ネットワークが接続されていません
初級

個人の特性を活かす~パーソナリティ検査~

個人の特性の理解を深める方法を知る

00:13:060/11

概要

このコースについて

「自分の特性に合った仕事をしたい」または「メンバーの特性を知りマネジメントに活かしたい」と考える方は多いと思いますが、そんな時に活用できる方法として「パーソナリティ検査」があります。
このコースでは、代表的な3つのパーソナリティ検査(MBTI、ビッグ・ファイブ、ストレングス・ファインダー)についてご紹介します。自分自身やメンバーの特性を知る方法を理解し、個人のキャリア形成や組織のマネジメントに役立てていきましょう。

コース内容

  • 個人の特性を活かす~パーソナリティ検査~
  • 鈴木先輩の発言の意味は?
  • パーソナリティ検査とは
  • パーソナリティ検査の例①MBTI
  • パーソナリティ検査の例②ビッグ・ファイブ
  • パーソナリティ検査の例③ストレングス・ファインダー
  • パーソナリティ検査~活用の場面~
  • 個人の特性を活かす~代表的なパーソナリティ検査~のまとめ
  • 山本さんの例
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・自分の特性を知る方法について学びたい方
・他者の多様性について考えてみたい方
・部下やメンバーの特性をもっとよく知りたい方
・キャリアを考えるために自己分析の方法を知りたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

takaaki-ihara
2019/02/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身を含めたメンバーの特性を知り、お互いの特性を理解することで、新たな視点が加わり、今までに無い関係、発想につながる可能性が高まる。

yuta56
2020/05/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

初めて部下を持った人、初めて組織のリーダーになった人等に勧められる方法だと感じた。その中で大事なことは良し悪しを判断するツールではないということ。職種にもよるが様々なタイプの人間を集めた方がいいのかな。

sue_0120
2020/04/14
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

代表的な3つのパーソナリティ検査(MBTI、ビッグ・ファイブ、ストレングス・ファインダー)について特性を知る方法を理解できたので、機会あれば活用したい。

もっと見る