ネットワークが接続されていません
実践 | ビジネス実践知

変われない組織の空気を打破する〜これからの個人と組織のあり方〜

組織で壁にぶつかった時、あなたなら辞めますか?染まりますか?変えますか?

概要

このコースについて

社会人になって数年経つと、「毎日仕事を頑張っているのに、思うように組織が動かない」「上司や周りに言ってもどうせ無駄」「不満はあるけど、このままなんとなく仕事を続ける」など、そんな風に感じることもあるかもしれません。そんな時、「辞めるか、染まるか、変えるか」、会社という組織に対してどんな選択肢を選びますか?
このコースでは、パナソニック株式会社で組織活性化のための有志の会「One Panasonic」を発足し、現在では30社以上の大企業が参加する若手有志団体コミュニティ「ONE JAPAN」の発起人でもある濱松誠氏に、ご自身の経験をもとに、人を巻き込み組織を変えていくコツについてお話しいただきます。
大企業に限らず、さまざまな組織で働く方にとっても個人と組織のあり方を考えるヒントにしていただければと思います。

コース内容

  • コース紹介
  • イントロダクション
  • One Panasonicの取り組みについて
  • ONE JAPANの取り組みについて
  • 周囲を巻き込む10箇条

こんな人におすすめ

・大企業で働く方
・組織の雰囲気を変えたいと感じている方
・現在の組織でのキャリアに悩みを抱えている方

講師プロフィール

濱松 誠 パナソニック株式会社

大学を卒業後、2006年パナソニックに入社。北米向け薄型テレビのマーケティング、インドの事業推進に従事した後、2012年に本社人事へ異動し、パナソニックグループの採用戦略や人材開発領域に従事。現在は、家電部門にて新規事業を担当する。 2012年、組織活性化をねらいとした有志の会「One Panasonic」を発足。社内を中心に3000人の規模まで拡大させる。
日経ビジネス「2017年 次代を創る100人」。経産省グローバルイノベーター育成プログラム「始動」2期生。
(肩書きは2018年10月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

user-1afad84dcc
2019/02/15
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

転職していった人間に対して、日本の大企業はどうしても〝裏切り者〟扱いする。そこを〝卒業生〟と捉えてまたつながればいいんじゃないか、終身雇用から終身信頼へーー。この講話が個人的には胸に響きました。まさに今、退職していった仲間に対してそんな風に狭い考えを抱いていたのです。でも、何か一緒にまたやろう、そう呼びかけることで、蓄積ができるのではと感じています。退職しても関わってもらうとこで、属人化していたノウハウも流出せず蓄積できる。退職していった人も次のステージで活躍できる。win-winな関係づくりを構築していきたいと思えました。

yokosaki2018
2019/02/10
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

ミドルマネジメント層に、あと僅かでなるところです。自分も負けていられないなと思いました。ミドルマネジメント層だからこそできる、若いメンバー、上層部への呼びかけをしていきたいと思います。まずは若い子にこのような素晴らしい活動があることを紹介してみようと思います。

tadashi2178
2019/02/10
コンサルティング・専門サービス 専門職 経営者・役員

蛸壺社会の伝統的な日本社会は、公務員の世界でも地域社会でも、地方自治体でもしばしば見受けられます。一人の行動で変革を起こすのは至難ですが、起こし方を工夫すれば不可能ではないことを学ぶことができました。エビデンスがある以上、これほど説得力のある事実はありません。チャレンジしたいと思います。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています