ネットワークが接続されていません
初級

API

アプリ同士をつなぎ、機能性と利便性を高める「API」について学ぶ

概要

このコースについて

「それって、APIでつなげないの?」
Webアプリ開発の現場などにおいて、エンジニア同士の会話で「API」という言葉を聞くことがありませんか。

本コースでは、昨今耳にする機会が増えているIT用語「API」とはどのようなものかを解説します。さらにビジネス上の価値、活用事例や利用の際の留意点について学びます。

コース内容

  • 事例①−1:中西さんの悩み
  • APIとは
  • API公開のメリット
  • API公開の事例
  • 事例①−2:中西さんのその後
  • 留意点

こんな人におすすめ

・IT業界で自社サービスの価値を高めたい方/効率的にサービス開発したい方
・仕事上、アプリ開発などのエンジニアと話すことが多い方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/08/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

APIとひとまとめにされているが、①物流サービスのように単純に自社サービスの利用機会を増やすためのもの、②より多くのデータを集めることで自社のサービスの使い勝手を良くするためのもの、③サービスの連携により顧客への付加価値が大きくなるものなど様々なものがあるように思う。
APIを目的や実施方法別で区分けしてみてもまた新しい発見があるように思う。
また昨今、スーパーアプリといった自社ですべてのサービスを包括して行うようなアプリも出始めている。特に発展途上国においては、一社が垂直統合ですべてのサービスを実施したほうが効率が良い場合が多い。今後の動向という意味でも気になる分野です。

y_k_
2020/08/22
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自社は金融機関なので、現状API連携に消極的であるが、一方、自社単独でユーザビリティの高いアプリケーションを製作する力量がない。API連携の流れは止められないと思う。

luui
2020/09/06
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

APIを使ったSNSログインなど既存サービスとの連携で、新規顧客の獲得がしやすくなると思います。また、APIが利用できる外部ツールと組み合わせて、自社にカスタマイズされたツールを作り、業務を効率化することも期待できます。

もっと見る