ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

日本の「宇宙ビジネス」の展望、未来を議論する~岡島礼奈×鈴木隼人×中村友哉×山崎直子×渡辺その子

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019
第9部分科会T「動き出した宇宙~本格化する宇宙ビジネスのこれからを語る~」
(2019年2月11日開催/星野リゾート青森屋)

近年、宇宙関連スタートアップへ急激に資金が集まり始めている。宇宙関連スタートアップへの投資は世界で2500億円まで膨らみ、日本でも大型投資が相次いでいる。衛星データ活用や小型衛星の開発など、ビジネス上の成果が顕在化するのも間近だろう。政府も、宇宙開発スタートアップに1000億円を投じる支援枠を設け、2030年代に国内宇宙産業の市場規模を2兆4000億円と現在から倍増させることを目標としている。本格化する宇宙ビジネスにおいて日本が取るべき戦略とは。(肩書きは2019年2月11日登壇当時のもの)

岡島 礼奈 株式会社ALE 代表取締役社長/CEO
鈴木 隼人 衆議院議員
中村 友哉 株式会社アクセルスペース 代表取締役 CEO
山崎 直子 宇宙飛行士
渡辺 その子 文部科学省 大臣官房審議官(科学技術・学術政策局担当)

コース内容

  • 日本の「宇宙ビジネス」の展望、未来を議論する~岡島礼奈×鈴木隼人×中村友哉×山崎直子×渡辺その子
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ryo_0520
2019/11/11
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

宇宙のエンターテイメント利用という視点は新しい発見だった。

hacco
2019/11/09
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

宇宙ビジネスには衣食住の可能性も多分にある。
実用化するにはコスト。

knhk
2019/11/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

宇宙ビジネスは、まだまだ国が研究するレベルかな、民間レベルは相当先の話かな、と感じた。

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています