ネットワークが接続されていません
kazuki_tanaka
2019/08/03
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

とてもおもしろい講義だった。
この文化の違いは、何もグローバルな局面に限ったものではないとも思う。日本人の中でも多少違いはあるだろう。
この違いを知らずに、努力や我慢を続けるのは不毛だろう。

yukiko_w
2019/07/11
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

「文化は最高のエンターテインメント」
非常に印象的な言葉でした。
ビジネスにおいてだと、失敗を気にして神経質になりそうですが、そもそも異文化とは楽しんでも良いものなのですね。

haru-chan
2019/07/21
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

アジア圏では、インド、中国の事例があったけど、マレーシア(宗教の影響)やベトナムやミヤンマーなど、政治的(主義)の違いがある国民の場合は、どうなのか知りたかった!

hy-5573
2019/06/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

異文化交流を楽しむ感覚が大切である。

a_nkj
2019/02/13
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

海外子会社との間で、意見の相違が頻繁に発生するので、どのように説得すべきかを常に考えていたが、時には相手に任せることも必要であることがわかった

test_
2019/04/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

以前に「異文化理解力」の本を読んでいたので、良い復習の機会になった。
異文化理解力というと、以前に高校の先生が言っていた今のグローバル化はグローバル化ではなく、アメリカ化だ!と言っていたことを思い出す。それぞれの国の違いを理解し、尊重することこそがグローバル化だと思う。

romira
2019/08/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

何気なく受講したが、とても面白く気づきを得る内容でした。
グローバル化時代、異文化の中で成果を出すためにも、あらためて日本での価値観に固執せず、相手の地域や国の常識(価値観)を踏まえた振る舞いの大切さを再認識した。
また、カルチャーマップは、国内のお客様との商談や業務提携時の交渉でも応用できるのでは?とも感じた。

koke8600
2019/06/18
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 一般社員

外国人の講師たちがJapanizationされてる気がして面白かった

nao_1999
2021/06/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

客観的に見て、日本って働きづらい文化だなと思った。 階層主義なのに、意思決定は合意型で、根回しが必要って・・・ その根回しには、プライベートでの付き合いが有効とか言われると・・・

長時間労働以外にも、こういう文化をぶっ壊さないと、女性を含めた多様な人材が働ける環境にならないと思いました。

hiroyuki1981
2020/03/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

文化は最大のエンターテイメント、その気持ちを忘れずにいたい。

fujita1623
2019/08/07
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

自分の会社はそうではないが、異なる文化を持つ人間が集まるグローバル企業であれば、異文化交流を通じて、最適な意思決定のプロセスが誕生する可能性があると実感した。

gen_mashimo
2019/08/05
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 一般社員

とにかく意識することと、自分自身がポジティブにすべてのことを進めるのが大切だと思いました。

yuji_371002
2019/07/31
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 経営者・役員

国によって傾向が大きく異なるが、今回示された事例を予め抑えた上で対応する事が良いのではないかと感じた

masa8595
2019/07/27
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化を持った人とのコミュニケーションにおいて、相手の文化と日本の文化の違いをきちんと理解して接することでトラブルを回避し、円滑にみょうむができると感じた。

kazu87
2019/07/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

グローバルスタイル ≒ 米国スタイル のように捉えているところがありましたが、それぞれの切り口で国をみれば、日本と似ているところもあれば似ていないところもある、異文化とはもっと多彩なものである、ということを再認識できました。カルチャーマップを意識して他国をみていきたいですね。

kazu_s
2019/07/21
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

欧米といっても国によって特性が異なり、その特性を理解した上でコミュニケーションする事が重要である事が理解できた。

hiro_yoshioka
2021/07/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

異文化≒多様性はイノベーションの源泉

なるほどぉー 日本は島国だから曖昧でも生きていけたんですね、これまでは。
日本がアメリカと同様応用優先というのは意外でした。 
まだ不安の方が優位ですが、異文化って面白い。
苦手だと決めつけず、相手を理解するために異文化交流を増やしたいと思います。よし、海外旅行いこう!

kameco
2021/04/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 販売・サービス・事務 一般社員

例え同じ国籍でも、年代や育った地域が違えば、それは異文化と接していることになる。感情的にならずに相手の意見や背景を理解することがビジネス以外でも大事だと思った。

kkjovin0988
2020/05/09
インフラ・公共・その他 その他 その他

非常に興味深い内容だった。外国語を学ぶ前段階で知っておくべき知識になってくるだろう。自分がこのベースで取り組めば、相手の理解にもつながってより良くなるだろう。

tatsunori
2019/07/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

外国の人と仕事や食事、会話をした時の違和感が、明確になりました。異文化と頭では理解していても、なかなか納得できるものではありませんが、8つの視点から接すれば、今後うまくやっていけそうです。

rose-apple-31
2019/07/02
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

8つの視点で異文化を捉えることで、より具体的な行動に移せる気がします。本当に国ごとに文化が異なり、考え方、感じ方が異なることを実感しました。

aochi_171831
2019/07/02
コンサルティング・専門サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

文化の違いを項目別に整理するフレームワークは環境な適応する際に有用だと感じた。感情的に捉えず、相手の観点から捉え直す柔軟性を普段から意識して訓練しようと思う。

olivia6
2019/06/30
メーカー 営業 一般社員

自分の価値観・スタイルが絶対的・一般的でないことに留意し、相手を理解し、相手に合わせて行う柔軟性が必要だと感じた。
まず、相手がどのようなタイプなのかを対話や情報から把握し、その上で各人のタイプに合わせて対応していきたい。

tak-y
2019/06/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

背景にある文化により考える傾向,受け取りやすい表現などがあることを理解することができた.個人差によるものもあるかもしれないが,受け取りやすい方法で表現し,フィードバックを促しリードできるように理解を深めていきたい.

katakun
2019/06/10
メーカー 営業 一般社員

国ごとに意思決定、信頼、決断などに異なる概念があることがわかり今後の仕事における進め方に役立つと思った。

seikou
2019/06/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

国によって文化の違いを理解しないとまったく違う結論になってしまうので、まずは正しく知識が必要です。

yoji_1450
2019/06/04
メーカー その他 一般社員

異文化を学ぶことでその国の人と通じ合えるということがよく理解できたし、オープンマインドの精神はどの文化においても必要なことだと感じた。

user-cfb485b60d
2019/06/03
  

なんとなく外国人と仕事したことはあるが、日本人に合わせてくれていたのだなと思いました。

mi_s
2019/06/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

円滑にビジネスを進めるために文化を学び理解することが必要だと改めて感じました。

kudoyo
2019/05/12
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルでなくても、日本人にもいろいろなキャラクターがいますね

malaika
2019/05/11
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

欧米、先進国の例が多いが東南アジアなどの新興国のデータを加えてほしい。

jasminer
2019/05/08
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 一般社員

物事の捉え方、進め方、時間間隔が各国の文化によって違うということを理解することができ、今後日本以外の方々とお付き合いする為の良い事前学習になった。

harino
2019/05/03
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

コミュニケーションの違いはあって当然ではあるが、ネガティブな感情になりすぎず、建設的なプロセス中で理解して進めるものと理解した。まずは相手の進め方を確認してから、出来るだけ共有できる形で取り組んでいきたい。

dingding
2019/04/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ダイバシティの重要視が必要で、異文化についても、把握しておく重要性を、改めて感じた

arisaka_h
2019/03/27
メーカー 営業 一般社員

各国の人達とコミュニケーションを取る上で、非常に多くの感じ方の相違がある事に、正直驚きました。今後も相手のバックボーンを理解し接するよう心掛けていきたいと思います。

zhenjizi
2019/03/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 部長・ディレクター

感覚で理解していた異文化理解を体系的に学ぶことができて良かった。例に記載された以外の国ではここにあったマップを参考に、日本人との違いは何かの把握・理解をして業務に役立てたい。

kearuhino
2019/03/20
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国や文化ないよって対応の方法が違うことが非常に興味深く、参考になった。今、海外で仕事をしているが、今回学んだことを活かしてみたい。

ujiyan_desu
2019/03/17
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

留学や赴任前に8項目で日本と渡航国の特徴と違いをとらえるといいと思った。

taku3960
2019/03/03
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

異文化と接すると
兎にも角にもまずは「とまどい」がある。
グローバル知識を深める事も重要だが、
柔軟性を意識する事が成長の第一歩だと思う。

leona
2019/02/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

本コースの内容は文化的傾向の一般的な知識として納得。自戒の念を込めて、出身国で人の性格や価値観を判断しないように気をつけたい。

okamura_555
2019/02/14
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

他国の文化を簡単に取り入れることは出来ないと思うが、十人十色の気持ちで時間をかけて理解する努力が必要。

akipan
2019/02/11
メーカー 営業 一般社員

これから東南アジアでの仕事が増えそうなので、相手の文化、歴史、背景を理解するよう意識して人間関係を築いていきたい。

masashi1124
2021/10/23
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

2つのモノサシで新しいものを生み出していくという言葉が気に入りました。
また異文化理解は決して国の違いだけではなく、つきつめていくと個人に目を向けることだと思う。

takayuki_chida
2021/10/23
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

異文化の人とコミュニケーションを取る際は、出身国の考え•特徴に配慮し、それに合わせる形でやり取りをしていきたい

s2k20th
2021/10/23
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

頻度やその内容,順序を相手を意識してMTG等で発言したい。

shun050130
2021/10/22
メーカー 営業 一般社員

上司が中国人なのでもっと相手の背景を理解した上でのコミュニケーションを行いたいと思う

yama_1031
2021/10/22
インフラ・公共・その他 専門職 部長・ディレクター

他国での業務は最初戸惑うが、自身の意見を相手に伝え、コミュニケーションを図って成果につなげたい。

hunny
2021/10/21
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

どの国の人かを意識したコミュニケーションが必要

a-yokota
2021/10/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 一般社員

何か上手くいかないな?と思ったら相手の文化的背景をしっかり理解することに努め、どうしたらうまくいくのか考える。国よって傾向があるのかもしれないが、それにとらわれずに個々人の背景をしっかり見ていきたい。

connie_9816
2021/10/20
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

異文化の従業員のいる組織でのコミュニケーションに非常に有効である。

isao1192
2021/10/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国によって考え方や、接し方が異なることを理解できました。

hatanoma
2021/10/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

多様性が求められる異文化社会の場では、いろいろな考え方があるため、メンバーによって対応方法を使い分けることも重要である。また自分に対して不可解なことが起こっても、様々な考え方があることを理解しておけば、誤解も和らぎ、柔軟な対応が可能と考える。

wisfiy-f
2021/10/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

異文化があることを意識しないといけない。

mappon_osk
2021/10/18
金融・不動産・建設 営業 一般社員

ヨーロッパ、アメリカの違い、中国と日本の違いなど分かってるようで、まったく理解していなかった。きちんと言語化できるいいカリキュラムだった。

udon1330
2021/10/17
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

とても面白い講義だった。日本と似てる面とそうでない面とを持つ国もある

yumirin0527
2021/10/17
インフラ・公共・その他 その他 その他

日本国内でしか働いたことはないですが、日本ってやはり複雑だと思う。若いアメリカ人の同僚が半年で日本を去った昔がなんとなく思い出された。

okyn
2021/10/16
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

国民性の違いで、ビジネスにおける考え方や行動が異なるので、カルチャーマップを参考にして、相手の国民性に合った対応をしたい。

komokomo511
2021/10/15
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

国、地域、そだった環境によって、価値観や文化の違いがあるのは認識していたが、具体例があって、とても分かりやすかった。

kazuki_hirano
2021/10/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

実体験として、自分とは異なるバックグラウンドを持つ異国のスタッフと仕事をしていて、今今は限られた国のスタッフだが、今後はおそらく世界中の様々なバックグラウンドを持つ人々と働くことも想定されるので、国ごとに大凡の傾向を見つつ、コミュニケーションの粒度を調整していくスキルが求められるのだろう。

例えば、ムスリル系の方であれば、祈祷時間の確保やプレイルームの利用など、宗教的な面も理解した異文化への理解がより必要になることは、普段国内で暮らしているだけだとわかり得ないことだと思うが、こういった文化にも積極的に勉強していくことが必要だろう。

全編を通して、重要なことは相手とそのバックグラウンドに対しての尊敬を払った上で、どう行動するかが最重要だと理解した。

tama-14
2021/10/15
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

分析され、図式化したものは理解が容易だなと思いました。
文化というもやっとしたものでも、系統だてられると分かりやすいです。

arikomap
2021/10/14
広告・マスコミ・エンターテインメント 経理・財務 一般社員

大変興味深く学びました。日本人って「不思議」とか、アルゼンチン人って「マイペース」、ドイツ人って「論理的」とか、何となくいろいろと感じてきましたが、カルチャーマップで分析すると各国の特徴が一目瞭然ですね。同じヨーロッパでも民族が違えばリアクションも変わってくるのだとあらためて知りました。

toriy
2021/10/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 経営者・役員

そもそも、分類の仕方にいろいろな軸がある、という意識がなかったのでカルチャーマップの違いをきちんと意識しようと思う。

snowfall
2021/10/08
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

外国人とのビジネスコミュニケーションの中で何かを求められて、断りの意味を込めて「それは難しい」と言いたくなるケース、たしかに多い。
本当に難しいのでそう言っているのだが、不可能ではないと捉えられてしまうのが難しいところ。かといって、はっきりNOと伝えたときにその理由がはっきり言いづらいこともある(自分の優先度的に低いとか、説明が難しい組織的な事情とか)。説得が必要な場面で、どのように説得するのが効果的かという点でも文化的な違いがあることは有益な学びだった。

kamiyon16
2021/10/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

異文化で仕事をしたことはないのですが、異文化での仕事をする際はまず正しい知識を以てその文化を理解することが大切だと学びました。

taka-p007
2021/10/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

異文化の理解は想像以上に難しいと感じる。

najiro7016
2021/10/01
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

異文化を理解するといっても、どんな視点を持てばよいのかもやもやしたところがあったが、この講義では、ポイントを簡潔に実体験も踏まえ、説明されており非常に面白い講義でした。

jameshuntm23
2021/09/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

相手の文化を理解して対応しないとスムーズに業務が進まないことがわかった。

tsukaz
2021/09/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

スケジュールに関するインドの文化は、あまり考えたことがなかったですが、考慮は必要なんだなと理解しました。
ソフトウェア開発では、だいぶインド出身のエンジニアへの委託が増えてきていると感じるので、スケジュールには注意を払う必要がありそうだと思いました。

plum_saako
2021/09/27
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

個人差も大きいと思うが、相手の文化的背景やタイプを理解して、より効果的なコミュニケーションの方法を探っていきたい。
文化的な違いによるコミュニケーション手段では2者択一の選択となることは比較的少ないように思うので、ローコン・ハイコンなどそれぞれの良いところを取り入れつつ柔軟に対応できるようになりたい。

kura_1969
2021/09/24
メーカー 営業 一般社員

現在、日本人のみの組織であるため、異文化に直接関わることはない。ただし、世代の違い等で、基本的な考え方が異なることには、出会う。相手の考え方、意見、方向性を考慮して、対応していくことが必要と感じている。(これ自体がに日本人的な考え方かもしれませんが。)

rere015
2021/09/23
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

同じ日本人でも異文化の人達と同じ様な感覚を持っている人もいるので気をつけたい。

eysachio
2021/09/22
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

国籍から予測される特性と個人の個性をバランスよく考えて異文化交流していきたい。
冒頭の映画の理論ですが、「クロサワ映画」ではなくて小津安二郎映画のほうが講師の言いたいことに即していると思いました(作品にもよりますがクロサワ映画は単純明快ゆえに世界中で受け入れられたはずなので)。

kunihide1982
2021/09/21
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

これは気づかなかった視点でした。
多少、考えや文化は違っても人には変わりないと思っていましたが
国によって、もともとの考え方というものを理解していませんでした。
グローバルでは非常に重要だと感じました。

haruom
2021/09/20
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下の気持ちがわからない瞬間がある。ぐっとこらえて叱るのを我慢して冷静に指導したが。
改善が見られない場合 徹底的に指導しないと治らない。
叱ると議論するのは異なるが人間関係が一番難しい

moritti
2021/09/19
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自分が経験したことが全て正しいとは思わない方が良いと理解した。

ryota00025
2021/09/17
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

「ヨーロッパの人は」というようにひとくくりに考えていたが、国によっての違いを知ることができたのがよかった。

k_star
2021/09/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

実際の洋書を読んだ時に、これまで感覚で掴んでいた内容が文書化されて、理解することができたことが非常にためになった

michael2
2021/09/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の軸を持ちそれを明快にするというのが印象的だった。
「郷に入れば郷に従え」だけでは異文化がまじりあった強味を出せないのは
その通りだと思う。

kentaro_h
2021/09/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

各国の文化的背景を大まかに掴むのに文化マップは使えると思った。

taka385
2021/09/08
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップは違いを可視化するイージーかつ効果的な手段と感じた。

nana_suzuki
2021/09/07
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

とても面白く興味深い講義でした。例えば、陸続きの多民族国家の国では自分の主張をはっきりとしないと伝わらない文化、というようにそれぞれに明確な理由があり、それぞれの国のルーツはどうなんだろう?知りたいなと思いました。

hideo-0502
2021/09/06
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

多様なグローバルな人材との仕事も増えており、背景にある文化を理解する必要性など、とても参考になった。

zummy_0617
2021/09/04
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

異文化理解力を学んでいい勉強になりました。

elmundo
2021/09/02
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

8つのトピックから各国の立ち位置がよくわかりました。意外な国が日本を同じ価値観だったりやはり当然逆にいるヨーロッパの在り方もわかりました。
南米は全てにおいて中間の位置づけだったように思います。

a_toku
2021/09/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

日本と海外という棲み分けで考えていたが、国に合わせたカルチャーマップを意識する事が大事と学んだ

book_nahomi
2021/09/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

様々な視点をいろんな国の人の視点から聞くのが面白く感じた.
また,その際に英語で話される方もいたので,ヒアリングの時間にもなってよかった.

m-nagai
2021/09/01
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャマップの作成はユニークで異文化の接し方の参考となりそうですね。

takayuki0923
2021/08/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

中国人と仕事をする際、担当の動きが悪い場合上司の方からお願いしてもらうやり方が効果的であると感じた。

iwasaki_089377
2021/08/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

日本の県を跨いでも文化の違いを感じますが、国を隔てるとより一層、ドラステッィクに考えが異なり、対応の仕方で困ることがありました。今回の講義で、カルチャーマップの存在を知り、今後、このツールを用いて、海外との仕事に役立てようと考えます。

nak0802
2021/08/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

たまたまカルチャーマップで例にあがった中国とドイツのかたと仕事をしているが、普段うまくいかない理由が腑に落ちた。例えば中国のかたから納期が遅れるとよく言われるが、ネガティブにとらえず、「トップダウン」「時間柔軟性」であることを踏まえ、感情的にならず、まずは理由を確認した上で対応していくことを意識していく。

owlnks
2021/08/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

各国の文化の傾向を横軸グラフで示していただいたのは初めてで、非常にわかりやすかった。異文化理解=密にコミュニーケーションをとることと思っていたが、個人の文化や背景を理解した上でコミュニーケーションをとることなのだとわかった。

s_ishihara
2021/08/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

社会人になり海外出張や、外国からの訪問者の受入れで、様々な地域の外国の方とコミュニケーションを取る機会がありましたが、想像以上に異文化の考え方の違いが存在している事は感じておりました。当講義のカルチャーマップは私が心の中で薄っすらと感じていた各国の傾向とも合致しており、非常に興味深く感じました。今後はカルチャーマップという概念を意識しつつ、異文化コミュニケーションを行っていこうと思いました。その他、カルチャーマップに基づくと、日本はトップダウンが弱いのに、合意志向など、様々な面で、仕事が進みづらい文化なのだという事を感じました。今後はこの点も意識しながら業務に当たっていきたいと思います。

takaryon
2021/08/21
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

文化、国籍が違う方々と仕事をする際、最も重要なのは相手の背景を考慮しコミュニケーションをすることだと考えます。しかしながらそれは自分の考えを相手に合わせたりするのではなく、どうすれば組織にとって明確な利益が出るのかのプロセスであり、結果を重視することがどこの国においても最も重要であります。例えば、いちプロジェクトでA案B案があるとした場合、会議においてA案及びB案のどちらかに決め・実施し利益を生むことが組織において一番大事です。その方針決定の過程を異文化の舞台で各人で合意しながら行うのか、また、リーダーとして決め切り統率するのかが冒頭で述べた相手の背景を考慮しコミュニケーションをするということです。
ゆえに相手の意見もですが、背景や考え方といった抽象的なものをくみ取れるかが国際的な舞台では必要です。

n_araki
2021/08/16
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

意外と理解していない事象であり有意義であった。

hanawa_120
2021/08/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

社内でも目に見えてグローバル化が進んでいる中で、日本人の文化、外国の文化を知っておくのは大切だと感じた。ただし、日本で仕事をしている限り、外国人の方はある程度日本を理解していくれている人が大半だと思うが、海外で仕事をする際はさらに深く相手を理解しなければ、円滑に業務を進めるのは困難だと思った。

tingyok
2021/08/16
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

冒頭で「日本は歴史的に単一民族」と言っていた個所は、訂正すべきだと思います。
他の内容はとても興味深く、場面ごとの解説だったのですぐに実践してみたいと思いました。

takeco22
2021/08/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

「外国の人のことだから理解できなくてもしょうがない」で済まさず、相手の考え方、文化の背景を理解し協業していくことが大事だと感じました。
カルチャーマップは理解を深めるのに良さそうだと思いました。

shu133_naka
2021/08/15
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

相手国の情報を、より深く調べる事が大切で、良い関係性を築きたいとかんじた

manabu0721
2021/08/15
金融・不動産・建設 資材・購買・物流 部長・ディレクター

現在、インドネシアで仕事をしていますが、早速カルチャーマップを実践してみたいと思います。

tatsu1117
2021/08/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

日本人の間で意見し合う際、意見≒人格、性格と思われても仕方ないという意識のもと、発言または、傾聴しなければいけない。根回しや、意見が対立する担当者の上位者との合意を取り付ける事で、対立回避を図る事も必要と考える。

etoile187677
2021/08/13
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 一般社員

具体的なエピソードが多く、楽しんで視聴できる講座だった。
説得の場面で、イタリアやフランスは原理原則を重視するというのは知らなかったので、興味深かった。

project_x
2021/08/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

日本とアメリカの関係で語られることが多いイメージだったが、各国かなり様相が異なることが理解できた。
アメリカは移民の国という背景もあってか、中間的な位置にいることが分かった。

hirokichikuwa
2021/08/10
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

中国は日本と真逆のトップダウンで、スケジューリングが柔軟な文化である。それ以外は、日本と似ている。

hagie-5515
2021/08/10
メーカー その他 一般社員

文化の物差しを使うってことがこの動画を見てとっても勉強になりました。

4rau_gh
2021/08/09
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

無理に自分の持つ価値観を押しつけず、共存していくことの重要性を学んだ。

match-v
2021/08/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

さまざまな観点から文化における違いを分かりやすく解説していた。グローバル環境での仕事は非常に難しいと感じた。一方、文化はエンターテイメントだと言って、それを楽しむという講師の言葉が印象的だった。

rsugi
2021/08/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップは違うポイントが明確になるのでわかりやすいと思いました。違いを捉えて対応していくことの大切さを認識しました。

rohimoto
2021/08/04
メーカー 営業 部長・ディレクター

自国外での業務遂行において、特にチームワークで業務遂行する場合に、参考になったことが、理論優先か、応用優先か、平等主義か、階層主義かという観点でした、自分自身リーダーとしてのビジョン、意向を打ち出し続ける中で、各メンバーとの折り合い、課題共有、目指すゴールの共有を醸成していきたいと考えました。

t_maresuke
2021/08/02
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

海外だけでなく自分のコミュニティの中でもタイプなど違いは色々ある。その中でいかに率いて行くかにも応用できると感じた。

yukihida
2021/08/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

国や地域はもちろん,日本国内でも国によってさまざまな文化があると思う.
正解は一つではないのだということを改めて認識した.
その場に応じてfitすることが大事だと思ったし,個人的には海外のフラットな環境で仕事をしたいと感じた.

sato-1552
2021/07/30
メーカー 営業 一般社員

グローバルな環境で、何となくアジア、ヨーロッパ、アメリカ等でひとくくりに考えがちであるが、実はそれぞれに少しづつカルチャーマップが異なり、色々な文化がある事が理解できた。
お互いに分かり合える関係を作っていけるよう取組むためには、まずは「知る」事が大事で、その上で尊重を行う事も大事と思う。
グローバルな事例での説明ではあったが、別に国内でも日々の人間関係や得意先との関係作りにも根本にある考え方だと感じた。

yuya_1024
2021/07/29
メーカー 営業 一般社員

過去に異なるバックグラウンドを持つ同僚や上司の仕事のやり方に苛つくこともあったが、自分の考えを押し付けるのではなく、相手の特性の良さと自己の特性の良さのうち、現在の状況に適切な方を柔軟に取り入れていきたいと思った。

mako0114
2021/07/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

異国文化を楽しむ気持ちも大切!

ogura-0905
2021/07/28
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

海外駐在中の自分にとって共感できる事が多くありました。
しかし、海外の会社=直接的な意見が重要 と一辺倒に決めつけていた自分もいたので、今回の講習で多様な文化があることを改めて認識し直せました。

130mt_626
2021/07/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップを理解すすることで、円滑なコミュニケーションが可能である。アメリカが日本の対極にあると勝手に思い込んでいたが、もっと対局な国があるのは意外だった。各国の人の実体験に基づくエピソードは参考になる。

yasu-342
2021/07/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

グローバル環境において特に日本は他の先進国と大きく文化が異なるので、この章の事例はかなり自分にとって新鮮であった。

twstone1979
2021/07/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

多種多様な社会となっているので、国という単位での異文化の差よりも、どのような個人が傾向を持つかを意識したマネジメントが要求されているということだと思います。ドイツ人はというような決め打ちは結果失敗になることもあるのではないでしょうか?

tsbibito
2021/07/20
メーカー その他 その他

異文化はじめて学ぶことが多くありました。日常生活でも活かせそうです。

you_k
2021/07/19
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

直属の部下である中国人の方と、感覚が合わないなぁと思うことが、時々ありましたが、この講義を見ていろいろと気づくことがあった。明日から、もう少し接し方を変えるよう意識していきたい。
また、会社としてもダイバーシティが推進され、自身の業務としてもグローバルでのタスクにシフトしつつある。自分の感覚で接するのではなく、相手が接してきた文化も理解しつつ、相手の特性に合ったコミュニケーションが大切であることを学べました。

saggi
2021/07/17
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

感覚的に理解していたけど、グラフやカルチャーマップを見て解像度が増した。

今までは、人がそうしていると感じていたが、長年続く風習・歴史が人をそのようにしていると感じた。積み重なってできた風習はそう簡単に変えれることではなく、むしろこちら側(日本)が柔軟に対応することで、コミュニケーション向上、リスペクテーションが生まれると感じた。

ところで、東南アジアだと、中華系、マレー系という人種があるので、彼らの傾向もより具体的に知りたい。

l57720
2021/07/17
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 一般社員

コンテキストや柔軟性など、様々な視点からコミュニケーション手法の違いについて学んだ。個人によっても差があると思うが、文化的な影響も大きいと思うのでその国のコミュニケーションの特徴について知っておくことは大切だと思った。

toy72
2021/07/14
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

納得する点が多かった。日本人的感覚でどうしても仕事を進めていたが、異文化理解で柔軟に対応するのが双方に利益あるとわかりました。

ynomurauk001
2021/07/14
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

整理の仕方が良くわかりました。そして面白いです。

jinyoung_7391
2021/07/13
インフラ・公共・その他 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

私は韓国人ですが、今回のプログラムで逆に日本の文化を知る機会になりました。異文化はやはり面白いです。

mn1968
2021/07/13
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

今の仕事は全くグローバルな仕事では無い、英語も話せないし、別世界の事と感じでいるが、グローバルな仕事をしてみたいと思い、これを受講しました。

ymomy
2021/07/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

それぞれの国のカルチャーマップの特徴を知っておくことで、柔軟に対応できるので、カルチャーマップの知識はとでも重要だと思った。

t_ari
2021/07/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

他の国の人と仕事をする上では事前に文化の違いを学習することが必要だとわかりました。

tsuyoshi_ueda
2021/07/11
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

異文化交流を進める上で全ての指針を頭に入れるのは難しいので、カルチャーマップを作って自分とその他メンバーの共通項目と対立項目を見える化するのが良いとおもいました。日本人はハイコンテクストの文化があるので特に海外では指示を細かく正確にする必要があると思います。

hotdog7
2021/07/11
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

海外の異文化と接する機会があまりなく、聞けばなるほどと思うが、実践の場があれば試してみたい。

hiro_19
2021/07/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ところどころ聞きづらかったせいか、
この内容は異文化の前に、個人的性格を考慮してのコミュニケーションの注意点では?と思いながら、
スケジューリングの捉え方は直線的に、臨機応変が望ましいと思っていたが、文化背景も要因の一つと認識が改まった。インド関係との調整の時はなお一層気を付けたい。

taosyatyo
2021/07/11
金融・不動産・建設 営業 一般社員

グローバル展開の難しさを理解することができた。

pupapupa
2021/07/08
メーカー 営業 一般社員

大まかに各地域の傾向を理解するためにカルチャーマップは有用だと思った

yat_2608
2021/07/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

日本と諸外国をカテゴリーごとに比較していて分かりやすい講座でした。諸外国の理解はもとより、日本についての理解も深まる楽しい講座でした。

kojima_shin
2021/07/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

業務で活用する機会はすぐにはなさそうだが、国、地方によって価値観が日本と大きく異なることを知ることができた。
正しい知識(マップ)を得ることが、まず大切であることが分かった。
本も機会があれば読みたいです。

iwaot
2021/07/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 部長・ディレクター

異文化を理解することはとても重要だと思う。ダイバーシティ観点でもそうだと思う。
しかし、理解することと、相手に合わせるということは違う。
相手の国の特性に従って合わせるのは間違っているのではないか。
しっかりとアイデンティティを持ち、自分を主張し、相互に受け入れるということがこれからの時代に求められると思う。

gaofin
2021/07/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

何が正解なのか?ではなく、一つのチームにとって、最適なアプローチでアウトプットを出すことが、異文化チームのコミュニケーションで留意されるべきと思います。

makoto_1977
2021/07/05
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分の海外赴任の経験ともよく合致しており、非常に有意義な内容であったし、改めて自分の経験と考え方を整理することができた。
お互いに違いを認識したうえで、付き合っていくことが非常に大切であることを改めて感じた。

bmayu
2021/07/04
メーカー 営業 一般社員

なんとなく感覚では国の違いをとらえていたが、線図?で可視化され、より理解できた。日本国内でも、異質なものを受け入れられるかどうかが、仕事がうまくいくかどうかだと、思う。

var
2021/07/04
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

普段異文化の方と関わる機会は少ないが、それぞれの国の特徴を事前に知っておく事は有益なことなのだと感じた。もちろん個人全てが当てはまる訳ではないが、大枠として頭に入れておくことに損はないと感じた。

negan1980
2021/07/03
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルでビジネスをしているが考え方の違いは日々感じている。見解の違いを楽しむ、大事なことだと思い実践しようと思います

s_a2
2021/07/02
メーカー 営業 一般社員

同じタスクの案内、要求をする場合でも相手の文化に合った伝え方を考慮しながら実施したいと思った。そういった工夫が業務効率化にも繋がると思う。

take8639
2021/07/02
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

When in Rome, do as the Romans do

hi-yu
2021/07/01
メーカー その他 一般社員

それぞれの国を8つの項目でマッピングした際の特徴は、なんとなく自分が持っているその国に対する印象が反映されていて面白いと感じた。日本の特徴は、グローバルで重宝されるのだろうか。

ohge
2021/06/30
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルな感覚は今後重要となることを理解した。

shin4039
2021/06/30
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

解りやすい内容でした。日本の中でも多様な人がいるなかで相手の考え方も考慮しながら議論することも重要と感じました。

rossifumi46
2021/06/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

外国人相手には意見をはっきり言った方がよい程度に思っていたが、必ずしもそうではないだけでなく、信頼の構築や説得など色々な要素が国によって違っているということを学んだ.

nicconitty
2021/06/25
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

非常に分かりやすく腹落ちできる内容だった。決して日本人的なものを否定せず、貢献できるパフォーマンスを考えたい。

sugaray
2021/06/23
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

すごく面白かった。国別にレッテルをはるのはどうかと思うが、個人の性格や過ごした環境などによってもいろいろ考え方は違い、まさに千差万別で、いろいろな考え方を常識、非常識の枠組みでとらえず、個性のひとつとして受け止めて判断することが必要。

notoikeda
2021/06/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

欧米諸国のカルチャーマップはなんとなく理解していたが、世界で見ると多様な性格を持つ文化が存在することを理解できた。日本人の特質を理解しつつ、
多様な考え方を受け入れられるように努めたい。

tamanon
2021/06/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

8つのポイントで、各国の特徴が対比されて、面白かった。違いのあることは是非には関係なく、まずは正しく理解することの重要性の裏付けが理解できた。

midoris
2021/06/20
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

海外チームと仕事をする際に相手がどのような背景の文化なのか、マッピングが非常に役に立った。もっとも、日本国内でもフラットで肩書にとらわれない会社などもあり、あまりマッピングにとらわれすぎず参考にする程度がよいと思う

reiko_h
2021/06/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

さまざまな文化バックグラウンドに、配慮して、仕事していきたい

s98
2021/06/19
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 一般社員

印象の異なる国、特に中国の印象が変わった。

kozo-hoshino
2021/06/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

8つのポイントで学習できたことと実際の海外のメンバーの実体験を聞けたことでより理解が深まりました。中国ビジネスが多く、接することも多いのでカルチャーマップで改めて確認できたことが良かったです。

hika_130
2021/06/15
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

8つの指標で文化差が整理されてとても理解しやすかった。他国のみならず日本の文化もきちんと言語化して整理されているため、今後仕事で海外とやりとりする際、自分が相手を理解するだけでなく、日本の文化に理解を深めてもらう場面でも活用したい。

nishi49
2021/06/15
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

現在の業務で海外の人とやり取りをする機会がある。
本研修の内容を参考にしたい。

katadora
2021/06/14
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

文化に違いは実際に現地に赴いてでないとわからない。

mike1961
2021/06/13
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

日本と欧米で大局的な考え方に差異があるのかと思っていたら、実際には国ごと、そして分野ごとに様々な相違があることが初めて理解できた。

takehiko211
2021/06/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

日本人 vs 外国人といった単純な構図ではなく、外国人といっても、欧州とアメリカでも差があるので、国単位できめ細かく文化を正確に理解し、コミュニケーションすること。全て相手に合わせるのではなく、あるいは日本のやり方を押し付けるのでもなく、お互いの強みを生かすことを意識したい。

ryo_murakami
2021/06/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

日本の文化というより昭和のサラリーマンの文化という感じがします。新人のときは違和感を覚えました。今でも覚えます。本格的にダイバーシティが叫ばれるようになり、男性優位のもと気づかれた組織文化は変えられようとしているように感じます。グローバルビジネスでは、慣習・慣例といったものを前提をしないことを皆が意識することが大切だろうと思います。

fuji3721
2021/06/09
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

この手法を応用すれば、長引き気味の会議を素早く終わらせるようなこともできると感じた。

nobozou
2021/06/08
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

異文化ということに対して、客観的な視点をもつことができたのが成果

golf
2021/06/07
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

異文化についつい身構えがちになってしまうが「文化は最大のエンターテイメント」の言葉によって考えすぎなのかもしれないと感じることができた。素直にエンターテイメントととして楽しもう。

user-23280fda86
2021/06/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

日本でも昔の体育会では超ローコンテクスト。対顧客ではハイコンテクスト。時々で対応しているので、受身のローコンテクストはグローバルでも対応できるはず。発信側は要注意と感じた。

sk0201
2021/06/04
コンサルティング・専門サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーの特徴をマッピングすることで国ごとの個性がわかるというのは、異なるバックグランドを持つ相手とコミュニケーションをとるさいにとても役立つと思った。

emi26
2021/06/01
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

国ごとの仕事に対する姿勢や感覚がわかりやすく、この表を知っていることで相手の背景に応じてより適切に対応できると思った。

k246
2021/05/29
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

説得、信頼における日本とは異なる文化の考え方は、意外で学びがあった。
原理・理論を重視する文化のプレゼンテーションがどういったものなのかは、上手くイメージできなかったので、調べてみたい。

tada05
2021/05/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

グローバル、ダイバーシティ両方に通ずる考え方であり、多様性を意識した行動を行う

poshio
2021/05/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

普段、海外の人との仕事がメインであり、多くの日本人は自分に対して、海外の人の説得を依頼することがあり、海外の人の一部は、言うことを聞かないとか、うそをつくとか、約束を守らないとか、そういうことが理由です。しかし、それは彼らはいい加減なことをしているのでなく、そういう文化なのだと、逆説得しまています。これまで感覚的に違いを感じていたものが体系的に整理されて
とてもよかったです。よくわかりました。

tagukatsu
2021/05/26
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

現状では、異文化コミュニケーションを必要な環境にはないが、今後有るかも知れないと考えるので、その状況になった場合は学んだ内容を思い出したいと思う。

toshi-x-taka
2021/05/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 経営者・役員

かなり前に異文化の方と一緒に仕事をしたことがありますが、進捗やコミュニケーションが思わしくなかった原因がどのようなことであったのかが理解できました。

si_ta55
2021/05/23
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

スライドが理解しやすく、内容も面白かった。

hana_2021
2021/05/22
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

異文化の違いを知り(Knowing)、知った違いを実践で活用し(Doing)、自分の個性を活かしつつ他人の違いを受け入れ活用するダイバーシティの視点を活用することが肝心。

tatsu213
2021/05/11
メーカー 営業 部長・ディレクター

国際的な感覚を身につける重要性を改めて感じた

tomo1418
2021/05/11
商社・流通・小売・サービス マーケティング 部長・ディレクター

カルチャーマップの具体例は今後のビジネスで活用したい。また自分が関係する国のものを個別に作成する。

user-bae0734057
2021/05/11
  

仕事のあり方というのは国によって違う、それは人によっても違うと感じた。誰かの仕事の仕方を否定せず、受け入れ、いいところを吸収できる働き方が必要だと感じた

tomo-t
2021/05/10
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

それぞれの国の文化や考え方、特性をよく知った上で接する事が大切であることを学んだ。
千差万別色々な考え方や判断の仕方があることを興味深く知ることが出来、楽しかった。

kuritomo0215
2021/05/10
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

さまざまな角度から考える必要がある事を改めて認識した。

yutaro_7
2021/05/09
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

特になし

masako_ti
2021/05/09
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

日本人の間でも個人によって文化の違いがあると感じたので、日本人間のコミュニケーションでも異文化理解を意識してみようと思いました。

taiki1027
2021/05/09
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

よく理解できました

mamoru_kagomiya
2021/05/06
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

日本人の中でも、世代間で意識の違いがあるため、参考になった。

hiro_ka
2021/05/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップは視覚的に文化を見られるので面白かった。
日本人も画一的でないので、個人の性格を見てみるのに使えそう。
日本人は異文化に合わせようとする傾向が強いが、外国人はその傾向は弱く、自分を貫いているイメージがある。

noriume
2021/05/05
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化理解力の話を聴いたが、これは国内業務、日本人だけの企業でも当てはまる話と感じた。
中高年として若者、男女、異なる個人の価値観が共存し成長するには、異文化理解力とコミュニケーションが必要だと感じた。
日本人は阿吽の呼吸、コミュニケーションなしというのは通じない。

new-moon
2021/05/04
インフラ・公共・その他 専門職 その他

ダイバーシティに役立てます。

tomoyuki1968
2021/05/03
金融・不動産・建設 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

この1年の間に、まだ、一部ではあるが、日本人に潜在的にいた本質的な議論をすべきMTGの機会が増えた。深化するには、いいことではある。
ただ、日本文化のいい面は念頭に、また忘れすに実践していきたい。

tom_0504
2021/05/03
メーカー 営業 一般社員

現在業務でハイコンテクストの国から、ローコンテクストの国まで幅広く担当している。反応の違いに戸惑うことが多いが、この講義で少し背景が理解できた。本日の講義の内容を今後常に念頭に置きながら、感情的にならずに、冷静に判断が出来るように業務を進めてゆきたい。

bonjours
2021/05/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルなビジネス慣行といっても、国による差異があり、特に西洋諸国間でも皆同じ文化背景を持つわけではなく、視点によっては異なる文化を持つことが良く理解できました。

aka1234567
2021/05/01
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

業務上経験することのない分野の話だったので、非常に参考になった。

meixiang
2021/05/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

国によって違いがたくさんあることは大きな気づきでした

kokorono-papa
2021/04/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

言うべきことは言う。お金を貰って仕事をしているから当然のこと。仕事を最善に行うには意見のぶつかりも厭わない。
最近は高校生のスポーツで顕著に聞かれる。
お互いの文化は尊重されるべきだが、日本に来たら日本の文化を尊重してほしいと思う。最初は難しくとも日本語で会話するべきではなかろうか。我々もその国に行ったらその言葉を話すべき。そこで初めて理解してもらえるというのが私の経験である。

miyou
2021/04/27
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

国によって様々な文化や考え方があることを理解することが大切であると感じた。

zayar
2021/04/25
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

Thank you so much.it is really useful.

takaishi_0713
2021/04/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

グローバル化が進むほど人材の多様性は加速するが、これを取りまとめることも難しくなることを学んだ。また、製品やサービスを提供する場合にも、これらの異文化理解を基にした地域性を考慮することが重要そうだと感じた。

lit-deer
2021/04/20
メーカー その他 部長・ディレクター

カルチャーマップを活用した異文化の理解というのがわかりやすいと思いました。それぞれの国がどのような文化を持っているか理解し、それにより対応の方法をどのようにしていくかを可視化することで、様々な隔たりをなくせると思いますので、活用していってみたいと思います

goodchild
2021/04/19
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

海外の会社とのやり取りのなかで、感覚にズレがあり、困ることもあるが、それも文化であることを理解し、こちらの文化を伝えながら、きちんと結果を出せるように会話をしていければと思う。

takeaki_3685
2021/04/17
メーカー 経理・財務 経営者・役員

ドイツ人ボスの下に働いていますが、確かに理論大前提の進め方をしていると実感しました

szktomo
2021/04/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

グローバルな視点で見ると、日本はあらゆる面で考え方が偏っているなと思った。

j_watta
2021/04/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

こうした国ごとの基本的な文化の違いを理解しておくと、相手がなぜそう言うのか、そのような行動をするのか、を冷静に受け止められるようになると思いました。一方で、先入観に固執せず、ひとりひとりその個人の考え方や特徴をしっかり理解することも大事、まさにダイバシティだと感じました。

togakei_0316
2021/04/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

各国の文化の特徴を知るいい機会だった。もし、外国人と交流することがあれば、この講義を復習して臨みたい

kanatrou21
2021/04/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

こうしたカルチャーの違いは国・民族による違いもあるが、育ってきた環境によっても異なるものだと思いました。
特に日本の若者はこうした海外の良い文化だけを取り上げて意見する傾向があるように見える。
だが実際は日本の文化もグローバルな文化もそれぞれ良い点があり、一概にどちらかが良いというわけではなくどちらも良い点悪い点を「正しく理解」し、柔軟な人間になるべきとしてとても良いコースだと思います。

micky_arune
2021/04/14
メーカー 営業 一般社員

非常に学びが大きかった。

それぞれの国籍でパターンは様々であり、かつ個人によっても多少アプローチ方法は変わってくると思う。しかし、今後海外の方とビジネスをする機会が非常に多くなる自分にとって、相手の国の傾向、バックグランドをまずは把握したうえでコミュニケーションをとることで誤解を少なくすることができると思う。

まずは、一般的なものとして”正しい”傾向を知る。そのうえで個々人とコミュニケーションをとりながら、互いに信頼関係を築いていく。

k_tsuda
2021/04/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

適応的に相手のカルチャーに合わせることも重要なので、カルチャーが異なることによって生じた問題には柔軟に対処したい

kanta_3117
2021/04/14
メーカー 営業 一般社員

異文化を評価軸ごとに分析する方法は今までない視点だった。
「この国の人はこんな性格だ」と全体像を一括りで捉えるのではなく、細分化することで、場面に応じて適切な対応を取れるようにしていきたい。

mito_0110
2021/04/14
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

異文化理解はビジネスを円滑に進める上で非常に重要であるが、固定概念を持つのも危険であるような気がしました。そもそも、何を基準にグラフに国々が配置されているかが不明です。
一番大切なのは、自分自身で現場に飛び込んで、探りながら掴んでいくことであると思います。

hiro_wakaba
2021/04/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

文化にとどまらず、個人に当てはめても言えることが多いのではないかと感じました。自分を取り巻く人達の特徴を把握しておくことはより良い業務につながるのではないのでしょうか。

khk
2021/04/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

文化の多様性について学び、実際に現地の方に聞くことで理解を深めていきたいと思った。

cf_202104
2021/04/13
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

アメリカが比較的中立にいる場面が多く、自分のイメージとかけ離れており面白かった。

suganor
2021/04/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

異なる文化を持つ人々と仕事をする際はカルチャーマップを活用し円滑に仕事を進めていきたい.

ht0619
2021/04/09
商社・流通・小売・サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

意見をはっきり伝える事、なんとなくでは伝わらない、理解してもらい、実行できるまで繰り返し伝えていく事が必要

mio_ka
2021/04/06
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

とても興味深く、楽しんで学べました。
常日頃、様々な国の方々と仕事をする立場なので、カルチャーマップを活用し、また違いを楽しみながら、お互いを尊重し合って仕事にあたりたい。

akikom1
2021/04/05
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

異文化の同僚や上司、部下と働くときは、自分のやり方が正しいと過信せずに、相手の文化や価値観を尊重して、その特徴に沿って応対できるようにする。

akira_2021
2021/04/03
メーカー 営業 一般社員

国によって考え方が違う、その背景を理解すると納得し易いかもしれません。
否定せず、理解しょうとする気持ちを大切にするべし。

mayu2021
2021/04/02
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 部長・ディレクター

分かりやすいカルチャーマップでした。様々な国の顧客がいるので営業交渉の場で役立てたいと思います。

itkk_1983
2021/03/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

異文化の国とコミュニケーションをとる場合は、やはり日本に比べて直接的な言い方になるので、そういう心構えをして冷静に対処するのが良い

akin_1019
2021/03/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

色々な地域の方とのWEB会議で感じていた違和感が、この講座ですっきりとしました。今後のWEB会議で生かせそうです。ありがとうございます。

shintani_m
2021/03/28
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

国によって全然違うことを知った

nishimasa
2021/03/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 部長・ディレクター

日本文化にとらわれることがないような感覚を身に着けたい

chokora2
2021/03/25
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

海外経験が無いので大変参考になりました

tsukasa_1496
2021/03/24
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

あまり外国の方と仕事をした経験はありませんが、今後グローバルな仕事を担当する際には、相手の文化的背景を理解した上で臨みたいと思いました。

take4c1027
2021/03/21
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

ビジネスを上手に進めることを意識するより 相手をまず受け入れる 認めることから始めることが重要かなと感じました。

ishida_m
2021/03/20
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルというだけでなく、同じ日本人でも人によって価値観が異なるため、とても勉強になりました。

tsukasa_2367
2021/03/19
金融・不動産・建設 その他 一般社員

今まで、欧米人はこう、アジア人はこう、アフリカ人は・・・というように、ひとくくりにするという勝手な思い込みがありました。考えを改めさせられましたし、良い気付きを得られたとても面白い講座でした。

nodataka
2021/03/17
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 一般社員

実際にあったエピソードをベースに講義が進んでいったので、リアリティがあり、参考になりました。

noir_mom
2021/03/16
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

具体的な事例に基づいて学ぶことができ、理解が深まりました。実際に体験してみないとわからないことではあると思いますが、事前にこのような知識があるとないとでは、大きく違いがでるので、今後に役立つ内容でした。

ryusuke1_tanaka
2021/03/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

諸外国のグローバルに活動している人は既にこのような文化の違いや考え方の違いを理解した上で適切な合意形成やファシリテーションの能力を持っている人が多いと感じる。自分もそのようになりたい。

eiichi_ota
2021/03/13
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

アジア人だから、欧米人だからといった単純な切り口では文化的背景の切り分けができないと感じていたが、この回の学習では、この切り分けする上での着眼点を示してくれ、大変参考になった。

mi1021
2021/03/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の仕事がうまくいかないとき、文化の違いや、考え方の違いなどの背景を考え、アプローチを変えることが重要と思った。

hiroshi03
2021/03/11
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

カルチャーマップを作成しいつでも参照できるようにしておきたいと思いました。

esraa_y0604
2021/03/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

This knowledge can be both factual and practical. This means that the information you learn is not just interesting to know but will be of great use in your current role and to where you hope to go.

nakao124
2021/03/10
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

弊社は海外の方が多い会社であるのに、日本の特徴によっているのが驚きでした。やりづらいと思われているのか、気になります。

kaede-1118
2021/03/08
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

様々な環境に伴う思考があり、非常に興味深い内容であった。もっと深く学んでいきたいと思った。

naonori_k
2021/03/07
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップを参考に、自身の仕事に関わる人を改めて考え直してみると新たな発見があった。

ryo56
2021/03/07
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

とにかく意識することと、自分自身がポジティブに進めることを再認識しました。

rn_114514
2021/03/06
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

日本人同士でも「なんだ、この人。なぜこんなことを言うんだろう…」と理解できなかったり、イライラしたりするときがあります。究極には、個々人のコミュニケーションでも異文化理解力で挙がっていたカルチャーの違いを認め合うのは有益なことだと思います。勿論、国(地域)の隔たりによるカルチャーギャップに比べれば小さいとは思いますが。

utty2021
2021/03/03
広告・マスコミ・エンターテインメント IT・WEB・エンジニア 一般社員

ローコンテキスト、ハイコンテキストという表現は初めて耳にしたので参考になった。

mihoval
2021/03/01
商社・流通・小売・サービス コンサルタント 一般社員

自分は日本人だが、自身のカルチャーが「日本」のそれとずれていることもあるように思った。周りのカルチャーをきちんとみて言動することも大切だと感じた。

sachiwo_oz
2021/03/01
金融・不動産・建設 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

具体的な事例に沿っていたので非常にわかりやすかった。国ごとの特徴は加え個人のバックグラウンドを理解しておくこと大事だと思う。

kai_laughter_23
2021/02/24
インフラ・公共・その他 その他 その他

具体的体験を元に異文化について語られていた。最後の大切な3つのポイントを、経験の中で実践していきたい。また、異文化の良いところを日本の組織でも取り入れると、良い組織を構築していくことにつながると思う。

h_t_
2021/02/24
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

・国ごとの文化の違いは非常に大きい。まずはそれを理解することでストレスが減るのではと思った。
・多文化で仕事をしてみたいと少し思った。

nana_k_i
2021/02/22
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

オーストリア人とのタスクにおいて、スケジュールを簡単に変更したり、止めたりし、さらにそれを連絡してくれないので、非常に困っている。こちらはトップや役員の示すゴールが絶対的であるため、担当が自分の業務都合や周辺状況に引っ張られてスケジュールを変更するなど言語道断であり、自身の評価にも関わる。双方の国で仕事の評価基準が違う者が同じプロジェクトを進める場合、どうしたらうまく行くか具体的に知りたい。

shino_0220
2021/02/16
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

とても参考になる講義でした。自分が接する国のカルチャーマップを作成し、活用したいと思います。

naluwave
2021/02/15
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

8つの視点を視聴して、今更ながら、職場の異文化コミュニケーションのむづかしかったこと、やり難かったことが明確になった。
仕事場にはヨーロッパ、中国、台湾などの様々な文化を持つ同僚がいます。明日から実践したいと思いました。ありがとうございます。

aji-taro-2020
2021/02/14
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

国や文化圏により異なる対応が必要であることを事例で理解できわかりやすかった。
こういったことを意識してコミュニケーションしていきたい。

reoart
2021/02/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ビジネスでは結論を先に述べることが大事=万国共通と思っていたので、特にこの点には驚きました。こうしたことに慣れ親しんで他の価値観があることを知らないと、相手にとって最善を尽くしていることがこちらには言い訳のように受け止めてしまう。相手にも自分にも不幸でしかない。あらかじめ知っておくということが、如何に異文化で仕事をする際に大切であるかを学べました!

sa1216
2021/02/12
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

スケジュールにおける柔軟性は、日本人が苦手とする部分なような気がしましたが、これだけ不確実性が叫ばれる現代社会においては、こういった柔軟性がより求められるような気がしました。

trta5000
2021/02/09
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 一般社員

違いを楽しめるような余裕を持てるように努力したいですね。

okano26
2021/02/07
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

実務で「わかる」ようになるには時間がかかりそうですが、この講義で「知っている」ことが出来たので、あとは経験なのかなと思いました。

hiroki1202
2021/02/07
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

アメリカはローコンテクストなコミュニケーションでありながら、直接的なフィードバックを好まないといった点から まだまだ理解ができていない事が分かりました。

hiro302
2021/02/06
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

グローバル環境でビジネスを行うためには、カルチャーマップを頭にいれ、異文化を理解した上で、行動することが重要である。

yoshi_0128
2021/02/04
メーカー 営業 一般社員

相手の文化、常識を理解した上で対応に臨むようにする。

sugiyamanorio9
2021/02/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

過去、複数国の事業を担当していた時、各国で感じていた相違点を非常に分かりやすく整理できた。もっと早く学習したかった。

ymyamato
2021/02/02
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

互いに違いを受け入れ、良いと思う所を吸収することで、日本以上にいいもの、いい関係を作っていきたい。

ken_the_ripper
2021/01/25
メーカー その他 一般社員

とても興味深く聴講させていただきました。
「アメリカ型」という言葉でまとめられてしまっている(ように感じています)
グローバル化ですが,最後のコマの「文化の違いを積極的に活かして新しいもの
を生み出していく」というところが非常に印象に残りました。
対立回避型も悪いことではなく,活用できる場面もあるのですね。
いろいろご教示いただきました。ありがとうございました。

uck48
2021/01/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

無意識に自分が文化に染まっているのを感じた。
文化のせい。
外に出ないとわからないことなのかもしれない。
おもしろい。

yasushi_0724
2021/01/21
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

こうやって学ぶと、改めて文化の違いを知ることができました。コミニュケーションや説得など、場面によって考え方があり、マップという考え方は今後異文化の人と仕事をしていく中でとても有効な手段になると感じました。何回も見直したいと思います。

r_c_
2021/01/20
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

国ごとに違う文化があると認識していたが、細かく分類するとイメージと違うことも多く、勉強になった

m_kato7
2021/01/18
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

異文化の違いをよく理解し、相手のバックグラウンドに合わせて正しいアプローチで距離感を縮めてコミュニケーションを取ることが大事であると感じました。

nao-39
2021/01/17
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

異文化をビジネスのプラス要素として活用する。「多様性」という言葉が社内でも広がっており、理解しているつもりではあったが、こういうことかとつながって理解できた。
また、「欧米」を日本の反対の文化としてひとくくりにしていたが、アメリカ・イギリス・ドイツでもそれぞれ異なっていることを理解した。

mayasuke
2021/01/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

国によって様々な特徴があるのがわかった。日本以外はこうなんでしょというのも偏ったみかたであり国によって様々だという事が理解できた。異文化を理解し働くにはその国の特徴は調べておいたほうがよいと感じました。

andoh_m
2021/01/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

海外の人の自分との違いを受け入れることは意識していたが、自分の文化を相手に伝えていく事は意識したことが無かった。自分はどう言った考え方、文化を持っているのかを意識してみる

shimizu_k
2021/01/12
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

国によって、項目ごと、こんなに趣が違うとはビックリです。

norinorichan
2021/01/11
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

グロービス学び放題の受講を決めてから田岡先生のこの講義は楽しみにしていました。

今回はエリン・メイアー氏の「Culture Map」をベースに話をしておられたため国別のマップになっていましたが、多民族国家や移民国家であれば、同じ国の間でもカルチャー・マップができる一種の「国内の異文化のレイヤー」(例:マレーシア、シンガポール、インドネシアなど)も考慮すべきポイントだと思います。

この講義をきっかけにして、国のみならず、地域、職場内などとあらゆる場面で「異文化が生じる可能性」想定をしながら業務にあたっていく必要を実感しました。

それと、田岡先生は講義中、「単一民族の日本」とおっしゃっていましたが、日本もわずかではありますがアイヌ人、沖縄人などがいて単一民族とは言い切れない面はあります。ビジネスに影響するようなプレゼンスではないのかもしれませんが、あえてクリティカル・ポイントとして付け加えさせていただきます。

misaki_a
2021/01/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

面白かった。これを見たら、かなりはっきり言ってくる同期のことが理解できそう。もはや言ってくれてありがとうと伝えたくなった。

daddyveroo
2021/01/10
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

自分の文化と他国の社員、現地会社など異なる文化との間の違いを可視化するカルチャーマップを作成することは、相手との文化の8つの特徴における違いを理解するのに役立つこと、またその国の人たちと仕事をするにあたっては、相手の文化の特徴をよく理解した上でビジネスを進めること、また自分の根幹にある文化も大切にし、それを相手にも理解してもらって両者の強みを活かしていくことが大事である、と学びました。異文化の中で仕事をするには、やはりコミュニケーションが大事であることを改めて認識しました。

ko-07
2021/01/09
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

異文化でのビジネス経験を積んでみたいと感じた

hananonsaki
2021/01/08
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

「欧米」と一括りに考えがちだがアメリカとヨーロッパ、またヨーロッパの中でも随分文化が違うことがわかって面白かった。

mokomokosan0
2021/01/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント その他

異文化は最高のエンターテイメントであるということに同意です

kfujimu_0630
2021/01/06
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

それぞれの状況に応じて、お互いの文化を尊重しながら仕事することが、異文化の中でイノベーションを生むことにつながると学びました。1億2千万の日本のマーケットでビジネスするよりも70億の世界のマーケットでビジネスをした方がやりがいも達成感も楽しさも味わえるので、異文化を理解しながら仕事していきます。

shine_2020
2021/01/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

現在働いている職場にも海外から来られている方がいますが、職場環境の構築に対してはは価値観や見解の相違があるという事を過去にも何度か経験したことがありました。ましてや海外で仕事をするとなれば、様々な国や地域で仕事へのアプローチのみならず価値観や生活様式の違いに直面すると思います。今回学べた事を生かしていこうと思います。

itsmine
2021/01/01
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

勉強になった!

ken-san
2020/12/29
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップを理解しておくことは、文化の違いを超えて良いチーム、関係性を作るための潤滑油のようなものに感じた。決めつけすぎてしまうことは良くないと思うが、大きな枠で傾向や背景を理解しておくことは、物事を冷静に受け止め、客観的に考えるきっかけになると思った。大変参考になりました。仕事に活かしていきたいです。

toshi0629
2020/12/28
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

日本国内で仕事をしていても自身はローコンテクスト型なのだと認識できた。ハイコンテクストなメンバーの説明やユーザーの説明にストレスを感じる事も理解。

yuukisa55
2020/12/28
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

実際に海外赴任し働いていたが、全てが記載されている内容ではないと強く感じた。

yonemura_t
2020/12/27
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

社内の人間関係構築に活用できる

imaquina
2020/12/26
メーカー その他 一般社員

対立型文化においては、直截的な意見をもらうことが深刻にうけとめずひるまずに対応する

toshisan27
2020/12/26
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルでの考え方の違いを理解し、業務に活かしたい。

_mattsun_
2020/12/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 一般社員

ぼんやりと日本と海外の文化に違いがあることには気づいていたが、体系的に勉強したのは初めてだったのでとても面白かった。

eiji-0111
2020/12/13
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

世界の国により、ビジネスに必要なビジネス文化があることが分かり、
来るべき時の基礎勉強となった

eri
2020/12/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

グローバライゼーション化の進んだ組織において、もっとも重要なことは相手を理解する(仕事の進め方・人間関係・信頼関係)ことだということが良く分かった。

s_kaise
2020/12/10
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

非常に興味深く、受講できました。

amayonohoshi
2020/12/06
コンサルティング・専門サービス マーケティング 一般社員

グローバルな環境で働くうえで異文化コミュニケーションは重要な要素だと思う。また国内であっても転職した時の会社の風土、文化への適応にもつながると思う。

n_kushy
2020/12/05
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

今までの業務でも心当たりのある内容でした。やはり、日本人的な考え方を是としてしまいがちなのですが、時間の厳格さは個人ではなく文化が理由なのかもしれませんね。新たな気づきでした。

naru-sun
2020/12/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

これは異文化に限らず、日常でも意識的にお互いのモノサシ(価値や判断基準)を、お互いに理解して、物事を進める必要があると思いました。

sassan0033
2020/12/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

日本人同士では“普通こうするよね”という行動や考え方には常に対極の行動や考え方があって、当たり前は当たり前でないことを再認識した。

yu-kun
2020/12/02
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

様々な国の文化を、引き出しとして持っておくことによって、日本で仕事していく中でも、様々な性格の人などと関わるため、非常に役に立つと思った。

fyuriko
2020/12/01
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

海外の取引先との商談においても、国ごとの特性に応じて話しの仕方を柔軟にすることが大切だと感じた。

junichijoho
2020/11/30
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

日本の文化の特徴と他の国の文化との違いあよく理解できました。
同じ欧米エリアでも国によって考え方や文化が違うので、同じくくりで考えるのは難しいと感じました。

shin4830
2020/11/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

様々な国の人と仕事をする際、どのように推進するか、活用できると感じた。

yosh1386
2020/11/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

これまで、日本と海外という風にまとめがちでしたが、実際は国によって特徴が大きく異なることが衝撃でした。もっと細やかに配慮し、歩み寄ることの重要性を認識しました。

sam34
2020/11/23
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

グローバルコミュニケーションはここで述べられているようなステレオタイプで、簡単に説明できるものではない。個人と個人のコミュニケーションを重視し、自分を理解してもらうところから始めるといい。

1takatsuka
2020/11/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

顧客毎に国・文化に当てはめて対応方法を変えたら面白いかも。

amaetsu
2020/11/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

国ごとの文化の違いやらあって、面白かった。

kent89k
2020/11/16
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

結局は人間性とその文化に合わせようとする姿勢(性格)ですよ。

hirok-i
2020/11/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 クリエイティブ 一般社員

