ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

SDGsを前向きに捉えるために「インテグラル理論」で内面にも注目せよ/みんなの相談室Premium

概要

このコースについて

日常にある身近な疑問を、ビジネス知識を使って解決する「みんなの相談室Premium」。
今回寄せられたのは、「企業がSDGsに取り組んでいるように見せかける「SDGsウォッシュ」という問題があるというニュースを耳にしました。どのように考えればSDGsを前向きに捉えて推進できるようになるでしょうか。」というお悩み。SDGsを本質的なところから推し進めるために必要な考え方を、グロービス経営大学院教員・江上広行が「インテグラル理論」を用いて解説します。(肩書きは2022年4月8日撮影当時のもの)

江上 広行 グロービス経営大学院 教員
名越 涼 アナウンサー

コース内容

  • イントロダクション
  • 本編
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

test_
2022/07/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

個々人の内面に着目した改革が必要。SDGsに限らず、様々な面で重要なことだと思いました。

sk_20211018
2022/07/18
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

インテグラル理論の内面外面軸と組織個人軸の2軸の整理の仕方は参考になる。idgsの考えにも同意できる。ありかた、考え方、つながり、共創、活動。覚えて損の無い内面の開発目標です。

w-shimo
2022/07/14
メーカー 経営・経営企画 一般社員

IDGsという言葉は聞いたことがなかったので、一度調べて、CSR推進に活かしていきたいと思います

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています