ネットワークが接続されていません
markey0827
2020/12/21
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

組織文化は、結果出来上がるものと思っていましたが、明確につくれるとおっしゃって頂き、見方が変わりました。

今度、隣の部署の同僚と、「私たちらしさって何だろうか」をテーマに対話します。動画で見た7S(戦略→経営スタンス)で整理してみようと思います。

ビジョンやミッション、バリュー、行動指針、ウェイなど、今の職場には多くありすぎて結局何を重要視してるの?というのは不明瞭です。長年いるかたには、これも大事だよね、と増えていくのは実感も持てると思うのですが、途中で入社した者には並列要素に見えてしまうような…。並列ではなく、それぞれの関係性までハラオチできるようになりたいです。

sphsph
2020/12/17
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

非常に大切なことだと感じています。
それに共感するからここで働く、共感する人と一緒に目指したい。
小さな軋轢は有れど、大きな方向性に同意できれば、その速度はどんどん上がると思います。
浸透ですね。より深い、表面的では無い深層部への浸透!!
これぞ文化!!

kamoshika55
2020/12/16
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

7Sのうちshared valueはやはり中心となるモノなのかと感じた。多くの会社は経営理念ミッションなどを公開しており歩む方向性を示している。難しいことだが、もう少しだけでも会社の様子がわかるような文言であればと思います。

jk0829
2021/02/28
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

コンサルティングの現場で組織風土変革を伴った課題解決を実践してきましたが、本講座の内容は大変共感します。勝手に出来上がったものを風土と呼び、意図的に創り上げる企業組織の「ありたい姿」を実現するための目に見えない資本を企業文化と考えています。組織の成立条件は共通の目的があること、協働意欲による人の繋がりがあること、そしてそのためにコミュニケーションされている事。組織文化はその目的に沿って意図的に創造するものだと考えます。

watana
2021/02/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

事業内容より組織文化(カルチャー)を決めるのが先というのが非常に印象に残りました。

koyuki-u
2021/02/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 部長・ディレクター

カルチャーは自然にできるものだと思っていましたが、意図的につくるものであると認識が変わりました。

g-june
2021/04/13
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

社内で新しPTが始まり、トップのサポート役の立場として、フレッシュな組織文化やチームメンバーの一体感の醸成において、非常に役に立つお話しでした。

hfuku55
2021/03/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーは自然と出来上がるものと思っていたが、意図して形成することが出来る、むしろすべきものだという事が分かった。まずは7Sの軸の視点が作るという点で、自分たちの組織文化がどのようにあるべきか意識を持って考えてみたいと感じた。

kfujimu_0630
2021/02/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

組織文化は後から自然にできてくるものと考えていましたが、作っていくものだと分かり、組織文化に対する見方が変わりました。決断に迷った時の一番の拠り所にもなるので、しっかり認知しなければならないと思います。まずは自社の文化について、もう一度考えてみたいと思いました。

tatsukist
2021/01/31
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

組織文化と自分の軸が合致しているかを再点検し、組織に浸透できるようにしていきたい。

thomas-new
2021/01/24
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

カルチャーとビジネスの枠組みを分けて、それぞれでサイクルを回すという発想は、私にはなかったので、とても参考になりました。
そして、自分たちとはどういうカルチャーかが明確になると自然と合う人が集まってくるのも感覚的に理解できました。最近、社内SNS活用が進んできているので、そういう新しいツールを使い、時代にあったカルチャーをチームメンバーで考えながら作っていくのも、仕事のモチベーションが上がり、コミュニケーション取りやすくなり、最終的にワクワクする組織、次々と新アイデアが生まれる組織にできればいいなと思います。

tk1982
2021/01/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

組織に馴染むには文化を知り実践する事の大切さを知りました。

suzukiso
2021/01/12
メーカー クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーの醸成によって判断スピードの向上が見込めるとの指摘に、カルチャーは経営の根幹をなすと気付かされた。

kei5574
2021/01/10
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

h

sugasyo
2021/01/10
メーカー 営業 一般社員

組織文化を作ることによって意思決定のメリットが出ることもわかった。

marimo21
2021/01/09
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

カルチャー構築にはある程度の時間はかかるものだが、それをいかに効率化させられるかについての講話だったと思う。1番難しいのは、従業員への浸透。この部分についてもう少し具体策を考えていきたい

cozyhayakawa
2021/01/07
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

7S、5Aのフレームワークは参考・活用したい。
組織文化、風土、規律はトップダウンで浸透させるのが手っ取り早いが、今のタイミングだとボトムアップをしていかないといけない環境も多いと思う。
その際に、取り組み、検討はまったく同じでも、仲間作り、志の共有、時間をかける胆力が必要になる。
それを乗り越えて時代に先行、乗り遅れない変わる組織を作りたい。

user-efa2a10934
2021/01/06
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 経営者・役員

業務で活用する為には、自社(クライアント企業)における意思決定の仕組み、意思決定者の有する権限、部署又は部門の従業員の役割を把握したうえで、企業風土や理念を再構築する必要があるのではないかと思いました。

yukimasa_0903
2021/01/05
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

カルチャーがしっかり根付いていると、意思決定を行う際にブレず、社員が自律して考えられる。

自社のstyle、企業文化と一つ一つの設計・実行に齟齬がないか見直したいと感じた

t-szk_rj
2021/01/04
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

現組織でのカルチャーを言語化して浸透させたいと思います。

ttkm
2021/01/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 経営者・役員

企業文化を明文化する重要性が理解できた

rokoo
2021/01/02
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 一般社員

ビジネスと組織の両輪のうち、組織が先というメッセージが納得できた。

nobereds
2020/12/30
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 経営者・役員

企業文化も方向性を間違えると隠蔽体質などあやまった方向性に向いてします。
企業文化は大事ですがコンプライアンスが根底にあることを忘れてはいけない。

takashiy0501
2020/12/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

意図的につくることは可能。かつ、意図的に組織文化をつくっていかないとリスクがある。に共鳴しました。
マネージャーはメンバーの一挙手一投足を指導できない。とするとできることは正しい組織文化を作ることくらいなのだろうか?

iine
2020/12/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自走する考える組織 へ導いていけるよう、意識したい。

miya1120
2020/12/26
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

具体的な例をもっと紹介して欲しい。

ntozawa
2020/12/23
コンサルティング・専門サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

棚卸しをまずはやってみる。
現状認識している、文化、強みを生かしつつ、背後のボトルネックなさになる部分を、具体的に考えていきたい

ruimasiko
2020/12/23
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

皆さんと違った視点から延べます。有志活動をする際にも、カルチャーと整合を取るべきかというものがあるかもしれないと気付きました。組織を変えるためには、カルチャーをどう意識するのか。活動を通して考えていきたい。

meguro2020
2020/12/22
メーカー マーケティング 一般社員

組織文化が浸透することのメリット(「意思決定」と「実行」のスピードが上がる、自走する「考える組織」がつくれる、「外部との繋がり」が良くなる)

実際に組織文化を実装していくための方法(現状のカルチャーを棚卸する、ビジョン・ミッションを設定する、カルチャーの方向性を決める、カルチャーを言語化する、カルチャーを浸透させる)

を理解した。

4037wwjd
2020/12/22
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 一般社員

日々社内で目にするシェアードバリュー、企業カルチャー、ビジョンなどの横文字が一つの枠組みでわかりやすく、かつすっきりシンプルに語られていて「こういうことだったのか!」と頷けた。

yuya_0301
2020/12/20
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

在籍する企業は最近連続的に実施したM&Aとコロナウイルスによる働き方変革で従来あった組織文化が崩れつつある。新しいメンバーによる新しい環境での組織文化を早々に確立しないと企業の強みはあやふやなままになってしまうという危機感を抱いた。

amaetsu
2020/12/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

いまの出向先の会社でみてみようかな、

otobe711
2020/12/18
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーを言語化し、見えるかすることで、その組織の中の人、および今後入ってこようとしている人がそのカルチャーにあった人となり、例えば意思決定を現場の人に任せられるようになる。

kazue_0504
2020/12/18
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

企業のリブランディングの際などに活用できると思います。
もっと具体的な方法など、事例も聞きたかったです。

kuta_41
2020/12/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

企業にはいろいろなカルチャーがあり、大変ためになる講義であった。

okakin2018
2020/12/18
メーカー 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

最後のフレームワークは、とてもわかり易かったです!
ただ、どの方向で進めて行くのかは、トップダウンで無いとしんどいかな、と思いました。

jumpei_0726
2020/12/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

組織全体だけではなく、一支店等を運営していくうえでも大事なことだと感じました
しっかりとしたビジョンを作り、浸透させて一丸となって取り組めるような組織作りをしたいと思いました

takata_602
2020/12/17
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分たちが所属している組織文化の現状を、7Sを用いて一度確認してみます。

k-man
2020/12/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

戦略の変更に合わせて決断スピードや自走力を高めるために、中央集権的から分散的にカルチャーを変えたいと考えている。カルチャーと7Sの整合が重要ということで、どこをどう変えるのか網羅的に考えるきっかけになった。

shoheikigetu
2020/12/15
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自分の勤め先はどんなカルチャーなのかを思い浮かべながら見ていた。経営層が進むべきビジョンを決めても現場(組織)に不満がうまれているのは、カルチャーが明確でなく、社員共通認識として浸透していないのかなと考えさせられた。