海外の人と接する際は、どのような文化がバックグラウンドにあるかを知っておくことが大切だとわかった。
行間を読む文化は日本人固有だと思っていたが、似ている文化の国も多いとわかった。
日本の感覚で適切に振舞ったつもりが、逆に失礼にあたったり、ストレスを与えてしまうような事には特に注意が必要。

icchi117117
2020/11/15
インフラ・公共・その他 営業 その他

まずは自分の文化、相手の文化を把握したうえで、相互理解につなげる必要がある。

take24
2020/11/10
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

すごくためになったし、最初に言っていたとおりすごく海外文化、様々な国の人とかかわってみたくなった。特に対立型の文化のもとで議論をしてみたい。日本では立場とかから言いたいことも言えずにもどかしい思いをすることが多々あるので。

ugetsu_1948
2020/11/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 その他

異文化は、各国で多様性があり、日本以外の国が、アメリカのような
文化だと思い込んでいたような気がした。
しかし、マップを紐解くと、各国または、異文化マップが異なるので
よく理解して発言、行動しなくてはいけないと感じた。
よく各国(大きい国ではまたは地域でも)異文化を理解することが重要

raven337650
2020/11/05
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップは異文化を一目で整理できる有効なツールと思う。自分が仕事で関係する地域のカルチャーマップをさっそく作ってみようと思う。

mise-a
2020/11/03
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

アジア中心ですが、現地スタッフやお取引先様との仕事や会話での違和感については経験値的に理解しているつもりであったが、8つの視点で国ごと分布とカルチャーマップで見える可することで体系的に説明できることが非常に勉強になりました。

okirom
2020/11/03
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップ買いました。じっくり読んでみます。

sigurd
2020/11/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

これからの仕事に非常に役立つと思う

aki-1102
2020/11/02
メーカー マーケティング 一般社員

グローバルなコミュニケーションでは、言語だけでなく、文化や考えの違いを知って仕事をすることの重要性を感じた。

dokozonoyamada
2020/11/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

外国人と仕事で意識することはもちろん、日本人同士でも相手がどういうタイプなのかを考え工夫してコミュニケーションをとる必要があると気づけた。

t_kawaguchi
2020/11/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

とかく欧米のスタイルを同じものだと考えていたのですが、ヨーロッパとアメリカはだいぶ違いますね・・・。勉強になりました。

tatsu0229
2020/10/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

海外拠点の様々なメンバーとの業務をする際にカルチャーマップを考慮しながら会議をリードしたり、資料の作成に取り組みたい。

masa_0125
2020/10/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

文化の違い・・・知ってると分かるは違うんだなと感じる日が来るように頑張ろう。

noridoridon
2020/10/26
金融・不動産・建設 専門職 部長・ディレクター

出身国の文化によりコミュニケーションのやり方を事前に確認をおこない、状況に合わせて変化をしていく。変化への対応を重要視して取り組んでいきたい。

kazkimura
2020/10/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

とてもためになる講義でした。
仕事と人間関係を考える上でも、日本人との違いなど
とても勉強になりました。

jintan-papa
2020/10/19
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

カルチャーマップ使ってみます。

getting-better
2020/10/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化の理解について分かっていても実際に直面したときに対応するのは難しいだろうと思った。
ローカルの人材を活用して任せることがうまくいくのかなと思った。

user-2b2884f4d7
2020/10/15
  

異文化交流について自信が持つようになった。

tk1982
2020/10/13
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

異文化を理解することも大事だが、現地でいざ実践する際には、
現地人に任せる事も大事であると学ぶ事が出来て良かった。

shimizuk
2020/10/10
メーカー その他 一般社員

現在の業務では中国工場との付き合いがあるので今回の学びを意識してコミュニケーションを図りたいと思います。

so16_alohappy
2020/10/08
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

海外で仕事をする前に、基礎知識として持っておきたい

megane_tarou
2020/10/07
メーカー 営業 一般社員

非常に興味深い内容でした。カルチャーマップ作成してみます。

miyam
2020/10/06
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

カルチャーマップ面白い。
現地国民との精神性の違いを振り返ると、こういう文化の違いが如実に現れていたことがよくわかる。

加えて、自社がアセット参画するのに成功した国々は、おおよそ日本の背景文化と似たカルチャーマップを持っている国が多いように感じる。新規取引、契約を獲得するためのロビー活動でも、おおいに使える技術だと感じた。

kjd
2020/10/05
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

文化の違いを体感で理解していたつもりだったが、Mapを作って体系的に把握し、自分と他人の違いを可視化するという手法はより優れていると納得した。

y_o_36
2020/10/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身の職場でも、異文化コミュニケーションでの対応に困ることがあり、カルチャーマップという視点を持ち、柔軟な考えと対応の必要性が学べた。

chagezo
2020/10/03
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

文化的な背景や考え方が異なると言っても、アメリカとヨーロッパ、中国といった単位で大まかに異なる程度に捉えていたが、カルチャーマップを見ると本当に国ごとに地域ごとにその思考回路や物事の捉え方、仕事の進め方が異なるため、こういった国際的な感覚を持った上で諸外国とのビジネスを展開する必要があるという警鐘になり、とても役に立った。

yuka882
2020/10/02
メーカー 経理・財務 一般社員

岡田さんが自分のタスクが終わったから、チームメイトを
助けなかった話で、日本人は困っている人を助けない文化はここにもつながるのではないかと考えた。
また、日本人でも日本のことに共感できないこともあった。これはグローバル化が進んでいるのも関係しているのか。自分が多数派ではないのか。
比較している国だけではなく様々な国の情報もあって面白かったです。

ya_
2020/10/01
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

表組されていて分かりやすかったです。今後の業務に役立てたいと思います。

top-gun
2020/09/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

日本人にも色んな人が居るように、アメリカ人にもドイツ人にも色んな人が居る。
ご説明いただいた国民性をステレオタイプに捉えるのではなく、あくまで傾向の一般として、人により色んな考え方をするというという参考として、広く捉えるのが大切と感じた。

belkut
2020/09/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

カルチャーマップという視点は新鮮だった。日本とドイツが過去同盟を結んでいたが、随分と異なる文化と関係を結んでおり、昔の方のコミュニケーション力の高さはすごいのではと思った。

sns-kendo
2020/09/29
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 部長・ディレクター

とても面白い内容であった。地政学にも通じているように感じた。

takeshi_42840
2020/09/28
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

サプライチェーンのグローバル化は一層進むため、これからは顧客管理及び従業員管理にこのカルチャーマップはベーシックに取り入れていきたい。そのうえにパーソナルな特徴が乗ってくるというのが良さそう。

tanaka_oz3
2020/09/28
メーカー クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

アメリカ・中国と仕事をする機会があり、曖昧な表現でトラブルになったり、仕事以外の付き合いが仕事に役立ったりと、腑に落ちる点が多々あります。文化について同様に研究・考察している「ホフステードの多文化世界」を読んでいたこともあり、楽しく受講できました。

tsune1969
2020/09/26
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

興味深い内容でした。同じ国でも8項目のポジショニングが一律でない点は新しい気付きでした。日本の特徴を理解した上で敢えて逆張りで仕掛けてみるのも面白いかもしれません。異文化の正しい知識を理解をしたうえで、文化の違いを積極的に活かして新しいモノを生み出すアプローチは、今のビジネス環境下でのスピード経営や組織成長にも必要だと感じました。

naoz
2020/09/26
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

過去にドイツ(を拠点に欧州地域)でビジネスをしていました。講義内容が痛いほどよくわかります。とても懐かしく感じました。ですが、現地の日系企業で働くローカルメンバーは、ほぼ日本人マイズされますね。

ai39
2020/09/24
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

国の違いによって思考の違いがあることは基礎知識として知っておいた上で、ステレオタイプ的に人を見るのではなく、一人ひとりときちんと向き合うことでより理解を深めていきたい。

hiro-tana
2020/09/23
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

日本にいても異文化の社員等が増えてきており、ためになる講義でした。

sk-kdrni
2020/09/20
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

実際の場面でカルチャーマップを取得する方法が知りたい。
where do you come fromだけで良いですか?

takeshi4413
2020/09/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

とても参考になりました。カルチャーマップを実際に書いて見たいと思いました。

chopper1
2020/09/19
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

「違いを楽しむ」というメッセージが特に印象に残りました。相手に合わせることも必要ですが、違いを活かすという視点が今後より求められると感じました。

terateratera
2020/09/19
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

”異文化”における価値観や考え方の違いは良い、悪い、ではない。違いがあるモノと理解して、それに適した対応をすることがグローバル人材として求められていると思う。日本国内においても多様化が推奨されているなか、この考え方は大切だと思う。

funachest
2020/09/18
メーカー 経理・財務 一般社員

同僚の出身国のカルチャーマップとの違いが参考になりました。

saeg
2020/09/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

国による傾向はあるのだと思うが、同じ「日本人」の中でもタイプの異なる人がいるように、国名だけでステレオタイプに決めつけないほうが良いのではないか。とはいえ、自分達とは異なる色々な考え方・傾向がある中で対応する事の大切さは、まさにその通りだと思う。

kazzzz
2020/09/15
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

仕事のみならず、人生において異文化コミュニケーションの理解は大切であると思いました。

naka_2020
2020/09/15
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

これまで異文化コミュニケーションについて、どうのように考えればよいのかわからなかったが、今回の内容を聞いて理解をすることができた。8つの視点で考えて、マップをつくり、理解したうえで、コミュニケーションを行えば、これまでよりよい関係性を構築でできるようにしたい。

退会したユーザーです
2020/09/15
  

今まで仕事をする上で人間関係を最も重要視してきましたが、グローバルの視点では、出身国によって言葉の伝わり方も違うということが分かったので、海外の方と仕事をするときには、伝え方に留意していこうと思います。

kenzou
2020/09/14
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

違うから面白い、違うことがあるからこそ意味があるという
言葉で自分にもそういう思いで行動に移せる人材になりたいと
感じました。

jabe
2020/09/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

外国人が事例を話してくれたことでイメージがわいた。
そうした経験を積んでいかないと頭でわかっていても腹落ちしないので
経験を積んでいきたい。

taniken_43
2020/09/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

事例紹介で話していたTEAMにIは無い、という発言は強烈でした。
講師の方の話を聞いて、いちいちイライラせずに、面白いと思うゆとりを持つことも大切なのだなと思いました。
自分で実践できるのかと問われると、何とも言えないところですが。

ntakada
2020/09/08
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

個人差はあるとは思いますが、傾向がわかるだけでも役立つと感じました。

tama8
2020/08/31
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 一般社員

グローバルな視点を持つことで、より柔軟な思考、行動につながる。それは十人十色なローカル環境でも活かせると感じた。

yugey
2020/08/31
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

オランダ、ドイツの人とのコミュニケーションでは感情的にならない様に心がけようと思いました。

kitaguninnoreds
2020/08/30
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 経営者・役員

これは難しいが知っていて損は無い

shingo1984
2020/08/30
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

改めて、自分が置かれている国をカルチャーマップに落とし込み、どう業務、生活に活かせていけるかを考え、活用したい。

kazuma_0112
2020/08/29
金融・不動産・建設 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

文化や感性の違いを十分に理解した上でコミュニケーションすることの重要性を学びました

yuzu_yu
2020/08/28
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

国外だけでなく国内で仕事をする場合でも様々な考えの人がいることを理解することが大事だと思いました。

ryo-z555
2020/08/26
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

いろんな諸外国の事情が理解出来た

yaoshi
2020/08/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

まず異文化の存在を意識すること、次に自分の業務に関する国の文化がカルチャーマップ上どうなのかを意識して業務あたることが重要だと思う。

tsk1820
2020/08/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

それぞれの国の文化や価値観を理解できないと、対立する原因にもなると思いました。同じ部署で仕事をする場合は、まず相手のことを理解することが大事だと学ぶことができました。

subalist
2020/08/23
コンサルティング・専門サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

「知ってる」と「わかる」は違う

ここ1年位海外の方とやり取りするようになって、理解にズレが出たり(させたり)していた。文化が違うから、とざっくり諦めていたが、様々な場面で・側面での違いをキチンと認識すれば、対応できそうに感じました。

kazuki_japan
2020/08/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

仕事相手の背景を意識して対する

kuta_41
2020/08/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

仕事をする上で英語を使う機会は多々あるが、そのコースで学んだことができそうだと私は思いました。

kendama
2020/08/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

「カルチャーマップ」は、異文化の特徴を表して比較する良いツールだと思いました。仕事を完成させるためには、文化の違いを理解して進めることが、非常に大切だと改めて理解しました。

taki2
2020/08/16
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

各国の文化を見える化するのにカルチャーマップはわかりやすく有効だと思った。日本に似た国だと理解していたドイツが実は日本とは異なる文化をもっていることが分かり,思い込みを訂正する必要がある。

suzfumia
2020/08/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

まず文化を、つぎに優先順位て依頼がかたい

o0ve7ra1l3l
2020/08/13
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

現在の職場環境では外国人と一緒に働く機会が多少あるが、この講義まで踏み入ったところまではいかない。だが、文化の違いを知っておけば、関係を良好に保ったまま仕事が出来るので勉強になった。異文化理解力をもっと向上していきたい。

miho_t
2020/08/13
メーカー 経営・経営企画 一般社員

国によって感じ方が異なるので、異文化を知ることで客観的に冷静にとらえる必要があると思いました。これが当たり前、という感覚は持たない方がよいですね。非常に面白いです。

mirai100
2020/08/13
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

異文化の違いがとてもよく理解出来ました。海外経験時に遭遇したトラブルも先に学習していれば回避できたかもそれません。勉強になりました。

mmm__
2020/08/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

本旨は異文化比較ではあるけれども、印象に残ったのは、日本は理論よりも、上の階層に「合意」する圧力がかかる忖度文化なのだなということ。

mission_e
2020/08/12
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 一般社員

国によって文化が異なるため、その国のビジネスカルチャーを事前にインプットしておくことが重要。
マネージメント方法やコミュニケーションの方法を使い分けるなど、違いを認めながらパフォーマンスを発揮できるチーム作りに留意する。

yuki_0719
2020/08/11
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

なんとなく感じている異文化コミュニケーションの特徴がコミュニケーションマップによって指標として明確になった。相手の文化を知っていることで、または意識してマネージする事を心掛けることでお互いの信頼感が増して、仕事がしやすい環境が作れると思った。

kzo-y
2020/08/11
インフラ・公共・その他 専門職 部長・ディレクター

異文化を体系的に整理しており、面白いこと内容である。

takemb
2020/08/08
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

ドメスティックな事業環境で生活する自分にとって、非常に興味ある内容でした。
異文化理解においてこのような切り口、判定方法があること自体が非常に勉強になりました。

hattory
2020/08/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

We need the different part of brain between understanding and acting. Thus, only understanding is not enough to behave properly among the different culture. To acquire the skills of getting along with different cultural people, we should experience many things with them.

nishi_ken3
2020/08/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 その他

国毎に考え方が異なるので、相手の国を理解してコミュニケーションをとることが必要なことが分かった。

mk0403
2020/08/03
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

大変面白い講義でした。先ずは異文化の理解が需要で冷静かつ柔軟な対応が必要と感じた。

otobe711
2020/08/01
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

関係する国のカルチャーマップを作成しておくことで、それぞれの文化背景を持った人と良い関係づくりができることを学んだ。
あとは、各国別のカルチャーマップをどのようにしたら入手できるかを調べたい。

jun_iwashita_46
2020/08/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

文化的な背景が異なる人達と仕事をするときの注意点がよく分かってきました。
各国の傾向を把握していきたいと思います。

55_tomoko
2020/07/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 その他

講義の中での日本の位置(各グラフ)と、私が過ごしてきた様々な日本企業の位置は、違う点もあった。中国ではトップダウンであとから変更もあり得るとあるが、日本ではトップダウンで後から変更さえ容易でないところもある。
この講義で学んだ内容は、業務では同じ日本人同士でも平行線になることがあるので、そこは、国籍・人種というよりその人の育った環境が大いに関係していると思う。日本以外で育った人で意見が違ったりした時は「なぜ、そう思うのか?」とそれは、本当に育った国の影響なのか?その人個人の意見なのか?の見極めも大事だと思いました。日常では、常に様々な文化に興味を持ち国民性等の知識を吸収していくこと、とても大事と思います。

kassy11
2020/07/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

説得について、原理・理論優先を重んじる国があることに驚きであり、対策方法もこの学習で理解することができた。

sathisuke
2020/07/26
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

国ごとにどのような視点でもって、考え方を分けるかの参考になりました。

ina-yuzo
2020/07/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

頭で考えてコミュニケーションをとることがあまり経験してない
スタイルを変えてコミュニケーションすることを意識したい

reddragonfruit
2020/07/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

国際交流ボランティアに参加する機会があり、うなずけると思ったことがたくさんありました。国の違い、だけではなく、日本国内の転勤を数回経験してきまして、日本の地域による考え方、感じ方、文化の違いによる物事の捉え方はたくさんあります。ただ「この国の人は○○だ」という先入観を持ってもいけません。たくさんの人と、たくさん話をすること、これがまず大切だと思いました。

takashi_0117
2020/07/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化コミュニケーションはとても大切なことだが、実際にその場に直面した場合にこの講義のようにちゃんと対処できるか自信がない。

yaraki
2020/07/23
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

出身国だけで決めつけるのではなく,個人の特徴としてお互いの傾向を理解しておくと良い.そのためには事前にPJメンバー全員にアンケートを取って公開するなどしておくと,コミュニケーションツールにもなって信頼関係構築に役立てることができる.簡単なアンケートがあれば良いのに.

toko42
2020/07/23
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

日本と他国との相違、各国間の相違など、漠然と意識していたこともカテゴリにわけて考えると非常に理解しやすいと感じました

tadashi_03
2020/07/20
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

国別の考え方の違いは、事前に理解した上で接する必要があることに気がつけて良かった。

take_917
2020/07/19
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

今までは異なる文化の方と相談する際に、自分の感覚とのギャップ分析をする際に何を評価の軸として考えればよいかわかりませんでしたが、この動画から視点を提供してもらったので、どこに注意すればよいか明確になってきたように感じます。また、この講習で言う「異文化」は「国ごとの文化」を意味していますが、実際には日本の中でも地域やその人の家のしきたり、育ってきた環境などで文化的背景も違うことも多いため、日本の中にいてもこの「異文化理解力」はいかせる可能性があると感じています。

hnaka
2020/07/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

とても興味深い内容で勉強になった。とくにカルチャーマップを意識し、行動することは、その文化を理解するうえで、非常に有効な方法だと感じた。

yamax29
2020/07/18
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

グローバル人材と仕事をするときにも役立つが、新入社員などとの接点を持つ際の参考にもなると思った。今の入社してくる層のコミュニケーションの取り方、どういうバックグランドを持って生きてきたかを見る必要がある。

makoto77k
2020/07/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

常に日本流を押し通すのではなく、相手の文化、やり方を取り入れて進む。相手をよく知る事が成功の鍵か。

doberman21
2020/07/15
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

文化の違いを理解する、そして楽しむことはすごく大事だと思う。意識して行動していきたい。

snufkin14
2020/07/11
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

外国人とコミュニケーションを取る際や海外赴任の前に、その国の考え方や価値観を事前に学んで置くことは、有用だが、その際にカルチャーマップを活用したいと思った。

manabihoudai123
2020/07/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化理解のスケジュールに関して、海外で仕事をする上で、全体スケジュールが未確定過ぎる国があるが、柔軟さが大事なのはわかるが、適当過ぎる印象を受けている。こうしたことへの落としどころの見出し方が難しい。

mimi_sophie
2020/07/08
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

他文化のものさしで行動してみる、をやってみたいと思います。

kotaroo1012
2020/07/07
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 部長・ディレクター

活用します!!できると思います!!

y_sugimoto
2020/07/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

非常にためになった。一緒に仕事をしている国のカルチャーマップを作ってみようと思う

tiida8
2020/07/06
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

異文化って一言で言えないくらい、色々な価値観があるもんなー。それは日本人同士でも。
多様性を受け入れつつ、自身に自信も持つ、その両方を使い分けられるスキルが必要ということか。

koji_20200701
2020/07/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

色々な違いを理解した上でコミュニケーションする事が重要ですね。

cascadex
2020/07/05
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

異文化理解といえば、ハイコンテクスト、ローコンテクストというのが真っ先に頭に浮かぶが、ここであるように8項目の視点で各国の特徴を見てみると、各国の特性に関する理解が如何に表層的かつ思い込みによるものであったかが良く理解できる。そして各国による違いを理解することによって、自身の特性を日本という枠にとらわれず、客観的相対的に理解しなおすことにもつながり、非常に有益であると感じました。

itotani
2020/07/05
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

現在、海外駐在4年目を迎えましたが、今回の講義では肌身で感じている異文化感覚をわかりやすく定量的に示していただいており、非常にわかりやすかったです。。早速、明日から意識して他国のモノサシ使ってみようと思います。。

kuro-a
2020/07/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

異文化については、世代を含めて意識しないとならないと感じており、大切さを改めて意識させられた

hiromi-10
2020/07/05
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

国によっての差がとても面白いし、日本がどんな文化なのかもクリアにできたように思う。自分の国の文化がジェネレーションにより変わってきているところもあると感じた。

tauchan
2020/07/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

どんどん学習ができてきます。

vegitaberu
2020/07/02
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

外国人とのコミュニケーションだけでなく、日本人同士のコミュニケーションでも、程度差はあれ、同じようなことがあり、異文化コミュニケーションによる、いろいろな引出しを持ちながら、丁寧に試してみたい、というか、いろいろな視点だけは、備えていないと思いました。

kazuya_m
2020/06/30
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 一般社員

価値観が多様化するメンバーで合意形成する時、こうした考え方は、国内の会議においても有効に作用するかも知れないと感じた。例えば年代、業種、職種が異なれば各人のバックグラウンドは異なる可能性が高まり、結果としてビジネスを行う上での文化や歴史も差が現れるかも知れない。

sho1971
2020/06/29
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ビジネスパートナーとして外国人と接する機会は少ないが、外国人の顧客がいる為、大変役に立つ講義だったと思う。

marukome
2020/06/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

各国の位置づけが、自分の思っていたのと異なる部分が多々あるが、一般にはそのように認識されているのだろう。詳しくは本を読んでみて考えようと思った。
例えば決断の項で、日本は合意志向に位置しているがそうは思わない。自社や自分の地域がそうなだけか??

hiro06261103
2020/06/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

非常に説得性がある説明で楽しんで学習できました。日本にいる中では応用できることは少ないですが、機会があれば是非活用できるようにしたいと思います。

quequito
2020/06/23
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

文化だけではなく個々によっても考え方が異なることがあるのでそのような場合もカルチャーマップは役立つと思う。
ただこれはその国内では十分に役立つと思うが例えば国を超えて決定や議論が必要な際に、特に正反対のカルチャーを持つ2つの国での連携が必要な際にどのような手段が有効的なのかが知りたい。両方の対応をしていると時間がかかりすぎる気がします。

cozyhayakawa
2020/06/21
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今回の講義のように異文化を見える化することで
どのように対処するとリスクが回避できたり、自身の良さが使えるかを考えることができ有効と思います。
カルチャーマップは活用してみたいと思います!

keoki
2020/06/20
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

もちろん国籍は同じでも人によって分類が異なるので、総論的な理解としてはすごく参考になった。感覚的、経験で何となく理解はしていても、体系的に学ぶ機会がなかったので、今後の海外取引先とのアプローチのファンダメンタルな知識になる。

yoshee_id
2020/06/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

現代社会では、会社、年代が異なれば同じ日本人どうしでも異文化と感じることが多いです。また、逆に中国人でも私の接した大連の人達はすごく日本人的でした。国や地域により統計的な特徴はあると思いますがそれが全てではないと思います。統計的特徴はあくまで参考にして、相手に対して先入観を持たずに接していきたいと思います。

kyuchan
2020/06/18
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化理解力8つのポイントは日本国内の人間関係においても、活用できると思う。人とのコミュニケーションで人を受容する事は、文化・人間性を理解し尊重して、タスクを進める重要な事を学んだ。自らをその環境に置いて、異なった文化、考え方での行動を実勢してみたい。

sskm15
2020/06/17
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

カルチャーマッピングで見える化することはとても参考になり実践したいです。

masaru36
2020/06/17
医薬・医療・バイオ・メディカル IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

異文化について、もっと勉強したくなった。思った以上に面白かった。

mmtoshizo
2020/06/16
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップによる各国の特徴は興味深い。自分の身においてもグローバルなプロジェクトにおいて各地の担当者とコミュニケーションする機会があるが、合点がいくものと、一方でそうでないものがある。おそらくその個人がどれだけグローバルな視点や意識を持っているかによって、その度合いが変わるのだと思う。つまり自分の国の特徴をバックボーンにしつつ、柔軟に対応できる姿勢が"グローバル人"においては大事であると再認識した。

suzuki_kenichi
2020/06/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

相手の文化的背景を理解することが重要だと思った。
意思決定、スケジュール、リーダシップについて文化を意識した仕事の仕方をしたい。

isaokawahara
2020/06/04
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

実践できる場は少ないかもしれないですが、程度の差はあれ、日本企業の中でもばらつきはあり、応用はきくと思います。

bintang
2020/05/31
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

カルチャーマップは国ごとの文化の特徴の違いを可視化するのに役立つツールだと思います。実際に活用してみたいと考えます。

makiko1729
2020/05/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

国の特徴もあるが、個人差もあるので一概には言えないのが実情だと思う

hideo_furuta
2020/05/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

勘違いされていると感じたらもう一度丁寧に説明すればよい。説明不足か、言葉の違いか、どちらにしろ外国人同士なのだから言い直せば、それほど問題ではない。

str228
2020/05/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

今後、異文化の人たちと仕事をすることが楽しみ。

yuka_712
2020/05/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

今週中という条件を最初に提示したにもかかわらず、金曜へ移動することを快く思わない上司の下にはつきたくないと思った。
国によっても違うが、人によっても国柄と異なる感性を持っている場合があるのだろうと思う。

sgt_george
2020/05/24
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

なるほど!と思える内容がいくつかあった。
西洋人でくくりがちだが、アメリカ人、欧州人(欧州は国ごとでも)、オーストラリア人、育った文化的背景が違うと考え方が異なるんですね。
ま、東京人と大阪人ですらだいぶ違うんですから。。。

mkataoka_idcf
2020/05/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップは、様々な国の特徴がわかりやすく捉えられて、とても興味深かった。数々の実体験を交えた講義はとても明快でおもしろかった。

betafunction
2020/05/21
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

グローバル社会においては、各国や地域の文化をよく理解したうえで自分の立ち位置を決めることが大切である。

sho-2525
2020/05/20
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

様々な文化背景をしっかり理解することが本当に大切なものだと学んだ。

tmhktkhs
2020/05/19
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

面白かったです。リージョンを分けてレッスンを受けたいと思いました。

wk140
2020/05/19
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

現在、ネイティブのアメリカ人、インド人やシンガポール人とともに働いている。
日本流を持ち込まないと思っていても、時折ストレスを感じることはあるが、このように異文化を知り、受け入れ、体系に応じた対応が必要なのだな、とあらためて感じました。

neconomist
2020/05/18
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

以前、中国と仕事した時に、トップが決めるまでに事務レベル合意ができないことをもどかしく思ったが、これが歴史に基づく文化であることを知り、興味深く感じた。

fwkx9352
2020/05/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

とても興味深い内容でした。今回学んだ基本的な考え方を意識して、日々実践して、経験値を高めていきたいと思う。

eva
2020/05/18
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

「異文化理解力」の本を読んでいたので、良い復習の機会になった。
異文化理解力というと、以前に高校の先生が言っていた今のグローバル化はグローバル化ではなく、アメリカ化だ!と言っていたことを思い出す。それぞれの国の違いを理解し、尊重することこそがグローバル化だと思う。

suzukikenichi
2020/05/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

文化の違いにも、意識して行動できることと意識しても行動できないことがあると感じた。
業務においても、まずは相手を理解することと同時に相手に理解してもらうように努める。

kazuya_matsumur
2020/05/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

日本と中国、意外と近しいことに、驚きました

liu_1962
2020/05/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

異文化に対する説明が分かりやすかった。ポイントが理解できました。

akira_0723
2020/05/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

昨年欧州のグループ会社に出張してMTをしたが、このような背景を知っていたらもっとうまくできたかもしれない。

piyo
2020/05/12
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

自分の確立した意見を持ちながら状況に応じて柔軟に対応する事が必要だ。実際は大変だろうけど、色いろな対立を体験してみたいと感じた。

user-3d95e9e317
2020/05/12
  

外国の方と仕事をする時は、時間感覚や、ネガティブFBする/しないの感覚が違うなど色々経験していたのを思い出しました。その違いで仕事が上手く回らなかった事もありましたので、改めて気を付けていきたいと思いました。

yuka2020
2020/05/11
メーカー 営業 一般社員

想像以上に文化によるビジネス環境が違っていることに面白さを感じました。グローバルにビジネスを行う場合は、先に相手の文化を学んでおくことが、効率的に物事を進めるのに非常に重要だと感じました。また、決断という点において、中国やロシアは政治でも同じような傾向が顕著だと思いました。

taki433
2020/05/11
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 一般社員

ヨーロッパの国々は文化的に近いのかと思っていたが、意外とばらつきがあることが分かって興味深かった。

trip
2020/05/11
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

グローバル社会が身近になってきている。自分の常識が相手の常識ではないので、柔軟にその場の状況を踏まえることが大切。

kaori_
2020/05/10
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

カルチャーマップ、違いの程度が視覚化できて大変良いと感じました。自分のチームの場合で作成してみます

reviewforfuture
2020/05/10
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

文化の違いを意識してコミュニケーションをとることで、相互理解が深まる。

luoshifen
2020/05/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

相手の文化を知るために何かいい方法がありますかね

k_msugiyama
2020/05/07
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

相手の背景の違いを理解した上で、コミュニケーションのとり方を工夫する必要がある事がよく解りました。理解した上で実践するのは訓練が必要ですね。

mcfly
2020/05/06
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

カルチャーマップを事前把握した上で、その国に合ったスタイルを実践していきたい。

tacyou
2020/05/06
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

色々な国の国民性が分かり勉強になりました。

azuki_liebe
2020/05/05
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 その他

とても興味深い内容でした。対応する文化、場面によって、適切な対処方法を考えながら行動する必要があることがよくわかりました。

tani_2020
2020/05/05
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

大変興味深く受講しました。
カルチャーマップでは一口にヨーロッパ諸国といっても、国ごとにずいぶん違いがあるということに驚かされました。

chigachan
2020/05/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

いろいろな観点を学べたのがよかった

koga_12
2020/05/03
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

グローバル化はこの先どの企業においても避けられない為、しっかりと異文化を理解することが大切だ

ken15
2020/05/03
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

日本では信頼関係を築く上でお酒の席は重宝されるが、タスク主義のアメリカやイギリスでは成果品が信頼を勝ち取るための1番重要なことであるというのは、非常に腑に落ちました

nishimuta-
2020/05/03
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

今後中国事業に携わるので 日本と中国の違い(人によっても違うが傾向として)が参考になりました。

t05y02
2020/05/03
メーカー 営業 一般社員

異文化を楽しみ、グローバルに活躍する為には、基礎となるコンセプチュアルスキルと英語力が極めて重要であると認識しました。

gk_0123
2020/05/02
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

国や地域の違いは確かにあるので、特に海外メンバーが多い場合や、海外メンバーと主に仕事をしてきた同僚と一緒にチームを組む時など、留意するべき点は多いと感じた。ただ、表面と内面は個々人によって異なるため、信頼感の醸成が最も先に立つと個人的には感じる。

ryosuke_41
2020/05/01
メーカー 営業 一般社員

相手の文化を尊重し、柔軟な対応を図ることに加え、日本人が強みを発揮できる場面では、積極的にその能力を発揮すれば良いということがよく理解できた。

slyamaguchi30
2020/04/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

"The world becomes flat."に象徴されるように昨今のグロバール社会では、インターネットとスマートフォンの普及により情報取得における格差が無くなってきています。一方で、数多ある情報に触れてどのように解釈し、行動をとるかはそれぞれの国が抱える文化背景により、二極化していることを本講座で学ぶことができました。

ttnkn
2020/04/29
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップをベースにして相手の背景を理解することは、コミュニケーションを円滑に進める上では良いことと思うけれど、それによって相手個人の性格やコミュニケーションの持ち方を決めつけることは、かえって誤解や相互理解の障害になることもあるように思う
文化的な背景に考慮しつつ、相手に興味をもって、コミュニケーションをとることも大切と思う

migiwakako
2020/04/29
金融・不動産・建設 その他 一般社員

郷に入っては郷に従え と言うことわざもあるが、グローバル化においては異なることが強みでもあり、一方で足かせにもなることもあると理解できた。

northshore
2020/04/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

海外の方と仕事をする際に、国民性を意識して仕事していなかったので、これからは異文化理解力を活用したい。

yuka_ogi
2020/04/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 一般社員

多様性のスタートはまず知ることであり、相手のものさしと自分のものさしを出し合ってイノベーションを生み出すということに気付いた。これは国内においても年齢・性別・考え方の多様性をいかしていくことの重要さであり、自分と違う人ほど積極的にコミュニケーションをとることのメリットだと思った。

skx779k3
2020/04/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 一般社員

カルチャーマップは初めて見ましたが、非常にわかりやすかったです。
大原則として、押さえておくべきポイントだと思いました。

ただ、個人差もカルチャーマップの差と同じくらいあるように感じられることもあるので、難しいですね。

taigasymhony
2020/04/27
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

日本の文化を理解するという点でも非常に役に立った。
自分の行動を振り返ってみると、コミュニケーションで、はっきりとした意思決定を相手に求めたため、うまく行かないことがよくあった。
これも、いわば日本人の文化を理解していなかった。ということに原因があり、今回の講座で改めて、自国の文化理解の重要性を認識した。

h-satomi
2020/04/27
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

現在、仕事をしているベトナムのビジネス文化の特徴を整理してみようと思います。今まで互いに知り合うことで、何となく進めてしまった仕事に新たな展開が広がる気がしてきました。

aki413
2020/04/26
金融・不動産・建設 営業 一般社員

異文化を理解するだけでなく、我々の文化を理解してもらうことも大事だと感じた。

kengo_1990
2020/04/26
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

それぞれの国の文化に良さがあるということがよく分かった

ks0704
2020/04/24
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

今までの自分の交友範囲では西洋と東洋でなんとなく文化の違いをとらえていた気がしますが、ここに示された各分布図は非常に参考になりました。いろいろな文化を許容できるというところも日本の素晴らしさだと思うので、同じ日本人同士でも海外の方に対しても、幅広く様々な考え方を受け入れられるようにしていきたいです。

chiba777
2020/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

トップダウン式の国と決断をする上で、自分と相手との関係性を考えることは、日本人同士の合意よりはるかに難しそうな印象を受けた。

a_20
2020/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

国ごとのコミュニケーションの手法を理解し、円滑なコミュニケーションに活かしていきたい。

yuya11
2020/04/24
金融・不動産・建設 営業 一般社員

文化は最大のエンターテインメントという言葉が印象的であった。今後グローバル化がより進むため、文化の違いを念頭に入れながらコミュニケーションをとっていきたい。

2020hk
2020/04/24
金融・不動産・建設 その他 一般社員

見解の相違やリードにおける文化は、ベンチャー企業などを筆頭に今後変わっていくのではないかと思う。

xxx123
2020/04/24
金融・不動産・建設 営業 一般社員

とにかく意識することと、自分自身がポジティブにすべてのことを進めるのが大切だと思った。

fmf_969
2020/04/24
金融・不動産・建設 営業 一般社員

異文化理解力で学んだような内容を今まで考えたことがあまりなかったため、非常に興味深い動画であった。グローバル社会でより企業の発展に資するためには、どこの文化にも染まりすぎることなく、柔軟に対応できるように文化を学び続ける姿勢や余裕を持った行動が必要であるように感じた。

hrn_1997
2020/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

外国には、日本にもあったらいいのにと思う良い文化が多くあると感じた。
あ互いの文化について知らないと、コミュニケーションをとるときに問題が生じてしまうと思った。

beatles
2020/04/24
金融・不動産・建設 その他 一般社員

言語の壁さえ乗り越えることができれば、なんとか意思疎通はできるだろうが、より円滑なコミュニケーションを取るには互いの文化の考え方を踏まえることが大事であるということがよくわかった。

shige-san
2020/04/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

興味深い講義だった。国による文化の違いを学ぶことの大切さを痛感した。

kanon1008
2020/04/24
金融・不動産・建設 営業 一般社員

それぞれの国のビジネススタンスを学べて非常に有益な講義だった。どの国が良い、悪いではなく、それぞれの文化を尊重し積極的に寄り添っていきたいと思った。

abcde-12345
2020/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

文化の違いを正しく理解することによって、ビジネスを円滑に進めることができると思いました。

minana_
2020/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

ずっと日本で暮らしていると、日本文化が当たり前だと思い込んでしまっている。異文化交流がある際には、相手の国の文化を十分に理解し、文化の違いをビジネスで活かすことが臨まれる。また、間接的で控えめな日本文化に対して、オランダ人の率直に意見を言い自分自身を大切にする姿勢や文化に憧れを持ちました。

ktt
2020/04/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

国によって価値観は異なるが、お互いを尊重し、かつ意見をしっかりと交わして行けるような人材になりたい。

natsuki____
2020/04/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

相手のバックグラウンドを想像することは,こちらからコミュニケーションをするうえで大切にしていきたい意識だと思いました.

k_s_0127
2020/04/23
金融・不動産・建設 その他 一般社員

バックグラウンドが異なっても全員が気持ちよく仕事を行えるように尽力したいと思った。

higashizawa
2020/04/23
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

一人一人の個性を考える上の文化的背景として、カルチャーマップとして捉え、国内外問わずお互いに考え方を尊重して業務を行っていくことが重要であると思う。

tatsub
2020/04/23
メーカー その他 一般社員

一口に「異文化理解」といっても、信頼や評価など一つ一つの項目から国ごとに様々な文化の違いが形成されているのがわかった。

skmrdy
2020/04/23
金融・不動産・建設 その他 一般社員

同じ国籍の者同士でも自分の物差しを持ちつつ、相手に合わせることは決して簡単なことではないと思う。しかし、海外で活躍するためにはそのような臨機応変さが必要不可欠だと感じた。

user-92696ffb29
2020/04/23
  

最後のカルチャーマップは、文化の差異・類似点が明確に表れて、興味深く感じた。説得の際の順序など、文化的な違いだとの認識が無かったものもあり、勉強になった。

ただし、この違いはあくまで目安として捉え、個々の相手を知る努力を怠らないように気をつけたい。

t_tttt
2020/04/23
メーカー その他 一般社員

グロバール化が進む現代において円滑に仕事を進めるために活かしたい。

nemo_h
2020/04/23
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

文化の相違のときにカルチャーマップを作成して、日本とのギャップを考えることが大事と学んだ

metona
2020/04/23
金融・不動産・建設 その他 一般社員

日本の文化のよい点も活かしつつ、相手の文化にも柔軟に対応していきたい。

mammmm
2020/04/23
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

とても興味深い内容でした。海外で仕事をするためだけでなく、旅行や日本で外国の方と関わることがある際に頭に入れておきたいことだと思いました。日本人の文化を当たり前だと思ってはいけないし、海外の文化を少し取り入れてもいいのではないか、と思う部分も多々ありました。

kkk007
2020/04/23
金融・不動産・建設 その他 一般社員

日本人は、文化の違いを理解できない人が多いと感じる。異文化マップを使って、適切に理解したいなと思った

kazu9808
2020/04/23
金融・不動産・建設 その他 一般社員

単純に言葉だけでは片付けられず、細かなニュアンスの違いや文化の違いが国際協力には影響することがわかった。

wakadai
2020/04/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

企業のグローバル化が活発に行われている時代だからこそ、各国の文化の違いを理解することは重要だと感じた。
ただ、「人それぞれ」という言葉があるように「その国の人はこうだ!」と決めつけずに、柔軟に理解・対応することも大切だと思った。

hidetoda
2020/04/21
メーカー 専門職 部長・ディレクター

現在、フィリピンに駐在しているのでフィリピンのローカルマップをイメージしてみたい。

kenji1105
2020/04/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今後は、外国出身者だけでなく、日本人でも自分とは考えが異なる人にも広い心で接する様にする。

sit_1023
2020/04/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

グローバル化の時代であるため、会社の考え方も重要ではあるが、お互いの文化の違いを理解や意識し、時には相手に合わせることも大切であると感じた

kj_ay22
2020/04/20
メーカー その他 一般社員

日本ならではの文化も大切にしつつ、それじれのいいとこどりをする

そのうえで仕事に活かしていく
実践していきたいと思います。

toma1120
2020/04/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

時と場合、人それぞれによって価値観も異なってくると思うので、カルチャーマップなどで国民性を括ってしまうのは危険ではないかと感じました。

ilovetosucity3
2020/04/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

カルチャーマップの各項目での各国の評価の違いは大変興味深かった。個々の性格によるところも多いので、ステレオタイプになりすぎないように、個々人との間合いを図る必要と自分のスタイルを理解してもらう努力が必要と思う。

mh2020
2020/04/16
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

とてもわかりやすかった。

manaremi
2020/04/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ケースバイケースで、慣れていくのがいいと思う。

takayuki_yamada
2020/04/15
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化を楽しむ。少しずつ実践、実感できる様勉強していきます。

yoshi_22
2020/04/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

国によって違いがあるのは面白いし、それを認めていかなければいかないと感じた。

katorinkd
2020/04/15
メーカー 経営・経営企画 その他

様々な国の方々の具体例も併せて勉強でき、非常に興味深かったです。
異文化を良く知り、様々な国の人とコミュニケーションしたいと思いました。

m_m_m_m
2020/04/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 一般社員

様々な国のエピソードから学ぶことができ、具体的にどのような場面で気を付けたら良いか、参考になりました。日本人側からの視点だけではなく、海外の方から見た日本人の特徴がエピソードから伝わってきた点も良かったです。

uemura7
2020/04/12
メーカー その他 一般社員

バックグラウンドが違えば、考え方も違うので、他文化の相手との会話の場面では気を付けるべきだと感じました。

tomo0324
2020/04/12
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

異文化を理解して楽しめることが、グローバル化だと思った。

user-b7da722d50
2020/04/11
  

考え方に違いがあるということを学び、参考になりました

hal_nakamura
2020/04/09
インフラ・公共・その他 経理・財務 その他

異文化コミュニケーションにおいては、提示されたポイントを考慮することは重要だと思いますが、 とにもかくにも「伝えたいこと=コンテンツ」の明確化も併せて心がけていきたい。

user030506
2020/04/08
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

グローバル化というのは、それぞれの国の文化を理解し尊重しあうことだと思いました。とても面白い授業でした。

ikarin
2020/04/07
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

文化の違いを知ることの楽しさを学べました。大変おもしろく、興味深い講義でした。

muybien_
2020/04/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

エンターテインメント、という言葉が印象的だった。

edamame
2020/04/05
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

異文化だけでなく、同僚や上司についてもカルチャーマップは応用できそうだと思いました。

kenpin
2020/04/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

納得する部分と理解できない部分があります。
1.決断に関して、合意志向の日本ではなぜ対立回避型でしょうか。意見が異なることは対立なことではないですか。
2.スケジュールに従わないと本当にこの世に継続できるでしょうか。日本の会社も仕事中に他の仕事を任されると、重要度によってやる順番を決まり、全体のスケジュールを調整し、間に合うように上司が調整していると思っています。これはインドと同じく柔軟な時間ではないですか。

1411hajime
2020/04/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

国によって文化が全く違う可能性があることを意識して海外の人と交流することが大切だと思いました。

tomoyuki37
2020/04/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

文化は最大のエンターテインメントという言葉に共感しました.私も異文化の方と働く際には,そのギャップを楽しもうと思います.

kevin-usa
2020/04/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

今まさに多様性が重んじられるシリコンバレーで、リサーチやスタートアップ発掘を行なっています。講義の中でありましたが、違うから面白い、面白いからやめられないのはまさにその通りだと思います。
違いから新しい価値が生まれていくのが、シリコンバレーの良いところだと思います。
日本でも、自分の会社や取引先といった狭い世界にとどまるのではなく、せっかくグロ放題のようなプラットフォームがあるので、積極的に違う環境に身を投じ、知らない世界へチャレンジすることがこれからますます大事になると思いました。

fuji_3626
2020/03/31
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 一般社員

いろいろな伝え方に対応できるよう、伝えたいことをより明確に整理していきたいと思います

koe_ken
2020/03/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

異文化を知ったうえで、相手と議論しないとうまくいかないと理解した。
でも、そう神経質にならなくてもいいのも理解した。

117pinbu
2020/03/28
メーカー 人事・労務・法務 その他

「(異)文化理解は最高のエンターテインメント」、違いがおもしろい!
異なることをやっかいと思わず、楽しめばいいのかもしれません。
コミュニケーションの前提は、なるべく相手との違いを知ること。
まず、現地の文化を理解し、その時、その場、どうすべきか考え、
私らしく行動したいと思います。

napoli1234
2020/03/27
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 その他

マニュアル的には理解できた。あとは実践。

hfukui
2020/03/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

違いを認める
違っていて当たり前を受け入れる

m813
2020/03/25
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

とても興味深い内容だった。単一民族国家ではハイコンテクストな傾向、ドイツやスイス、日本といった国が時計や精密機械に長けた国…といった部分は推測の域を出ないものかもしれないが、妙に納得してしまった。

57282yoshitaka
2020/03/25
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

岡田先生の違うから面白いといった表現が忘れられません。
世界がこれだけ違うのだから日本人の違いは小さな物であると感じました。
相手の立場にたった考え方して、意見の相違を恐れずに最適な合意形成ができるようにしたいと思いました。

ya-tanaka
2020/03/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化を恐れず、理解し、楽しむように心がけたい

hirokens
2020/03/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

グローバルな成長を遂げるうえで、大切な要素であると感じ、日本企業の中でも柔軟に変わらなければいけない部分を学べた。

taki3893
2020/03/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異文化の環境でのビジネスの勧め方、大いに参考になりました。

mo23
2020/03/22
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

評価の違いなど大変興味深かったです。
海外駐在前に学習しておきたかった…!

multilingaler
2020/03/22
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現地NSの使い方を考え直すきっかけになりました。

yoshikiito
2020/03/11
インフラ・公共・その他 その他 その他

大変興味深い講義であった。日本人同士でも十分に応用が可能と思った。外国人との間では,国によって感性が全く異なるという点も合点がいくものであった。

perry_921
2020/03/01
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

海外の人と直接の接する機会は少ないが、メールでのやりとりがあるので、それぞれの出身国によって、より適切に伝わるように背景を考えて文面を変えたりしてみようと思います。

kenichiro118
2020/02/28
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

国や地域によって文化だけではなく、思考、仕事の仕方、意思決定、時間に対する感覚が異なることを改めて理解。日本人として、日本の感覚のまま仕事をするのではなく、相手に合わせた柔軟性、または異文化を超えていくために異文化の仲間を作ることが重要であると理解した。

sho_yoshi
2020/02/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

異文化交流が少ない部署なのでこのような文化的な衝突はあまりない。
しかし、人間関係的衝突は少なからずあるので、相手の物差しで考えることは実践する価値ありだと思った。

momoriko
2020/02/20
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ハイコンテクスト、ローコンテクストまでは聞きかじったことがあったが、時間的感覚や、説得方法、評価の伝え方にも差があることも整理されておりわかりやすかった。

coco39momo
2020/02/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

海外での経験を思い出し、あの頃知っていたら喧嘩にならなかったななどと考えた。カルチャーマップが興味深かった。

masarukanno
2020/02/13
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

周りにそれ程異文化の方はいませんが、これから増えると思います。異文化には非常に興味関心があります。とても参考になりました。

fukuda_shinya
2020/02/10
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

"文化の違い"とよく言うものの具体的に...時間感覚、直接・間接的表現ぐらいだろうか。 カルチャーマップの切り口はシンプルで異文化を理解する、挑むには非常に強力な情報となった。

kazuma_2019
2020/02/08
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 部長・ディレクター

書籍も読んでいたので、異文化スタッフとの会話ビデオが大変具体的に理解を深めました。

tommy3
2020/02/05
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

かなり難しいと感じた。

pont-nuef
2020/01/29
コンサルティング・専門サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップが異文化コミュニケーションにおける有用な手段であることを学んだ。

user-8861cea311
2020/01/29
  

基本事項として押さえておくことは重要だが、グローバルに活躍する人達とのコミュニケーションとローカルで働く人達とのコミュニケーションでは、大きく違うと思った。

take_32r
2020/01/24
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

異文化コミュニケーションという言葉はよく耳にするが、具体的に何が重要なのかは知らなかった。今回の講義でその重要な知るべきポイントが分かったので、今後の実務に活かしていきたいと思う。

lado
2020/01/20
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

すごくよくわかりました。当たり前ですが国によって文化は違うのがよくわかりました。

hiroyuki701
2020/01/10
コンサルティング・専門サービス 専門職 一般社員

海外に行ったときは、気を付けてコミュニケーションをとるようにしたいと思った

jc61grom
2020/01/08
メーカー 営業 部長・ディレクター

面白い講義でした、自社の海外営業部の苦労が理解できました。

yskysk
2020/01/06
広告・マスコミ・エンターテインメント 経営・経営企画 一般社員

ためになった。特にその国を知ることをベースにその人をリスペクトすることは大事だと思う

yohichi
2020/01/04
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

今回の学習を念頭において海外の方とコミュニケーションをしたい。

spincity
2020/01/02
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

周りの外国人社員は何故こうなんだろう・・と思っていたことが解決しました。
また、自分個人としてはどういう価値観で、改めて日本人全体の価値観とはどこがズレているのか見直すことができ、困った時に何度か見返したいと感じました。

saitou3110
2019/12/31
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

面白い講義でした。。

h_mrmt
2019/12/18
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

事前に相手のバックグラウンドをマッピングすることでミーティングが進めやすくなりそうです。

karuma1
2019/12/13
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自身も海外で4年働いているが、改めて考え方の違いを認識するいい機会になった。
当然、自身のモノサシがすべて正しいわけではなく、相手の主張の背景にある理由を考えて対応することが大切だと考える。

hottton
2019/12/11
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

カルチャーマップを頭に入れておくと共に、自分の特性を理解しておくこと、相手の特性を理解する事を大切にしたい。

edueduedu
2019/12/11
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

非常に分かりやすく、為になる内容でした!この講義を聞いて、そういうことだったのか・・・と納得することも多々で、異文化理解の幅が広がりました。

ryu_a
2019/12/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

まだ英語すらままならない自分にとってはまだ少し早い講義だったかなと思った。しかし、今後必ず必要になるグローバル知識・経験の中で「異文化理解」を知識としてインプットしておくことは非常に重要なことだと感じた。

runnerh
2019/12/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

国によってプロジェクトの進捗状況に差異が出るのはスケジューリングにおけるそれぞれの国の特性が影響していることに納得した。まさにそういう状況に直面しており、自分の国の価値観で対処しようとしてもうまくいかないのは当たり前だったのかもしれない。

kawabata
2019/11/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

謎が解けたような気がしました

mn-1975
2019/11/25
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

対立型の文化では異なる意見を出すことを恐れずにやっていきたい。

yzmi1009
2019/11/21
広告・マスコミ・エンターテインメント 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

漠とした人種・国・文化の違いをカルチャーマップという切り口でしっかりとらえることが出来る事を学んだ。グローバル相互理解の最初の一歩が踏み出せた気がする。

lxhaji
2019/11/17
メーカー 営業 部長・ディレクター

グローバルな文化を理解する事で、国内で有っても多様性の中から変革をファシリテートする事が連相できる。私達のボスの変革をリードする志向への理解も深まった。

nyo
2019/11/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

相手の文化と日本の文化の違いをきちんと理解することが異文化コミュニケーションには重要であると感じた。

matt413
2019/11/13
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

相互理解が非常に大事であり、私自身が日本文化で育ってきていることを臆せずアピールすることも大事と考えています。

knhk
2019/11/12
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

とても興味深い講義だった。
この文化の違いは、グローバルな局面に限ったものではないとも思う。日本人の中でも多少の違いはある。
この違いを知らずに、努力や我慢を続ける意味がない。

nasu1976
2019/11/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

とても面白い講義でした。異文化の違いを学ぶことで、円滑なコミュニケーションを図れると認識しました。

nishimuragunta
2019/11/10
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

異文化の対応方法がよくわかりました。

paris2007fp
2019/11/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

異文化の人とコミュニケーションするうえでとても参考になりました

runnermasa
2019/11/09
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

対話する相手によって交渉の進め方も異なる。異文化ではその対応力が非常に重要だと感じました。

handsome_
2019/11/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

非常に面白い講義でした。
漠然と西洋人は似たようなマインド、と思ってましたが、欧米内でもしっかり違いがあるのだなぁ、と学びました。
また皆さん書かれているように、日本人同士でも差はあると感じています。
ストレスを減らし効果を上げる人材配置のポイントになり得そう、とも思いました。

hide-nori
2019/11/04
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人間の中で、環境や文化の違いは世界規模だけでなく、日本、つまり社会、会社、町内の寄り合いに至るまで、事の大小は問わず現れている。このフレームワークはどのようなコミュニティでも、より良い成果を出すために活かせる内容だ。

masa_aa
2019/11/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

なるほどと思うことが多かったです。わからないとトラブルになりそうだと思いますので、意識して行動していきたいと思いました。

takeshiketa
2019/10/28
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

最近は日本人においてさえ、人毎に価値観や考えも違っており、日本人だから話が通じるというのは、過去の事に。また、海外からの人材でも、オリエンテーション等を通して、互いを知る機会があると、一緒に仕事を進める上で、行き違いを少なくできる。もっとも、オリエンテーション自体をしないし好まない、そういう選択の方はどうしますか…。

hsait
2019/10/20
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

業務の基本として活用できる

masa926
2019/10/15
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

異文化に対し、理解が深まった。

jhin
2019/10/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

考え方の国による相違はたようなので、少しずつ慣れて行く事が大切だと思う。相違のタイプが多様な事が分かって、興味深かった。

matt_iz7i
2019/10/13
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

アメリカで働いた経験ありますが、まさにその通りだと感じた点と今から思うとそういうことだったのかと気付く点がありました。整理ができ大変勉強になりました。

minyoro
2019/10/12
メーカー 営業 部長・ディレクター

一気に見るには長かったですが、ためになりました

aseo
2019/10/09
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

各国の文化の違いが見える化されており大変興味深い講義であった。協働する人の文化をしっかりと理解した上で、自分のスタイルを変化させることが重要と感じた。

norinorichan
2019/10/02
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

このプログラムの受講が決まった時、田岡先生(異文化理解力)のプログラムは絶対に受講したいと思っていました。

説明やエピソードは、(日本語でも英語の両方ともに)簡易でわかりやすく、参考になりました。他民族国家では移民先の国の影響が大きいという変数的な要素はあると思いますが、多様性に対応していくという点では想定しなければならない要素でしょうね。

自宅に置いてあるエリン・メイヤー氏の「異文化理解力」の本を読みなおそうと思っています。

atsuko_0816
2019/09/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

<異文化理解力>は、ビジネスに於いても、大変重要だと感じていましたが、実際に色々と学んでみて、大変勉強/参考になりました。

kim0612
2019/09/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

内容が面白かったです。

masuda9000360
2019/09/24
メーカー 経理・財務 部長・ディレクター

どんなことでも学問になるんだと感じた。国毎の違いは、現地に行って経験しないと理解できないかな。

rieikeda_777
2019/09/23
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

大変ためになりました。

etoutad
2019/09/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

これまで、学んだことを実際の経験を通じてできるようになると同時に理解を深め、やがて強みへと発展させる。そうなると今度は異なる強みを持つプレイヤーとの掛け算が可能となり、もっと良いものが提供できるといったことをやってきました。つまり、知っているをできるに変え、そして強みの掛け算による新しい価値創出をやってきたわけです。
同様に異文化の知っているを実際の経験を通じて分かるに変え、自分(日本人)の強みを明確に意識していくことが大切だと思います。まずは異なる文化に触れ、感じる機会を多く作っていきたいと思います。

losalios
2019/09/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

これまでは日本的と米国的とが両極端で他の国はその間にいるような感覚がありましたが、実は日米で近い部分もあって、項目によりオランダやフランスが日本の対局にいたりする事を知り、世界の文化は多様だなと改めて思いました。
各国のチャートをもっと見比べてみたいので、資料として提供頂ければありがたいと思います。

daichan_055
2019/09/08
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

文化の違いを理解して正しい理解をする。自分とは違う文化の物差しを使って行動してみる。文化の違いを積極的に活かして新しいものを生み出す事が大切だと学んだ。

kymktr
2019/09/06
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国によって特性が異なり、その特性を理解した上でコミュニケーションする事が重要でると理解できた。

k-wat
2019/09/02
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自文化と相手文化の違いをマップで可視化して明確に理解を深めてから接するのが良いと感じた。

hide0024
2019/08/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

非常に興味深い講義だった。異国人すべてがその文化ではないと思うが、意識するのとしないのではビジネスの場では大きく違う。

stm0303
2019/08/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

計画に遅れが生じそうになった時、感情的にならず、冷静にリーダシップをとる。

tohru_minami
2019/08/29
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

海外駐在時、異なる文化の国で業務をする際、活用出来ると考えています。

sutera071119-01
2019/08/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

仕事に限らず、海外旅行の際にも外国を理解する考え方の手助けとなる。

makizaki
2019/08/28
コンサルティング・専門サービス マーケティング 一般社員

「説得」のパートの理論・原理優先の国と応用優先の国の違いが今ひとつ腹落ちしなかった。

退会したユーザーです
2019/08/22
  

異文化のスタッフと仕事をする時の大まかな目安にはなると思った。ただ、日本国内でも、地域や業界で組織で価値観が大きく違うので、この講座の分布図もかなりざっくりとした目安で、実践に当たっては自分でその相手ごとの分布図を作っていかなければならない。

masa_01830
2019/08/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

1対1の場合、相手の国の背景や意思決定のされ方など考慮すべきですが、複数の国々のメンバ-が参加した場合、さらに意思決定は難しいものになると感じられた。

so8nkns
2019/08/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

異文化で仕事をする場合は、カルチャーマップで理解することで、かなりの効率化が図れると感じた。

makoto_6262
2019/08/15
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

何の気なしに受講したが、シンプルでわかりやすい講義だった。
全体の講義を終えてからのカルチャーマップの説明は特に説得力があった。

user-0e23e4b41a
2019/08/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 経営者・役員

中国の方と一緒に仕事をすることが今でもあるのですが、
なぜ締め切りを守らないのだろうと考えていたのですが
そこをしっかり理解できました。
そして、彼らが、ミーティングで意見しない理由もわかったので
工夫していきたいと思います。

chotala-2019
2019/08/14
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

国籍によってこうも違うんだということがわかりました。多様性を地図上に表すとこうなるんだなと思いました。

junminya
2019/08/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 経営者・役員

日本、日本以外という切り口ではなく、国別に見てみるとこんなにも違いがあること、アメリカと日本でも共通項があること、
日本だと一般的にこう考えられていも、自分の会社は違う、
などいろんな発見があった。

知識の幅が広がってよかった。

poca
2019/08/10
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

他国の人の考え方や行動の違いを超えて成果を出すために、このような分析と知識は有効だと感じます。

gan39
2019/08/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

文化の違いで仕事の進め方にも違いがあることを考えたことが無かった。大変、勉強になった。

taka_s
2019/08/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

いま現在の業務は「日本国内」に限定されていますが、短期で海外へ行った際に、現地の方々と考え方の違いを感じました。
特に今回の講義で「説得」について言及されていたことは、過去の経験からとても興味深く、自らの考えとして「腑に落ちました」。ありがとうございます。
講義を通して感じたのは、確かに異文化(海外)と思いがちですが、
日本国内においても様々な特性(地域、LGBT等)の方々と業務を行う上でも、充分に役に立つ考え(心構え)です。業務交渉をする相手を幾つかパターン化することで、より効率的に時間を使うことが可能だと思いました。
(相手の思考、ニーズ、スケジュール感を短時間で把握し、効率的な交渉により、持続的なビジネス関係を築くための、能力であり、とても応用の幅が広い能力)

以上

robber_2019
2019/07/10
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

I can not understand at once.

funajima_n
2019/07/08
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

ありがとうございました。

miho1967
2019/07/07
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

理論や原則が重要な国での仕事のため、理論武装することが面倒です。

yasubou
2019/07/07
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

西洋でも東洋でも要素に分解すると文化は大きく異なっているのが新鮮でした。
ちょっと覚えきれませんが。

abitaka0111
2019/07/04
コンサルティング・専門サービス 専門職 一般社員

日本での正解は海外での正解に結びつかないことが多々あることを理解したので、その文化に合うように柔軟に自分の態度を改めようと感じました。

ka-na
2019/06/30
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

毎回出てくるカルチャーマップによって、国による違いを理解することができました。非常に役に立ちました。

wataru883
2019/06/24
コンサルティング・専門サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

国によって様々ですね。

ojizo
2019/05/30
メーカー その他 一般社員

色々な国のマップのひな形が欲しい。

mak86
2019/05/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

異文化の理解が深まった。

bibizu1217
2019/05/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

事例が分かりやすかった。
事前にカルチャーマップを把握しておくと、柔軟に対応できそうだ。

ashi1552
2019/04/29
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

様々な切り口での文化の違いを理解することはスムーズなビジネスに重要であると認識できた。

toshiaki-0909
2019/04/28
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

非常にわかりやすく学習できました。

kkkkkk
2019/04/27
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

とても面白かった。国ごとに特徴が異なり、その背景は何なのか興味深かった。
長い内容と思ったが、あっという間に終わった。本当に面白かった。

cyobicyobi
2019/04/25
メーカー その他 その他

分かりやすかった。

nakamura1323
2019/04/21
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

異文化の中でビジネスを展開するということは、相手のことつまり異文化の環境を知った上で意見討論をすることが重要であると思う。

proc
2019/04/19
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

国毎のマッピングにアジアの国が殆どなかった。アジアの国のこと調べてみようと思う。

tramere
2019/04/18
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

とても参考になりました。海外の方とコミュニケーションする時は勇気をもって相手のものさしを使ってみようと思いました。

hamacho
2019/04/08
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

非常に勉強になりました。
海外赴任を控えているので、カルチャーマップを活用できそうです。
書籍の方も読んでみたいと思います。

kaz3900
2019/04/04
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

カルチャーマップは分かりやすい指標だと思います。他にも応用できますので活用したい。
グローバルには、文化の背景があることを忘れず、対応力を身につけたい。

donkun1
2019/03/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

とても参考になりました。

issei_0603
2019/03/18
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

多種多様な人々の意見を聞けて参考になった。

ara007
2019/03/04
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

いつか、外国人と交わる仕事が来るかもしれないので、気に留めておこうと思う。

nash13
2019/02/28
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

良く理解できた。

user-ed21b902e6
2019/02/19
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

ありがとう

iizuka01
2019/02/18
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

「異文化理解力」勉強中です。