ネットワークが接続されていません
実践知

本業×社会活動!パラレルキャリアを始めよう!

本業×社会活動で人生100年時代をポジティブに生きる

概要

このコースについて

パラレルキャリアとは、会社勤めなどの本業を持ちながら、本業以外に社会活動を行う新しい生き方です。
副業解禁が進む中、個人の関心も高まり、また企業もパラレルキャリアの人材育成効果に注目し、研修の一環として活用する例が増えています。人生100年時代とも言われる現代、パラレルキャリアが注目される理由とは何なのか、パラレルキャリアは個人と組織にどのようなメリットをもたらすのか。
一部の特別な人のものと考えられがちなパラレルキャリアですが、実は週に数時間から始められるものもあります。

このコースでは、人的資源管理や雇用をテーマに研究し、パラレルキャリアに関する著書もある法政大学大学院政策創造研究科の石山恒貴教授と、企業とNPOの協働推進やパラレルキャリアの実証研究に取り組むグロービス・研究員の松井孝憲に、パラレルキャリアについて解説、対談していただきます。

コース内容

  • コース紹介
  • なぜ今、パラレルキャリアなのか?
  • パラレルキャリアとは何か?
  • パラレルキャリアの具体例
  • パラレルキャリア個人と組織のメリット
  • 最初の一歩を踏み出すには

講師プロフィール

石山 恒貴 法政大学大学院政策創造研究科 教授
一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、NEC、GE、米系ライフサイエンス会社を経て、現職。越境的学習、キャリア開発、人的資源管理等が研究領域。
主な著書:『越境的学習のメカニズム』福村出版、2018年、『パラレルキャリアを始めよう!』ダイヤモンド社、2015年

松井 孝憲 グロービス ファカルティ本部 研究員/KIBOW社会投資 インベストメント・プロフェッショナル
一橋大学法学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了後、シグマクシスにて、新規事業立案、人事・人材開発プロジェクト等に従事。並行して2011年にNPO法人二枚目の名刺に参画、2015-16年に常務理事。企業とNPOの協働プロジェクトを運営する。大学との共同研究を通じた副(複)業・パラレルキャリア・越境学習の実証研究にも取り組む。
(肩書きは2019年8月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

kyabetsu-taro
2019/12/20
広告・マスコミ・エンターテインメント 経営・経営企画 一般社員

銀行型でなく、料理教室型は、とてもイメージが沸きました。
ひとつの世界にとどまらないことによる、メリットを求めていきたいと思います。
また、それをビジネスにすることにも、大きな可能性を感じました。

tomohikog
2019/11/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

大きな企業であれば、社内異動でもNOP参加と似たような効果があるのではないかと感じた。(力試し、視野が広がるなど)

感想としては、『オーシャンズ11化』というフレーズはかなりしっくりきました。

aikotica
2019/12/12
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

企業の中でジョブローテーションや変化が少ない場合、社員の成長やモチベーションの向上のためのパラレルキャリアは非常に効果的だと身をもってかんじている。
会社や職場でその活動をシェアできるような風土作りも重要。

もっと見る