下の適材適所の場合は、Yであることを望みます。

daoshin
2021/04/30
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

X理論とY理論を業務で具体的に活かすには、どの程度の範囲で自主性を尊重するか、メンバーの力量を推し量るとともに、メンバーと目標設定や目線合わせをしていく必要があるように思いました。

junpapa_0616
2021/04/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

チームメンバーの性格に応じてマネジメントスタイルを考える必要がある

andy5588
2021/04/29
商社・流通・小売・サービス 専門職 経営者・役員

接客業です。接客という、対面で、対応を求められる場合、スキルが高い方ならばY理論で、良いのかもしれないが、営業という結果を求められる場合、個人の能力によってはY理論では、結果を出せない場合がある。
つまり、「なぜ、営業で結果が出せないのか?」という命題に、「よく考えてと行くみたい」ならY理論でOKだが、「仕方がないからやるふりをする」ならX理論ということになる。”対応しているふり”ならばX、”結果の出せるパフォーマンス力”がありそうならYと、MBTIなどの性格診断に基づいて判断するとよいと思いました。

ry1005
2021/04/28
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論から考えられるマネジメントを心がけたい

takahiro-2949
2021/04/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

一律に管理するのは難しいと感じた

tokata
2021/04/28
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

業務で活用するには、部下の観察、見極めが必要と感じた。

mito_0110
2021/04/27
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

X論Y論と聞いて、性悪説と性善説を思い出しました。
人によって、また時と場合(自分の立場、責任の大きさ)によって、両論が適切となるとも感じました。何か判断や指示出しをする際に、両論の視点から考慮することが大切だと思いました。
職場の人から、常にY論の視点で接してもらえるよう、自分の行動、言動に気を付けたいと思います。

super-morio
2021/04/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

物事は、白黒だけでなく、グレーな部分もあるという考え方が、このX理論とY理論のどこかに当てはまることになるんだと理解しました。

takashi913
2021/04/26
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

とても分かりやすかった。
今まで理論についてよくわからなかったが動画を見て理解することができた。職場でもこの理論を頭に入れて部下と接していきたい。

frehrs
2021/04/25
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

基本はY理論で対応したいとかんがえていますが、X理論で管理しない動かない場合もあり、使い分けが必要と考えています。

noriume
2021/04/25
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

日本人は真面目な人が多い。また、マズローの低次欲求は満たされていることが多い。従ってY理論を使うことが多いと思う。しかし、マネージャーや部下の性格次第では、時にはX理論の活用も必要ということだと理解した。

oka7712230
2021/04/24
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論Y理論で、相手をどちらに分類されるか注意深く観察・考察し、分けたのちには、どのようにかかわる事が望ましいか?判断して実行する。活動件数や・提案内容をしっかり確認するのか?任せる事で、達成できた暁には、この様に見止てもらえる・信用を勝ち取れるなどのミーティング・コミュニケーションを効果的にするなどです。

akira_2021
2021/04/24
メーカー 営業 一般社員

いわゆる、飴とウチの関係ですね。
部下への接し方は時代と共に変化されて、パワハラにならないように言葉に配慮するようになった。
ただ、向上心がなく、自分の事しか考えない同僚もしくは部下には怒りの感情しかありません。

akira_1332
2021/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

極端にX理論に当てはまる人、同様にY理論に当てはまる人は接したことがない。対象の人が、まずはXよりか、Yよりか判断して、以降、都度、見方を変える必要がないか考えていく。

tomo0502
2021/04/23
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

組織やチーム、メンバーの能力によって、XY理論をうまく活用していくことが求められると感じた。

mayumi_no_1
2021/04/23
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

過去にX理論で徹底的に管理され、モチベーションが著しく下がった経験がある。
当時はこの理論を知らず、その管理方法に疑問を抱くばかりであったが、このような理論を知り、当時の状況が客観視できた。
現在、私は新入社員として管理される立場にあるが、この意味でこの2理論は、管理する側される側を問わず、相手の心情や状況をメタ的に見るためのツールとして、悪戯にモチベーションが下がらないようにする為に使えると思った。

nick_1974
2021/04/23
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ベテランが多くY理論を適用しているが、その中でもX理論も適用してバランスが大事だと感じた。任せて任さず。

shin_shin88
2021/04/21
金融・不動産・建設 経営・経営企画 一般社員

今日、ある人が「最近の若い人はリモートワークをすると、会議が終わればすぐにゲームをしている」「8時間勤務のうち働いているのは5時間くらいだ」と言っていた。従って、リモートワークは生産性が落ちるとのことであったが、明らかに側面的な判断をしているなと思った。

明日「昨日の話はX理論ですね。生産性が落ちないようにするためのマネジメント方法を考えないといけないですね。一方でY理論的な見地で考えれば自主性が高まることで生産性が上がる可能性もあります。それぞれにあったマネジメントを行うことが重要ですね」と言ってみたい気持ちになったが、その人に言っても仕方がないので、マネジメント方法を考える時間に充てたいと思う。

makoto_baseball
2021/04/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論とY理論を使い分けるためには、相手の状況を把握することが必要になるので、しっかりと周囲の観察をしていきたい。

jun_48
2021/04/20
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

在宅勤務時に何をするのかスケジュールを出し、結果を報告させています。
部下を信用していないわけではないのですが、これもX理論になるのでしょうね。

kaz-gougou
2021/04/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

二極で考えることは難しいが、自身がX理論・Y理論のどちらを選択しているのか、都度考えてみて、適正なのかどうか客観的な判断をしたいです。
顧客からの圧力はX理論に該当し、自身が不満を感じることが多いため、メンバーへはそのまま指示しないよう注意したいです。

yonnnsyuu8
2021/04/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

x理論、Y理論を初めて知りました

m_tyson
2021/04/20
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

全社的にはリモートを推奨しながらも、一方で抑制すべきとの意見を持っている方がいるのも事実です。何より大切なことは、上司部下が信頼できる土壌作りが必要で、そのためには日々のコミュニケーションが重要だと思いました。

sekiya-t
2021/04/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分が部下を持つようになった時はこの理論を参考にマネジメントしたいと思う

ntoru1201
2021/04/17
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 部長・ディレクター

X理論・Y理論の間として、人間の性弱説(善悪でなく、弱いもの)にたったマネジメントを大切にしていきたい。

mochizuki-3159
2021/04/17
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの承認欲求との組み合わせに部分は、これですべて網羅しているとは思わないがX理論とY理論の位置づけとしては、非常に分かりやすく、部下へのモデルとして参考になる。

hide_0528
2021/04/16
メーカー 営業 部長・ディレクター

人間の本質に基づくアドバイスの分類の基本となります。但し、人は環境や体調、越えねばならない課題の質によりその受け止め方は一定ではありません。様子を良く観察して、適切な雰囲気・言葉使い等を丁寧に考えて実行する必要があります。気分で部下に接することは決して、良い結果を導かない。

ernn_11
2021/04/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

マネジメントスタンスのイメージができた

yuko-69
2021/04/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論を初めて知りました。仕事において非常に影響を受けるところです。X理論派の上司の元での対し方も学びたいです。

ueda_hideki
2021/04/12
メーカー 専門職 一般社員

誰でも彼でもX理論・Y理論を適応すると効率が悪いと感じた。
適切にX理論・Y理論を使うことが大切だと感じた。
ただ、人によって差をつけることになるので難しそうだと感じた。

urkn
2021/04/12
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

両者の価値観が混在している場合、どの立場でやっていくかを慎重に吟味していかないとそれぞれから不満が生まれてしまう。
価値観を自己開示して受け入れるところは受け入れる、妥協点を見出すといったプロセスを経ていく必要があると思う。

tadaishi
2021/04/12
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

現代日本ではY理論寄りで考える一方でX理論をおろそかにしてはいけないと感じました。どちらかというとY論理を推奨していく風潮があるが、「仕事嫌い」の人もいる事も考えておくべきだと強く思いました。

yosukeadac
2021/04/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

チームビルディングで有用と考えます。

yama329
2021/04/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

部下のマネジメントをする際、性善説でY理論派だったが、X理論も理解することができた。
x理論でマネジメントすると部下のモチベーションが下がるかと思っていたが、マズローの法則を掛け合わせて考えてみると使い分けが必要なのだと思いました。

papa-91026
2021/04/10
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

懲罰はやる気を定価させると考えます。しかし、ゴール、期限の設定は必要で、部下と決めます。

tomoaki1116
2021/04/09
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

個人の性格・経験でマネジメントをするより、X・Y理論を用いてする方が
成果が出そうだし、大きい組織ほどこの理論が必要。

igarashi_7
2021/04/09
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 一般社員

It was very usuful to apply X, Y method to manageemnt.

maja
2021/04/09
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身は無意識のうちに、人はサボるものである、という前提に立ったマネジメントをしていたことに気づいた。仕事を通じて人からの尊敬を得たい、自己実現をしたいといった部課に対しての伝え方、言い方などは勉強する必要があると感じた。

taniguchi_r
2021/04/08
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

Y理論に基づいて指導できれば理想的かもしれないが、その前に、相手の低次欲求の状況にも気を配る必要があるのではないかと思う。今の時代、プライベートに踏み込みすぎることは問題となるかもしれないが、相手の仕事へのモチベーション(単なるお金稼ぎか)、プライベートは問題がないか(離婚の危機にある人にノルマ達成を強制できない)、健康状態は良好か、などに少しでも関心を寄せて、相手がどの欲求の段階にいるのかを見定める必要があると思った。

junichi_0105
2021/04/08
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

X理論、Y理論ともに意識して後輩や部下と接することが重要であると感じました。

kuri5846
2021/04/08
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

勉強になりました

tsuru_0824
2021/04/08
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

会社としてはY理論での部下育成目指しているが、部署によってはX理論を推奨して統制している所もある。どちらが正しいという訳ではないことを理論的に理解した上で現場の監督者は適宜判断することが大切だと思いました。

hanasun
2021/04/08
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

現代社会においては提示欲求が満たされているため、Y理論に基づくマネジメントの方が有効になりやすい傾向があるというのは腑に落ちた。一方、すべてのマネージャーが同じ理論に基づいているわけではないので、例えばX理論に基づいた指導を行っている上司の指導ではモチベーションのアップにつながらない部下がいたときに、チームとしてフォローしてく必要もあると感じた。

ujimaccha0401
2021/04/08
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

現在においては低次元な欲求は満たされている場合が多くY理論が有効との説明があった。自己実現欲求を持っている人は、放っておいても自己実現するべく進んでいくが、承認欲求を欲している人には、こちらから一押し出来るかどうかがポイントと思う。

kyokoi
2021/04/07
メーカー 営業 一般社員

人は認められたい欲求が満たされると満足する。その上は奉仕、よりよい社会実現にかかわることができることだ

3919rui
2021/04/07
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身の部下への指導を考えたときに,X理論に近いかもしれない。部下や状況に応じてY理論での指導も考えたい。

mine_shu
2021/04/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

これまで上司の指示に対して心から同意できることが少なかったが、XY理論に当てはめると自身の考えと双極にあったと理解することができた。どちらも正しい考えではあるが「見方」を変える重要性を感じた。(例)自身がリーダーの立場である場合、上司からの指示はXであるが、それをYに変換することでメンバーへの理解度を深めることができるかも知れない。

cf_202104
2021/04/07
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

性善説、性悪説と認識していた。X/Y理論という言葉を初めて知った。

azuma0706
2021/04/06
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私の管理の仕方ではX理論とY理論を人に応じて使用してきましたが、これまでX理論で管理したきた部下にも期待を込めてY理論を使用して動機づけを行う事を使用する機会を増やしていき、Y理論でダメな場合のみX理論で管理する事も重要だと感じました。

yuka2021
2021/04/06
メーカー クリエイティブ 一般社員

その人の困っている点、躓きポイントを話し合い、改善策を提案しながら、その人のレベルにあった目標を一緒に定めていくように助言すればいいのかなと思いました。

karen0324
2021/04/06
金融・不動産・建設 営業 一般社員

全員に同じ指導をするのではなく、X理論とY理論に沿ってそれぞれにあった指導をするのにはまず相手がどのような価値観やモチベーションなのかを知ることが必要なため非常に難しいと感じた

ishii-5643444
2021/04/06
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーがx.yどちらのタイプか場合し、コミュニケーションをとる

isaot
2021/04/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

部下のモチベーションアップの手法として活用したい。

shisar
2021/04/04
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

これ、ホントによく目にします。Y理論型のマネージャーの方が成功していると思います。X理論型のメネージャーはメンバーの離職が頻繁に起き、ソシキビルディング上の基本的な問題に常に悩まされているように思います。給与水準やステータスがまあまあの個人、会社においては、低次欲求はほぼ満たされているわけですから、Y理論に軸足をおいたマネジメントがより有効であるのは納得できます。ですがX理論オンリーのトラデッショナルなマネージャーはこれに気が付かない。

bshika
2021/04/03
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

どちらかに二分類されるわけではない ということを意識して、決めつけないように関わりたい。

yagyu_naoyuki
2021/04/02
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

部下ひとりひとりについて、特性を考慮した上て、
マネジメントを行っていくことで、チームをおける
よりよいマネジメントが行われる。

mhiroyuki_0301
2021/04/02
メーカー クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論という言葉をはじめてきいたが、今後は考慮したい。

masasaka
2021/04/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身がどう考えるではなく、部下(他の人)がどのような価値化をもって、
どのように考えて行動するかが問題だったので、新しい気づきがありました。

namatame_3692
2021/04/01
医薬・医療・バイオ・メディカル IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの欲求五段階説は知っていたが、これを2つに分けてX理論、Y理論という考え方に昇華させたのは、分かりやすく実践的思った。ただ、人の心は一定ではなく、状況に応じて仕事への接し方も変わると思うので、「この部下にはX理論でいこう」などと決めつけずに、臨機応変に適用する事が必要だろうと思った。

kyon_01
2021/04/01
インフラ・公共・その他 その他 その他

部下のモチベーションが落ちている時にY理論を利用してモチベーションアップにつなげたい。

kousuke-imai
2021/03/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自身の考えはY理論が当たり前だが、メンバの日頃の行動を見ているとX理論で仕事を求めてしまっている。思い込みで部下に接するのではなく、バランスよくX理論とY理論を使い分けながら接していけるようになりたい

maytokyo
2021/03/30
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

あなたのマネジメントスタイルは?と聞かれることが多かったのですが
X理論、Y理論で分類するとY理論のマネジメントスタイルを好んで行ってきました。が、このセッションを学んでみて、『部下がどの欲求を持っているのかの前提の置き方で、マネジメントのスタイルは変わる』とありました。
受け身なメンバーをマイクロマネジメントするのはいままで好ましくなかったけれど、採用や組織をゼロからつくっていない転職先では、X理論を求められる組織もかなりありました。また組織をひとくくりにせず個々に向き合ってマネジメントのありかたをカスタムする必要があることもわかった。でも、やはりX理論ではクリエイティブなチームなかなか生み出すの難しいですね

miller_31
2021/03/30
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論という言葉は初めて知りました。性善説・性悪説に近く、経験則で部下に対峙していましたが、一度体系的に学べたことは良かった。
基本的には、Y理論で業務を任せたからには自分でプロセスを決め目標に向かってやっていって欲しいと思う反面、指示がないと動けない部下や意欲の低い部下にはX理論にならざるを得ないのが悩みです。X理論でスタートしつつもいずれはY理論でマネジメントできるようにコミュニケーションを取りながら信頼関係を築いていきたい

ke-ke
2021/03/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

個人的には考え方がY理論に近いと思いつつ、X理論に基づく行動をすることもある。バランスが大切なのだと感じた。

kybk_818
2021/03/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

部下の中でもX理論が必要なもの、Y理論が有効なものがいる
また、業務の種類によっても変わると感じる
マズローの5段階説との整理もわかりやすい

matsuokahiroshi
2021/03/29
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

X理論・Y理論・欲求5段階説、なるほど。。。

ktakehara
2021/03/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はどちらかというとY理論の考え方をしていたが、全員がY理論にあてはまるわけではないという説明に気づきを得ました。ひとりひとりに合った指導が必要であると思いました。

tomohiro_1504
2021/03/28
金融・不動産・建設 営業 一般社員

Y理論の立場に立って、部下のマネジメントを心掛けるが、やはりX理論も重要だと考えるので、部下の自主性を尊重しつつ、裏では管理する。

suginoryu0502
2021/03/28
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

部下との接し方を大切にする。

masapapa0608
2021/03/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

人によりX理論が良い人、Y理論が良い人と様々と考えられます。部下の性格を良く理解して対応することが大切と思います。

mon-mon-mon
2021/03/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人によってXY理論を使い分ける必要があると感じた。

yosshy8525
2021/03/23
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

ついつい口を挟んでしまうので、目標、方法を考えさせ、面談で進捗状況を聞き助言できればと考える。

maiala
2021/03/23
金融・不動産・建設 その他 一般社員

人間はX・Y理論MIXが丁度良い

take8639
2021/03/23
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

性悪説と性善説ですね

noma-8576
2021/03/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

同じチーム内でもX理論寄りの人や、Y理論理論寄りの人が混在してるため、バランスを取ることが重要に感じました。

yustrike200
2021/03/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

日頃からY理論を念頭に自然と部下、メンバーと向き合っている。
X理論のいい部分も取り入れながら、部下のメンバーの性格・置かれている環境を鑑みながら接していく必要がある。

sachiwo_oz
2021/03/21
金融・不動産・建設 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

X理論の考え方が自分には足りない。より自発的にどうしたらその人がやるべきことを達成できるかを常に考えているが、成果が著しいとき、乏しいときの差が激しい。X理論によるマネジメントも時には必要だと感じる。

tsuyoshi_ueda
2021/03/21
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論非常に分かり易い説明でした。しかし、人は働く環境やプライベート与件の影響を受けて、Y理論の人がX理論に変わる可能性が有る事も理解しました。

sota-kitamura
2021/03/21
メーカー 営業 一般社員

様々な部下の中、管理すべき人、自主性に任せた良い人がいて、指示系統が難しさを感じた。

sachi_0727
2021/03/20
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

今までお世話になった上司の顔が思い浮かびました(笑)

X理論、Y理論勉強になりました。
誰しも両面を持ち合わせていると思うので、複合的なマネジメントが出来るように意識していきたいと感じました。

manabo2021
2021/03/19
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論は、社員個々人の仕事に対する姿勢の在り方でどちらの考え方で進めていく方がよいかを決定していくのが適切な活用方法だと思います。
個々人の個性をよく見極めないと一律に適用するのは難しいと感じました。

globaltrust
2021/03/18
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

叱るよりは、どのように部下を動かせる力が必要さんを改めて感じた。

kraft
2021/03/18
商社・流通・小売・サービス その他 その他

X理論・Y理論、上司がどちらの見解を持つか、というよりは、部下個々人の姿勢に合わせて立ち位置を変えるのが良いかと思いました。

miecreate
2021/03/18
コンサルティング・専門サービス 経営・経営企画 経営者・役員

これまでは、自分自身がY理論に基づきマネジメントを行っていたが、X理論のもとマネジメントされていたスタッフが多い所で就職した際に、大変戸惑った。しかし、X理論も一つの考え方として理解した上で、Y理論に基づきマネジメントをするとでは、全くマネジメントの幅が異なるので、学んだことを機に、両方の理論を念頭に置きながらマネジメントを行うようにしたい。

p1ngue
2021/03/17
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

自社の評価システムがどちら寄りなのかが理解できた。

zaki
2021/03/17
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

働くことに対する考え方は人それぞれです。

sugaya_1225
2021/03/17
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

X理論、Y理論のどちらかを決めるのではなく、色々な場面や人によって使い分けが必要

takeshi35
2021/03/16
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

業務で活用するためには人心掌握か大事かつコミニュカーションをしっかり取ることによりよりx.yの理論が活きてくると思います

014991
2021/03/16
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

X理論、Y理論、マネジメントの考え方が変わる理論でした。

atsushi_2021
2021/03/15
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論Y理論の両極の中のどこかで人は考え方(欲求を)を持っているので物事において両極の考えを取り入れて総合的に分析決定すべきである。

sphsph
2021/03/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

その両方をそれなりのバランスで持っているように思いました。
マネジャーとしてはしっかり見極め個々対応することが必要です。

kazuya11
2021/03/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

私の上司はY理論を優先していると感じる。が、同僚はX理論で管理したほうが良いタイプが多い。そこが現状組織があまりうまくいっていない原因な気がする。
一方、私もY理論を優先していたと思う。メンバーを見ると、X理論で管理したほうが良いタイプが含まれている。そういうメンバーとの接し方は改善すべき点があると感じた。

takeshi4413
2021/03/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論でマネジメントされていると思うと、自分が低く見られている様に思われると感じるだろうと思う。出来るだけY理論に基づき対応したいと思うが、やはり最低限進捗報告は必要と思う。場面や相手によってバランスが重要に思いました。

fatima_1026
2021/03/13
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

部下のモチベーションやタイプを理解してX理論Y理論を効果的に活用したい。

yaguchi_1127
2021/03/13
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論を理解する事ができた。

esraa_y0604
2021/03/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

This course has helped me improve as a leader and an overall individual in numerous ways. It has allowed me to assess my strengths and weaknesses as a leader, and has forced me to outline my goals as an individual, which will help aid me in achieving them. This course has also taught me to take action when possible.

user-1731aef15d
2021/03/11
  

勉強になりました。

kairikokarin
2021/03/10
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーの一員であることを表し、プロセスでの努力を認知・承認し、次への動機づけを
図る。そのようなことの積み重ねにより1人1人のモチベーションを高めてチーム力を高める努力をしたい。

kats1012
2021/03/10
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

人によりX理論が向いているタイプとY理論がむいているタイプがあると思う。X理論が向いているのは比較的体育会系、指示待ち型で業務創造意欲に欠ける。ただし新規など誰がみてもわかりやすい成果に対しては積極的である。Y理論で動くタイプは中長期にお客様との関係性を築き維持でき業務創造もできるように思う。自身がY理論に近くまたマネジメントもそのようにしているので少し偏見はあるが。

iinuma_star
2021/03/10
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

まさにリモートワーク是非の対応が企業で割れる大きな要因の一つがX、Y理論の考え方の違いによるものだと気付かされた。

yoshinori-66
2021/03/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

上司の見方が分かりました。

nobu0589-2
2021/03/09
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人をX理論Y理論のどちらかに分類するのでは無く、その人がその間のどの辺りに位置するかを意識しながら適切な指導を行う必要があると理解した。現代日本ではY理論を意識したマネジメントが効果的であると理解できた。テレワーク主体で取組んでいるが、これからも適切に部下の自主性を尊重していきたい。

ryo_0518
2021/03/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下へ接するときに有効である

shohei_1126
2021/03/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

それぞれの個性に応じてX理論、Y理論を使いわかることが大切。自分は営業を管理する立場であるが、組織文化的にY理論の人間は少ないのでX理論でマネジメントする方が自社にあっていると感じた。

hasec
2021/03/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分のメンバーに対する姿勢が、どちらかというとX理論に寄っていることが認識できた。

改めて、Y理論を念頭に置くと、同じメンバーであっても、その時々のモチベーションの状況や仕事に対する得手・不得手によってアドバイスの仕方を変えていく必要があると感じた。

gohyoshimoto
2021/03/04
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

今回のノルマが達成困難な場合のみなさんの意見がいろいろあって参考になりました

kamaden
2021/03/03
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

感覚的にはY理論の方が個人を尊重していて望ましく、X理論は冷たい印象を受ける。しかしながら、ビジネスである以上、組織目標達成に向けて、チーム人員の多様性や置かれている状況を考慮しながら、X理論とY理論を使い分けることがマネジメントには求められる。

f-233
2021/03/03
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

状況による、ということを理解しておきたいと思った。いつでもXかYのどちらかということは現実的ではなく、同じ人でも状況によってはどちらにもなりうると思う。大切なのはその時の状況を見た上で、的確に判断をくだすことだとかんじた。
そのことを前提に習得したい知識だと思う。

shima305
2021/03/03
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの欲求、X理論とY理論での分類の説明を受けながら、同僚部下が5人いる今の職場でその5人を分類しながら受講していました。うまくいくのか半信半疑ですが、光明が差した気持ちでいます。伝え方や仕事の進め方の参考にします。

rin77
2021/03/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

後輩を指導するにあたって、部下のやる気だけでは、X軸理論とY軸理論の見極めが難しいと思う。部下がどうしていきたいかコミュニケーションを図りつつ、アウトプット次第で、状況をフレキシブルに変えていく必要があると思った。

ri_tsu
2021/03/03
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

飴と鞭って、よく言えてると思います。人間ほど複雑な生き物はいなくて、XとYの両面から考えなければいけません。
また、今は部下の自主性尊重を標榜しながら、放任主義のマネージャーも少なくないと感じます。

nori5013
2021/03/02
メーカー その他 一般社員

一番良くない管理方法は、XでもYでもなく、日によってXになったりYになったりと、明確になっていない管理ではないでしょうか?

haruminmin
2021/03/02
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

性悪説→X理論→低次の欲求
性善説→Y理論→高次の欲求
であることがわかった。人によって使い分ける必要があると考える。

kenichiro_2021
2021/02/27
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現代社会は、X理論ではなくY理論を前提に部下との接し方を考えていき、仕事の成果を如何にして上げていくかを考えていくことが大切だと感じています。

ichi_02
2021/02/27
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論は、コンプライアンスを担当した際に目にしていた。
X=放っておくと悪いことをする Y=黙っていてもよい行いをする

人事管理にも有効とは改めて理解できた。
これまで部下をもっていたときは完全にY理論であったが、
両方の理論の間のどこにポイントがあるか、一人ひとりをよく把握して
指導・管理していきたいと思った。

rnakax
2021/02/26
メーカー 専門職 部長・ディレクター

性悪説と性善説に似たものでしょうか。自分のスタイルはX理論になるが、部下への指導や管理はX/Y両方組み合わせている。

yasu87049
2021/02/26
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

現代社会においてはX理論ではなく、Y理論でマネジメントをすることが有効と考える。
その一方で部下一人一人の特色を見た上で、X理論で管理すべき部下も出てくる。厳しく管理する中で本人の働きぶりを見ながら、徐々に自主性を高めていけば良いと思う。
特色を見分け、自主性を高めていくことができるかが上司の役目だと思う。

yamatatu
2021/02/26
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自信がない仕事はX理論になってしまうので、そのみきわめがむつかしい。

shunshun0317
2021/02/26
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

新興国などではX理論に基づいた管理が必要なにだと分かった

rumicchi0804
2021/02/26
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

このコースを学習し自分がY理論寄りなのがわかった。X理論が少し時代遅れな気がしたが、おそらく日本の高度成長期にはマッチしていたのだろう。
ただ褒めるとき、叱るときか必要なように、どちらも必要なやり方なのだと思う。バランスなのだろうと思った。

kbysk
2021/02/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

普段同じ立場である同僚と意見が合わず、悩むところもあったがX理論/Y理論で根本的な考え方の違いがあることが分かった。私はY理論のみで業務を進めてきたので、タイミングや相手に応じて使い分けができるスキルを身に着けたい。

yd1992
2021/02/23
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

マクレガーのX理論Y理論を学んだ感想
近年注目されてきたGoogleやNetflixの働き方はまさにY理論に基づくものだろう
社員を拘束するのではなく、自由にさせることによってイノベーションを促進させるものである
しかしながら、日本企業を見た時にはどうだろうか
日本企業は基本的には朝9時からみんなで一緒の場所で働くことが当たり前であるし、なにを行っているか見張っているような会社もあるということである。
X理論の考え方の企業が多いように思われる。
こういった企業に対してできることはなんだろうか。
本来Y理論の方が社員のやる気も上がって成績も上がるのであればそうだろうが、そこには何かもっと根本的な要因が必要だと思われる。
それがなければ、Y理論を行っても、人間がまさにX理論で言われているものであればうまくいかない。
であれば、まずはY理論に移行することができる状況を用意することからだろう。
それはここで説明された、安全欲求や生理的欲求を満たしてあげることもそうだし、承認欲求を満たしてあげることもそうだ
そういった施策をどうやって行っていくのかということからX理論的マネジメントからY理論的なマネジメントへの移行が始まっていくのではないだろうか
さて、もう少し具体的に施策を考えてみる
生理的欲求と安全欲求を満たすという点においては、基本的には今の企業は満たすことができているだろう
であるので、重要な点は承認欲求ということになってくる
一部の人間を満たす方法と全員を満たす方法の2点あるのではないだろうか
一部の人間の場合は、表彰制度やインタビュー雑誌の作成などがあるだろう
全員を満たす場合は、各マネージャーのコミットメントが欠かせない
各マネージャーはメンバーへの重要性を認識させてあげるコミュニケーションをとる必要がある
なにかしら仕事を行った時に、感謝の言葉を伝えたり、能力や期待を伝えたりすることが重要になってくるだろう
このマネージャーのスタイルがX理論の場合はうまくいかないため、強制的に変更するためには、マネージャー層の評価制度としてX理論のコミュニケーションスタイルではなくY理論のコミュニケーションスタイルをとっているかというのを部下に行うことが望ましいと思われる。

mmw_2021
2021/02/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 その他

部活でいうと、すこし前の軍隊的というか
強制的やらせるタイプの指導をX理論
対して、考え方や裁量権を与えて練習内容やタイムスケジュールを考えさせるタイプの指導をY理論とできそう。
最近の子たちはよくわかっているので、こういった考え方を説明したうえで
後者の指導が浸透が良いと考える。

ptw5227
2021/02/22
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

理屈は理解できる。Y理論が望ましいが、そうはいかないのが現実である。メンバーの本質を理解し、X/Y理論を使い分けることが肝要である。

ino_g681268
2021/02/22
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

誰でも心の中にはX理論とY理論論の二つが存在して、そのシチュエーションや感情でどちらかが強く出てしまうのかと思う。指導の際も、X理論とY理論の両方を意識してバランス良く使う事が有効と思う。

naka44
2021/02/21
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下の欲求・教育・モチベーションアップをX理論、Y理論に分けて考えてみたい。

km1213
2021/02/21
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

2つの理論を自分のモチベーションの根拠や、自分の会社に当てはめて考えて見ると、自分自身の求めていることや、会社としての考え方が改めて整理でき面白かった。

nanakorobi
2021/02/21
商社・流通・小売・サービス クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

XかYか、部下の理論がまちまちで、
自分の理論を彼らに柔軟に変化させて方がいいのか、私は「Y」とぶれずに、
周りに理解しれもらえて方がいいのか。
私は「Y」なので、「X」の部下にやはりさぼられて生産性がダウンしてしまうケースが懸念される。

sa1216
2021/02/21
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

確かに大きくはこの理論のように2種に大別できるように思う。しかし最後のコツにあるように、日本社会では基本Y理論のパターンで考えた方が良いように感じた。

toh
2021/02/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

このような考え方をX理論、Y理論ということを知らなかった。また、各上司の管理スタイルは部下によって使い分けているというより、誰に対してもどちらかに強い傾向があると感じた。上司が部下の管理方法を考えるだけではなく、部下が自分の上司がどちらのタイプかを考えることは、コミュニケーションの助けになると思った。(X理論の上司には、細かく進捗を報告してあげたほうが良い、など)

may55
2021/02/20
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論、臨機応変に対応したいと思います。

andoh_m
2021/02/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

基本的にはY理論で動くと思っている。Y理論での比重を高めるよう組織を成長させるのが私の役割である

hk_0321
2021/02/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ふと自分のsubordinateらを思い返すと、本来はX理論で指導されたほうがいいという人員は、Y理論で始動されたいという発言をする傾向があると思った。もう少し砕いて説明すると、「自分は褒められて伸びる」という人員は、実際に褒めると十分に評価されていると思って何も努力しなくなる。

tsuyosh2000
2021/02/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

極端にものの見方を持つことで、思い込みによる決めつけを防ぐのにも活用できるなあと気づきを得た。

sasakiyuusyou
2021/02/16
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分にゆとりが無い時にX理論に落ちやすいように
思うので、ゆとりをもって接する。

jamcat1018
2021/02/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

新人を指導する時はどちらかと言えばX理論に基づいた方法になると思う。Y理論に基づくマネジメントは相手の自主性を重んじているが、ともすれば相手に不干渉主義、放置されてると思われないか?
個々のメンバーの能力や意欲を判断する力が必用と思う。

watata05
2021/02/16
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

私はY理論が好きです。

リーダーシップとして,
個々の個性や,時には状況に応じて柔軟に使い分けることで,
部下の良さを引き出すように取り組みます。

価値観が押し付けになり,
自分と部下でマッチしていない状況が悲惨かと思いますので,
自分を客観視しながら広い心で取り組みます。

ypshi0620
2021/02/16
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

低次と高次の欲求をどの位置で感じているのか見極めるのは、かなりむずかいと思います。いずれにせよコミュニケーション大切さがわかりました。

tomiyoshi
2021/02/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

自分のものの考え方は自分を基準にしているので、他の人の考え方を推し量る際には思い込みをせずに幅広い想定をする必要がある。

kenkenkenken
2021/02/15
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

体系立てて勉強できて参考になりました。

tatsu28
2021/02/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

x.y理論の範囲のどこかに人は位置している。自分は海外で働いているが、それを認識した上でマネジメントに活かしていきたい。yが理想だが部下でxに近いメンバーも多く、それは環境からそうなっていることを認識した。

take11
2021/02/14
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

X理論、Y理論の説明でよくわかりました。
X理論、Y理論という両極端を想定することで、自分がどのような前提を置いて他者と接しているのか。
また、それぞれの人に対してどのように接していくべきか不安があるが、、活用したいと思います。

masayay
2021/02/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

理屈の使い分けが難しそうだと感じました

aiyama1974
2021/02/14
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Yりろんでしごとをしているようで、Xのときもあるとかんじた。

dar_2021
2021/02/14
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

2つに分けるのは極論かもしれないが、このような考え方があるということは踏まえておく。

yamaarashi
2021/02/14
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

性善説(Y理論)と性悪説(X理論)ですね。私は性善説を信じたいのですが会社はリモートを始めてから性悪説(X理論)に向かっているような気がします。

mizmiz0501
2021/02/13
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーに自ら考えて行動してもらうことが求められていることと、自身もメンバーの自主性を重んじて、モチベーションのアッブを計りたいと考えているため、Y理論の考え方で進めていきたい。だが、時と場合によっては、x理論を取入れる必要もあると考えている

ytakahashi10
2021/02/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

考え方はシンプルだけど、頭の中がすっきりした気がします。自分の業務の中で
うまく活用していきたいと思います。

amayuka57
2021/02/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

うちの会社、うちの上司はY理論に基づきやってくれていることに感謝!

yuka-1966
2021/02/12
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 一般社員

ともに業務を行う仲間や部下に対して、相手の仕事の取組み姿勢や考パターン
を理解して業務をすることが、業務を円滑に進めるうえで必要と感じました。
X理論、Y理論の考え方は活用したいと思います。

yuriko_06
2021/02/11
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

管理する側だけでなく、チーム員にもこういう理論があり、目標を達成することを共有することが大事だと思った。

matsui_1127
2021/02/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 部長・ディレクター

低次と高次の欲求で区別することを知り、今までムズムズしていた不満の理由が分かりました。ありがとうございました。

akatsuki_89
2021/02/08
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

部下を育てる上で対極な理論であり、講座ではY理論が優れているような感じで紹介されたが、実際はどちらが優れているでは無く、両方とも上手く使い分ける事で、優れた人材育成が出来ると考えられる。

t_miyamoto
2021/02/08
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論は個人個人に合わせてそれぞれに合わせて使うべきであるが、自分自身が対象者をしっか見極めることが非常に重要であることを理解した。

shiro4640
2021/02/07
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーの個々のモチベーションがxとYに分かれるため
見極めていきたい。
マズローの5大欲求がここに関係するのが理解できた。

newone
2021/02/07
メーカー 販売・サービス・事務 その他

個人とグループの目指し方、プロジェクト構成をかんがえる際に応用できる。

saggi
2021/02/07
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

x理論・Y理論がマズローの欲求五段階からきているとは知らず、今回の勉強で始めて知り大変勉強になった。

日本は昔、会社が人を選べる時代だったが、今は人が会社を選ぶ時代になっている。なので日本はXよりY理論の需要が高いんじゃないかと考える。
ただ人によってはX理論で接しないといけない人もいる。それでもついてこれないひとはほかの企業で仕事したほうが良いと思う。

t-m-h
2021/02/07
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

今後の部下への接し方で一つの指標として活用をしていきた。部下一人一人をおおまかにXかYで分けて目標設定させていきたい。

yuji34
2021/02/06
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

なんとなく感じていたことが理論として明確に定義されました。現職の部署はメンバーが非常にスキルが高いためこの講義でいうところのÝ理論を中心としてましたが、進捗、成果を見ると物足りないことがあり、X理論に基づいた管理を遠慮してしまったことが私の実務にも出ていたと気付きを頂きました。

subalist
2021/02/06
コンサルティング・専門サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

会社へのエンゲージメントが高い人、低い人、能力の高低などにより対応を分ける必要がある。人を白黒単純に分けることは難しいかもしれないが、人物の見方・捉え方という意味で使える知識だと感じた。
他人を”なぜそんな考え方をするのか”と感じることがあるが、理解の一助となると思う。

tetsu0131
2021/02/05
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

X理論に基づく管理を行なっている自分に気がつくことができました。Y理論での考え方やアプローチができるようになればもっと部下に寄り添える上司になれると思いました。

tamaki-hirota
2021/02/04
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

自分やチームメイト部下などを励ます際に活かしていきたい

kenko-1122
2021/02/04
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

X理論・Y理論がマズローの欲求5段階説を踏まえたもので、低次元の欲求が満たされた状態ではY理論に立って動機付けを行うことが有効だと言う点は参考になった。これは階層別の勤務管理、人事評価に活用できると考える。

km93
2021/02/04
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

X理論、Y理論は個性の複雑化した組織では使い分け見極めが難しく、これこそがマネージメントのポイントであると思いました。ただ、目標提示とその結果の承認・賞賛は個人のモチベーションアップに必要不可欠だと思う。

memechan
2021/02/03
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 一般社員

上司が、X理論派かY理論派で、部下のモチベーションは大きく変わる

kawabatamasaatu
2021/02/03
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X,Yなど符号でよぶと、どっちがどっちだかわからなくなるので、「性悪説」・「性善説」 ないしは、「性怠説」・「性勤説」などなまえをつけるほうがよい。

hrk2008
2021/02/02
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人はメンタルな生き物
その時の環境、感情、いろんなものに左右され変化する。
X理論もY理論も正しいと感じる。
指導、支配的に感じるX理論も、道に迷う状態ではありがたいが、
進むべき道が見えていると感じている時には煩わしく感じる。
逆に、自分を信用信頼して仕事を任せてくれているんだと感じるY理論も
見方を変えれば、放任・放置とも取れる。相手の立場や状況によっても
適していると感じる理論は違う。
人をよく見て、感じる力も蓄えていかないとこの理論武装は成り立たない。
相手次第は難しい。

kkensu01
2021/02/02
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論をベースに部下の相談に答えていき、自主的に仕事を組み立てる手助けをしたい。

ga_0608
2021/02/01
メーカー クリエイティブ 一般社員

X理論・Y理論というのをはじめて知った。マズローの欲求など様々な人に接する時対応したいと思った。

taibaron
2021/01/31
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

会社の所属部署はX理論中心に物事を進めていた結果、リモートワークになった際、生産性について懐疑的となり、結局リモートワークを機能しないと判断し、毎日出社となった。
一方で他部ではY理論を中心に進めていた結果、効率的に業務を進められてほか、満足度も上がっている模様。
このことからのY理論が有効なことを実感する。

mirai12
2021/01/31
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

部下全員をY理論で導くのは難しいなぁ。

h_kasuga
2021/01/31
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論が大切だとわかりますが、まだ信じきれない部分もあります。研修にもあるように、一人ひとり考え方や思いは大きく違いますからね。

funaki_09087
2021/01/31
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論でマネージメントする手段として定期的な面談で、こまめに進捗や仕事への態度を見極める必要がある。

私の上司がX理論で、私はチーム員に対してY理論で接したい場合、私はこまめにチーム員の状況を把握し上司が求める成果を私とチーム員が常に発揮出来ている状態になっていることが理想。

soshi0827
2021/01/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論2割Y理論8割。

ukiyuki
2021/01/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 一般社員

チームメンバーに、ひとりでは仕事ができない人がいます。いわゆるX側の人であると認識できました。一方、ひとりでやるものの、判断ができないメンバーもいます。Y側であるものの責任は取りたくない!となります。まさに研修内容のとおりです。チームリーダーになったばかりのような方にお勧めの内容です。

pomepoku
2021/01/29
金融・不動産・建設 その他 部長・ディレクター

現在もY理論に則ったマネジメントをしているが、仕事の期限や品質を担保しつつも社員の自主性を高める具体的な手法が知りたい。

keichiro529
2021/01/28
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

後輩がミスした場合の相談時に利用することが考えられる。
後輩の仕事の手法等を詳細に聞いて・検証し、モチベーションの維持と業務遂行の改善に向けてアドバイスする際に、x理論・y理論両方の観点から考える気づきがありました

suzuki2466
2021/01/28
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人に合わせて指導アドレスを行うべきである

ayarin
2021/01/27
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

むずかしい

kero4
2021/01/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 部長・ディレクター

自分に当てはめると、X理論な自分、Y理論な自分が混在している。ハイブリッドなマネジメントが望ましいのか、Y理論にウェイトを置いた方がマネジメントがうまくワークするのか、部下毎に方法を変えた方がよいのか良くわからい。

porphy
2021/01/27
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

まさにテレワーク導入時にこの議論になりました。Xの人はX、Yの人はYは出勤でもテレワークでも変わらないと考えています。

kfujimu_0630
2021/01/27
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論という定義は初めて知ったが、仕事に対する性善説と性悪説のようなものだと分かった。講義にもあった通り、人によって違うと思うので、マネジメントサイドからすると、各メンバーの特性を見極め、個別にリーディング、マネジメントすることが重要だと思った。

maru10
2021/01/26
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

正直X理論のマネージメントスタイルは全くぴんと来ない。

tomo1418
2021/01/26
商社・流通・小売・サービス マーケティング 部長・ディレクター

先ずはY理論の前提に立ち、部下の目標管理にあたる。
しかし状況に応じてX理論を用いることも念頭におきたい。

ko_228440
2021/01/26
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自らの経験からすると、上司はX理論のひとが多かったように思う。
Y理論の方がやる気は出ると思うが、ノルマがあった方がいいという人もいるので、そのあたりの見極めが難しい

takeyu
2021/01/26
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論の活用はメンバーによっても異なると思います。ただし、リーダーとしてチームの和を考えると、どちらのかのスタイルにすべきと考えました。

pnda
2021/01/26
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論、Y理論はそれぞれ性悪説、性善説に基づいた考え方であると感じた。
両者自身の中に存在することを意識しつつ、Y理論を用いて他者を鼓舞することを改めて徹底していきたい。

tabe_k
2021/01/24
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

職場においても、勤勉な従業員、サボりがちな従業員がいる。まずは全員勤勉であるとして接していたが、サボりがちな従業員にはこれでは対応できないと判断し、細かくハードルを設定し、対応していたが、X理論・Y理論の解説を聞いて、今までやってきたことはあながち間違ってはいなかったのだなと安心しました。

garu0216
2021/01/24
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論の使い分けが必要になると思いました。
個人的には、Y理論でいきたいが実際はそういかないこともあります。
自主性のないスタッフにY理論はハードルが高いように感じています。
まずは、働きぶりを認める。そして自主性を引き出せることが出来たら理想的。
様々なタイプの人がいるので、X理論が適している人もいると思っています。

hiro0222
2021/01/22
金融・不動産・建設 その他 その他

X理論が当てはまる人と、Y理論が当てはまる人、それぞれに見合った提案ができるよう、努力しようと考えました。

ysaito0123
2021/01/22
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

X/Y理論の両極端になるのではなく、どこかの範囲に人は属していると考え、柔軟に対応したい。

seiji82
2021/01/22
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論は身近にあり理解できるが、ほったらかしになっているのをY理論と勘違いしている人もいるように感じる。
X理論は学生の頃アルバイト先ではあったよう気がする。

kikuoka2459
2021/01/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下の性格によって使い分けが必要だと思います。

hiro_1234_
2021/01/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

マズローの5段階欲求を低次と高次に分けたというのは覚えやすい説明でした。実務上はX理論をベースに管理する、又はされる事が多いように感じますがあ、Y理論に基づく動機付けをなるべく取り入れていきたいと思いました。

okanoman
2021/01/20
金融・不動産・建設 営業 一般社員

社員それぞれの個性に合わせてX理論・Y理論を使い分ける必要があると思います。
そのためには、それぞれとしっかりコミュニケーションを取って、理解していく必要があると思います。

kinta37
2021/01/20
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

コロナ禍の現在、在宅勤務が週の半分を占める中、X理論とY理論が絶え間なく葛藤するし、理性でコントロールをしています。週次、月次でのスケジュール管理が重要で、日頃の管理の目がない分、自身の目的・目標を明確にした業務への取り組みが重要になると考えます。

ono-mstk
2021/01/19
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 経営者・役員

X理論が前時代的、Y理論が現代的と言われる根拠を学び、Y理論を採用する際のスタッフからの何故?に応えることができる

miya1974
2021/01/19
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論を押し付けられる経験をしてきたが Y理論で指導が必要だと感じた。

gaming-1
2021/01/18
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論が、今の時代に適合しているのかなと思いました。部下の自主性を重んじながらも、指導やアドバイスはする必要はあるかなと思います。

kuroda164
2021/01/18
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

部下のスキルを良く把握し、コミュニケーションを取って具体な内容と期限を指示し興味を持って仕事ができる環境をつくる。

shigezo-rush
2021/01/18
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論は、性悪説と性善説に似た思想を感じました。

mitsuhiro-lucky
2021/01/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

・理論名は初めて聞きました。内容は知っていました。

hideyamasan
2021/01/16
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

信頼関係が無ければ組織運営は困難となるため、X理論には抵抗感がある。但し、0,100ではなく「信じて疑え」の考え方でバランスを保つことが重要と思いました。

naoto_87
2021/01/16
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

普段、コミュニケーションをとる中でx理論かy理論どちらにその人が近い性質を持っているかを判断し、その人に合わせたマネジメントをすることが大事だと思った。

fuutama
2021/01/14
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

色々なタイプの仲間とどう接していくか考えさせられました。X理論で接しられ続けるとモチベーションが下ると思われますが、Y理論で成果が上がらなければ仕方ないし悩む所ですね。

kuni-kobayashi
2021/01/14
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

まずは、自分がXよりなのか?Yよりなのか?
理解しなければならない。

muneo4038
2021/01/14
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

今まではY理論としながらも傍にいたので業務の進捗状況が見えていたが昨今の状況ではリモートワークがメインとなっているのでX理論の明確なノルマも必要と感じます。X理論とY理論を状況で使い分けたい。

moocaster
2021/01/13
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論について勉強したことで今後の仕事に非常に役に立ちそうです。性善説と性悪説の考え方しか知らなかったです。今、悩んでいるのはX理論の社長とY理論のNo2がいること。X理論では会社が成長しないのもこの講義を通しても勉強になりました。。。どうすれば!!、、、、

tsukasa_2367
2021/01/13
金融・不動産・建設 その他 一般社員

現実には、X理論の人間が多いと思う。以前Y理論の上司の下で働いた経験がありますが、とても仕事はやりやすかったです。テレワークが増えている今、X理論で部下を管理しにくくなっていると思うので、これからは、Y理論が主体になっていくのでは、と思います。それには、上司と部下の信頼関係がなければ、難しいでしょうから、日頃からお互い積極的なコミュニケーションをとって、お互いをよく理解しあうことが大切だと思います。

bjc0600
2021/01/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

立場が安泰になったり、向上心を失うと、自主性ではコントロールできなくなる。そういう人にも活躍してもらうためにはどうしたらよいのだろう。

sirena
2021/01/12
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

上職者は緊急事態宣言が発令されてもリモートワークには消極的なのはX理論に基づいて私たちを見ているということが分かったので、リモートワークに積極的になってもらうには、出社せずとも効率的に仕事ができているという結果を出すことが必要だと思った。

tsuyoshi-n
2021/01/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

どちらを主体的にマネジメントに使うにしても、良く相手を見ることが大変重要と感じます。相手に応じて適切なアドバイスができるようX,Yを意識していきたいと思います。

shizuku_7
2021/01/11
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

日本は比較的Y理論での対応が多いように感じるが、若い世代はX理論が増えている印象。今外国駐在中で、マネージャーをしているがX理論が多く、駐在から戻ったときに役立ちそう。

shimo_san
2021/01/10
コンサルティング・専門サービス コンサルタント その他

X理論の信賞必罰は必要かもしれないが、それだけでは人は動かない。Y理論の行動を信じ、自己欲求を満たしてあげるよう計画をすべき。

yoyogi405
2021/01/10
金融・不動産・建設 その他 一般社員

リーダーによって管理手法が違うことは確かにありますが、ビジョンを共有し仕事の意義を理解sしたうえで対応することが大事だと思います。

kenji1
2021/01/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

常にどちらかという単純ではないと思いますが、判断材料として活用できる理論だと思います。

hirorin-y
2021/01/08
金融・不動産・建設 経理・財務 一般社員

マズローの欲求の5段階はとてもわかりやすかった。

takakura
2021/01/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

業績が悪い会社ほどX理論に走る傾向があるように感じる。X理論であっても伝え方、進め方が重要である。

shinkaji
2021/01/07
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

従来の通常勤務の環境下ではY理論をベースとした考え方で問題ない思うが、リモートワークが主流となる場合には、Ⅹ理論も取り入れていく必要があると思いました。

tarou_275
2021/01/07
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論の両輪が大切だと感じた。
どちらか1つに偏らないようにしていきたい

tamitami
2021/01/07
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

日頃、どうしたら相手のヒントになる事をアドバイスできるか考えながら相談には答える様にしているが、更にモチベーションが上がる方法を念頭において話すよう、努めようと思った。

yasushi_0724
2021/01/06
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論のどちらに分類されるのか判断するのが難しいケースがありますが、Y理論の考え方で接する方がモチベーションが上がりやすい(褒めて伸ばす)傾向にあるように感じます。部下それぞれの仕事ぶりや、対話の中で現れる本音を引き出しながら、X理論・Y理論のどちらに該当するのかを考え、都度仕事の与え方を変えていこうと思います。

masaru-20
2021/01/06
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

性善説と性悪説と、個人の欲求のレベルと紐つけてるのが言われてみるとその通りと思った

rinacheetos
2021/01/06
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 一般社員

元上司(女性30代前半)が自分のお気に入りのメンバーは自主性に任せ、気に入らないメンバーにはノルマを課していた。この違いをX理論、Y理論に当てはめることができるが、チーム内で明らかに違う指導、管理を行うと不平等が生じ、モチベーション管理どころかモチベーションの低下を招くことになるため、モチベーション管理を行う上では慎重に行い、同じようにマネジメント管理をしている同期などに意見を求め、気づきを得ることが大事だと感じた。
このカリュキュラムを通じて不平等なチーム管理が少しでも減る気づきになれば、と願う。

nori_33
2021/01/06
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

仕事の効率を高めるためには、ペナルティーを科して仕事をさせるより、責任を与えて仕事をしてもらう方いいとおもいます。
X理論とY理論とで説明を聞いて、とても分かりやすかったです。

tctheloser
2021/01/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

どちらかといえばY理論に近い考え方で指導してきたが、全員にそれでは部下の成長につながらないのかと感じた。自ら考え行動できるようになってほしいがそのために時にきっちりX理論のように管理していく必要があると感じた

satoshi-125
2021/01/06
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

X理論・Y理論は、部下だけではなく、じぶん自身にもあてはまることで、
自分自身を見直す必要がある

yoshi__o
2021/01/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

動機づけをするにあたり、参考になりました。

shino0414
2021/01/05
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

部下や若手に対する教育・指導において、Y理論を前提に面談などを通してその人に会った目標を設定し達成感を与え、やりがいを持たせていきたい。

mhattori0206
2021/01/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

部下に対して「厳しく」したり、「褒める」ことを使い分けてきましたが、改めて意義、意味が理解できました。

kota06
2021/01/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

各メンバの性格やスタイルはある程度把握していると思っていますが、
もう少し踏み込んで理解を深めて、適度なマネジメントができるようにしたいと思います。

masa1116
2021/01/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

発生事象に対し2つのものの見方をする事の重要性を理解しました。

kazuya_0131
2021/01/04
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

上司の立場としては部下の性格も見極めながら、X理論とY理論の双方を上手く考慮しながら指導する必要があるのではないかと感じた。

junyu
2021/01/04
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

部署の若手社員に指導したり質問に答える際に参考になりました。
昔は上司からX理論的に指導されることもありましたが、現在ではパワハラに値すると思います。萎縮しないよう、諦めず前向きに取り組めるよう指導していくことが大事だと思いました。

tomisan0164
2021/01/04
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

普段の仕事はY理論に則り進めているが、時に自分勝手な行動をとる者もいる。一概にその者だけとは言わないが、和を乱す者にはX理論で指導することも必要ではないかと考えます

akiyama822
2021/01/04
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

後輩が新しい業務に取り組む際に,Y理論を根底において接したいと思う

kodama77
2021/01/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 その他

人間なんだからたまには、ちょっとサボるときもあるだろう、ということも頭に入れつつ基本的には自主性に任せるY理論を積極的に取り入れようと思います。

take_2z
2021/01/03
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 部長・ディレクター

部下のタイプをX理論、Y理論の両極端の範囲内でどこにプロットされるかを見極めてその人のタイプに応じたマネジメントが必要だということをは目からウロコだった。

zummy_0617
2021/01/03
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

x理論 ・意欲にやる気の出ない人
    ・能力が上がらない人
    ・人に言われなければ動かない人
Y理論 ・自発的に行動する人
    ・自己実現をしたい人
    ・志を持つ人
互いに対立するものではなく周囲の状況に使い分けて見極めることが大事だと
分かりました。

ken1962
2021/01/01
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

物の見方、人の見方を多角的に見て分析し、判断する事に役立つ

takeshi_nobi
2021/01/01
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

X理論での管理はしたくないが、メンバーによってはこの管理が必要になることも頭に入れておく。
Y理論での管理においても、メンバーによってアドバイスも変わってくると思うので、難しそうである。

shimokie
2020/12/31
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身のマネジメントはX理論に偏ってた事に気づかされましんた。
現代社会おいては、Y理論の方が組織を動かす上で有効であり、2つの理論を
どう使い分けていくかが重要だと認識しました。

apple_na
2020/12/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論、Y理論について初めて学びました。メンバーに合わせ使い分ける事が大切だと思いました。

daikiyamada
2020/12/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 経営者・役員

二つの理論に基づいてアドバイスするのは難しいと感じた。X理論では管理と命令を主軸に、Y理論では自主性を軸にアドバイスをしていきたい。管理命令=高圧的という訳でもないのを念頭に置きたい。

bisyouenn
2020/12/30
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

XとYで対立する考え方でマネジメントスタイルも対立するものと認識していた。マズローの欲求の段階に合わせることにより、最初はXで接しある程度欲求がみたされたタイミングでYにシフトしていく事が必要と学んだ。ただ、現実社会としては過剰なXはモチベーションを下げる結果となるため調整が必要。部下育成の参考にしていきます。

nakaha1772
2020/12/28
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

私自身はX理論よりの指導をしていたと気づいた。部下、後輩の考え方、会社の方針に合わせて、X理論より、Y理論よりの指導ができることが望ましいと思った。

t-okada1110
2020/12/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

部下への指導に役立てていく、特にY理論をもとに個々人を認めて管理していくことを実現していく。

masamitamanegi
2020/12/27
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

メンバーの状況に応じてX理論、Y理論を使い分けていきたい

masaru18
2020/12/27
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

職種、ユーザーとの関係度によって、また。個々の仕事に対する考え方によっても管理の方法も変わってくると思う。xもyも必要だと思う。

yutaro39
2020/12/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の会社が上司によりなぜ真逆な考え方をしているのか疑問だったが、
理由が分かった。
性善説・性悪説に似ていると思った。
部下に対して一元的な見方をせず、部下の特性に合わせてXとYの使い分けを
していきたい。

yumi0310
2020/12/25
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論、よく分かりました。
私は部下の自主性を尊重したいと思います。

fujifuji_2020
2020/12/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

理論は理解できるが、1人の人間の中にもX理論、Y理論どちらの要素もあり、時と場合で変わるのでそのまま実践する事は難しい。
だだ、うまくチームで仕事を進めるには個人の特性、志向にあった関わり方が必要である。
基本的には任せつつ、ポイントを押さえて関わることが良い。

upin39
2020/12/24
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

X理論で部下コントロールするのは時代に合わないと感じる。
部下に仕事中は適度な緊張感を持ってもらいつつ、Y理論でモチベーションを上げて実績を上げて行けるように活用したい。

akio_1969
2020/12/24
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

部下を押さえつけるのではなく、前向きに動機づけして行くことが大事だと思います。

peki_1113
2020/12/24
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

なかなかx理論の人に、サボっているんじゃないの?次のノルマに加算するよなど、言える気がしない。

s_g
2020/12/23
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

目標を設定し、ある程度自主性に任せ、途中経過など確認、ホローして、結果を出させて、評価する。

xiang_97
2020/12/23
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

部下の自主性を大切にしつつ、何か困ったことが起きた時には、安心して対応できるように、責任と覚悟をもった姿勢で臨みたい。

honmat1
2020/12/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

自分を戒めるにはX理論、他人を伸ばすにはY理論なんだなと理解しました。

tedsan777
2020/12/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

最近の人事制度の改革など、このような考え方から生まれているのだと改めて考えさせられた。

yasuyashi1969
2020/12/22
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

仕事を任せる時に、内容・期限等を加味してX理論・Y理論をつかいわけないけない。痛感しました。

koji_xyz
2020/12/21
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下からの報告や相談を受けた際、どちらの理論で対応すべきか考えようと思います。
マズローのどの段階まで満たされているかを見分けることでX Yの対応を変えることが参考になりました。

gkentanabe
2020/12/21
メーカー その他 一般社員

X理論を前提に話をするのと、Y理論を前提に話をするのでは、全く違う結論が導かれることが分かった。現代の日本では、物質的に恵まれている環境が多いため、Y理論を前提に話をする方が良い場合が多いこともわかった。一方、X理論を前提に話をする人と接するときは、その人が間違っていると考えるのではなく、どうしてその人がX理論を元に考えるのかという背景が分かると、人への理解が進むと感じた。

teruki_1968
2020/12/21
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

現代社会では、Y理論に基づく考え方が望ましいことを認識しました。
但し、X理論で接しないとならないタイプもいます笑

kuro_
2020/12/21
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

性悪説と性善説。
どちらかにはっきり分類できないのが人間ですから、個々の人の性向を読み取り対応していきたいと思います。また、自分もその“読み取る余裕”を持てるようになりたいと思います。

syscom
2020/12/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分の普段の業務への動機づけはX理論、Y理論混在していると感じます。
また、職場のメンバーに対してもX理論の考え方で接しなければ全体として回らない人もいます。

atsuo3254
2020/12/20
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 部長・ディレクター

X理論での方針を考えていない場合が多かったが、今後はX理論も必要な場合は検討する。

keikasa
2020/12/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 部長・ディレクター

性善説性悪説が元になっているのでしょうね 確かに興味深い

ishida_m
2020/12/20
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

心理的に常にx、yというわけではないと思うので、その時々で対応を変化させる必要があると思いました。
そのためには、日頃からのコミュニケーションが重要だと感じました。

yatian
2020/12/19
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

2つのアプローチのどちらかに近いかは人それぞれの考え方dが、本人がより自発的にいきいき働くことにつながるY理論の方が高い生産性や新たな価値を生み出す可能性が高く、またそもそも「楽しい」ので、Y理論を自社の風土に根付かせていきたい。

ym3273
2020/12/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を活用して部下に接していきたい

kita2021
2020/12/18
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

マネジャーは人の性格を見抜く力が一番重要と思います

tomopo
2020/12/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーに応じて使い分けることは有効だとは思うが、一方で差別と思われないよう留意する必要があると思いました。

buchi0
2020/12/18
メーカー マーケティング 一般社員

Yに属する人を増やすのも管理職、リーダーの仕事なのですね。
Xの人を置いていくという事ではなく、それぞれに合った対応をする

t-szk_rj
2020/12/17
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

私自身はY理論のマネジメントを行う人間ではあるが、メンバーによってはX理論を用いて指導をしなければならない場合も出てくると実感している。
それぞれ、目指すゴール・ありたい姿・パーパスを共有しておくことが重要と考えてます。

hiraiwa_isd
2020/12/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

実際に指導するとき、X理論とY理論のどちらを選択するかを悩んでしまう。
理論をもとに経験あるのみか?

miyuki0024
2020/12/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

どちらかというとY理論の考え方である。
個人のモチベーションの観点からもY理論を進めていくようにしたい。

bombom0106
2020/12/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

部下の欲求とマネジメントは一定的ではないので、常に何を望んで行動しているのかを確認しながらマネジメントしていくことが重要ではあると思います。ただ、欲求がすべて会社組織としてみた場合に有用な欲求ではないこともあるので、それらを分かったうえで接していかないといけないと思います。

kusuke
2020/12/13
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

部下な人間性によって、xとYを使い上手く
使い分けた指導を行なっていく

kazuiku
2020/12/12
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

自身はY理論が中心である。が、やる気がない、もしくは能力が足りていない状態にはX理論での対処をしている気がする。

tetsuya-white-x
2020/12/12
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

職場の人間は何に価値を見出しているのか?
メンバーのやる気を高める為には何が必要か?個人毎に見極めながら対応が必要だと思った。

yuta320
2020/12/12
商社・流通・小売・サービス 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

他のマネージャーの思考動き方を両理論に当てはめて俯瞰してみてみる。
マネジメント層での考え方の違いが明確になった為、それらをまとめる時の指標となる。

keiko_biz
2020/12/12
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 一般社員

私は、管理と罰でしか動かないと思えるような人にこそ、Y理論を実践していこうと思いました。自分自身の経験から、精神的安全性、承認、傾聴、自己肯定感の醸成など、環境を整えてあげることで、人は変われると信じています。なにより、Y理論で働いていると楽しいです。内から出てくる感情や情熱と失敗から学ぶ成功事例の積み重ねで成長機会を与えられるようになりたいです。

hiro0605
2020/12/11
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

今回は復習だった、よい学びだった

a2000040b
2020/12/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論で考えられるような状態に陥らないようにするため、相手に対して自分がどのような態度をとれば、Y理論を前提とした対応にできるかを自問自答することで、ポジティブな環境を作れそうだと感じた。

yuku39
2020/12/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

相手によって、マネジメントをかえる必達があることがわかった

kenny1117
2020/12/10
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

業務で活用する場合は、職場にはX理論、Y理論の考え方両方の人がいることを前提に一人一人の考え方のクセがあることを認識しておく。
上司からみてX理論タイプの人には、明確に管理型のマネジメントをしていくことに気をつける。
上司からみてY理論タイプの人には、自主性を重んじて、信頼して任せてみることが大切である。

tada05
2020/12/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論を意識しコミュニケーションを実践する

dtanaka
2020/12/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

たまに「この人はなぜここまで厳しいのか。。」と思うこともあったりしてその人自体に疑問を持つこともあるけど、XY理論的に「この人はX理論強い人やな」と分析することで、冷静に会話・議論ができるかも。

eni-moh
2020/12/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

各々のメンバーで個人欲求が個性が異なるのは当然であり、マネジメントも各々に沿った対応が必要だと認識しました。

daddyveroo
2020/12/07
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

生活のために仕事をしている比較的給料の低い工員にはX理論からのアプローチを、仕事と会社での自分の役割をよく理解し、自分自身も会社も良くしていきたいと考える中堅以上の社員には、Y理論からのアプローチで人事施策を考えていきたい。

kawamoto5727
2020/12/07
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

X理論がフィットする部下,Y理論がフィットする部下,それぞれいると思うが判断は容易でない。双方織り交ぜることに心をくだくことが大事と感じた。

nico_0000
2020/12/07
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 部長・ディレクター

X/Y理論についてよく理解できた。自分のマネジメントスタイルはどちらかというとX理論の傾向が強いが、現代社会ではY理論を勧めるというところには非常に納得できた。単純に課員の印象がいいのはY理論を念頭に置いたマネジメントであると思われるため、今後は本人のやりたいことや能力開発に関する目標を設定してみたいと思う。

masarusan_
2020/12/07
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

部下の管理に際して、X理論・Y理論を頭の片隅において指導や指示を行うことは有効であると感じた。
しかし、そのためには部下1人ひとりの特性や性格をきちんと把握しておくことが重要である。

a2k
2020/12/07
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

上司がどのタイプか把握して、対応したい。本来、上司が部下に対して考えるべきとは思うが、上司が知らなければ、振り回されるばかりになるため。

krankenhaus
2020/12/06
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

リーダーシップはSL理論ばかりに目が行きがち。
いざ、XかYか、と聞かれると多分Yのほうが現代社会や若年層にはあっているのだと思う。

ただ、人事考課は基本はX理論に傾倒しているものと認識している

tomo1007
2020/12/06
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

マネジメントスタイルの取り方を
見方、状況に応じ変える必要あり

tanaka_80259
2020/12/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

上司によってアドバイスの方向性が違うことがあり、その違いがX理論・Y理論の考え方から来るものであることが理解できた。

naru-sun
2020/12/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

個人よって使い分けることが大事だと思った。
ただY理論の人にもスケジュールの状況によっては、きちんと管理していく必要があると思う。
人と状況をみていくことが大切

ane3
2020/12/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論をベースにマネジメントしていきたいと考えているが、メンバーによっては組織の方針と個人の目標をすり合わせることが難しく、自主性に任せると組織目標とは違う方向に進んでいってしまう場合がある。この課題解消のためには、より濃密なコミュニケーションが必要だと感じている。

sugasyo
2020/12/05
メーカー 営業 一般社員

後輩や部下を持ったときに接し方やコーチングの仕方の参考になりました。闇雲に管理をして仕事をさせても部下の能力は上がらないし周りはついてこないと思います。

tetsuya-w
2020/12/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

部下へ指導する際の伝え方、表現の仕方の参考にする。

kaede-1118
2020/12/03
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

実際に自分自身が管理職の立場になったら、Y理論で部下のモチベーションアップを図るだろうと思った。ただ、甘やかすだけではなく、本人の自主性を尊重しつつもしっかりと進捗状況を監督して適切なタイミングでアドバイスを与えていきたいと思った。

keiryo
2020/12/02
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

この理論を初めて知りましたが、シンプルで分かり易いです。低次の欲求を満たされているであろう人財には、Y理論を前提に接する等、実践もしやすいですね。

yamada_bxd
2020/12/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

低次の欲求は、経験の少ないメンバーが近いと思います。
そのため、一人前になるまではX理論、1人前になったらY理論で育成していくことが効果的と思えました

koba_0509
2020/12/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身がどちらの理論に当てはまるのか理解できた。
今後、この内容を意識してメンバーに関わる

konilailai
2020/12/02
金融・不動産・建設 マーケティング 一般社員

リモートワークが増えたからこそ、個人への動機づけや適切な業務の割り振り、フォローアップの場が必要

naoki08270211
2020/12/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

sagace
2020/12/01
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

部下の傾向をしっかりつかむことが大事

fuji_atsu
2020/11/30
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論-Y理論、古い人間はX理論であろう。動画にもあったように近年ではY理論の方がいいのだろうが、それに甘える人間もいるのは確かである。見極めの能力が必要になってくると考える。

kinoshita813
2020/11/30
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論、理解していても、使い分ける難しさを感じています

yosh1386
2020/11/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論は、マズローの欲求5段階説と関わるもので、現代日本を例にとれば、Y理論が当てはまる可能性が高いというのは、個人差はあると思いつつもなるほどと感じた。

m-hirose
2020/11/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分の会社が、Y理論にかなり傾いた人事設計をした、ということがよく分かった。実際、エンパワメントという観点からも、X理論よりもY理論に重きをおいたモチベーション設計とした方が、有効だと思われる。

aguro1185
2020/11/29
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

チームメンバの状態をポジショニングすることで、対応策を考える契機になると感じました。個々の違いを意識したマネジメントを行ってみます。

dut_077
2020/11/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人は誰しもが、X理論とY理論のどちらの思考も持ち合わせていると思うので、部下が継続的に成果を上げていくため、ある行動に対するフィードバックに対して、ペナルティがあることと自己成長ができることは相反することではないと思う。どちらも制度的としては用意されておくべきであり、個々人の資質(X理論よりかY理論よりか)に応じてコミュニケーションの取り方、伝え方を考えるべきだと思いました。

katsu_c
2020/11/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

完全な人間はいないが、時には人に厳しくなるので、人間の本質を理解した上で、仕事を行っていきたいと思います。

tanakasatoru
2020/11/27
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

新人や若手にも、しっかりと目標設定をする事で、仕事へのモチベーションにつながると理解したので、今後の仕事を指示する際に活用していきたい。

kokura_syoto
2020/11/26
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

一人ひとりの特性や状況に合った指導方法をとることで効果が発揮できる(逆効果にもなる)ことが分かった。部下の指導方法に取り入れたい。

yasuzawa0617
2020/11/25
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーに指示出す時や、メンバーの仕事に対するモチベーションを上げる時などに活用してみようと思う

takaonaito
2020/11/25
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

他者の指向を判断するのは自分の指向を基準にしがちであるので
こういった理論を参考にするのは管理に役立つと思いました。

yankasu7
2020/11/24
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論どちらかに確実に分類できる、という前提に立たないことがまず重要で、メンバー、組織、Pjtなど様々な場面、で使い分けることが必要だな、と感じた。

kenny0620
2020/11/22
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

初めて知った。

akikooh_1102
2020/11/22
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

チームをまとめるために、Y理論をもってモチベーションを上げて業務実施することを念頭に、必要に応じて、適宜、管理していくことができたらいいと思いました。

tomita56
2020/11/22
コンサルティング・専門サービス 営業 部長・ディレクター

複数の部下の中にはX理論側もいるが大半はY理論で大丈夫。恵まれているのかもしれない。メンバーの指導方法のさんこうになった。

an_an
2020/11/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論で管理を行う場合でもY理論の心を持つ管理者であることが重要と感じた。

nao-39
2020/11/21
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

自分のもともとのマネジメントスタイル(または性格)がX理論寄りかY理論寄りかということを理解することも大事であり、部下によってX理論寄りの指導がよいかY理論寄りの指導がよいかを理解することも大事、ということを理解した。

nishi1216
2020/11/20
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

部下への指導方法へ、今後活かします

m_hane_sora
2020/11/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 一般社員

X理論とY理論を人によって・状況によって使い分けるべきなのは理解できる。でも同じチームの中で、ペナルティを与えられる人とそうでない人がいるという状況は、不公平感を与えてしまって、チームの雰囲気に影響がありそうで怖い。

hiroieda
2020/11/19
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

当たり前のようで、この当たり前の考えに基づいて、メンバーとのコミュニケーションがとれていない。

tutamoma222
2020/11/17
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

対象者や、対象者のコンディションによって柔軟な対応が必要であることを学んだとともに、マネジメント層だけでなく、マネジメントされる側もXY理論に関して理解する必要があると思いました。
意欲・能力の高い社員甲に対しY理論にもとづくマネジメントをし、意欲・能力があと一歩の社員乙に対しX理論にもとづくマネジメントをした場合、乙が甲を見て「えこひいきだ」などと勘違いをし、ますます意欲を低下させる恐れがありそうだからです。

akira1975
2020/11/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

大方の。一定以上の自主性がある部下に対しては、承認欲求を刺激するなど褒め方を工夫し、さらに前向きに目標達成に取り組めるように後押しする。

miya51344
2020/11/16
メーカー 営業 一般社員

自身の中で考えてもX理論、Y理論双方成り立つため、
メンバーがどちらよりの人間なのか見極めることが必要だと感じた。

ton09
2020/11/15
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

例えば自チームにX理論とY理論それぞれの特徴を持つメンバーがいたとして、マネージャー・上司が示すべきマネジメント方針はどうあるべきか。人によってマネジメントを変える、で正しいのかが気になった。

tf1004
2020/11/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

私はX理論で部下対応をしてました。部下は監視されて、上司のいいなりの仕事しかしないので、言ったことしかやらない人間になるんだなと思いました。Y理論であれば、部下が積極的になり、自ら考え行動する事が増えるような気がします。これからやってみようと思います。

hiroyuki050313
2020/11/14
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X,Y理論をもとに、メンバーごとの特性に応じてマネジメント手法を変化させることで成果が上がる組織をつくる。

tomo-takamatsu
2020/11/14
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

個人の特性を考え使い分けが必要だと思う

akira_oki
2020/11/12
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ありがとうございました。

m_kato_1977
2020/11/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

マズローの欲求5段階説とXY理論が、欲求の段階に応じ、効果的な方法が変わるということが学べ、メンバーがどの状態にいるか見極め、効果的な方法をとることの重要性が分かった。

ko-suke0923
2020/11/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論といった人間の本質的な考え方の理解が深まった。自社の人材開発観点から、Y理論を意識したメンバーのマネジメントに活かしたい。

toshiaki_0532
2020/11/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

現在も意識していますが、低次欲求は満たされていると思うので、Y理論に基づいたマネージメントを心掛けていきます。

suu_0314
2020/11/10
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

部下の能力や業務に対する姿勢によって、対応を変えるべきであると思う。日本では、Y理論で部下に接する機会が多いが、海外ではX理論で部下と接しなければならいことが多々あった。

hassii
2020/11/09
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論Y理論の背景に、マズローの欲求の5段階説があるということを知ってより理解が深まりました。現代日本においてはY理論で、ということも納得です。

fitchan
2020/11/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論で対応していきたと考えているが、人ぞれぞれ性格があるためX理論も使いながら対応していかないといけないと感じる。

mkano
2020/11/08
商社・流通・小売・サービス 営業 経営者・役員

X理論での人間の欲求が社会への帰属まではいっていたのが学べた。

aki_smbc
2020/11/08
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下の接し方はX理論もY理論が混在しており、最適な管理方法は個々人によると思う。

seuta_r
2020/11/08
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Yでありたいというベースはあれど、人それぞれXも存在するのでそこをバランスよく採り入れたい

utatane
2020/11/06
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論の両者の立場のそれぞれのアドバイスを考える事も重要と思いました。

kzhr2358301
2020/11/06
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

低次欲求は満たされているとの認識から高次欲求を満たすことを念頭にY理論でメンバーの自主性を促しエンゲージメントを高めていきたい。

catherine_chen
2020/11/06
商社・流通・小売・サービス マーケティング 部長・ディレクター

X理論に当てはまった人も仕事で積み重ねた達成感等により、積極的になる可能性があります。逆にY理論に当てはまった人がいくら頑張っても報わらないなら、消極的になるかもしれません。すべては完全の管理制度だと思います。
ちゃんと社員一人ひとりの仕事を公平的に評価できる制度が大事です。
そして、同じ社員でも、すべての仕事に対する同じ態度をとることはないです。必ず好き嫌いに影響されます。なので、一人の社員さんに対しても、違う仕事や違う段階で違う前提で見ておく必要があります。

mokio
2020/11/05
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

マネジメントのやり方を考え直します

senjo
2020/11/04
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

現在2人の部下おり、片側がYでもう片方がXで対処に悩んでいるところでたまたまこのXY理論を見ました。
Xタイプはそもそも倫理観が欠如している傾向があるように思えるので、お互いストレスなく働くには面倒だが徹底管理するマニュアルの作成が最良の道ではないかと思っております。

kura09
2020/11/04
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

相手を尊重する気持ちが大事、そうすれば、そうすれば、トラブルが発生してもすぐに、報告してくれ 事態の悪化を防げる。

yamadat66
2020/11/03
メーカー 営業 一般社員

感情論ではなくY理論に基いたアドバンスを心がけたいと思います。

caruga
2020/11/03
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

基本的にY理論がフィットするというこれまでの考え方が間違ってはいなかったことが分かって良かったです.ただX理論も時には考慮すべきと思いました.

iwasaki1
2020/11/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

職場のルールを決める際はY理論 ルールの遵守を促すにはX理論が有効と思われた

takito
2020/11/02
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

「性善説」と「性悪説」に似ていると感じた。
業界として「性悪説」での管理を求められる場面が多いが、そのでは管理者側の負担が増加する一方であり、また被管理側の要員も不満やストレスが増えている気がする。
マズローの5段階欲求説と関連して説明されたのが分かりやすかった。
一概にX理論で考えるのではなく、それぞれの立場や視座によって使い分けてみたいと感じた。

m_tomotaka
2020/11/01
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

Y理論は確かにそうだと思いますが、大切なことはコミュニケーションをとることのように感じました。コミュニケーションをより大切にしていきたいと思います。

aripapa
2020/11/01
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

X理論の人が少しでもY理論の要素が入るように教育したいが、X理論の人にもジョブディスクリプションを作り、タスクと目標、期日を明確にすることで、ある程度うまく回る可能性がある。とはいえ、X理論の人をマネジメント層に登用したくないので、専門職の道とマネジメント職の道のどちらかを選択させたほうが労使のミスマッチが防げるのではと考える。

t_kawaguchi
2020/10/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

・中国古典で言うとX理論:韓非子、Y理論:孔子の構図になりそうですね。

・自身の会社もY理論に基づいた人事評価やキャリアプラン設定がされていると
 理解しましたが、運用が追い付いていないように思えます。

asahi-0201
2020/10/30
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はY理論の考え方を持っていることに気づかされた。
部下とコミュニケーションを取り、思考性を把握、
その上でX理論とY理論のバランスを考えながら接していきたい。

t_mura
2020/10/29
メーカー 営業 一般社員

相手の状況を見ながら、X理論的なメンバーかY理論的なメンバーかを判断し、マネジメントしていく

robotake
2020/10/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

現代社会においてはY理論が有効だとのこと。
自身は完全にX理論に基づいたマネジメントをやっている。
忍耐力をもってY理論を実践しなくてはならない。

fusho225
2020/10/28
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論の両極端な人はいないが、上司がどちら寄りかを素早く理解できれば、業務遂行の上で役立つと思います。

bawbaw
2020/10/25
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のスタイルを確立させてそれで押し通すという事ではなく、組織のおかれた状況、管下スタッフ各人の個性・能力を勘案してX理論、Y理論を使い分けるという事かと思う。個人的にはY理論が当たり前だと考えてきたが、いざマネジメントに回ってみるとX理論が案外重要であり、組織として成果を上げる為には個々のスタッフを信頼し任せもするが、適切なフォローアップが非常に重要であると感じている。

hma310
2020/10/25
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

メンバを当てはめて考えてみると明らかにX理論ではなくY理論に当てはまると思う。それに対して、X理論のような管理で接していたのが間違いであるこが痛感した。皆自分で頑張れる人達であり、承認、自己実現を求めている。目標、動機付けを明確にしてあげて、一緒に伴走していくマネジメントに切り替える。

h-o-s-h-i
2020/10/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下一人一人がX理論、Y理論のどちらに近い性格なのかを、日々のコミュニケーションを通して把握し、管理方法を個々に変えていくことが重要であると分かった。

lyco123
2020/10/22
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

在宅勤務が浸透している中で社員はみんなy理論に当てはまるという性善説で成り立っているが、実際は昼寝したりテレビ見ながらだったりのx理論派常習が存在していてその存在のおかげで在宅勤務=サボりというイメージがつけられてしまい在宅勤務者の地位が危ぶまれている。

y-koyuki
2020/10/22
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下への教育時、またそれだけではなく、一緒に仕事をする相手に対しての姿勢にも活かせる理論だと感じた。自分のスタンスとしてはY理論がしっくりくるので、基本はその考え方にたち、自分でモチベーションがなかなか上がらない相手に対してはX理論を少しずつ取り入れる考え方で動いている。

hidkoma2
2020/10/22
メーカー マーケティング 一般社員

性善説と性悪説で考えることはあったが、ここでマズローの欲求と関連付けされることは勉強になった。自分が子供だった時には、X理論が強かったのは、今に比べて生活レベルが低かったことなどに起因するのかと思った。今同じことをやるとxxハラスメントのようなコンプラ違反になるのは、既に日本が欧米と同じく、安全などの欲求が満たされているからなのだと、理解できた。

mikijin
2020/10/22
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

X理論Y理論の考え方が良く理解できました。実践していきます。

mkid
2020/10/22
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 部長・ディレクター

放任とY理論の混同が散見される。

si112233
2020/10/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X・Y理論とマズローの欲求五段階説の関係性が体系的に理解できたことが、個人的には今回一番の気づきであり学びでした。

日常業務では、まず相手のことを把握するために、マズローの欲求5段階のうち、どこが欠けているのかを理解します。
そこから相手がどんなことを思っているかを推察(仕事を自己実現と捉えているのか、お金を稼ぐだけのものと捉えているのか)した上で、
X・Y理論それぞれをコミュニケーションに組み込んで使い分けていきたいと思います。

tomig
2020/10/21
インフラ・公共・その他 コンサルタント 部長・ディレクター

仕事全体にまとめて適用するのではなく、個別の作業の内容・特性に応じてXYまたその比率等を考慮して適用していけばよいだろうと感じました。

yusuke1201
2020/10/21
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

両極端であるがゆえに部下のマネジメントをする際にどちらも考えるようにする癖をつければ、マネジメントの幅が大きく広がりそうである

k-man
2020/10/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

管理者の部下マネジメントには個々の部下に合わせたX理論、Y理論があり、指導方法が異なっている。自分と管理者の違いをこの観点で検証すれば、マネジメントのずれをなくし、より意識のあったマネジメントができるのではないかと思う。そのためには、自分も社員とコミュニケーションをとって評価する行動をとっていきたいと思いました。

sakai-0218a
2020/10/18
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

個人的にはY理論に基づいてメンバー管理を行うほうが業績向上に繋がるものと思料。一方で能力不足や、やる気のない一部のメンバーに対して、どういう風に接していくのか、現実の組織運営の中では単純に一律Y理論で対応することは難しさもある。この辺りが管理者としての腕の見せ所なのだろう。

bon-fuji-63
2020/10/18
メーカー 営業 一般社員

個々の仕事への取り組み姿勢から、X(管理型)/Y(自主型)の切り替えが必要だと理解した。

zono0926
2020/10/17
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

1ON1ミーティング、全体ミーティングなど時と場合によってX理論とY理論を使い分けていきたい。

hikarut
2020/10/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ヒトの欲求に応じた指導・教育、リーダーシップの取り方があることを改めて理解できた。理解する/しないで自身の指導の在り方も変えられるので参考になる。

popo2020
2020/10/16
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論は、人によって変えたほうがいいと思うが、自分としては、Y理論のほうなのでコミュニケーションをとりながら、臨機応変にやっていくことが重要だと思った。

hiro9972
2020/10/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

まず自分の部下のタイプを見極めた上で指導方針を柔軟に構える姿勢を持とうと思いました。

1967yyhh
2020/10/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

会社、チームの目標の達成とモチベーションの維持、向上のため、状況を見ながらX理論Y理論を併用することが良いと思いました。

toshisan27
2020/10/10
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

2つの理論をうまくバランスを取りながら運用することが重要。

t_a1
2020/10/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

全員に画一的な指導を行うのではなく、各人の仕事に対するスタイル(考え方、姿勢)に応じて、使い分けが必要と改めて分かった。

nonomorisan
2020/10/07
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

部下によって使い分けることで、その人のモチベーションアップにも繋がり、より良い環境下で仕事が出来るようになることを改めて実感した

teyoshi0717
2020/10/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

目標設定を行う上で、メンバーそれぞれの自己達成のためにどんなものを求めているか?を会社の成長、下ろされてきたノルマの軸とその人がそれを達成する事で何を得られるかという軸とがしっかり結びついたものとして、共にディスカッションして設定する事で、目標達成の意欲を喚起する事であるし、それを随時、励ましていく事で、達成に向けてのモチベーションが高まり、高次の欲求を目指していくY理論の実践に繋がっていくと思う。つまり、現状の確認と達成に向けてのモチベーションの向上への対応、目標達成時には賞賛を惜しみなく行う事だろうと思います。

yohei-2456
2020/10/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

直近感じるのはX理論でマネジメントをしてもメンバーのモチベーション低下を引き起こしうまく組織がワークしないとと感じます。マネジメント層はメンバーの自主性を上げるようなマネジメントを行わないと行けないと思っています。
その為にはメンバー共有のマネジメントではなくメンバー個人のモチベーションやビジョンに応じたパーソナライズしたマネジメントが必要になると考えます。
能動的にアクションできる人材を育てるためには一人ひとりの特性を理解し、任せ、成功体験を蓄積させる必要があると思います。

shigeki1966
2020/10/05
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

X理論、Y理論は対象となる個人、チームの性格、特徴、おかれた環境によって
活用していくことが重要だと思う

alex_666
2020/10/05
メーカー マーケティング 一般社員

上司がX理論とY理論のどっちよりになるかというのは、本人がどちらよりの性質なのかに寄るのかもしれない。どちらかに極端に偏るのではなく、状況や環境、人に合わせた対応が必要だと思う。

sho1971
2020/10/05
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論について理解できた。やはり組織の中で自分の存在意義を実感できることが重要なのではないかと個人的に思いました。

au_hiro
2020/10/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部署によると思うがY理論が多いと思う。
自分の役割や目標をしっかり共有すればおのずとY理論になると思う。

daisuke0513
2020/10/04
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論で育成された世代なのでY理論によるマネージメントはよっぽど意識をしないと出来ないので注意したい。

anonaoko
2020/10/04
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

x理論とy理論、少し難しかった

tanave
2020/10/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人材育成においてバランスが重要でX理論で接するかY理論で接するかは環境や部下の人間性にもよる。
どちらの理論で接するかを冷静に判断して使い分けたい。

kass
2020/10/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

部下の業務量が増えていく事で、Y理論の考え方が維持出来なくなる事があるため、組織運用において、バランスの取れた業務の振り分けが大事だと感じました。

yuki_hiro
2020/10/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

対象とする相手がX,Yどちらの要素が強いか見極め、それに応じた対応をとりつつ、Y人財になってもらえるように接していけたらと思う。

takahiro90
2020/10/03
商社・流通・小売・サービス クリエイティブ 一般社員

1人1人に対してこれをあてはめて考えることが大切。

atmk
2020/10/02
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

きちんと目標を設定し、個人で目標達成のためによく考え、たくさいトライアルする必要がある。
そして、達成感がうまれると思う。

liumei
2020/10/01
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私は先輩からX型で教育されて、後輩にもそれでも対応してきたが何年か前からお互いがストレスになり上手くいかなくなって悩んだ事があった。所謂Y型にしたら、少し改善された。そういう事だったかと思いました。

-------
2020/10/01
インフラ・公共・その他 その他 経営者・役員

社員を観察する際、XYを意識して指導につなげます。

kahuka
2020/10/01
インフラ・公共・その他 その他 その他

AIが傾向分析をしてくれるならよさそうだけど、判断に前提の好き嫌いがだいぶ加味されそうだと感じる。

yambo1001
2020/09/30
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

確かに現代社会においてはY理論の方が適する場面が多いとは思いますが、いずれも必要な考え方だと思う。
相手の性格やタイプ、階層等を考慮して使い分けられるような能力を身につけなければと再認識しました。
とりわけX理論については、組織のためであることもさることながら人材育成の面で必要な場面があるようにも思います。

皆さんの回答や意見を見て、自分の甘い面に気づくことができました。
正しくX理論を使えるように学ぼうと思います。

tomo24
2020/09/30
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

性善説と性悪説との間で、バランスを取るしかなし

tadashi1960
2020/09/30
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

X理論・Y理論について、復習することが出来た。
今回は特に、人はそれぞれがXKAY課ではなく、その間のどこかに位置するものと考えるのが良いというところが、改めて実情に合致していると感じた。
またYの人は正のスパイラルに、xの人は負のスパイラルに陥りやすいと感じるのが、組織全体としては負のスパイラルの人を何とか正の方向に導くことが大切だと思う。つまり人は誰でもやり直すことが可能だという考えでいたいと思います。

barny0417
2020/09/30
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

マグレガーのX理論Y理論には人間に対する本質な見方を、X理論とY理論の異なるものとして対比させてたもの。マネジメントスタイルは上司がどちらの見解をとるかによって異なることが重要を理解しました。

t_aida
2020/09/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論・Y理論ともに教育には重要な考え方でした。

mid-54
2020/09/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

今考えるとY理論に基づいたマネジメントを心がけたいと考えているが、動機づけという観点では考えたことが無かった。最適なやり方を自分と相手とに合わせて考えるようにしたい。

miyaya11
2020/09/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

X理論、Y理論のどちらがよくてどちらが悪いではなく、両方面から考え、部下をみてどちらのアドバイスを送ることが有効かを考えていきたい。

toshiki12
2020/09/29
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

性善説、性悪説に似た見解だとおもう。Y理論を意識したマネジメントをしたい

maher_ishida
2020/09/29
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

マネジメントのスタイルには多様性が求められることを理解した。自己基盤をしっかり形成する必要性を改めて認識した。

tomo0421
2020/09/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

X理論もY理論も共に当てはまるもので特に部下指導や基幹職育成にはその人となりを見て変えずに画一的にXだYだとしても絶対にうまく行かないことが多かったと感じる。その人に向き合っているかの指標にもなりうる。

byjun
2020/09/28
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

日頃から周りとのコミュニケーションを密にとって、相手の性格や考え方によって、いい意味で接し方を変えていければと思いました。

morik-c
2020/09/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

両理論を念頭におきながら、y理論に軸足をおきながらマネジメントを進める

akiro0620
2020/09/27
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を実践できる企業基盤があるのがベストと思いますが、それにはX理論についても良く知っておかなければY理論での実践時に効果的ではないと感じた。

sagittaire
2020/09/27
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

Y軸理論へシフトしていくトレンドはあるものの、X軸できちんと管理することも不可欠であり、そのバランスを状況に応じてうまくとっていくことが重要だと思う。難しいが、実戦で試行錯誤で学んでいくしかない。

toritori0923
2020/09/27
メーカー 営業 一般社員

チーム員管理における見方のスタンス。大部分の部下はY理論に準じた指導が望ましいと思うが、上司は結局X理論からの部下指導に陥ってしまう。

mitiboshi
2020/09/26
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

マネジメントを理論で考えるとスッキリ考えられる。

masaki0429
2020/09/26
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

同じ人でも、場面によってX理論側に立つ場合とY理論側に立つ場合があり、基本的にはその間を漂っているような状態なのではないか。
場面やチーム構成によって使い分けが必要であり、その見極めをすることがリーダーの役割になるのではないかと思う。

koike_123456
2020/09/26
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーの性格だけではなく、物事の重要性などを考慮して、状況に応じて、X理論とY理論の使い分けが必要だと考えます。しかし、指導も時間が経つにつれ、Y理論の割合をあげるべきだと考えます。

n_mikami
2020/09/26
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

X理論とY理論に属さない者も多いように感じる。

1919-fujimoto
2020/09/26
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

X,Y理論は使い分けることが大事
決して前向きな人材ばかりではない

naka_2020
2020/09/25
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

x理論y理論を理解して、部下の性格等を考え対応して行くことが大切なことがわかったけど

fumistry
2020/09/24
メーカー 営業 一般社員

私はマネジメントではありませんが、役割上自身の担当カテゴリーにおいて、メンバーに施策実行などの指示を出すシーンががあります。
そのような時に中々施策の完遂率が上がらない場合があります。
今までは自分の指示出しが足りないだけと思っていましたが、今後はメンバー毎にX理論Y理論というそれぞれの見方で指示や会話をしていくことか必要だと感じました。

kouji_m
2020/09/22
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X理論Y理論どちらかに決めつけることはできない。誰しもどちらの要素を持つと思うので、各自及び状況に応じたマネジメントが必要だと思う。昨今の環境下ではやはりY理論に基づくマネジメントが適切だと思う。

k_1986
2020/09/22
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

業務の種類によっても、X理論・Y理論の位置づけは異なっているのではと感じた。創造性が求められる、アイデアだしが好きな人はそのような業務についてはY理論が働くが、事務的な単調作業はX理論の方が強く働くのではないかと思う。
人の特性に合わせて、マネジメント(管理職の立場でない場合はお願い?)をしてくのが効果的なように思えました。

ken-0328
2020/09/22
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

X理論、Y理論、非常に興味のある分類だった。ただ、実務においては簡単に分けられものではない。対象者が、業務の中でこの業務内容ではX理論に当てはあり、別な部分ではY理論に当てはまることなどもあるからだ。対象者を決めつける小tなく、X理論とY理論をうまくミックスしていきたい。

hirok-i
2020/09/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 クリエイティブ 一般社員

X理論
自主的に行動せず、責任を取りたがらない社員には、具体的な作業やそのスケジュールも合わせて命令し、未達の場合は罰を与え責任を取らせる

Y理論
仕事を進める上での意見をコミュニケーションの中から引きだし、自主的に動いてもらう。こちらからの指示は出さずあくまでも自発的に動いてもらい、成功した際には評価も与える。

akiraki
2020/09/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

自分の上司を見るとY理論派。
いずれにしても、どっちを選んでも、パフォーマンスはあまり変わらない?
むしろX理論的なペナルティーを課せば、全組織で比較したときに、とりあえず平均以上のパフォーマンスが出るのでは。
衣食住が満たされても、できることなら大体の人は多少仕事はサボりたい。

nori6
2020/09/18
広告・マスコミ・エンターテインメント 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

困難や怠惰にぶちあった時、まずは目標を再確認することが重要だと考える

amaetsu
2020/09/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

X、Y理論はものごとをプラスにとらえるのと、マイナスにとらえるのかの違うはある。

den_ochi
2020/09/18
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

日々の業務にて活用するのは難しいですが、うまくX,Y理論を活用してメリハリのある指導、助言ができればと思います。

wk140
2020/09/17
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

基本的にはY理論かもしれないが、部下の特徴に応じて、XとYを使い分ける必要があると思いました。

yoneda_a
2020/09/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

人により相手をX理論でみるかY理論でみるかは分かれるところである点が難しそう

matsu0330
2020/09/16
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

たしかに二通りの人がいると思う。
指導に大いに行かせると思うので参考に指導していく

mooka
2020/09/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 一般社員

部下を教育する方法について欲求5段階説、X・Y理論などの手法があることが理解出来ました。

kenji_0515
2020/09/15
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

各メンバーの状況を見ながら接し方を考えたいと思います

yuimi-715
2020/09/15
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論を実施してみて、その結果、指導がうまくいかない時には、X理論の考えも少し入れて指導してみるなど、時と場合により使う事を工夫すると良いのではと感じる。

nanadog
2020/09/14
金融・不動産・建設 経営・経営企画 一般社員

X理論、Y理論のどちらかが有効か不明な場合、低次の欲求を満たしている前提でY理論を適用し、行動を注視したい。

golf
2020/09/13
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

私の上司はY理論に基づきマネジメントしてくれている気がする。理論を学ぶことによって何を求められているのかも見えてくるのかもしれない。

takahirok
2020/09/13
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

部下の多様性を意識しながらそれぞれがどの次元で課題を抱いているかを、きちんと理解し、それに沿った指導・育成をしたいと考えました

ok-bokujou
2020/09/13
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論が前提で現代は・・・新人の教育には絶対X理論での対応は不可です。すぐやめてしまいますので。でも新人の根底にX理論がある時は難しいです。

kappa_chan
2020/09/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私の所属する部署の上司はX理論で部下を管理するタイプの人と、Y理論で管理するタイプと両方がいます。どちらか一方に偏るのではなく、うまく融合させて管理できるほうが、部下との信頼関係を築くことができると感じた。

8964
2020/09/13
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

自身に置き換えて考えなおしました。

satokeke
2020/09/13
メーカー その他 一般社員

部下のタイプをみて、指導に気をつけたいと思う。X理論もY理論も理解できるので、バランスも大事。

mirai100
2020/09/13
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

Y理論に沿ったメンバー育成をしたいものの、X理論的には、心配になり、心の葛藤が生まれる。信じてあげたい反面、何を信じるのか悩ましく思います。

moti555
2020/09/12
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

この理論を知らない人も無意識的にどちらかの考え方を持っていると思う。
どちらが正しいではなくおかれた組織や個人の特性を踏まえた上でマネジメントしていく必要がある。

mi358
2020/09/12
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

相手に合わせて使い分ける。ただ、同じ人でもX理論的な姿勢を見せる時もあれば、Y理論的な姿勢の時もあるので、自分も偏見を持たず、ちゃんと相手を見なければ、と思った。

noriss
2020/09/12
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

X理論のパワハラ上司が確かにいました。

04takayuki
2020/09/11
インフラ・公共・その他 専門職 その他

X理論・Y理論、身の回りの人を当てはめて行くことで育成スタイルの分類もできそう。

gmkj
2020/09/10
金融・不動産・建設 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

Y理論が有効性あり

ruimasiko
2020/09/10
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

指導する場合、その人の、能力、やる気に応じて、X理論とY理論を使い分けるかたちに、なりそう。

choma2
2020/09/10
メーカー マーケティング 一般社員

X理論の場合は、逐一監視する必要はあるが、それはそれで楽な気もする。Y理論を適用する場合は自分のマネジメント能力も試される。部下の自主性を尊重しながらも結果を出すためにうまく誘導する必要はあるので、いろいろと試してみたい。

m-shun
2020/09/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

周りのマネージャーは、どのようなタイプがいるのか、X理論とY理論の点からみてみたい。

pixy
2020/09/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

よく部下を観察して使い分けていくことが大事だと思いました。

shirakawa_0729
2020/09/10
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

人それぞれなので、一律に管理するのは難しいと感じた。

askx
2020/09/08
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

部下の性格や置かれている状況を踏まえた上で、2つの考え方どちらをより前面に押し出すのが良いのかを見極めながら、上手く使い分けていきたい。

naoz
2020/09/08
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

非常に興味深い理論です。X-Y理論の見極めが非常に難しいのではないかと思う私に足りないモノは何かを追求していきたい。

kosai1109
2020/09/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

人間をXとYの両極に分けることは現実的ではないが、その間で揺らぎを持った存在として、考えることが大切だと思う。部下の自主性は重んじながらも、目標設定については十分に話し合いながら、最終ゴールに到達できるよう仕事ぶりを的確に評価し、賞罰を公平に行うことが人事管理には必要である。

0000350411
2020/09/07
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

メンバーの特徴や性格をしっかりと見ていくためには、コミュニケーションを確りと取る必要がある。X理論の方には、いかにポジティブに取り組んでもらえるか、確りと面談や良いチーム作りが必要だと感じました。

taki_yoko
2020/09/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

部下への業務の与え方にも役立つ方法論だと思います。
まずは明日から実践してみます。

th0588
2020/09/07
メーカー その他 一般社員

改めて学んで、日々の仕事の動機づけに使用

ryujik