ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

次世代のビジネスモデル「サブスクリプション」の最新潮流~三枝幸夫×藤井保文×山崎善寛×井上陽介

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第5部分科会A「次世代のビジネスモデルの潮流~サブスクリプションとXaaS~」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

次世代のビジネスモデルとして「サブスクリプション」への関心が高まり、あらゆるものがサービスになる時代「XaaS(X as a Service、サービスとしてのX)」という言葉も生まれた。あらゆる業界がデジタル技術を使って新しいサービスを開発、導入を試みている時代において、ビジネスの潮流はどこに向かうのか。すでに既存のビジネスモデルを変化させている事例から見えてきたこと、アジャイルな動きを見せる中国のビジネスの潮流、いまこそ企業が向き合う顧客との関係や価値などをいかに捉えるかを議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

三枝 幸夫 出光興産株式会社 執行役員 デジタル変革室長
藤井 保文 株式会社ビービット 東アジア営業責任者
山崎 善寛 日本マイクロソフト株式会社 Microsoft 365 ビジネス本部 本部長
井上 陽介 株式会社グロービス マネジング・ディレクター

コース内容

  • 次世代のビジネスモデル「サブスクリプション」の最新潮流~三枝幸夫×藤井保文×山崎善寛×井上陽介
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

beyondit_ceo
2020/09/25
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

大変参考になりましたし、非常に危機感を感じました。
モノ売りからサービス提供にシフトできない日本企業は、大きな波(中国)
にのまれ、電子機器メーカーのように世界の下請けにならないかと。。。

特に中国のサブスクサービスで欠けているのがモノそのものへの品質や信頼性です。そこに日本の製品を全力で組み込んでくると思いました。。

shu-he-
2020/09/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

サブスクに合う製品、合わない製品という視点のほかに、サブスクに合う顧客、合わない顧客という視点は新しい気づきであった。
買い切りモデルを考えたときに1年使う人と5年使う人では考え方は異なると思う。プライシングによって、従量課金にするのか、月当たりの料金にするなど、ある程度の自由度はあるのかもしれないが。。。
また資産をあまり持ちたくない企業と所有欲を満たしたい個人とでも考え方は異なるだろう。

wantannabe
2020/10/24
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

顧客は商品そのものを購入しているのではなく商品やサービスを通じた体験を購入する。従い企業側も商品を売るという発想から顧客体験価値を上げるためのソリューションの中に商品を位置付けるという発想が必須となる。特にアフターデジタルの世界ではデジタル技術を駆使して顧客から得たデータを顧客体験価値向上のために活用出来なければ淘汰されるであろうと感じた。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています