ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

マネジメント手法に悩んだときは、「カッツ理論」で不足するスキルを見出そう/みんなの相談室Premium

概要

このコースについて

日常にある身近な疑問を、ビジネス知識を使って解決する「みんなの相談室Premium」。
今回寄せられたのは、「1年前から、チームをマネジメントする立場になりました。1年間やってみて、私はマネジメントが苦手だと感じています。今は残業し、私個人の成果を積み上げ、なんとか予算達成していますが、この働き方にも限界があります」というお悩み。グロービス経営大学院教員・中村直太が、自分の置かれた状況について照らし合わせるのに適した「カッツ理論」を使って解説します。(肩書きは2022年1月17日撮影当時のもの)

中村 直太 グロービス経営大学院 教員
名越 涼 アナウンサー

コース内容

  • イントロダクション
  • 本編
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

asaito11
2022/07/31
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分が不足しているはコンセプチュアルスキルだと感じており、壁にぶち当たっています。グロービスで引き続き学ぼうと思います。

moritti
2022/07/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

マネージメントに関しても、マーケティングと同じように自分の理想を追う事よりも、求められているものを充たしていくことが重要であると理解しました。

y_kinefuchi
2022/07/22
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

「カッツ理論」知らなかったので視聴しました。
参考になりました。

当然ですが、トップ、ミドル、ロアで求められるものが違うと感じます。

トップは組織の全体最適
ミドルは部門最適
ロアはメンバー最適
のマネジメントと感じます。

人にフォーカスした場合は、
個々の長所を活かし
個々短所を支え
成果を最大化する
マネジメントとが良いと感じます。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています