ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

「外国人材」「シニア人材」活躍に注目!少子高齢化社会の次なる戦略とは~高家正行×平手晴彦×柳川範之×藤沢久美

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第6部分科会C「新たな人材戦略としての外国人材・シニア人材の活躍推進」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

少子高齢化が進む日本では人手不足が深刻である。そんな中、「外国人材」や「シニア人材」の活躍に注目が集まっているが、外国人材やシニアの雇用環境は、見直すべき点が多い。外国人材においては、技能実習生の労働環境の改善や、社会保障制度などの支援対策がある。シニア人材においては、希望する社員全員を65歳まで雇用することを義務付ける「高齢者雇用安定法」に基づき、8割の企業が再雇用制度を導入しているが、給与の減額、処遇の問題、組織の世代交代の停滞など解決すべき課題がある。一方、外国人材やシニア人材のやる気や能力を引き出し活躍推進することで、競争力を引き上げる企業も増えてきている。彼らを、ともに未来を作っていく人材として改めて迎え入れ、いかにして戦力とするべく組織作りをしていくのか、その課題と展望を議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

高家 正行 株式会社カインズ 代表取締役社長
平手 晴彦 武田薬品工業株式会社 コーポレート・オフィサー
柳川 範之 東京大学大学院 経済学研究科・経済学部 教授
藤沢 久美 シンクタンク・ソフィアバンク 代表

コース内容

  • 「外国人材」「シニア人材」活躍に注目!少子高齢化社会の次なる戦略とは~高家正行×平手晴彦×柳川範之×藤沢久美
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

yuki_0719
2020/10/04
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

企業は生産性の高い人材への報酬を高めたいというのは当たり前の考えであり、日本の老舗企業も近い将来その様になるだろう。ポストコロナおいてそれはこの1,2年で加速されるに違いない。シニア人材で能力を発揮できる者、アジアの現地法人で低い賃金で高い能力を発揮している人材をいかに経営が評価して登用するか、また逆に生産性の低い人材に対して自律を促して企業として存続していくかの時代になるだろう。働く我々はそれを意識し、学び、能力を身につけ続けることが重要になってくる。

makiko1729
2020/09/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

最終的なゴール感は納得出来るが、移行過程が本当に難しい。若い時に辛酸を舐めて年取ってから報われる事を待っている層も沢山いると想う。また、賃金とは別のところで年長者に対する尊厳を保つこともある程度は必要だと想う。

shu-he-
2020/09/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

パネリストの方全員が定年の廃止or定年の延長が必要だが、条件付き賛成、つまり何らかのドラスチックな改革が必要ということが印象的だった。

変化が比較的緩やかな時代に確立した制度が変化が激しくなっている現在では立ち行かなくなっているということが理解できた。
一方で現状の制度の継続を望む方も多く、改革はある程度トップダウンで実施する必要があり、考え方に合わない人には辞めてもらうというような荒療治が要求される。
改革は実施すべきだが、その改革には痛みが伴う。ゆでガエルのようにならないように断固たる決意が必要とされているように感じました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています